増税 定期 代。 消費税10%への増税前に「定期券」は、買い換えるとオトク? [家計簿・家計管理] All About

通勤定期券|近鉄バス株式会社

増税 定期 代

(浅草駅旅行センターを除く。 ) 以下の自動券売機、駅窓口、定期券発売所で発売しています。 自動券売機および定期券発売所では、自駅発のほかに他駅発の定期券も発売しています。 定期券を発売していない駅から定期券・回数券うりばまでの乗車について(購入乗車の取扱い)• 「定期券・回数券などの購入・払いもどしをする」旨を駅係員にお申し出ください。 「定期券購入申込書」に必要事項を記入していただきます。 「定期券購入申込書」に駅係員が証明後、もよりの定期券・回数券うりばまでの乗車証としてご乗車いただけます。 定期券・回数券うりばのある駅までご乗車ください。 なお、降りる際は、改札機を通らず、駅係員のいる通路をお通りください。 お帰りのきっぷ(乗車券)が必要な場合は、定期券・回数券うりばの係員にお申し出ください。 乗車駅までの「購入乗車票」をお渡しいたします。 その他、お取扱いできないときもありますので、詳しくは係員にお尋ねください。 上記の取扱いは、東武線内のみで実施いたします。 他社線の発売箇所で購入される場合には上記のお取扱いはいたしません。 払いもどし計算方法 払いもどし額の算出について 使用月 払いもどし額の算出方法 注意事項 1ヵ月 定期運賃-(1ヵ月定期運賃+手数料220円)• 経過日数が1ヵ月未満のものは1ヵ月として計算いたします。 払いもどしをお申し出になった当日は経過日数に算入いたします。 払いもどしをお申し出になった当日は経過日数に算入いたします。 払いもどし額がない場合もあります。 通学定期券の購入について• 購入できる区間は学校のもより駅から自宅もより駅との相互間です。 クラブ活動などの理由により別区間の通学定期券をお買い求めになることはできません。 (通勤定期券をお買い求めください)• 同一年度内(4月1日〜翌年3月31日)で2回目以降にお買い求めいただく際は、すでにお買い求めいただいた旧通学定期券をお持ちいただければ券売機でもお買い求めいただけます。 区間を変更する場合や、有効期限が4月30日をこえる通学定期券をお求めの場合は、券売機でお買い求めいただけません。 定期券・回数券うりばまたは東武スカイツリーライン(浅草〜東武動物公園間)、日光線(東武動物公園〜南栗橋間)、亀戸線(曳舟〜亀戸間)、大師線、東武アーバンパークライン(大宮〜船橋間)、東上線(池袋〜玉淀間)、越生線(坂戸〜越生間)以外の区間では自駅発のものを各駅で発売しています。 (ただし、無人駅および治良門橋、渡瀬、野州大塚、板荷を除く).

次の

消費税10%になる前に「買ってはいけない」モノ。定期券とICカードは?

増税 定期 代

第01回 14年04月更新 消費税増税で変わる通勤手当と社会保険料 皆さんは、毎月給与明細を見ていますか? 給与明細を貰ったら、封筒のまま引き出しにしまいっ放しなんて方もいると思います。 中には、「家に持って帰ると奥様にバレル!!」なんて方もいるかもしれません。 さて、私は今回よりコラムを掲載させていただくことになった川島と申します。 今回から、一般の方が自分で給与明細を見たときの素朴な疑問や、給与担当者が行政官庁から指摘を受けないための方法、など給与や賞与にまつわる話をしていきたいと思います。 初回の今回は4月から消費税増税による通勤手当の変更と社会保険の手続きです。 ***************************** 4月1日から消費税が増税になることに伴い、鉄道各社の運賃も値上げされます。 皆さんが通勤に使用している定期券代も変更になると思います。 中には、給与担当者がいつから通勤費をあげるべきか頭を悩ませている会社もあるようです。 パートタイマーで出勤日数に応じて日額の通勤費を支給している場合は、4月1日の勤務分より日額の通勤費を変更すれば良いでしょう。 ただし、今回の運賃改定では、スイカやパスモといった交通系ICカードを利用した場合と現金で切符を購入したときの運賃が違う路線があるようです。 そのため、「何を使用したときの運賃」あるいは「両者の安い方の運賃」など、定義を決めておかないと不公平が生じるかもしれません。 正社員のように定期券代を支給しているケースでは、1ヶ月定期券代で支給する会社から6ヶ月定期券代で支給する会社までさまざまです。 また、定期券代の現物を見て、その金額を支給する会社もあれば、現物確認はせずに毎月定額を支給する会社もあります。 そのため、どの方法が良いのかは会社ごとで違います。 しかし、基本的な考え方は、定期券は事前に購入するもので、日々購入するものではないことを念頭において決めるべきです。 例えば毎月1ヶ月定期券代を給与の締め日にあわせて「前月16日~今月15日」までを今月の25日に支給している会社では、3月15日までに1ヶ月定期券を購入しているはずですので、4月25日に支給する通勤費は旧定期券代で良いとなります。 会社が都合よく考えているような気もしますが、会社は1ヶ月の定期代で支給していても、正社員の方であれば定期券は6ヶ月で購入し、多少浮かせている方もいます。 そのため、きちんと説明ができるような方法であれば、社員の不公平感はないと思います。 個別の事情は考慮せず、会社全体で統一した対応をしたいものです。 さて、今回の通勤費の改定は、全国ほとんどの鉄道会社にまたがる大規模なものです。 通勤費の変更は固定的な賃金の改定にあたります。 実務担当者はご存知だと思いますが、固定的賃金が変更になって、3ヶ月間の賃金総額がある程度変動すると社会保険の「標準報酬月額変更」の手続きが必要です。 この標準報酬月額は、皆さんの健康保険料や介護保険料、厚生年金保険料といった「社会保険料」を決める仮の金額です。 そのため標準報酬月額が変更になると皆さんの社会保険料も増額となります。 変更になるのは、固定的賃金の変更があった月から数えて4ヶ月目の保険料からです。 社会保険料はその月の分を翌月に控除している会社が多いですから、そのような会社では、次のような流れになります。 特に、給与の昇給月と通勤費の変更が支給日で見て違う月になる会社では、両方の月とも月額変更の対象になるかを確認しなければなりません。 実務担当者は誤りがないように気をつけましょう。 給与計算についてはS-PAYCIALのようなアウトソーシングを活用するのも一つ方法です。 各指標の法基準や、計算式変更になった場合でも柔軟迅速に変更できるため、時間とコストの短縮になります。 社労士サービスとの併用でさらに効果も上がります。

次の

通勤定期代の変更…随時改定に注意

増税 定期 代

それにより、公共交通機関の運賃の改定が行われるのは間違いないでしょう。 企業にとっては、定期券の金額変更による通勤費の増加が気になるところではないでしょうか。 前回消費増税された2014年4月前後に起こった事例も含め、企業が注意すべきポイントを詳しくご紹介いたします。 ほぼ従業員全員の通勤定期代が変わることになります。 交通機関会社によって運賃改定時期はまちまちです。 1人1人の通勤経路は細かく違いますから、通勤経路の妥当性を1つずつチェックするためには膨大な工数がかかり、精算業務に携わる従業員にとって大きな負担となるでしょう。 実際に前回の消費増税では、以下のような問題が発生した企業もありました。 お問い合わせ・資料請求はこちらから>> 1,000名規模の企業で通勤経路のチェックに330時間以上 前回の増税時、1,000名規模の企業で通勤経路のチェックに330時間以上かかったケースもあります。 企業側も短期間に従業員からの定期代変更申請が殺到し、精算業務が立て込むことは予測できていたため、人員を増やすなどの対応をしていました。 それでも残業しなければ業務を期間内にこなすのは困難なケースが多かったようです。 長時間の精算業務で計算ミスが多発 通常、公共交通機関が一斉に運賃を改定することはないため、通勤費の変更申請が集中することはあまりありません。 しかし、同時期に変更申請が殺到する消費増税時期には、長時間の精算業務による計算ミスも多発しました。 計算ミスを防ぐため、何度か再計算し確認することになり、ますます精算業務に時間がかかってしまうケースもあったようです。 経費検索ソフトで改定後運賃データの反映が遅延 PCやスマートフォンなどを使いインターネットで運賃や定期代が検索できるサイトは便利ですが、増税時期は検索サービスを利用するユーザーも多く、サーバーが混雑し、思うように検索ができないケースもありました。 また、中小私鉄会社や路線バスの定期代については改定後の運賃データの反映が遅くなるケースもあり、調べたい鉄道・バス会社の運賃データの反映がされているかを確認しながらの作業で想定以上に時間がかかってしまうこともあったようです。 従業員による交通費変更の申請漏れ 運賃改定による交通費変更を従業員に申請任せの企業では、なかなか変更届を提出しない従業員もいたそうです。 提出するように呼びかける手間がかかり、円滑な精算業務の妨げになってしまったケースがありました。 つまり、今回の消費増税では、2019年9月30日までに6ヵ月の定期を購入してもらうことで運賃改定による定期券の金額変更の精算業務がある程度軽減されますし、通勤費も若干抑えられます。 ただし、9月末は定期券購入窓口の混雑が予想されますので、余裕を持って購入するように従業員に周知させましょう。 お問い合わせ・資料請求はこちらから>> 消費増税から3ヶ月間は各社員の給与支給額の確認が必要 消費増税する2019年10月以降3ヶ月間は、社員1人1人の給与支給額が月額変更の届け出(随時改定)に該当するかどうかも確認しなくてはなりません。 どういうことかと言うと、消費増税で定期券代が高くなると「固定的賃金の変動」に該当するため、健康保険料や介護保険料、厚生年金保険料など社会保険料の月額変更の届け出(随時改定)を提出しなくてはならない可能性が出てくるのです。 届け出が必要なのは、3ヵ月間で保険料を計算する基礎となる「標準報酬」が2等級以上変動する場合ですから、消費増税分の定期券代(通勤費)が高くなるだけであれば、可能性は低いです。 しかし、たまたまその月に残業が多かったりするなども給与が増える要因があった場合には注意が必要です。 例えば10月〜12月分の給与支給額のうち、標準報酬が2等級以上変動していた場合、1月の社会保険料から標準報酬月額が変更になり、2月からは給与から控除される社会保険料が増えることになります。 急に保険料が高くなった、と慌てないように該当する従業員には説明が必要となるでしょう。 ほぼ全従業員の交通費が変更となるため、通勤経路のチェックなどで精算業務にあたる従業員にはかなり大きな負担がかかります。 人員を増やしたり、消費増税前に定期券を購入するよう従業員に周知させることである程度は負担の軽減が可能ですが、より業務の効率化を図るには、通勤費管理のシステム化がおすすめです。 精算のための残業を減らせ、人件費など大幅なコスト削減も図れるでしょう。 お問い合わせ・資料請求はこちらから>>•

次の