ドコモ id。 ドコモのdアカウントを削除する方法まとめ! docomo IDをスマートフォンやパソコンで退会しよう

dカード

ドコモ id

昨今ドコモユーザーの中でもかなり、 dカード GOLDユーザーが増えてきていると思います。 ゴールドカードでなくても、通常の dカードを所有している人となるとさらに多くなります。 そんな中で、今さらかもしれませんがdカードにおける「 iD決済」と「 クレジットカード決済」について考えてみました。 なぜそんなことを考えたのかというと、2016年10月25日にApple Payにdカードが対応したことと、最近個人的に毎日、コンビニで買い物をするときに「iD決済」ではなく「クレジットカード決済」を利用することも多いからです。 どちらの決済方法も、コンビニでは非常に早くお手軽に利用できるのですが、そもそも「iD 」の 買い物の仕方がわからない、クレジットとの違いがわからないという人もまだまだ多いように感じましたので、その点を少し明確にしていきたいと思います。 この記事を読めば、買い物をする際にdカードを利用する頻度が増え、さらにdカード GOLDにアップグレードした方がますますお得になるということが理解できると思います。 ドコモの「iD」とは何か そもそもドコモの「iD」とは何なのでしょうか。 「iD」を一言で表現すると、 ドコモが提供する電子マネーといえばわかりやすいと思います。 例えば電子マネーとして有名な 楽天EDYやセブンイレブンの nanacoについては、 先払い方式(プリペイド)の電子マネーですが、ドコモのiDは 後払い方式(ポストペイド)の電子マネーとなっています。 ほかに後払い方式の電子マネーとして有名どころとしては、 QUICPay(クイックペイ)があります。 後払い方式の大きなメリットとしては、わざわざ事前にチャージをしたりする必要がなく、仮にiDを利用するクレジットカードが折れてしまったりスマホが故障したりしても、何の問題もありません。 これが先払い方式だと、チャージしたスマホが故障するとチャージした分がそのまま全額使えなくなってしまうため、なんとか取り出す手続き(レスキュー)をする必要があり手間がかかります。 そのドコモのiDには、使い方が二通りあります。 一つはケータイ/スマートフォンにiDの設定をして、ケータイ/スマホをiD決済端末にかざして買い物をする、いわゆる「 おサイフケータイ」方式。 iPhone 7において2016年10月より日本で対応した Apple Payも、iDをiPhone 7/iPhone 7 Plusで利用できるようにするため、「おサイフケータイ」方式ですね。 もう一つは単純にiD機能を搭載したクレジットカード、「 dカード/dカード GOLD」をiD決済端末にかざして買い物をする方法です。 ではそれぞれ、実際に買い物をする場合にはどうすればいいのでしょうか。 コンビニでiD決済を利用してみる 一般的に、iD決済を最もよく利用するであろう場所として挙げられるのは、コンビニエンスストアです。 セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、大手コンビニエンスストアでは、そのほとんどが「iD」に対応しています。 現金で買い物をするよりも、「iD決済」を利用した方が間違いなく早く手間がかかりません。 加えてdポイントまで貯まりまるのですからどう考えてもお得です。 「iD」で買い物をする方法は簡単です。 レジに商品を持って行ったなら、現金を出す代わりに一言 「iDで」と言えばOKです。 以前は「iD(アイディー)」を理解できず、言葉がうまく通じない店員さんに当たることも多かったですが、最近はかなり浸透してきているためか、ほんとどそういうこともありません。 活舌が悪いとたまにiDとEDYを間違われてしまう程度ですね。 たったこれだけで支払いは終了し、dポイントも貯まり、さらにもしローソンならiD決済を利用することで3%OFFになるので非常にお得です。 もう一つ忘れてはいけないのは、ローソンの場合には「加盟店ポイント」も貯まるので、dカード/dカード GOLD/dポイントカードのいずれかを提示し、1%分のポイントも忘れずもらう必要があります。 この分の1%、iD決済分の1%、3%OFF分と 合計5%、お得になります。 これこそが、dカード/dカード GOLDおよびiDを活用する最大のメリットです。 注意点としては、もしdカード以前の DCMXカード/DCMX GOLDを利用している場合、後期のDCMXカード/DCMX GOLDでなければiD決済機能を搭載していない可能性が高いため、早めにdカードへ、もっとお得に使いたいならへとアップグレードしておきましょう。 ちなみに、iD決済を利用した場合の支払いは、iDと紐づいているクレジットカード、つまりdカード/dカード GOLDで支払われる形となります。 唯一、 dカードminiを利用している場合についてのみ、dカード/dカード GOLDを必要とせず、iD利用金額は ドコモの利用料金と合算されます。 コンビニでクレジットカード決済を利用してみる では、iD決済ではなく、コンビニエンスストアで買い物をする際に クレジットカード決済をする、ということはどういうことなのでしょうか。 実はこのクレジットカード決済の方が一般的ではないのかもしれません。 なぜなら、クレジットカードで決済をする場合、通常は 暗証番号の入力が必要だったり、 サインをする必要があったりと支払いにそれなりの手間がかかるため、そんな面倒な作業をわざわざコンビニでしたくないと考えている人が多いと思われるからです。 ただ、最近はそうではないのです。 コンビニでクレジットカード決済をする場合、暗証番号入力やサインは一切必要ありません。 手続きとしては、クレジットカードをレジに通してもらうだけです。 一瞬で支払いは終わります。 おそらく手間としてはiD決済を利用する場合とそう変わりません。 ただ、私の経験上、特にローソンでクレジットカードを利用して決済してもらおうとすると、バーコードリーダーを二度、あてようとされることがあります。 つまりどういうことかというと、一度目は「Pontaカードかポイントカードお持ちではないですか?」という問いかけに対してdポイントを付与してもらうためにdカード/dカード GOLDを出すわけですが、そのあとクレジットカード決済をしてもらおうと同じカードを再度手渡そうとすると、店員さんは反射的にバーコードリーダーをもう一度あてようとしてくるわけです。 そのため、「いや、そうではなくて、支払いをクレジットで」と付け加える必要があります。 基本的にクレジットカード決済をしたい場合にはクレジットカードを手渡し、 「クレジットで」と一言いえば通じるはずですが、ローソンの場合についてのみ、その点気を付けましょう。 そもそもこの方法は、iD決済を利用できるdカードやdカード GOLDを所有しているのであればわざわざクレジットカード決済を申し出る必要はないため、ほかのクレジットカードやなどで支払いをしたいときにこの方法をとればいいでしょう。 ただ、iD決済に対応していないDCMXカード/DCMX GOLDを所有しており、スマホやケータイでおサイフケータイの設定をしていない場合には、あえてこのクレジット決済を選択する必要があります。 Apple Payの利用はiD決済? クレジット決済? ここまでの話が理解できれば、iPhone 7/iPhone 7 Plusにおける Apple Payは、dカード/dカード GOLDを利用するドコモユーザーの場合「iD決済」に該当するということが当然わかると思います。 つまり、iDの設定が完了したiPhone 7/iPhone 7 PlusをiD決済端末にかざすだけで買い物ができるようになるのです。 その時は一言、「iDで」と言えばOKです。 わざわざ「Apple Payで」などと言う必要はありません。 それこそ混乱のもとです。 厳密にいえばApple Payに対応するクレジットカードはdカードだけではありませんし、電子マネーとしてはApple Payは QUICPayにも対応します。 以下、Appleの公式サイトより引用します。 つまり、コンビニにおいて、「Apple Payで」などと支払い方法を提示してしまうと、店員さんとしては「iD」なのか「QUICPay」なのかがわからず対応できないのです。 ドコモユーザーでdカード/dカード GOLDをiDに紐づけている場合、必ずApple Payを利用する場合にも「iDで」と言うようにしましょう。 iD決済とクレジット決済、どちらがお得? dカード/dカード GOLDを所有している場合、iD決済もクレジット決済もどちらも選択が可能です。 ではその両者はどちらがよりお得なのでしょうか。 その答えとしては、どちらも同じ、です。 なぜなら、結局どちらも同じdカード/dカード GOLDから決済されるのですから、何も変わりません。 唯一変わる場面としては、 dカード特約店での利用の場合です。 dカード特約店では、iD利用の場合にdポイントが加算されるお店もあれば、クレジット決済利用の場合にdポイントが加算されるケースとがあります。 この点については、それぞれよく利用するdカード特約店についてしっかり事前に確認しておきましょう。 dカード GOLDがあれば絶対的にお得な理由 以上、iDについて、クレジット決済について、改めて一から確認してみました。 そんな中でもう一つ、 dカードと dカード GOLD、役割は似ているけれども持つならどちらの方がお得なのか、という部分も気になると思います。 この点については、別記事「 」でじっくり詳細をお伝えしてありますので、参考までにどうぞ。

次の

「iD払い」と「クレジットカード払い」の違い

ドコモ id

近年では決済方法が多様化しており、現金を持たない「キャッシュレス決済」を利用する人が増えてきています。 そのキャッシュレス決済方法のひとつが今回解説する「iD」です。 ドコモユーザーにとってお得なクレジットカード「dカード GOLD」をはじめとしたいくつかのクレジットカードにこの「iD」が搭載されているのですが、そもそものクレジットカード払いとiD払いでは何が違うのでしょうか。 この記事では、iDとはどのようなものか、クレジットカード払いとの違いを明確にしたうえで、特にお得なdカード GOLDでiDを使うメリットについて解説していきます。 より効率よくポイントをゲットできるお得な活用方法が理解できます。 今ならギガホ・ギガライト契約で Amazonプライム1年分ついてくる! ドコモの「iD」とは? 「iD」とは? まずは「iD」とはどのようなものなのかを確認していきましょう。 iDとは ドコモが開発した電子マネーの一種です。 レジのリーダーにかざすだけで決済ができるので、財布から現金を取り出す必要がありません。 電子マネーには「WAON」「楽天Edy」「モバイルSuica」などのプリペイド型(前払い)がありますが、これらとの違いは ポストペイ型(後払い)であること。 有名どころだと「QUIC Pay」がポストペイ型に該当します。 プリペイド型の電子マネーは、いわゆるチャージ式で、先にお金を入金して利用し、残高不足になったら使えなくなります。 しかし、iDは 後日まとめて請求されるので、都度チャージする必要がないのです。 クレジットカードと全く同じ引き落とし方法です。 ・セブンイレブン ・ファミリーマート ・ローソン ・ミニストップ ・デイリーヤマザキ ・ガスト ・マクドナルド ・すき家 ・イオン ・イトーヨーカドー ・エネオス ・ドコモショップ 限られているとは言っても、コンビニやスーパーのほとんどでiDを利用することができます。 iD払いに対応している店舗は現在も増えているので、今後さらにメジャーな決済方法となっていくでしょう。 参考リンク: 使用方法が異なる クレジットカードでは、決済時にカードを出してカードリーダーへの読み込み、場合によってはサインの記入や暗証番号の入力を求められまよね。 そのため決済には少し時間と手間がかかります。 一方、iDは決済がとてもスムーズ。 専用の読み取り機にカードをタッチするだけで決済完了し、サインや暗証番号が必要ないのです。 「iD」はおサイフケータイやApple Pay、Google Payに対応 Apple PayはiDに対応 iDは「 おサイフケータイ」や「 Apple Pay」に対応しています。 つまり、登録さえしておけば、 カードを取り出さなくてもスマホをかざすだけで決済することができるのです。 支払い時に、クレジットカードを財布から取り出すこと自体少し面倒ですよね。 スマホならポケットやカバンからすぐに取り出すことができてスムーズです。 さらに2019年5月末からは「Google Pay」でもiDに対応しました。 これによって、Androidスマホの多くがスマホ決済としてiD搭載のクレカを利用することが可能になりました。 ついにGoogle PayもiDに対応 実際にコンビニで使ってみて分かる違い クレジットカードとiDをコンビニで使い比べてみると、その違いがよく分かるでしょう。 クレジットカードの場合だと、財布からカードを出して渡し、読み取ってもらって処理ができれば支払いは完了。 コンビニでは暗証番号やサインは不要です。 一方、おサイフケータイやApple Pay、Google PayにiD搭載のクレカを登録して決済するとどうでしょうか。 スマホを出して「iD払いで」と告げ、専用リーダーにスマホをかざせば決済完了します。 スマホさえあれば財布を持ち歩かなくても決済できるので、かなり手軽に買い物ができるのです。 dカード GOLD(dカード ゴールド)の申し込み・利用で高額iDキャッシュバックが貰える! ここまではiDの利便性について解説してきましたが、dカード GOLDを利用すると次のような iDキャッシュバックをもらうことができて、さらにおトクなのです。 入会 2,000円分 ドコモの利用料金をdカード払いにする 1,000円分 入会後翌月末までにエントリー&利用 8,000円分 「こえたらリボ」、「キャッシングリボ」を入会翌月末までに設定 2,000円分 2019年12月31日までに入会 1,000円分 ブランドでVisaを選択する 1,000円分 このように、 dカードゴールドへ申し込みして利用すると合計最大15,000円分のiDキャッシュバックをもらうことができます。 iDキャッシュバックとは? 「iDキャッシュバック」とは、iDでのショッピング利用代金からiDキャッシュバック分を請求時に減額してくれるというもの。 例えば、iDで15,000円分のショッピングをして、iDキャッシュバックが15,000円分ある場合はショッピング利用額が帳消しされて請求額が0円になります。 つまりお金と同等の扱いにできるのです。 前述したように、 dカード GOLDの新規申し込みをすると、上記の例のように最大15,000円分のiDショッピング利用代金が無料になります。 なお、クレジットカードの支払い分はiDキャッシュバックで減額することはできません。 dポイントはiDキャッシュバックに交換可能 dカード GOLDを利用すると、 ドコモ利用料金の10%がdポイントとして還元されます。 dポイントとは1ポイント=1円として利用でき、ドコモの利用料金に当てたりdポイント特約店で利用したり、pontaポイントやJALマイルなどに変換することができるものです。 このdポイントはiDキャッシュバックへそのまま交換することができます。 iDキャッシュバックに変換することで、「iD決済導入店」での利用ができることにもなるので、dポイントよりも多くの店舗で使うことができ、かなり使い道が広がります。 貯まったポイントをより有効的に活用できます。 iDキャッシュバックの注意点 iDキャッシュバックには以下の注意点があります。 ・有効期限があること ・dポイントからいつでも即時交換できるわけではないこと まず、iDキャッシュバックには 最大6ヶ月までという有効期限があります。 6ヶ月以上iDを利用していないと、iDキャッシュバックは消滅してしまうのです。 しかし、iDキャッシュバックを受け取ってから6ヶ月以内に全て使う必要はありません。 現在残り1ヶ月のiDキャッシュバックがあるとすると、新たにdポイント交換をすることでiDキャッシュバックの有効期限は6ヶ月にリセットされます。 つまり、 6ヶ月に1回dポイントをiDキャッシュバックに交換すれば、有効期限切れになることはありません。 2点目は、dポイントからいつでもすぐに交換できるわけではないこと。 dポイントからの交換は、 交換申し込みしたタイミングが1〜15日なら16日に、16日以降なら即時にiDキャッシュバックに交換されます。 dポイントに利用期限はないので、6ヶ月以上iDを利用しないのならば無理にiDキャッシュバックへ交換しなくてもよいでしょう。 ドコモスマホを購入する賢い方法 スマホを買うのに、どこに行きますか? 多くの人が「ドコモショップ」とこたえます。 家電量販店で買う人も多いですね。 でも、お店まで行く手間や、待ち時間がかかるのもったいなくないですか? いろいろな商品をAmazonや楽天などのオンライン ショップで買っているのに、なんでスマホは通販で買わないんだろう? 一番多い答えが、ショップスタッフと「 相談ができないから」という理由です。 スマホってプランも難しくて、ちょっと相談してから決めたくなりますよね。 そこでおススメなのが、 LINEで相談しながらオンラインショップで購入できるこのサービス! やり方は簡単。 下のボタンかQR コードから「 LINE友達に追加」するだけで、プロに相談しながら、スマホが買える! もちろん相談 料金は無料。 サービスの流れ プロフィール 1991年愛知県生まれ・在住。 中京大学国際教養学部卒。 2016年からブロガーとして活動を始め、名古屋のWeb制作会社でライターとして勤務。 その後、2018年1月にフリーランスのライターとして独立。 とにかく便利なものが好きで、パソコン・タブレット・スマホ・時計全てApple製品で統一。 モバレコでは、スマホやアプリに関する情報を分かりやすく解説し、皆さんの生活が快適になる情報を発信します。 その他、インタビュー・お金・Webマーケティングのメディアでも記事執筆中。 ライター以外にも、お笑い芸人「ダイノジ」が主催するDJイベント、「ジャイアンナイト」の妹分チーム「ジャイコナイトナゴヤ」でDJとして活動中。

次の

ドコモのd払い、電子マネー「iD」を統合。d払いのApple Pay版も提供へ

ドコモ id

「おサイフケータイ」でもご利用になれます。 dカード プリペイド プリペイドカード iD ポイントカード 審査なし!年会費無料!チャージ式のプリペイドカード。 dポイントカード機能付。 dカードアプリ 明細やポイントの確認はもちろん、スマホをかざして簡単・便利なお支払いができる。 ケータイiDやApple Payの設定も簡単にできます。 iPhoneをご購入のお客さまへ iPhone 7以降のiPhoneとApple Watch Series 2以降のApple Watch 上のApple Payで、dカードがお使いになれます。 全国の「iD」が使えるお店で、iPhoneをかざしてお支払いになれます。 dカード公式サイト Apple Payは、日本国内で販売されたiPhone 7と店舗、アプリケーション内、Safariの中のウェブサイト上、iPhone 6以降、iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 3以降とアプリケーション内およびSafariの中のウェブサイト上、日本国内で販売されたApple Watch Series 2と店舗およびアプリケーション内、Apple Watch(第1世代)およびApple Watch Series 1とアプリケーション内で機能します。 Mac上のSafariの中では、Apple Pay対応のiPhoneまたはApple Watchとの組み合わせにより機能します。 Apple、Appleのロゴ、Apple Watch、iPad、iPhone、Apple Payは、米国および他の国々で登録されたApple Inc. の商標です。 iPhoneの商標は、のライセンスにもとづき使用されています。 App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc. のサービスマークです。 All rights reserved.

次の