ゼウスwifi。 ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)速度実測値一覧表|24時間時間帯別スピードテスト

【公式】ZEUS/ゼウスWiFi

ゼウスwifi

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)とは、2020年3月からスタートした新しいポケットWiFiサービスです。 30日間のお試し体験や、月額料金が安いという特徴があり、現在2つのキャンペーンも行っています。 しかし、新しく始まったサービスのため、おすすめなのかどうかって、よくわからないですよね。 結論を先に言ってしまうと、 ゼウスWiFiは「一番オススメ!完璧!」とまではいかないものの、「キャンペーン中に限り結構おすすめ!」なポケットWiFiです。 この記事ではゼウスWiFiのメリットやデメリット、また現在人気No1ポケットWiFiであるMugen WiFiとの比較結果などを紹介しています。 是非この記事を参考にして、ゼウスWiFiが自分におすすめなのか検討してみてくださいね。 最安値保証WiFiが今ベストな理由• 申込から最短即日発送で、すぐにでも利用ができるから• 契約期間の縛りがなく、無料で解約ができるのでリスクが少ないから• 初期費用も0円なので、気軽に契約できるから• 月額料金も3,280円と最安級だから• 月に利用できるデータ量が「100GB」と明記されて安心して利用できるから• 契約期間の縛りが無いので、テレワークや在宅勤務の短い期間だけの利用ということもできるから 最安値保証WiFiは「契約期間の縛りが無い」「無料解約」「初期費用0円」「月額料金も安い」「データ量も明確」とおすすめできる要素が詰まったポケットWiFiです。 はじめてポケットWiFiサービスを利用する人や、短期間だけでの利用がしたい人も解約金や違約金といったリスクなく気軽に利用することができます。 もし今後Mugen WiFiのサービスが再開したとしても、最安値保証WiFiのほうがおすすめできる要素が多いので、是非検討してみてください。 \ おすすめNo1 契約金・解約金0円/ 下の表は、現在行われている割引キャンペーンを適用した情報です。 ゼウスWiFiの基本情報 月額料金 3,480円 現在キャンペーン中につき 1~6か月目:2,980円 7か月目以降:3,280円 初期費用 3,000円 回線 au,softbank,docomo 契約期間 2年 解約違約金 9,500円 (更新月は0円) 月間通信容量 無制限 3日間制限 なし 端末 H01 最大速度 下り:150Mbps 上り:50Mbps 端末の支払い 無料レンタル 紛失時賠償金:18,000円 支払い方法 クレジットカード ゼウスWiFiは以上のようなポケットWiFiとなっています。 半年目以降月額料金が上がるので注意しましょう。 それでは見ていきましょう。 メリット1.容量無制限なのでネットが使い放題 ゼウスWiFiは月に利用できる容量が無制限のポケットWiFiなので、ネットをたくさん利用することが出来ます。 最近では使い放題WiFiも珍しくはなくなってきましたが、ゼウスWiFiも使い放題が可能なポケットWiFiとなっています。 本当に無制限なの? ゼウスWiFiの公式サイトには以下の記載があります。 無制限と言いながら、ある程度の大容量まで利用した際に通信制限にかかるポケットWiFiは多くあります。 ゼウスWiFiが通信制限にかかるかはわかりませんが、 「どんなポケットWiFiでも通信制限にかかる可能性はある」ということは覚えておいたほうがいいかもしれませんね。 その他の無制限ポケットWiFiで通信制限にかかるという口コミ 人気ポケットWiFiであるMugen WiFiやクラウドWiFiも公式サイトでは「無制限」とは言っているものの、実際には通信制限にかかるという口コミがあります。 MugenWiFiは月に300GB利用すると速度制限にかかるという口コミが非常に多いです。 Mugen wifi データー通信量無制限と謳っておりますが……300GBで速度制限掛かります。 月中300GB使用で月末まで速度制限!! 動画も途中で途切れてしまう速度ですよ。 解約予定です。 クラウドwifi東京 使用して14日程で通信制限にかかりました。 普通の使い方だと思ったけど考えないかんなー — tobuon tobuon しかし、 公式サイトでは実際に通信制限にかかる具体的な容量は明記されていません。 基本的に「無制限」と紹介されているポケットWiFiも、ある程度の大容量通信をすると速度制限にかかると思っていたほうがいいかもしれませんね。 メリット2.月額料金が安い ゼウスWiFiは通常時の月額料金は「少し安いかな」という程度ですが、現在は「デビューキャンペーン」を行っているため非常に料金が安いです。 通常時 月額料金 3,480円 キャンペーン 月額料金 1~6か月目:2,980円 7か月目以降:3,280円 ポケットWiFiの月額料金は最安値クラスで3,000円前半なので、2,980円という料金は非常に安いです。 7か月目以降の3,280円も最安値クラスであるため、料金面では非常にお得なポケットWiFiサービスとなっています。 メリット3.30日間お試し体験ができる ゼウスWiFiは現在「ドバドバ体験キャンペーン」という、 利用開始30日以内の解約料金を無料にするキャンペーンを行っています。 クラウドWiFiは最適な回線に接続してくれるメリットがある一方、端末の電源を入れてから1分程度回線を探す時間がかかるデメリットがあります。 また、最適な回線に振り分けると言いながらも、ほとんどsoftbank回線に繋がるという特徴もあります。 長年いろいろなポケットWiFiを利用している筆者からすると、「クラウドSIMが本当にメリットと言えるのか」は非常に微妙な点となってきているので、この点だけを期待しすぎるのはあまりおすすめしません。 メリット5.無料レンタル端末は画面があって使いやすい ZEUS WiFiから無料でレンタルされる端末「H01」は、画面があって非常に使いやすい端末となっています。 画面があることにより、「WiFi接続に必要なSSIDやパスワード」「月にどの程度ネットを利用したか」「今現在の接続状況はどうなっているか」を 確認することが出来るので、非常に便利です。 クラウドSIMが利用できる人気端末に「U2S」という端末がありますが、U2Sには画面がありません。 筆者も利用した経験があるのですが、画面が無いので「どれくらいネットを利用したのか」「今現在の接続状況がどうなのか」がわからないんですよね。 そのため、画面のあるゼウスWiFiの端末は利用がしやすく大きなメリットと言えるでしょう。 3.ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)2つのデメリット ここからは、ゼウスWiFiの以下2つのデメリットについて解説していきます。 それぞれ見ていきましょう。 デメリット1.契約期間が2年間ある ゼウスWiFiは契約期間が2年間あり、その間に解約をしようとすると解約料金9,500円が発生してしまいます。 以下の表は4月に契約した場合のシュミレーションです。 1ヶ月目は「ドバドバ体験キャンペーン」で解約金が無料になりますが、それ以降は2年毎にある更新月以外で解約金が発生します。 ポケットWiFiの契約期間は2年間のものが多くあるため、デメリットに思えないかもしれません。 しかし、 最近では契約期間のしばりがないサービスや、契約期間以降は解約金が必要のないポケットWiFiサービスも出てきました。 その点を踏まえると、契約期間が2年間あるというのはデメリットと言えるでしょう。 デメリット2.キャンペーンがいつ終わるかわからない ゼウスWiFiは、月額料金が安くなる「デビューキャンペーン」と、30日間解約金が無料になる「ドバドバ体験キャンペーン」を行っています。 この2つのキャンペーンが終了する時期は、現在公開されていません。 もしこのキャンペーンが終わってしまった場合、ゼウスWiFiを選ぶメリットが一気に2つもなくなってしまいます。 もしゼウスWiFiを検討しているのであれば、このキャンペーンが終わるまでに契約をするようにしましょう。 ここまでゼウスWiFiのメリットやデメリットについて紹介してきました。 ここでは、 当サイトで一番人気のあるポケットWiFiの「Mugen WiFi」と「ゼウスWiFi」を徹底的に比較していきます。 WiFi ゼウスWiFi Mugen WiFi 月額料金 1~6か月目:2,980円 7か月目以降:3,280円 3,280円 初期費用 3,000円 3,000円 回線 クラウドSIM クラウドSIM 契約期間 2年 2年 解約金 9,500円 更新月:0円 1~12か月:9,000円 13~24か月:5,000円 それ以降:0円 通信容量 無制限 無制限 端末 H01 (画面あり) U2S (画面なし) 最大速度 150Mbps 150Mbps 支払 カード カード お試し期間 解約金:無料 初期費用:必要 月額料金:必要 お試し期間でも容量無制限 解約金:無料 初期費用:無料 月額料金:無料 50GB以上利用すると 約25,000円の解約金が発生 そして「ゼウスWiFi」と「Mugen WiFi」それぞれのお得なポイントについてより詳しく解説します。 お試し期間でも容量無制限 料金 ゼウスWiFiはMugen WiFiより月額料金が安く、お得です。 WiFi ゼウスWiFi Mugen WiFi 月額料金 1~6か月目:2,980円 7か月目以降:3,280円 3,280円 月額料金差がある期間は最初の6か月間だけなので、約1,800円の料金差となります。 そこまで大きな料金差ではないため、あまり気にしないでしょう。 端末 Mugen WiFiのU2S端末は画面がついていませんが、ゼウスWiFiのH01端末には画面がついています。 WiFi ゼウスWiFi Mugen WiFi 端末 H01 (画面あり) U2S (画面なし) 最大速度 150Mbps 150Mbps どちらの端末も速度面に差はありませんが、画面の有無により操作性が異なります。 ポケットWiFiを長期間使う上で、端末の操作性は重要なポイントです。 画面があり操作のしやすいゼウスWiFiの端末は、Mugen WiFiよりオススメと言えるポイントとなっています。 お試し期間でも容量無制限 ゼウスWiFiもMugen WiFiも、どちらも30日間のお試し期間がありますが、詳細が異なります。 Mugen WiFiは基本的に手数料1,000円以外全て無料の期間ですが、ゼウスWiFiの場合初期費用と月額料金は必要です。 しかし、Mugen WiFiはお試し期間中に50GB以上利用すると高額な解約金が発生するのに対し、ゼウスWiFiは制限がありません。 WiFi ゼウスWiFi Mugen WiFi お試し期間 解約金:無料 初期費用:必要 月額料金:必要 お試し期間でも容量無制限 解約金:無料 初期費用:無料 月額料金:無料 50GB以上利用すると 約25,000円の解約金が発生 「30日間中たくさんネットを使って、通信制限にかかるか試して見る」ということができるのはゼウスWiFiだけです。 Mugen WiFiの場合、端末に画面がないのでどの程度利用したのかわからず、50GB以上利用したかの判断も難しいです。 月額料金と食費用はかかってしまいますが、より安心してお試し利用をしたいなら、ゼウスWiFiのほうがおすすめと言えるでしょう。 Mugen WiFiのお得なポイント Mugen WiFiがゼウスWiFiよりお得なポイントは以下の3点です。 解約金• お試し期間がより安い 解約金 Mugen WiFiは契約期間の縛りが2年以降なくなるため、解約のしやすさがゼウスWiFiよりも容易です。 WiFi ゼウスWiFi Mugen WiFi 契約期間 2年 2年 解約金 9,500円 更新月:0円 1~12か月:9,000円 13~24か月:5,000円 それ以降:0円 ゼウスWiFiが2年に1回しか解約金が0円になるタイミングがない一方、Mugen WiFiは1年目以降から解約金が安くなりますし、2年目以降はいつ解約しても0円です。 更に、2年以上Mugen WiFiを利用すると、無料レンタルされている端末を返却する必要がなくなり、もらうことができます。 ゼウスWiFiを含め、通常無料レンタルされている端末は返却義務があるので、この点はMugen WiFiのほうが圧倒的に優っているポイントと言っていいでしょう。 お試し期間がより安い Mugen WiFiのお試し期間は、ゼウスWiFiよりもさらに安く利用することが出来ます。 WiFi ゼウスWiFi Mugen WiFi お試し期間 解約金:無料 初期費用:必要 月額料金:必要 お試し期間でも容量無制限 解約金:無料 初期費用:無料 月額料金:無料 50GB以上利用すると 約25,000円の解約金が発生 手数料の1,000円と返送料は発生しますが、それ以外は基本的に料金はかかりません。 しかし、 お試し期間中に50GB以上利用してしまうと、約25,000円ほどの高額な解約金が発生してしまうという大きなデメリットがあります。 Mugen WiFiの端末は画面がついていないため、どの程度ネットを利用したのか把握することが非常に難しいです。 この点だけは必ず注意して利用するようにしましょう。 5.ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)がおすすめな人・おすすめではない人 ここまで、ゼウスWiFiのメリットやデメリット、人気ポケットWiFiのMugen WiFiとの比較などをしてきました。 ここでは、 結論としてゼウスWiFiがおすすめな人とおすすめではない人を紹介していきます。 ゼウスWiFiがおすすめな人 ゼウスWiFiは現在2つのキャンペーンの存在により、おすすめのできるポケットWiFiです。 メリットを5つ紹介してきましたが、中でも以下のような人には特におすすめできます。 現在Mugen WiFi・ゼウスWiFiは申し込みを停止しているため、利用できません。 現状一番おすすめのポケットWiFiは「最安値保証WiFi」です。 契約金・解約金無料の『最安値保証WiFi』 プラン名 縛りなしプラン 契約期間 縛りなし 発送日 2日以内での発送 初期費用 0円 月額料金 3,280円 解約料金 0円 利用できるデータ量 月約100GB 支払い方法 クレジットカード 公式サイトURL 最安値保証WiFiは、現在当サイトで一番おすすめのポケットWiFiです。 「いつでも無料で解約ができる」「初期費用も0円」の2つの特徴があり、契約にも解約にもリスクなく気軽に利用することが出来ます。 月に利用できるデータ量も約100GBと明記されているのも安心できる要素です。 筆者も実際に最安値保証WiFiを利用していましたが、速度はもちろん、サポートの対応も素晴らしかったので、興味がある方は是非検討してみてください。 \ おすすめNo1 契約金・解約金0円/.

次の

ゼウスWiFiの特徴と速度!ポケットWiFi歴8年の筆者が実機レビュー

ゼウスwifi

ゼウスWiFiの目次(クリックでジャンプ)• ZEUS WiFi(ゼウスワイファイ)について ゼウスWiFiは月額料金が安く、 通信量無制限のポケットWiFiです。 なお、最短翌日発送となっておりますので、直ぐにネット環境が欲しいという人にもおすすめです。 運営会社について 運営会社は「株式会社Human Investment」です。 設立は平成22年3月の従業員数は250名(グループ全体)の資本金は10,000,000円となっており、設立してから約10年経っていますから 会社の信用性は十分です。 さらに、ベストベンチャー100に選ばれており、今後が期待される会社でもあります。 料金について ゼウスWiFiの料金は、「 ゼウスWiFiデビューキャンペーン」により、通常よりも安く使う事が出来ます。 上記の料金表の通り、 ゼウスWiFiは無制限WiFiの中で最安値級の料金設定です。 端末について ゼウスWiFiの端末は「H01」という液晶付きモバイルルーターです。 端末のスペックを確認していきます。 最大速度も下り150Mbpsの上り50Mbpsとなっておりますので、 動画視聴等には十分な速度を確保できています。 ゼウスWiFiデビューキャンペーン中のため 最初の6ヶ月間は月額料金2,980円! そうだね。 今の無制限WiFi系の中では、一番安く使えるよ! 2.解約金(契約解除料)が安い ゼウスWiFiは、2年契約となっており、2年以内の解約は解約事務手数料が発生します。 詳しい解約金については下記の通りです。 課金開始月~23か月目 9,500円 24ヶ月~25ヶ月目 更新月0円 26ヶ月~47ヶ月目 9,500円 48ヶ月~49ヶ月目 更新月0円 となっており、24ヶ月・25ヶ月目が更新月で0円で解約できますので、 解約のおすすめのタイミングとしては24ヶ月目、25ヶ月目になります。 但し、上記の通り解約金は9,500円と他社と比較すると安い設定になっています。 ちょっと待って!注意点もあるよ。 クラウドSIMの特性上、最適な回線を掴むのですが、実際に使ってみるとわかりますが、ソフトバンクの回線を掴む確率がかなり高いです。 理論上は3キャリアの回線を使えますが、ソフトバンクの回線に繋がりやすいというのも頭の片隅に入れておいてください。 利用可能エリアについては下記ページを参考にしてください。 4.通信量無制限、使い放題のポケットWiFi ゼウスWiFiは通信制限なしで無制限にポケットWiFiが利用できます。 1日3GB、3日で10GB、1ヶ月100GBといった制限もないので、 好きな時に好きなだけ動画視聴等ができます。 但し、無制限といっても、速度制限をかける可能性は0ではないです。 実際に無制限使い放題で注目を集めた「どんなときもWiFi」では、速度制限がかかっています。 詳しくはデメリットの「」をご覧ください。 5.30日以内は無料解約「ドバドバ体験キャンペーン」 ゼウスWiFiでは、速度が不安、実際に使ってみたいという人のために「ドバドバ体験キャンペーン」を開催中です。 ドバドバ体験キャンペーンとは、課金開始日から30日以内であれば、 解約事務手数料0円で解約する事が可能です。 ちょっと待って、注意点があるから必ず確認してね。 ドバドバ体験キャンペーンでは、解約金は0円になりますが 「契約事務手数料」「月額基本料金」は返金されません。 6.更新月の前月に更新のご案内メールが届く! ゼウスWiFiは2年契約ですが、2年間使っていると、解約時期(更新月)がいつだったか忘れてしまう人多いですよね。 しかし、 ゼウスWiFiなら更新月の前月に更新のご案内メールが届きます。 更新月で解約すれば0円で解約できますので、解約タイミングを逃さずにすみます。 更新月を忘れてしまったという場合でも、ゼウスWiFiから気づかせてくれるので助かりますね。 ゼウスWiFiのデメリットについて 1.無制限WiFiでも無制限に使えない? ゼウスWiFiは基本的には無制限に利用できます。 そうなんだけど・・・今までのポケットWiFiの事情があるから、説明だけしておくね。 ポケットWiFiで有名なのが「どんなときもWiFi」です。 「どんなときもWiFi」は、• 速度制限なし• ネットが使い放題 という売り文句に多くのユーザーを獲得しました。 最初の1年間は、小さいトラブルはありましたが、大きなトラブルはなく、無制限に使えていました。 しかし、2020年3月中旬頃より、急に速度が100Kbps以下になり、使い物にならなくなってしまいました。 制限時の速度は5Mbps以下となっております。 このように、無制限と謳っていても、 後から制限がかかる場合があります。 ゼウスWiFiは今のところ無制限に使えますが、もしかすると今後、「どんなときもWiFi」や「限界突破WiFi」のように急に 速度制限がかかる可能性が有るという事です。 契約期間の縛りはあるけど、料金が安く使えるのも事実だから、 長期間利用する可能性が有る人にはおすすめだよ! 3.速度はそこまで期待できない ゼウスWiFiはクラウドSIMを利用したポケットWiFiです。 あくまで、私のテスト結果となってしまいますが、クラウドSIMを利用したポケットWiFiは速度がでづらい傾向にあります。 例えば、WiMAXをエリアや時間帯を変えて、何度も計測した場合「 10Mbps~100Mbps」の速度が出ていましたが、クラウドSIMを利用したポケットWiFiでは「 10Mbps~40Mbps」前後です。 10Mbps以上出ていれば、動画視聴に差し支えは無いのですが、 速度が速い方が良いという人にはおすすめできません。 月額料金は1~6ヶ月目2,980円、7ヶ月目以降3,280円• 本体端末レンタルのため無料• 端末が故障した場合、有償交換(18,000円)• 30日以内なら解約金無料で解約、但し月額料金・初期費用は返ってこない• 通信量の制限なし、無制限(今後制限がかかるかは不明)• 工事不要の翌日発送• 支払いはクレジットカードのみ となっております。 なお、安い料金で使えるのは「ゼウスWiFiデビューキャンペーン」のお陰です。 キャンペーンが終了次第、通常料金の3,480円に戻ってしまう可能性がありますので、キャンペーン中に申し込むことをおすすめします。 無制限WiFiが最初の6ヶ月間、月額2,980円で使えるよ! ゼウスWiFiデビューキャンペーン中のため 最初の6ヶ月間は月額料金2,980円! ゼウスWiFiの評判・口コミについて ゼウスWiFiの口コミを掲載しています。 良い評判から、悪い評判まで、これは知っておいた方が良いというのは包み隠さず、掲載します。 「残高不足」、または「従量課金モード」をオフにした可能性があるので、アカウントにチャージするか、「従量課金モード」をオンにしてください。 そして、 ネットワーク未接続となり、 インターネットに繋がらなくなるという、現象が一部で発生しているようです。 私の調べた限りだと、公式からの発表はありません。 (2020年4月9日時点) 今後、何かしらの発表は有ると思いますが、こういう トラブルは早めにご案内が欲しいですね。 動画の画質にもよるけど、快適に視聴は難しいよ。 速度については、 利用エリアによっても大きく変わってきますので、なんとも言えません。 ZEUS WiFi自体は始まったばかりのサービスのため、 不安という人も多いと思います。 無制限WiFiは沢山のサービスがでておりますので、他と比較してみて決めるのもありです。 どんなときもWiFiから乗り換える人も多い!? どんなときもWIFIが使えなくなったので新しくZEUSwifi契約しました。 箱もいい感じです 笑 — カーズ cazujp どんなときもWiFiは3月に通信障害があり、多くの方がどんなときもWiFiから乗り換えています。 「Z」の文字がダンボールに記載があり、一目でZEUS WiFiというのがわかりました。 ゼウスWiFiの箱になりますが、かっこいいです。 箱を開く前からワクワクしてきます。 せっかくなので、「どんなときもWiFi」「THE WiFi」等、無制限WiFiで利用されている「U2s」の箱と比較してみました。 U2sの箱もカッコイイと思ったのですが、ゼウスWiFiの箱の方がカッコよかったです。 ゼウスWiFiの箱を開けました。 色々入ってますね。 箱の中身を全て取り出してみると、• ゼウスWiFi本体• 取り扱い説明書• USBケーブル(USB TYPE-C)• SIM取り出しようPIN 全部で4つ入ってました。 ZEUS WiFiのルーターです。 見た感じWiMAXのW06に少し似ていますが、違いました。 型式は、HWR0001と記載がありました。 上記の動画レビューでは、4月8日にゼウスWiFiを申し込んで、4月10日に端末が届いており、申し込みから端末到着までが早いのがわかります。 さらに動画上で実際の速度も計測していますので、ぜひ参考にしてください。 ゼウスWiFiと他のWiFiの比較 どんなときもWiFiとの比較 どんなときもWiFiは元祖無制限ポケットWiFiで大人気でしたが、2月、3月と通信障害が多発し、離れるユーザーも多いです。 そんなどんなときもWiFiとの料金比較をしていきます。 月額料金 その他 どんなときもWiFi 3,480円 通信障害が複数回有り ゼウスWiFi 1~6ヶ月目: 2,980円 7ヶ月目以降: 3,280円 30日間解約金0円 月額料金が安い となっており、同じ無制限WiFiですが 「ゼウスWiFi」の方が圧倒的にメリットがあります。 わざわざ月額料金の高い「どんなときもWiFi」を契約するよりも、安くて、 通信障害が今のところない「ゼウスWiFi」の方が安心して利用できます。 どんなときもWiFiと「ZEUS WiFi」の比較の場合、どういう理由が有ろうとゼウスWiFiの方がお得なためおすすめです。 WiMAXとの比較 WiMAXとゼウスWiFiの比較です。 WiMAXは3日で10GBの速度制限はありますが、速度は全体的に「ゼウスWiFi」よりも速いです。 WiMAXとゼウスWiFiの料金・契約期間を見ていきます。 月額料金 契約期間 その他 WiMAX 1~2ヶ月目 2,170円 3ヶ月目以降 3,480円 3年間 速度が速い ゼウスWiFi 1~6ヶ月目: 2,980円 7ヶ月目以降: 3,280円 2年間 30日間解約金0円 月額料金が安い 上記の通り、安く使えて、契約期間が短いのが「ゼウスWiFi」です。 WiMAXの場合3日で10GBの速度制限がありますので、その点でも 無制限に使える「ゼウスWiFi」の方がおすすめできます。 但し、速度を重視したいという人はWiMAXの選択も有りです。 私自身、何度もテストをしていますが、WiMAXの方が速度が速いケースが多かったです。 Mugen WiFiとの比較 当サイトで大人気の「Mugen WiFi」との比較です。 さっそく料金を比較してみていきます。 月額料金 その他 Mugen WiFi 3,280円 30日間お試し有 ゼウスWiFi 1~6ヶ月目: 2,980円 7ヶ月目以降: 3,280円 30日間解約金0円 月額料金が安い 上記の通り、最初の6ヶ月間2,980円で利用できる「ゼウスWiFi」の方が安いです。 安さを求めるなら「ZEUS WiFi」で決まりですが、一点だけ「Mugen WiFi」の方がいい点があります。 それは「30日間全額返金補償キャンペーン」です。 そうだね。 でも、Mugen WiFiとゼウスWiFiの30日以内の解約の内容が違うから必ずチェックしてね。 30日以内解約時の内容 Mugen WiFi 返却手数料1,000円を支払う事で 事務手数料(3,000円)+月額料金が返金されます。 ゼウスWiFi 解約金が0円になるだけで、「事務手数料(3,000円)+初月の日割り+翌月の料金」は返金されません。 上記の通り、Mugen WiFiの場合は契約時に支払った金額全てが返ってきますが、ゼウスWiFiは返金されませんのでご注意ください。 そのため、速度やエリアが心配という人は全額返金可能の「Mugen WiFi」の方がおすすめです。 料金を安く使いたいという人は、 「ゼウスWiFi」の方が月額料金が安くおすすめです。 クラウドWiFi東京との比較 クラウドWiFi東京は、契約期間の縛りがない無制限WiFiとして人気です。 そんな「クラウドWiFi東京」と「ゼウスWiFi」の料金を比較していきます。 月額料金 その他 クラウドWiFi東京 3,380円 契約期間縛りなし ゼウスWiFi 1~6ヶ月目: 2,980円 7ヶ月目以降: 3,280円 30日間解約金0円 月額料金が安い 料金面で言えば「ゼウスWiFi」の方が圧倒的に安いです。 但し、クラウドWiFi東京は契約期間の縛りがないという特徴があります。 3ヶ月や半年で解約予定があるという人には「クラウドWiFi東京」はおすすめです。 ゼウスWiFiの端末から購入できるよ! 詳しい料金については、公式サイトのをご確認ください。 SIMが入ってないけど、クラウドSIMって何ですか? ゼウスWiFiはクラウドSIMを採用しており、SIMを挿入する必要はありません。 クラウドSIMはクラウドサーバーにSIMが置いてあり、 モバイルルーターはクラウドサーバー上のSIMを参照します。 そのため、端末にSIMを挿す事なくネットにつなぐことが可能です。 クラウドSIMについて詳しく知りたい場合は、下記ページを参考にしてください。 初期契約解除制度はある? 初期契約解除制度は有ります。 課金開始日もしくは利用開始日から8日以内であれば、初期契約解除を適用することができます。 端末はレンタル品だから返却は忘れずにね! テレワーク(リモートワーク)に使える? ゼウスWiFiは通信量無制限となっておりますので、在宅勤務・テレワークにも向いています。 注意点としては、 有線接続は不可となっておりますので、 WiFiに対応したパソコンが必要になります。 また、契約期間が2年間となっておりますので、1・2ヶ月だけ使いたいという人には向いておりません。 短期での契約希望の人は「」をご覧ください。 結論:ゼウスWiFiはおすすめできる? ゼウスWiFiは無制限のポケットWiFiで今もっとも注目されています。 特に「ゼウスWiFiデビューキャンペーン」により、• 1~6ヶ月目:2,980円• 7ヶ月目以降:3,280円 という 無制限WiFiの中でも最安値で利用できます。 モバイルルーターも「H01」というオリジナルの端末で、液晶モニター付きで使いやすいです。 また、 工事不要で最短翌日発送というのも嬉しいですね。 さらに、30日以内なら解約金0円で解約する事もできますので、速度が気になるという人も気軽に契約できます。

次の

ZEUS WiFiはぶっちゃけどうなの?評判・口コミ・メリット・デメリットなどについて

ゼウスwifi

料金プラン まず皆さんが一番気になるであろう料金プランは以下の通り。 通常 ZEUS WiFiデビューキャンペーン(終了日未定) 課金開始月~6ヵ月目 2,980円 2,980円 7~24ヵ月目 3,280円 3,280円 25ヵ月目~ 3,480円 基本使い放題で、かつ3,280円であれば、ここ最近のクラウドSIMの中ではかなり安い部類に入ります。 初期費用に関しても事務手数料3,000円なので、他社と同じ水準です。 以下、参考までにクラウドSIM系のモバイルWiFiルーターの料金比較表です。 月額料金 ゼウスWiFi 3,280円 THE WiFi THE WiFi:3,842円 THE WiFiライト:3,480円 どんなときもWiFi クレジットカード払い:3,480円 口座振替:3,980円 Mugen WiFi アドバンスプラン:3,880円 格安プラン:3,280円 限界突破WiFi 3,500円 かなり安い部類と申し上げましたが、ここ最近のメジャーなクラウドSIMの中では現状最安クラスですね。 じゃあゼウスWiFiはただ単純に料金が安いだけで、他は全て他社と同じなのかというとそうではありません。 冒頭でも少し触れた通り、ゼウスWiFiは他のクラウドSIMとは明確に異なる部分があります。 それが提供される端末です。 ゼウスWiFiの端末 uCloudlink D1 ここ最近のクラウドSIMでは「uCloudlink D1」という端末を採用しています。 しかしゼウスWiFiの場合、HWR0001Aと呼ばれる端末が提供されます。 以下の写真がゼウスWiFのオリジナル端末です。 ゼウスWiFi専用端末 端末名でググっても他社で提供されている様子は全くありません。 なるほど、じゃあ他のクラウドSIMよりもスペックを落とした端末を提供することで月額料金を下げることに成功したのか・・・と思いきや全くそんなこともないようです。 ただ一点だけ、ゼウスWiF専用端末がD1に比べて劣る点があります。 それが端末の稼働時間です。 D1が連続12時間なのに対してゼウスWiFi専用端末は10時間です。 クラウドSIMで一番人気の高いどんなときもWiFiは月額料金3,480円で、ゼウスWiFiは3,280円ですから、稼働時間2時間を取るか、月200円分の安さを取るか、という感じでしょうかね。 速度比較 筆者は現在、Broad WiMAX、どんなときもWiFiを契約しておりますので、それらとゼウスWiFiの回線速度を比較してみたいと思います。 測定条件は以下の通り。 端末:iPhoneX 住所:横浜駅 場所:11階の建物の8階屋内(窓際) 時間:14時~15時 どんなときもWiFi どんなときもWiFiは、まさに通信障害が出ている真っ最中(2020年3月)なので、そもそも不利な条件ではありますが、通信障害を出す方が悪いということで比較対象とさせていただきます。 ご覧の通り、ADSLも裸足で逃げ出すレベルの、目も当てられない悲惨な数値になっております。 いい加減にして欲しいですね。 Broad WiMAX 安定して高速が出やすいのがWiMAXで、3年ほどお世話になっております。 そんなWiMAXですが、上りがちょっと遅いですが、私は基本的には下りしか使わないので全く問題ありません。 動画のアップロードとかをする人だとちょっと厳しい数値です。 ゼウスWiFi ゼウスWiFiは今回計測した中では最も優秀な結果が出ました。 上りも下りも文句ない数値です。 特筆すべきはPING値で、3回線の中でも最も低いです。 一般的にPING値の良し悪しは「50ms」が一つのボーダーラインとされており、50以上であればタイムラグが大きく、50以下であればタイムラグが少ないとされております。 つまり上りと下りの時間差が少ないので、オンラインゲームやLIVE配信サービスでも問題なく楽しめるでしょう。 今後、加入者が急増したりしたらちょっと何とも言えませんが、現状であれば積極的に検討すべきモバイルWiFiルーターと言えるでしょう。 まとめ 結論として、ゼウスWiFiはアリなのかナシなのかというと、個人的にはアリです。 例えばスマホの端末を選ぶ際には端末代金、サイズ、カメラの画質、CPUなど、色々な要素を考慮する必要があります。 しかしながら、ネット回線を選ぶ基準というのは良くも悪くも.

次の