あんスタ 凸。 【あんスタMusic】イベントの進め方を解説します!【入門編】

【あんスタMusic】イベントの進め方を解説します!【入門編】

あんスタ 凸

あんスタのガチャにユーザーの不満が急増 イベントガチャに天井がない ゲームによっては、「何回以上ガチャを回すとPU最高レアが手に入る」という「ガチャの天井」を設けていることがあります。 これはガチャの保証のようなモノで、これがないと何回ガチャを回しても、PU最高レアが出ない可能性があります。 あんスタのガチャには、リリース当初から天井がありませんでした。 3月15日に大型リニューアルされ、3月31日にリニューアル後、初めてのイベントガチャが実装されました。 「リニューアルを機にイベントガチャに天井が実装されるのでは?」と期待したユーザーが多かったのですが、イベントガチャには天井が設定されていませんでした。 確率が下がり、すり抜けも起こる様に リニューアル前のあんスタ!は、イベントガチャで出る最高レアはイベント新規カードのみでした。 25%から1%に下がっています。 しかし、 ガチャ確率が下がっているにも拘らず、 救済措置も無かったため、ユーザーの不満が高まっている様です。 ガチャ産カードにはイベント特攻も付いている イベントガチャのカードには、イベントの特攻が付いています。 この 特攻値が高く設定されている為、カードをゲットした人としていない人で、イベントの攻略に差が出てしまっています。 このシステムに不公平感を感じている方も多いようです。 1枚:4%• 2枚:8%• 3枚:12%• 4枚:16%• これは、 100回ガチャを回すと1枚出る確率です。 100回ガチャをするのに必要なダイヤは3500個を買うと、以下のようになります。 ガチャをしていく中で、これらの金額を超えてくると悪い確率と言えます。 ガチャの引き際の1つの目安にして見て下さい。 他のゲームとの確率比較 ゲーム名 最高レアPUキャラ確率 ガチャ1回 備考 あんスタ 1% 300円程度 天井無し FGO 0. 8% 360円程度 天井無し・10連で11枠 グラブル 0. 3% 300円程度 天井9万円 ヒプマイARB 0. 42%(確定枠2. 人気・話題のゲームガチャを比べると上のような感じになります。 確率的には、FGOのガチャが近い印象です。 天井は実装されるのか? しばらくは実装される可能性は低い あんスタはリニューアルという大きな節目を迎えても、ガチャの天井が実装されませんでした。 それ所か、ガチャの確率がリニューアル前よりも絞られています。 この事から、 しばらくは天井の実装は行われないと予想されています。 売り上げが落ちれば、すり抜けが変更される可能性 天井の実装は、システム的に大きな変更が必要と思われます。 しかし、すり抜けはガチャの中身を減らせばいいので、天井の実装に比べると楽に行うことができます。 もし、 新ガチャシステムが不評で売り上げが著しく落ちたりすれば、先にすり抜けの撤廃が行われる可能はあるかと思われます。 特攻なしだと少し辛い面もありますが、 イベントの攻略だけで5凸も可能になっています。 このピックアップは、リニューアル後も行われると思われます。 他にオススメの人気ゲームは? 他にも楽しめるオススメのゲームも紹介していますので、 今の内にダウンロードしてみて下さい。 分類に分けて徹底解説しています。 放置少女• 女の子たちが圧倒的にかわいい• 三国志の世界観を擬人化美少女が贈る• 「放置」するだけでキャラクター育成可能• 隙間時間にプレイしたいと思っている人にぴったり• 主人公は名立たる英雄ではなく、ありふれた日常を送る主人公。 乱世を彩る美人や勇猛果敢な武将たちと戦い、協力しながら、歴史を変える成り上がりストーリーを楽しむことができます。 メインとなるのは国の運営で、家臣の育成や資産経営をしていきます。 歴史上の姫達との結婚や子育ても可能。 ガチャが存在しない為、殆どのキャラを無課金で手に入れることが出来ます。 ゲームは奥深いですが、ボタンタップで簡単操作。 放置系なので遊んでいる他のゲームと同時に遊べます。 戦闘も自動で行ってくれるので、戦闘操作が不安な方でも楽しめます。 何をしたらいいのか迷った時は、次にやるべき課題を表示できるので安心です。 海外の運営ですが、日本語訳も自然。 ストーリーも本格的なものになっています。 同盟(ギルド)機能も充実しており、対戦やプレイヤー同士での跡取り縁談、宴会の開催まで行えてしまいます。

次の

【あんスタMusic】イベントの進め方を解説します!【入門編】

あんスタ 凸

今回は、 あんスタMusicのイベント形式の一つである ツアーイベントについて説明します。 ユニット単位でのイベント・シャッフルイベントでは、新規のイベント楽曲を参加PASSでプレイするものでしたが、 ツアーイベントでは仕組みが異なっています。 セットリスト 公演 をプレイしミッションを達成することが目的となっていて、報酬カードについてもイベントポイント達成以外にも一定の公演数クリアで入手できるようになっています。 早速ですが、本題に入ります。 あんスタMusic・ツアーイベントの仕組み 4曲で1周のセットリスト 公演 を進めるイベント ツアーイベントは、基本的に4曲で構成されたセットリストを順番にプレイしていくイベントです。 セットリストは「 公演」という呼称となっていて、同じ4曲を繰り返していくのではなく、 用意されたセットリストを順番に進めていきます。 各公演の楽曲は、イベントに登場しているアイドルのセレクションという設定になっています。 公演は全部で30あります。 公演ごとのミッションをクリアしていく 公演には、 ミッションが設定されています。 このミッションはセットリストによって異なっていて、画像のようなオリジナルメンバーを編成して曲をクリアする簡単なものから、パーフェクトコンボが必要なもの、スコアの下一桁を一定の数にしなくてはいけない難しめのものもあります。 公演ごとに3つのミッションがあり、3つのミッションを全て達成すると報酬が貰えます。 ミッションは全て達成しなくても次の公演に進むことは出来るのですが、途中の公演で一定のミッション達成数が基準に満たないと公演をプレイできないものが存在しています。 特に公演30日目のクリアを目指す場合には、しっかりミッション内容を確認しながらプレイを進めることが重要です。 そのため、 少ないBPでイベントを進めようとしても最低でもBPは3必要となり、BPが上限の10まで回復していても、1つのセットリスト 4曲 を一度にプレイできないということになります。 なお、公演20日目・公演30日目に設定されているミッションは未達成の状態であっても、セットリストの4曲をクリアすれば報酬カードは入手できます。 イベント楽曲は無し ユニットイベント・シャッフルイベントでは、ユニット曲・シャッフルユニット曲が新規に追加されていて、参加PASSを使用することでイベント楽曲をプレイすることができました。 一方、 ツアーイベントでは新規の楽曲追加はなく、既存の楽曲のみとなっています。 そのため、参加PASSも存在しません。 イベント報酬カードの種類が増えている分、新曲は諦めた上でツアーイベントを遊びましょう。 なお、 ツアーイベントでは新規MV衣装も存在しません。 お仕事の衣装のみ、ポイント報酬で入手可能です。 公演セットリスト4曲目クリア時にボーナス加算あり 公演の楽曲をクリアすると、 FEVERゲージというものが貯まっていきます。 ポイント報酬も意識してイベントを進める場合は、4曲目は必ずBP10消費でプレイした方が良いでしょう。 BP0のお仕事でもイベントポイントは加算され、 BP0の場合は250ポイントを入手出来ます。 ささやかではありますが、お仕事チケットが溜まっている時は、しっかりこなしておきたいです。 通常楽曲ではBP1・2消費でもイベントポイントが入手可能です。 先述のセットリスト4曲目クリア時のFEVERボーナス加算があるのが大きいので、セットリストをプレイした方が効率は良いのですが、 通常楽曲プレイでもポイントが入るのはありがたいですね。 ツアーイベントの仕組みの説明は以上です。 一方、 ツアーイベントではポイント報酬の他に、公演をクリアすることでも報酬カードを入手することができるようになっています。 下一桁ミッションは結構な地獄… ミッションはオリジナルメンバーの編成やパフォーマーを指定キャラに設定しておくだけの簡単なものもありましたし、フルコンボミッションも難易度を下げてプレイすれば達成できました。 しかし、そんな ミッションの中で苦しめられたのが下一桁を指定の数字にする…というものでした。 4曲の合計スコアの下一桁を奇数・偶数にするというものも失敗して、無駄に同じセットリストを周回する羽目になったのですが、それよりも苦しかったミッションが。 それは「 楽曲スコアの下一桁を5にする」というものでした。 Twitterで見たアドバイスを参考に、 難易度EASYでプレイし、曲の終盤でスコアが5になったタイミングでプレイ放置…という状態を目指したわけですが、放置するタイミングを間違うと曲のクリア自体に失敗してしまうためバランスが難しく、困難を極めました…。 セトリ4曲で達成出来ず、2回目の1曲目はゲージが足りず曲のクリア自体に失敗。 1曲目再挑戦でほぼ奇跡的にミッション達成することができました。 ツムツムのビンゴでも下一桁ミッションはありましたが、 タスクキル等の同じ曲のやり直しが通用しないためにハードルを上げてしまっていると感じました。 イベントの仕組みは楽しいのでミッション改善に期待 公演という名のセットリストを周回・巡回していく形式であるツアーイベント。 新曲と新規MV衣装がないイベントではあるのですが、私は遊んでみて楽しいと感じました。 オリジナルメンバー編成でプレイするミッションは、普段所持カードのレア度の問題で編成に入れられていないメンバーでプレイする形となりますが、普段オリメン編成でプレイしない私にとっては新鮮だったりします。 それだけに、普通に楽曲をプレイするだけではよほど運が良くない限り達成できないスコア下一桁ミッションの、このイベントの仕組みとの相性の悪さはとても気になりました。 リズムゲームが苦手に感じる方でも遊べるように配慮したのかもしれませんが、結果的にリズムゲームが苦手な人がさらに苦しむようなミッションになってしまってるような気がするんですよね。 ただ、 ツアーイベント2回目ではミッションが達成できなくても次の公演に進めるようになっていますし、遊びやすく改善されたような印象があります。

次の

あんスタ×キンプリイラスト 大和アレクサンダーの腹筋にファン歓喜

あんスタ 凸

今回は、 あんスタMusicのイベント形式の一つである ツアーイベントについて説明します。 ユニット単位でのイベント・シャッフルイベントでは、新規のイベント楽曲を参加PASSでプレイするものでしたが、 ツアーイベントでは仕組みが異なっています。 セットリスト 公演 をプレイしミッションを達成することが目的となっていて、報酬カードについてもイベントポイント達成以外にも一定の公演数クリアで入手できるようになっています。 早速ですが、本題に入ります。 あんスタMusic・ツアーイベントの仕組み 4曲で1周のセットリスト 公演 を進めるイベント ツアーイベントは、基本的に4曲で構成されたセットリストを順番にプレイしていくイベントです。 セットリストは「 公演」という呼称となっていて、同じ4曲を繰り返していくのではなく、 用意されたセットリストを順番に進めていきます。 各公演の楽曲は、イベントに登場しているアイドルのセレクションという設定になっています。 公演は全部で30あります。 公演ごとのミッションをクリアしていく 公演には、 ミッションが設定されています。 このミッションはセットリストによって異なっていて、画像のようなオリジナルメンバーを編成して曲をクリアする簡単なものから、パーフェクトコンボが必要なもの、スコアの下一桁を一定の数にしなくてはいけない難しめのものもあります。 公演ごとに3つのミッションがあり、3つのミッションを全て達成すると報酬が貰えます。 ミッションは全て達成しなくても次の公演に進むことは出来るのですが、途中の公演で一定のミッション達成数が基準に満たないと公演をプレイできないものが存在しています。 特に公演30日目のクリアを目指す場合には、しっかりミッション内容を確認しながらプレイを進めることが重要です。 そのため、 少ないBPでイベントを進めようとしても最低でもBPは3必要となり、BPが上限の10まで回復していても、1つのセットリスト 4曲 を一度にプレイできないということになります。 なお、公演20日目・公演30日目に設定されているミッションは未達成の状態であっても、セットリストの4曲をクリアすれば報酬カードは入手できます。 イベント楽曲は無し ユニットイベント・シャッフルイベントでは、ユニット曲・シャッフルユニット曲が新規に追加されていて、参加PASSを使用することでイベント楽曲をプレイすることができました。 一方、 ツアーイベントでは新規の楽曲追加はなく、既存の楽曲のみとなっています。 そのため、参加PASSも存在しません。 イベント報酬カードの種類が増えている分、新曲は諦めた上でツアーイベントを遊びましょう。 なお、 ツアーイベントでは新規MV衣装も存在しません。 お仕事の衣装のみ、ポイント報酬で入手可能です。 公演セットリスト4曲目クリア時にボーナス加算あり 公演の楽曲をクリアすると、 FEVERゲージというものが貯まっていきます。 ポイント報酬も意識してイベントを進める場合は、4曲目は必ずBP10消費でプレイした方が良いでしょう。 BP0のお仕事でもイベントポイントは加算され、 BP0の場合は250ポイントを入手出来ます。 ささやかではありますが、お仕事チケットが溜まっている時は、しっかりこなしておきたいです。 通常楽曲ではBP1・2消費でもイベントポイントが入手可能です。 先述のセットリスト4曲目クリア時のFEVERボーナス加算があるのが大きいので、セットリストをプレイした方が効率は良いのですが、 通常楽曲プレイでもポイントが入るのはありがたいですね。 ツアーイベントの仕組みの説明は以上です。 一方、 ツアーイベントではポイント報酬の他に、公演をクリアすることでも報酬カードを入手することができるようになっています。 下一桁ミッションは結構な地獄… ミッションはオリジナルメンバーの編成やパフォーマーを指定キャラに設定しておくだけの簡単なものもありましたし、フルコンボミッションも難易度を下げてプレイすれば達成できました。 しかし、そんな ミッションの中で苦しめられたのが下一桁を指定の数字にする…というものでした。 4曲の合計スコアの下一桁を奇数・偶数にするというものも失敗して、無駄に同じセットリストを周回する羽目になったのですが、それよりも苦しかったミッションが。 それは「 楽曲スコアの下一桁を5にする」というものでした。 Twitterで見たアドバイスを参考に、 難易度EASYでプレイし、曲の終盤でスコアが5になったタイミングでプレイ放置…という状態を目指したわけですが、放置するタイミングを間違うと曲のクリア自体に失敗してしまうためバランスが難しく、困難を極めました…。 セトリ4曲で達成出来ず、2回目の1曲目はゲージが足りず曲のクリア自体に失敗。 1曲目再挑戦でほぼ奇跡的にミッション達成することができました。 ツムツムのビンゴでも下一桁ミッションはありましたが、 タスクキル等の同じ曲のやり直しが通用しないためにハードルを上げてしまっていると感じました。 イベントの仕組みは楽しいのでミッション改善に期待 公演という名のセットリストを周回・巡回していく形式であるツアーイベント。 新曲と新規MV衣装がないイベントではあるのですが、私は遊んでみて楽しいと感じました。 オリジナルメンバー編成でプレイするミッションは、普段所持カードのレア度の問題で編成に入れられていないメンバーでプレイする形となりますが、普段オリメン編成でプレイしない私にとっては新鮮だったりします。 それだけに、普通に楽曲をプレイするだけではよほど運が良くない限り達成できないスコア下一桁ミッションの、このイベントの仕組みとの相性の悪さはとても気になりました。 リズムゲームが苦手に感じる方でも遊べるように配慮したのかもしれませんが、結果的にリズムゲームが苦手な人がさらに苦しむようなミッションになってしまってるような気がするんですよね。 ただ、 ツアーイベント2回目ではミッションが達成できなくても次の公演に進めるようになっていますし、遊びやすく改善されたような印象があります。

次の