傷病 手当 いつ もらえる。 傷病手当金(健康保険の休業補償)②”超重要” 2週間で振り込みになる たった4つのポイント!

傷病手当金っていつもらえる?

傷病 手当 いつ もらえる

そうでもないよ!申請書を郵送して到着してから約2週間が目安なんだ。 この、「いつ申請書を書いてもらえるか?」は違いがあると思いますので確認することが必要です。 2回目以降の、傷病手当金の申請を出してから、あなたの指定口座に振り込みがされるまでは 約2週間です。 この期間は、 私が数カ月実践して得た結果(協会けんぽ)なので間違いはないと思います。 しかし、申請書自体を医師に記入してもらい、さらに自分の手元に戻ってくるまでの時間もかかりますので注意が必要です。 初回の申請時だけは、審査に時間がかかるけど1ヶ月のうちには支給されるよ。 注意! 協会けんぽへの初回申請の時は、3週間から4週間の審査期間がかかりますので、少し時間がかかると思ってください。 傷病手当金が振り込まれるまでのスケジュール 写真に示した通り、 傷病手当金が振り込まれるまでのスケジュールは結構長いことが分かります。 私の場合、受診してから、振り込みまで 5週間強かかっています。 自分の記入ミスであればすぐに訂正して発送できますが、医師の記入ミスがある場合は、クリニックに行く手間がかかりますので、出す前によくチェックすることをおすすめします。 傷病手当金支給申請書 療養担当者記入用【4】を医師に渡す 傷病手当金支給申請書は、全部で4枚あります。 被保険者記入用【1】 (1ページ目)• 被保険者記入用【2】 (2ページ目)• 事業主記入用【3】 (3ページ目)• 療養担当者記入用【4】(4ページ目) 受診をするときは、担当する医師に傷病手当金支給申請書の4ページ目に当たる 「療養担当者記入用」の申請書を渡します。 傷病手当金支給申請書は、全国健康保険協会(協会けんぽ)のホームページから印刷が可能です。 そのため、受診したその日に申請書を貰えることは考えにくく、 次回の受診日に貰う形が一般的かと思います。 早めに申請書を貰うことが出来れば、支給日を早めることが出来ます。 受診するクリニックや担当医に早めに記入してもらう交渉をしてみましょう。 傷病手当金支給申請書 療養担当者記入用【4】を医師からもらう 次の受診日に、前回先生へ渡した傷病手当金支給申請書 療養担当者記入用【4】を貰います。 不備が無いかどうか確認しましょう。 大事なポイントは、労務不能と認めた期間と医師の氏名捺印等がしっかりと記載してあるかどうか。 労務不能と認めた期間と、傷病手当金支給申請書 被保険者記入用【2】のあなたが記入する申請内容である、「療養のため休んだ期間(申請期間)」がズレていると受理されません。 あなたが記入する1ページ目最初には、 被保険者証の記号と番号を記載する箇所があります。 会社から退職してしまっている場合も、被保険者証の記号と番号は、 会社に勤めていた時の保険証の記号と番号です。 すでに、保険証を返却している場合は、以前の勤務先または、全国健康協会、所属支部へお問合せをするようになります。 退職が決まっているような場合は、 コピーを取っておくことをお勧めします。 被保険者記入用【1】(1ページ目) 被保険者記入用【2】(2ページ目) あなたが会社に在籍している場合は、傷病手当金支給申請書 事業主記入用【3】にあたる、事業主記入欄を会社の担当者に記入をお願いしてもらう必要があります。 スポンサードリンク その場合は、事前に書類の記入をお願いしておかないと、協会けんぽへ申請することができずに、どんどん支給日が遅れることとなりますので注意をしてください。 手当金を貰う立場からすると、ちゃんと届いているのか?が心配になりますよね。 しかし、全国健康保険協会の方から「ちゃんと届いていますよ!」という 案内はありません。 私も初回申請した時は、「 不備がないだろうか?」「 届いているだろうか?」ということが心配でしたが、どこかの情報に「申請書類が届いたら連絡がある」と書かれていたので待っていました。 しかし、年末年始が迫ってきていることと、2週間を過ぎても音沙汰が無いため、しびれを切らし連絡を取りました。 すると、そのような連絡はしておらず、不備があれば郵送にて返却して、再度申請をし直すようになっている。 と回答をいただきました。 また、不備がなく順調に審査が進むと、振り込み準備が行われ、振り込みと同時くらいに、いくらをいつに、指定口座へ振り込みましたよ。 というハガキが届くことも教えてもらいました。 「不備がないだろうか?」「届いているだろうか?」と心配な方は、 担当支部へお問合せすることをおすすめします。 傷病手当金全国健康保険協会の問い合わせ先 全国健康保険協会への傷病手当金問い合せは、こちらのからご覧いただけます。 傷病手当金の振込は約2週間 傷病手当金支給申請書が、全国健康保険協会の支部に不備なく届いた場合、そこから約2週間で申請期間分の傷病手当金が振り込まれます。 下記画像は、私の口座に振り込まれた様子です。 標準報酬月額とは 「 標準報酬月額」とは、会社と社員が折半で負担する健康保険・介護保険・厚生年金保険の社会保険料の計算を簡易にするための仕組みで、毎年一回7月に、4月、5月、6月の3ヵ月間に支払われた給与の平均額を、「 標準報酬月額表」の等級区分にあてはめて決定するものです。 引用:さんよりお借りしました• 標準報酬月額の決め方4つの方法については、こちらのに記載されています。 また、協会けんぽでは、標準報酬月額の早見表を出しています。。 振込と同時くらいに、ハガキが届きます。 という内容。 まとめ 鬱(うつ)などの症状で、やむなく会社を休んだり、退職せざるを得なかったりする場合、その後の生活はどうなってしまうのか? とても、不安な毎日を過ごすことになるでしょう。 そんな不安を少しでも取り除けるのが、「傷病手当金」です。 最長で1年6ヵ月間支給を受けることができますので、このような状況に陥った際には活用を検討するようにしてください。 今回の記事は、支給(振込)されるスケジュールについて紹介してきました。 クリニックへの受診間隔を3週間としていますが、あなたの受診間隔に合わせて読んで貰えたらと思います。

次の

傷病手当金の金額がすぐわかる「早見表」と減額されるケース

傷病 手当 いつ もらえる

病気やケガで仕事を長く休む場合、傷病手当金がもらえます。 貯金がないと傷病手当金が頼みの綱になりますから、いつもらえるのか気になりますよね。 手持ちのお金の残金を数えながら入金を待っている間は、とても長く感じるものですし、イライラしてしまうこともあるのではないでしょうか? 傷病手当金の支給日の目安が分かれば、少し気持ちは落ち着きますよね。 そこで今回のこの記事では、「傷病手当金の支給日」について、• 初回の傷病手当金の支給日• 支給日の通知• なるべく早くもらうコツ• 再発した場合にまたもらえるのか 以上のことを中心に説明します。 この記事を読んでいただけたら、傷病手当金の支給日がいつになるか目途がついて落ち着いて支給日を待てます。 ぜひ最後までご覧ください。 では、傷病手当金の支給日について具体的にお伝えしていきます。 支給を待っているときは、一日でも早く欲しいという気持ちがあるかもしれませんね。 そんなときは、 日にちがいつなのかを知りたいのではないでしょうか。 実は、支給日は、固定の日があるのではなく、健康保険組合・共済組合など、 加入している健康保険組合によって異なります。 たとえば、TJK(東京都情報サービス産業健康保険組合)とITS(関東ITソフトウェア健康保険組合)であれば、 毎月10日、20日、末日のいずれかの日が支給日です。 どの日になるかは人によって違います。 すぐに貰いたい人にとっては、10日おきのタイミングしかないので、仮に手続き上は5日に支給できる準備ができたとしてもその場では振り込まれず、次の支給日の10日になってしまいます。 何日に振り込まれるかは組合によって異なりますが、すべての組合で共通することは、支給は振込で、平日のみです。 土日祝や年末年始は支給されません。 傷病手当金の申請は、自分の努力だけでコントロールできない部分が多くあります。 医師と会社に申請書を書いてもらうこともそのうちのひとつです。 医師に記入してもらうとき、一週間ほどかかるのが一般的。 この記入スピードはコントロールできませんが、早めに申請書を渡しておけば、その分早く返ってくると期待できます。 ひと月分ずつ申請をするなら、前回分の申請書を提出してから 2週間後を目安に医師や勤務先に記入の依頼をすれば、安定したサイクルで申請ができます。 2回目以降は、申請してから1週間ほどで振り込まれます。 早めに記入してもらうといっても、過去月分しか手続きできませんので、未来日の記入を依頼することはやめてください。 このように申請から2週間後を目安に記入の依頼をした場合は、• 前回の申請• 2週間後、記入の依頼をする• 1週間で戻ってくる• 1週間後に振り込まれる という流れで、1ヶ月ごとの振り込みを受けることができるでしょう。 では、支給開始日から1年6ヶ月を超えているケースではどうでしょうか? このケースでは、一度 完治したかどうかが分かれ目になります。 完治していれば、再び傷病手当金がもらえますが、完治していなかった場合、残念ながら、傷病手当金はもらえません。 傷病手当金は、1年6ヶ月までしかもらえないのですが、 一度完治していれば、同じ病名の傷病でも、新たに傷病手当金がもらえます。 完治したかどうかがとても重要なポイントになりますが、医師の診断がなくても、一般的に見て完治していると考えられる場合は完治とみなしてもらえます。 うつ病などは、医師が完治の診断を出せない病気がありますので、この場合は 社会通念上の治癒で良いとされています。 完治と認められて、新たに傷病手当金をもらう場合は、新たに申請することになるため、 初回の支給日は1ヶ月から2ヶ月後です。 傷病手当金の支給日について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。 この記事のポイントは、• 傷病手当金の初回支給日は、申請から1~2ヶ月後• 2回目以降は1ヶ月ペースが一般的• 支給日は事前にハガキで通知が届く• 早くもらいたいなら毎月申請する• 医師への記入依頼は前の申請から2週間後が良い• 傷病手当金は最長1年6ヶ月もらえる• 支給開始日から1年6ヶ月を過ぎてから再発した場合、完治していれば新たに傷病手当金がもらえる でした。 振込日は事前に分かりますが、振込時間は分かりません。 金融機関の処理次第となり、時間の指定もできません。 傷病手当金は、休職中の収入源です。 手元にお金がないと心細くていつ振り込まれるのか気になりますが、あまり気にし過ぎると体調にもよくありません。 心配せず、気持ちにゆとりをもって待ってください。 ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

次の

傷病手当金の支給期間1年6か月の数え方と期間経過後にもらえるお金

傷病 手当 いつ もらえる

はじめに:傷病手当金とは? 仕事ができなくなったときに受けられる代表的な保障が傷病手当金です。 業務外の病気やケガで働けなくて仕事を休み、給料が支払われない場合や給料が下がった場合、その間の生活保障をしてくれる所得保障・休業補償の制度です。 支払いを受ける条件は? 1. 業務外の事由による病気やケガによる療養の休業であること 健康保険給付として受ける療養に限らず、自費で診療を受けた場合でも、仕事に就くことができないことについての証明があるときは支給対象となります。 また、自宅療養の期間についても支給対象となります。 ただし、業務上・通勤災害によるもの(労災保険の給付対象)や病気と見なされないもの(美容整形など)は支給対象外です。 仕事に就くことができないこと 仕事に就けるか就けないかは、医師の意見をもとに、被保険者の携わっている業務の種別を考慮したりして本来の業務に耐えられるか否かを基準にしています。 連続3日間を含み、4日以上仕事に就けなかったこと 3日間連続して休むことを「待機完成」といいます。 待機完成までの3日間に対しては傷病手当金は支給されません。 <「待期3日間」の考え方イメージ> 4. 休業期間に給与の支払いがなかったこと 給与の支払いがあっても傷病手当金の日額より少ないときはその差額分が支給されます。 支給額と支給期間 2-1. 2-2. 支給期間 傷病手当金は支給が始まった日から1年6ヵ月の期間で、支給を受ける条件を満たしている日に支給されます。 <傷病手当金支給期間例> 2-3. 休んだ期間について給与の支払いがあっても、その給与の日額が傷病手当金の日額より少ない場合には傷病手当金と給与の差額分が支給されます。 障害厚生年金の額の360分の1が傷病手当金の日額より少ない場合には傷病手当金の合計額が障害手当金の額に達するまでの間、傷病手当金は支給されません。 老齢退職年金の額の360分の1が傷病手当金の日額より少ない場合にはその差額分が支給されます。 休業補償給付の日額が傷病手当金の日額より少ない場合にはその差額分が支給されます。 傷病手当金の申請方法 病気やケガで会社を休んだときは傷病手当金を受け取ることができます。 ご存知の方も多いと思いますが、傷病手当金という制度があっても、実際に申請を行わなければ傷病手当金の支給を受けることができません。 ここでは病気やケガの発生から傷病手当金を受け取るまでの流れについてご説明したいと思います。 3-1. 傷病手当金の申請方法の流れ ここでは全国健康保険組合(協会けんぽ)に加入されている方の申請の流れを例としてお伝えしています。 病気・ケガの発生• 会社に報告する• 申請書の用意• 医師の診察後、申請書の証明欄に記入してもらう• 事業主に申請書の証明欄を記入してもらう• 保険者に申請書を提出する 1. 病気・ケガの発生 病気であることがわかったり、ケガをしてしまったら医師や看護師に治療費や治療機関の確認をしましょう。 治療の期間が長くなりそうだったら、傷病手当金の申請ができますし、医療費が高くなれば高額療養費の申請もできるかもしれません。 必ず確認しておきましょう。 また治療が長期になる場合は、傷病手当金の証明書を書いてもらえるかどうか確認しておきましょう。 会社に報告する 次にすることは会社に欠勤の報告をすることです。 休む期間によっては、欠勤日に有給休暇を使用することも考えられます。 有給休暇を使う場合、傷病手当金の申請をすることはできません。 有給休暇を利用するか傷病手当金の給付を受けるのか、会社と相談して決めましょう。 申請書の用意 申請書は全国健康保険協会のホームページからダウンロードし、印刷してお使いいただくか、全国健康保険協会で申請書をもらうかして、申請書を用意します。 申請書の書き方が分からない方は、こちらのを参考にして下さい。 また、都道府県により異なりますが、年金事務所の窓口、商工会議所・商工会に申請書を置いてあるところもあるそうです。 「全国健康保険協会の窓口に取りに行けない」、「申請書を印刷することができない」という方は、全国健康保険協会に電話で問い合わせてみることをおすすめします。 連絡先: 4. 医師の診察後、申請書の証明欄に記入してもらう 用意した傷病手当金の申請書の中に担当医師の証明欄がありますので、働けなかった期間の証明をもらいましょう。 注意するところは「申請期間が過ぎてから担当医師の証明をもらう」ということです。 申請期間が経過する前に記入された証明は、有効な証明として取り扱われないことがあります。 従って、必ず申請期間が経過した後で証明をもらいましょう。 事業主に申請書の証明欄を記入してもらう 傷病手当金の申請書の中に事業主の証明という欄があります。 その証明欄に会社を休んでいること、給料が支払われていないことの証明をしてもらいましょう。 事業主の証明についても申請の期間が経過した後で証明をもらいましょう。 保険者に申請書を提出する 全国健康保険協会に傷病手当金の申請書を提出します。 申請書を提出する手段は2つあり、ひとつめは「郵送で送付する方法」、ふたつめは「全国保険協会の各都道府県支部に直接書類を提出する方法」です。 近くに窓口があれば、直接持っていき提出すればよいので手間がかかりませんが、近くに窓口がない方や病気やケガで入院中の方は郵送で申請書を送付しましょう。 住所: まとめ 日本は先進国の中でも社会保障制度が充実しており、大きな保障を受けられます。 傷病手当金はいますぐ必要でなくても、もしかしたら将来病気やケガになってしまったときに必要になるときがくるかもしれません。 自分で申請をしないと受けられないものですので、病気やケガになってから慌てて調べるのではなく、ある程度の知識や申請方法の流れを知っておくと、万が一の事態にもスムーズに手続きを行うことができるでしょう。 実際に傷病手当金の手続をされる時は、まずは会社に報告しましょう。 具体的な申請方法などについて確認されたい場合は、ご自身の健康保険証に書いている健康保険組合の連絡先にお問い合わせいただくのが一番スムーズです。

次の