バブ フリック。 スターウォーズ9のネタバレあらすじと感想!レイの正体が明らかに!?-ichi

【見た人向け】「スターウォーズ EP9 スカイウォーカーの夜明け」にカメオ出演するセレブ達。あのシーンで聞こえてくる声はだれ?!

バブ フリック

皆さんこんにちは、当サイト管理人の「イガイガ」です。 スターウォーズというと大きくて、ちょっと気持ちの悪いエイリアンやドロイド(ロボット)のイメージが先行している事があります。 しかし実際には、けっこうキュンとくるような可愛いキャラクターも多いんですよ。 そこでスターウォーズ続三部作に登場した可愛いキャラクターには、一体どんなものがいたのかをまとめ上げています。 【スターウォーズ続三部作】可愛い生き物や動物キャラクター ではさっそくスターウォーズ続三部作に登場してくる、 とても可愛い生き物やキャラクター・ドロイドであったりを紹介したいと思います。 もちろんスターウォーズには初代作品(エピソード4)から様々なキャラクターが登場してきました。 しかし今回は敢えて 続三部作(エピソード7~9)の中に限定してみましょう。 ポーグ まずは 「エピソード8・最後のジェダイ」に登場した 『ポーグ』から紹介します。 このポーグが初めて公開されたときには、ファンの間から 「可愛い過ぎる!!」「ポケモンみたい!!」といった意見が続出! ルーク・スカイウォーカーが潜んでいた孤島に生息しており、ルークが投げ捨てていたライトセーバーを突付くシーンも。 ポーグ。 惑星オク=トゥーの鳥。 貴重なタンパク源です。 ポーグよりウルプテックスを推してほしかった — ローザレーヌ バンダースナッチ garura07 塩の惑星クレートに住む身体をクリスタルに覆ったオオカミの様な外見の生き物です。 このウルプテックスは惑星クレートの地表にある塩を摂取して生きていることから、体中が結晶化してしまったという設定らしいです。 まるでSFテレビシリーズの総集編のような各地を転々とする宝物探索のくだり、ビジュアルもクリーチャーも引き続き素晴らしい。 バブ・フリックなんかシリーズでも有数の存在感。 その辺りには確実に「スターウォーズなるもの」はあったと思う。 そのシーンは 「エピソード9・スカイウォーカーの夜明け」のラストで、デススターのキャノン搭載型 「スター・デストロイヤー」が沈んでいく光景を惑星エンドアから見上げているのです。 【スターウォーズ続三部作】 可愛いドロイドキャラクター 動物編が終わった後はドロイド編です。 スターウォーズには動物やエイリアンの他に、 ドロイド(ロボット)のキャラクターも多数登場しています。 その中でも可愛いと人気のキャラクターを紹介しましょう! BB-8 BB-8かわいいよね。 — kazuki. しかも可愛いだけでなく、強いというのがまた魅力です。 ときにはアドリブも効かせてくれる、ほんとに仕事のできる子です(笑) R2-D2 続三部作のドロイドはBB-8が主役かも知れませんが、 元祖可愛い系ドロイドの 『R2-D2』だってちゃんと登場してきます。 少しだけの出番でも、根強い人気は現在も変わりません。 今後のスターウォーズ作品にもR2-D2には登場して来て欲しいものですね! 【スターウォーズ続三部作】の可愛い鳥や動物・ドロイドなどキャラクターまとめ この様に今回の記事は、可愛いキャラクター目白押しでまとめてみました。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の

スターウォーズエピソード9の登場人物相関図!新キャラ&復活キャラについて調査!

バブ フリック

エピソード7,8で明かされたレイの出生や両親について エピソード8までのレイの両親について詳しくは上の記事で掘り下げていますが、簡単にレイの両親についてまとめると次のようになります。 レイが5歳の頃に両親と離ればなれになる• 両親はレイと同じくガラクタ漁り• 飲み代のためレイを売った• 既に死んでいてジャクーに埋葬されている• 何者でもなく、名もない人たち フォースの覚醒でおそない頃に両親と別れたことが判明し、レイは自分自身が何者で両親が誰なのかずっと探し求めていました。 しかし、最後のジェダイでカイロ・レンに両親についてこう伝えられます。 「 しがないガラクタ漁り、飲み代のためにきみを売った。 死んだ今、ジャクーの共同墓地に眠っている。 君は極貧の中で育ってきた。 名もなく。 エピソード9で明かされたレイとパルパティーンの関係 エピソード9では、新たな敵としてダース・シディアスことパルパティーンが登場。 レイがパルパティーンの孫であることが判明。 クライマックスでは、レイを女帝パルパティーンにするため、パルパティーン自身が死ぬことでたましいだけレイに乗り移ろうしていました。 彼女が強いフォースの持ち主で、最後のジェダイやスカイウォーカーの夜明けで見せた暗黒面はある意味パルパティーンの血筋だったからとも言えます。 ダークサイドに惹かれたカイロ・レンはライトサイドのレイヤとハン・ソロの間に生まれ、ジェダイに導かれたレイはシスの孫ということで、それぞれ家族と相反する形がレイとカイロ・レンをつないだのかもしれません。 エピソード7と9で監督を務めたJJエイブラムスは、エピソード8でラスボスのスノークを退場させられたことで、やむおえずパルパティーンを登場させ、彼とレイに関係を作ったのではないかと考えていました。 レイの両親は何者でもなかったのか エピソード9で語られたレイの両親は今まで変わらず、何者でもありませんでした。 二人が初めて映像として出てきますが、名前はなく誰かと関係がある描写はありませんでした。 ただ、エピソード8でカイロ・レンが言っていた「飲み代のためにレイを売った」ことと異なり、 「レイをパルパティーンから守るために別れた」ということが判明。 二人はパルパティーンの手下から拷問を受けるもレイの居場所を吐かず、最終的に今作の鍵となる短剣で殺されてしまいました。 この短剣は、パルパティーンが待ち構えるエクセゴルの座標を示すウェイファインダーの在り処を示すものでしたね。 この短剣で書かれている文字をC-3POが解読する、デス・スターに眠る2つ目のウェイファインダーを探す場面で役立ちました。 おそらくJJエイブラムス監督は、レイの両親についてもう少し深堀りしたかったのではと思います。 今作ではレイがパルパティーンの孫であると伝えられただけで、 パルパティーンとレイの両親の関係やパルパティーンの子供であるレイの親は本当に特別な力がなかったことについて疑問が残りますね。 ただ、エピソード9でパルパティーンを改めて登場させ、スカイウォーカー家の話を終わらせる中で、そんなことをしている時間はありませんでした。 レイの両親やパルパティーンとの関係について納得がいかない人はいると思いますが、スカイウォーカー家の話が完結するエピソードとしてよかったのではないでしょうか。 ここをクリック.

次の

バブ・フリックは伝説のドロイド修理屋?「スター・ウォーズ」エピソード9の新キャラを紹介

バブ フリック

予告編にも登場したC-3POの本編シーンが公開 - (C)2020 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. 映画『スター・ウォーズ』シリーズ完結編『』から、C-3POの感動的な場面を収めた本編シーンが公開された。 映像は吹き替え版になっているが、新キャラクターのバブ・フリックの声は英語版と同じ声優が日本語セリフに挑んでいる。 (以下、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の内容に一部触れてします) 『』(1977)の公開からはじまった、全9作にわたるサーガの完結編となる本作。 復活したシリーズ最大の悪役パルパティーンの脅威に立ち向かう、レイ、フィン、ポー・ダメロンらの奮闘が描かれ、シリーズ全作品に登場するドロイド・C-3POも大活躍する。 C-3POがシス語を翻訳するとメモリーが失われてしまうというリスクがあるが、それは銀河を救うために絶対に必要な情報。 それを知ったC-3POは、レイたちのことを見つめ「最後にメモリーに焼き付けているのです。 友達の姿を……」とつぶやく感動的な場面になっている。 C-3PO役のをはじめ、声優陣の名演にも注目だ。 また本編シーンには、ドロイド修理が専門の新クリーチャー、バブ・フリックも登場。 ディズニーによると、彼女は本作の吹き替えにおいて、20か国語以上のセリフを自ら担当したという。 映像内におけるバブ・フリックの「ドロイド、メモリー、カラッポ、ナル」という日本語のセリフも彼女のもの。 シャーリーは日本語が話せないが、キャラクターに合った片言の日本語で吹き替えており、そのほかにもロシア語、スペイン語、タイ語、ブラジルポルトガル語、ヒンディー語、カタルーニャ語、ドイツ語、イタリア語、ポーランド語、チェコ語、ハンガリー語、ウクライナ語、ブルガリア語、スロバキア語、ルーマニア語、トルコ語、フランス語(カナダ系)などのセリフを担当。 日本でもバブ・フリックの声にハマった観客の声がSNSなどに投稿されており、新たな人気キャラクターとして定着することになりそうだ。 昨年の12月20日から全世界で順次公開されている本作は、日本でも今年の1月27日までで興行収入67億7,966万円、動員452万3,176人を突破するヒットを記録している。 (編集部・入倉功一).

次の