カステラ 作り方。 カステラ|レシピ|ゆとりの空間

自分で作る本格カステラの作り方

カステラ 作り方

— 2018年10月月12日午前4時01分PDT それでは、カステラの基本的な作り方を見ていきましょう。 まずは卵の黄身と白身を分けずに泡立てる作り方です。 このレシピは、卵の新鮮さが美味しさのポイントになります。 ぜひ、フレッシュな卵を使って作ってみてくださいね。 ハチミツに熱湯を加えて溶かしておきましょう。 また、すぐ使えるように霧吹きを用意しておきます。 — 2017年11月月24日午後7時31分PST それでは、美味しいカステラ作りスタートです。 ボウル(火にかけてOKなもの)に卵を入れてほぐし、上白糖を加えて混ぜていきましょう。 弱火にかけながら、円を描くようにして20秒ほど混ぜ、砂糖が溶けたら火からおろします。 ボウルを濡れたふきんの上に置き、ハンドミキサーの高速で泡立てます。 生地をすくってみて、すくった跡が少し残って見える程度の固さになるまで混ぜたら、ハチミツを加えます。 ハンドミキサーの高速で5秒ほど混ぜ、次に強力粉をいっぺんに加えて粉が飛び散らなくなる状態までヘラなどで混ぜます。 次に、粉が見えなくなる状態までハンドミキサーの高速で7秒ほど混ぜます。 さらに米油を加え、高速で5秒混ぜましょう。 最後にゴムべらを使って全体を混ぜたら、シートを敷いた焼き型にザラメを敷き、生地を流し入れます。 焼きあがったカステラをシートごと型から出して、丁寧にシートを外します。 粗熱が取れたら、温かいうちにラップでふんわりと包んでおくと「しっとり」仕上がります。 冷めたら冷蔵庫で冷やしておきます。 いただく時には、はじっこは綺麗にカットして、お皿に出しましょう。 卵の黄身と白身を別々に泡立てるカステラの作り方 — 2018年 8月月23日午後5時43分PDT 次は、卵の黄身と白身を別々に泡立ててカステラを焼き上げるレシピになります。 黄身と白身を一緒に泡立てたカステラよりも、さっぱりとした印象の少し軽い食感に仕上がりますよ。 それでは、作り方をチェックしてまいりましょう。 まず準備として、上白糖をふるって2つに分けておきます。 (40gと70gに分けます) 4個の卵を卵黄と卵白に分けておきます。 ハチミツに熱湯を加えて溶かしておきましょう。 また、すぐ使えるように氷水を入れた大きめの器と霧吹きを用意しておきます。 別のボウルに卵白を入れ、ボウルの底を氷水につけながらハンドミキサーの高速で泡立ててメレンゲを作ります。 角が立ってきたら、上白糖70gを数回に分けて加えながら、角がしっかりと立つまで泡立て続けます。 — 2018年 9月月6日午前7時20分PDT そこへ、卵黄と上白糖を混ぜたものを加えて、軽く混ぜ合わせます。 強力粉をいっぺんに加え、ゴムべらで粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせます。 ハチミツと米油を加え、ツヤっぽく見えてくるまで混ぜましょう。 シートを敷いた焼き型にザラメを敷き、生地を流し入れます。 焼きあがったカステラをシートごと型から出して、丁寧にシートを外します。 粗熱が取れたら、温かいうちにラップでふんわりと包んでおくと「しっとり」仕上がります。 冷めたら冷蔵庫で冷やし、綺麗にカットして美味しくいただきましょう。 和菓子のカステラの元祖・ポルトガルの「パン・デ・ロー」簡単レシピ — 2017年 5月月3日午前12時18分PDT カステラは日本のお菓子というイメージですが、元をたどるとポルトガルの宣教師から伝えられた洋菓子がルーツだそう。 ポルトガルの「パン・デ・ロー」という焼き菓子が、日本人の好みに合わせて形を変えたものがカステラなのですね。 カステラの元々の姿だという「パン・デ・ロー」という焼き菓子を一言で表現すると、「半熟カステラ」だと言われます。 生地の内側に生焼け感が残ったようなトロトロとした食感がすっかり気に入って、レシピを覚える人も多いということ。 レシピの作り主によって色々なバリエーションがありますが、基本としては「卵多め・小麦粉少なめ」がポイント。 多めの卵に加えて、卵黄だけを更に加えるレシピもありました。 濃厚な味わいになりそうですね。 それでは、「パン・デ・ロー」のレシピで、比較的簡単な一例をご紹介します。 まず準備として、薄力粉 25g をふるっておきます。 (2回以上ふるうことが勧められています) また、バターを塗ったオーブンシートを焼き型に敷いておきます。 — 2018年 6月月4日午前7時11分PDT それでは、卵1個と砂糖50gを一緒に泡立てていきます。 そこへ、卵3個分の卵黄を加え、さらに泡立てましょう。 ふるっておいた薄力粉を加えて静かに混ぜ合わせたら、シートを敷いた焼き型へ流し入れます。 カバーのアルミを外して、さらに1分ほど焼いたら出来上がり。 焼きたても魅力的なのですが、冷蔵庫で一晩寝かせてからの味も格別! 和菓子と日本茶で楽しむお茶タイム — 2018年10月月8日午後5時38分PDT 今回は、昔ながらの日本の焼き菓子・カステラの、基本的で簡単な作り方について見てまいりました。 また、カステラのルーツとして知られるポルトガルの伝統的なお菓子「パン・デ・ロー」のレシピもご紹介しました。 ぜひ、それぞれのレシピを試し、食べ比べてみてはいかがでしょうか。 さて、日本のお菓子・和菓子のお供には、やはり日本のお茶。 美味しい抹茶などがあると最高ですね。 抹茶を淹れるときには、お湯の温度が高いほど抹茶の泡はきめ細かく立つということ。 また、冷茶が欲しいシーンでは、お茶のさじ一杯分の茶葉を急須に入れ、お湯を少量だけ注ぎます。 お茶の葉が開いてきたら急須に氷を入れ、そこに水を加えて急須を揺すると、美味しい冷茶が早く出来ます。

次の

カステラのレシピ・作り方一覧(19件)

カステラ 作り方

普通のカステラは全卵を泡立てて作る方法(共立て法)だからきめ細かくしっとり出来ますが、メレンゲを混ぜる方法(別立て法)のカステラは、どうしてもキメが粗くなりやすいです。 これは全卵の泡と卵白だけの泡の性質の違いによるもので、ある程度は仕方がないんです。 もう一度ガッテンのレシピで作るなら、レシピを読み返して下のように作ってみて下さい。 工程【1】 … 卵白はしっかり泡立てるのではなく、「角が少し立つ程度」に泡立てる。 工程【4】 … 薄力粉を加えたら「よく混ぜる。 」 工程【6】 … 指定の温度と時間焼いたら表面を手のひらで押さえて弾力があれば焼き上がり、シュワっと沈むようなら、上にホイルをかぶせて10分~15分、生地に弾力が出るまで焼き足す。 焼きあがったカステラは型ごと30cmの高さから落としてショックを与えると、焼き縮みが防げます。 これで、前回よりは膨らみが少なくなりますが、きめ細かく焼き縮みのないカステラが出来る筈です。 これでも上手くできないときは、共立てのカステラを作ってみると良いと思います。 小麦粉が極端に少ないレシピでなければ卵の泡だて具合はあまり関係有りません。 小麦粉の役割は、卵の泡だてによって形成された骨格を補強することです。 これは卵やそれ以外の材料の水分と小麦粉が適度になじむ(小麦粉が水分を吸収する)ことによってその役割を果たしきることができます。 ところが、小麦粉を必要以上にまぜすぎると、小麦粉同士がくっつきあい粘りがでてしまい、せっかくできた泡もつぶしてしまいます。 骨格の補強の役割も果たせず、膨らんだ形を維持することが困難になります。 専門書で 小麦粉はふるいにかけて 手早く切るように 捏ねてしまわないように などと表現されているのは、小麦粉同士がくっつきあわないようにするためです。 しぼみを改善する第一歩はまぜすぎに注意することです。 なお、しっかりまぜるという表現には『小麦粉同士がくっつきあう前に短時間で生地中に小麦粉の粒子を分散させる』という意味が込められているとご理解ください。

次の

パウンド型で作る簡単☆台湾カステラの作り方【卵2個分☆割れないポイント】

カステラ 作り方

カステラとは カステラとは、卵、小麦粉、砂糖を原料とした生地をオーブンで焼いたお菓子です。 カステラは和菓子に分類される 和菓子は、明治時代以降にヨーロッパから伝わってきた洋菓子と対になる言葉として定着しました。 そのため、明治時代より前に日本に伝わって発展したカステラは、厳密には和菓子に分類されます。 また、カステラはポルトガルから伝わったお菓子ではありますが、伝わったものを元に独自に発展して現在にカステラになりました。 そのため、ポルトガルにはカステラという名前のお菓子や似た見た目のお菓子もなく、カステラは日本独自の和菓子であると言えます。 和菓子としてのカステラの分類 和菓子は保存性によって 生菓子・ 半生菓子・ 干菓子に分類されます。 一般的に、水分を30%以上含むものが生菓子、水分が10~30%のものが半生菓子、水分が10%以下のものが干菓子とされています。 カステラは 生菓子に分類されており、その他に水羊羹、饅頭、どら焼きなどがも分類されています。 簡単なカステラの作り方 カステラの作り方で一般的なものをご紹介します。 カステラを作るときの注意点 卵を混ぜるときは、泡立て器を使ってしっかり混ぜます。 白っぽくなって軽く角が立つくらいが目安です。 薄力粉を混ぜ合わせる際は、ヘラを使って切るようにして混ぜます。 粉っぽさがなくなるまでしっかり混ぜる必要がありますが、練るように混ぜすぎると焼き上がりが硬くなってしまう恐れがあります。 砂糖の量はお好みによって調節できますが、あまり減らしすぎると生地が膨らまない可能性があるので注意しましょう。 冷ましたあとはすぐ食べても良いですが、1日程度おくとしっとりしてさらに美味しくなります。

次の