ゲームクリエイター 仕事。 ゲームクリエイターになるには

【保存版】ゲームクリエイターの仕事内容・年収・なるには?徹底解説!

ゲームクリエイター 仕事

厳密にはゲームクリエイターという職業はなく、プロデューサーやプログラマー、グラフィックデザイナーといった専門家たちがチームとなり、ゲーム制作に携わります。 また会社に勤めずに個人で趣味やフリーランスとしてゲーム制作を行う人もゲームクリエイターと呼ばれ、自営業ならば職業として名乗ることも可能です。 スマホの普及も手伝ってますます拡大していくゲーム業界。 ゲームに関することを学べる学校もどんどん増えていて、最新のなりたい職業ランキングでも上位に入るほど メジャーな仕事になってきました。 その分 浮き沈みが激しい世界でもあり、一本のゲームがヒットしても軌道に乗るのが難しいという不安定な業界とも言えます。 また 実力主義な現場が多く、年齢や学歴に縛られずに活躍が見込めます。 頑張れば頑張るだけステップアップ出来るため、ゲームが好き! ゲームを作りたい! という熱意を持った方に適しています。 専門性が高い仕事のために身に付いたスキルを活かす場所には困らず、 キャリアアップや転職面では高水準を見込める仕事です。 ゲーム制作に携わることを目指した学科や専攻は 大学にはほとんどありません。 ゲーム科やゲームクリエイター科がある学校に進学してからゲーム会社への就職を目指すのが昨今では多くなっています。 就職活動をする際は一般企業だと大学卒業が条件であることも多いですが、技術や経験重視で採用を行うのが一般的なゲーム業界では専門的に学べて 実践教育の多いゲーム専門学校の方が喜ばれるのです。 学歴を重視しないため学校に行かずに独学でゲームクリエイターを目指すこともできます。 ただし市販の本やネット上の情報だけではなかなか理解が及ばないこともあり、せめて自身の目指す仕事に関わる学部や学科に進学しなければ難しいかもしれません。 学生の皆さんですと大体の人が未経験かと思います。 どんなゲームクリエイターも、 初めはみんな未経験者です。 逆に言えばゲームを制作する中でこれからどんな仕事・役割を目指すかは、自由に決めることができるのです。 そう、 まず初めに行うべきことは、どういった仕事を行うか決めることなんですね。 一口にゲームクリエイターと言っても、その仕事内容は多岐にわたります。 全体の制作進行を管理するプロデューサー、ゲームのシステムを構築するプログラマー、キャラクターや背景のデザインを行うグラフィッカーなど、それぞれが専門的な知識とスキルを発揮して仕事にあたります。 ゲーム科やゲームクリエイター科のある学校でも 基本的にその中の一つについてを集中して学ぶことになるので、進路を選ぶためにもまずはゲームクリエイターの中でもどの役割を目指すかを定めてみましょう。 とはいえなかなか決められないときもあります。 自分で調べたり学校の先生や家族と相談をしても、自分に合っているか、やっていけるかというのは判断が難しいですよね。 専門的なことも関わるので、分からないことも多く出てくるかと思います。 そういう時には各学校が開催している オープンキャンパスや個別相談へ足を運んでみましょう。 実際の授業を色々体験してみたり、1対1で進路について話すことで、自分の将来が見えてくることもあります。 学校は問い合わせを随時受け付けておりますので、 積極的に連絡してみましょう。

次の

ゲームに携われる仕事とは?

ゲームクリエイター 仕事

ゲームクリエイターを目指すためにどんな進路を選べばいいか、迷う人も多いのではないでしょうか。 この記事では、現役のキャリアアドバイザーにヒアリングし、 ゲームクリエイターになるために必要なスキル・ゲームメーカーとゲーム開発会社の違い・よくある勘違いなど幅広く解説しています。 ゲームクリエイターになるために必要な情報がギュッとまとめられているので、ぜひご一読ください。 ゲームクリエイターとは? ゲームクリエイターとは、 ゲームソフトやゲームアプリの制作や開発に関わる仕事全般のことを指します。 ゲームはいろいろな役割を持った人が作業を分担してひとつの作品を作り上げているので、職種も細かく分かれています。 ゲームクリエイターになるための進路 3DCGモデリング・モーションやVFXスキルをプロの講師から学べて、その後の就業までサポートします。 独学でも不利になりにくいのはデザイナーやイラストレーターです。 AdobeのPhotoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレーター)、イラスト作成ソフトのSAIなどを使ってデザインやイラストを作成した経験があれば、実力次第では採用につながるケースもあります。 ただし、デザイナー・イラストレーターの実力を見るためには「ポートフォリオ」と呼ばれる作品集の提出が必須で、どれだけ魅力的な作品を載せられるかがネックになります。 独学でゲームクリエイターを目指す場合は、スキルがあることが第一条件。 そしてそれを適切な形でアピールできる作品集作りが合否を分けることを覚えておきましょう。 関連記事 ゲームクリエイターの就職先 ゲームクリエイターの就職先は、ゲームメーカーとゲーム開発会社のふたつに分けられます。 ゲームメーカーとゲーム開発会社の違い ゲームメーカーとは、 ゲームの企画・開発・販売をする会社のことを指します。 ファイナルファンタジーやドラゴンクエストで有名なスクウェア・エニックス、モンスターハンターを発売するカプコンなどがゲームメーカーに分類されます。 ゲーム開発会社とは、 ゲームメーカーが企画したゲームの開発をする会社のことを指します。 企画やプロデュースはメーカーが行い、キャラクターを3DCGに起こして動きを付けるのは開発会社が行う、といった役割分担があります。 IPとは? IPは知的財産権( Intellectual Property)の略。 ゲーム業界では、企業が権利を保有しているキャラクターやゲームタイトルをIPと呼ぶことが一般的。 ゲームメーカーとゲーム開発会社の仕事の違い ゲームメーカーでは仕事が細かく分かれていることが多いため、3DCGに動きを付けるモーション担当になった場合、基本的にモーション以外の仕事をすることはありません。 有名な大手企業だと、サッカーゲームの芝生の動きだけを担当することや、キャラクターの髪の動きだけを担当することもあります。 開発会社では、メーカーから依頼されたいろいろなゲームの開発を幅広く担当します。 キャラクターを3DCGに起こすモデリングや、動きを付けるモーションなど、3DCGに関するスキルを全体的に担当することが一般的です。 まずは開発会社に入っていろいろな業務を経験して、「キャラクターにとことん関わりたい」「モデリングを突き詰めたい」という思いから、メーカーを目指す人も多いです。 ゲームクリエイターになるために必要なこと ゲームクリエイターになるためには、 とにかく新しいゲームに触れておくこと、これが大事です。 コンシューマゲームもソーシャルゲームも、どんどん新しい技術やアイディアが生まれます。 「今こんなゲームシステムが流行っているので、それを活かして企画を立てました」といった着眼点は就職のときプラスになります。 新しい技術やトレンドにアンテナを張っておく、 「新しモノ好き」が求められる仕事でもあります。 あのゲームに携わりたい!それならメーカーじゃなくて開発会社を狙え!? 「あの有名ゲームを自分も作ってみたい、だから有名な大手ゲームメーカーへの就職を目指します」ゲームクリエイターを目指す学生さんなら一度は考えるかもしれません。 実はこれ、間違っている可能性があります。 「ゲームメーカーとゲーム開発会社の仕事の違い」でもお伝えしたように、たとえどんなに有名なタイトルでも、メーカーは企画立案だけを担当して、 実際にゲームを作っているのは開発会社というケースも多々あります。 有名な大手企業に就職しても、目指していたゲーム作りにチャレンジできない、なんてことも。 メーカーばかりでなく開発会社にも目を向けた業界研究をして、自分の目標を目指しましょう。 クリーク・アンド・リバー社では、ゲーム業界に精通したエージェントが無料で就業をサポートします。 あのゲームはどこが企画してどこが作っているの?ちょっと聞きたいアレコレをぜひご相談ください。 クリーク・アンド・リバー社就業支援サービス ゲームクリエイターの平均年収 ゲームクリエイターの平均年収は以下のとおり。 20代前半:350~400万円 20代後半:400~450万円 30代前半:450~550万円 30代後半:500~600万円 あくまでもゲームクリエイター全般の平均年収なので、職業・スキルによっても前後します。 ゲーム開発の総監督であるプロデューサー、現場監督であるディレクターなど、 開発に関する予算や人を管理する立場の職業は、年収が高くなる傾向にあります。 また、普及し始めたばかりで扱える人が少ないソフトや、新しい技術をいち早く使いこなせるスキルを持った技術者には、それに見合った高い年収が支払われます。 ゲームクリエイターになるための必要資格 ゲームクリエイターは必ずしも資格は必要ありませんが、助けになり得る資格はいくつかあります。 デザイナーやイラストレーターとして働くには、必ずと言ってよいほどPhotoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレーター)の習得が必要です。 資格を取るために体系的に学ぶことで、幅広い知識を身につけられるメリットもあります。 学習時間の目安は、おおむねスタンダードで18時間、エキスパートで19時間となっています。 書類選考が通らない、面接で落ちてしまうのはこんな人 新卒入社を目指している学生が選考で落ちてしまうのは、企業が求めているスキルレベルを満たしていないことが一番の原因です。 どうしても入りたい企業があるのなら、近い業種や職業に就いて経験を積んでから再チャレンジすることもできます。 中途入社の場合は、スキルレベルを満たしていることは最低条件ですが、それ以外にもポジションのミスマッチにも注意が必要です。 ポジションのミスマッチとは、企業が「この職業にはこの仕事を任せたい」という考えと、応募者が「こんな仕事をやりたい」という考えにズレが生まれてしまうこと。 例えばソーシャルゲームの場合、企画を立てて新しいゲームを作る以外にも、すでにリリースしているタイトルの運用も大事な仕事です。 ゲーム内のイベント企画や新キャラの追加など、既存ゲームの運用経験が求められているのに、新規ゲームを作ることやその経験ばかりアピールしてしまっては、企業の求めているものとズレてしまいます。 応募しようとしている仕事では何が求められているのか、しっかりと募集要項を読み込んでおきましょう。 場合によっては転職エージェントへの相談も検討してください。 転職エージェントは企業の採用担当者と直接やりとりしています。 そのため、その職種に何が求められているのか、もっとアピールするべきポイントは何かヒントが見つかりやすくなります。 まとめ ゲームクリエイターになるために必要な情報をご紹介しました。 新卒でゲームクリエイターを目指すなら、自分が携わりたいゲーム作りが実現できるようにしっかりと企業研究をしましょう。 中途採用でゲームクリエイターを目指すなら、企業が求めている仕事とのミスマッチが起きないように募集要項を読み解くことが大切です。 「私のスキルでゲームクリエイターを目指せる?」「もっと詳しく話を聞いてみたい」そんな人はクリーク・アンド・リバー社の就業サポートがおすすめです。 ゲーム業界に精通したエージェントがひとりひとりに合った就業・転職をご提案します。 ご利用は無料です。 お気軽にご登録ください。

次の

ゲームに携われる仕事とは?

ゲームクリエイター 仕事

コンピュータゲーム [ ] 最初期には役割が区別されておらず、世界初の家庭用ゲーム機の開発者であるは企画の立ち上げ、ハードの設計・作成、ソフトの制作、テストプレイ、営業活動などほぼ全てを個人で行っていた。 ゲーム専用機を開発するハードウェアメーカーがゲームを開発する様になったが、後には提供された開発環境を使用しソフトの制作のみを行うゲーム開発会社が登場した。 さらに企画や開発など各分野に特化した会社も存在する。 現代でものようにハードとソフト両方を開発会社も残っている。 現代では完全に分業化されており、大まかに企画職(ゲームデザイナー) と開発職に別れている。 開発職はアーティスト職(グラフィック、サウンド)と技術職(プログラム)に別れている。 かつてシナリオは企画側が決めていたが、近年ではシナリオライターが参加するゲームもある。 3DCGがゲームに使われるようになると、3D関連のスタッフも加わるようになった。 プランナー(スクリプター、ゲームデザイナー)• 運営プランナー• グラフィック• 2Dアーティスト• (、)• テクニカルアーティスト• UIデザイナー• エフェクトデザイナー• サウンド• サウンドディレクター• (プロッター)• リガー• VFXアーティスト• エンバイロメントアーティスト• モーションデザイナー 企画の中心的な人物が所属していた退社して独立することもあり、特にの独立は話題となった。 プラットフォームやビジネススキームも増えた現在では、会社に雇用されたクリエイターは限界という。 また、分業され専門化・細分化が進んだ結果、総合的なをすることが難しくなった。 クリエイターには反骨精神 、素直さや好奇心、社会性のある変態・狂気 が求められている。 やなど高性能ながら無償または安価で利用でき、高度なプログラミング技術を必要とする部分がパッケージ化されているの登場、インターネット上でクリエイターへの直接発注や商用利用可能なフリー素材の多様化、個人作品でも配信可能なプラットフォームの登場により、個人や数名でも本格的なゲームを開発・販売することが可能となっている。 電源を用いないゲーム [ ]• 2014年1月27日. 2014年2月4日閲覧。 2016年4月9日閲覧。 2016年4月9日閲覧。 2013年7月21日. 2013年7月22日閲覧。 6 2013年7月22日. 2013年8月25日閲覧。 Aetas 2013年10月8日. 2013年10月16日閲覧。 2016年4月9日閲覧。 2016年4月9日閲覧。 2016年4月9日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の