カトー マロニエ。 旧カトーマロニエ、自己破産申請へ 同名新会社で事業継続

(株)SECO2020 : 東京商工リサーチ

カトー マロニエ

今回紹介するのは仙台駅2階にある「おみやげ処 せんだい」で購入した物です。 商品は「カトー」のなまどら5種詰合せです。 近くには依然紹介したフロ ュがあります。 こちらの「おみやげ処 せんだい」ではずんだシェイクも販売してるので、いつか食べてみたいな。 購入した「カトー」のなまどら5種詰合せ(5入) まずは袋から パッケージ 詰合せに入ってるのは小豆使用の 小倉・いちご・ ずんだ・チーズ ・ごまの5種類です。 これで 税込み980円で購入することが出来ます。 カトーとは さて、商品の感想の前に「カトー」について触れたいと思います。 「カトー」は昭和24年に星山パン店として創業し、その後、現在のカトーとなったみたいです。 みたいというのは会社の略歴が見つけられなかったためです。 今回紹介する仙台名菓「元祖 生どら」は現社長の星山紗智子さんが昭和62年2月25日の考案されたもので、上記で紹介した5種類以外に「くるみ生どら」を入れた6種類がラインナップされています。 機会があったらくるみも食べたい・・・ジュルリ。 商品の感想 少し道が逸れましたが、肝心の商品の紹介をしたいと思います。 最初の1個目は 生どら小豆使用の小倉から 割った図 前情報として 購入して時間が経ってないせいか生どら自体が固めでした。 原材料は小倉餡・卵・・はちみつ・などが使用されています。 さて、香りを嗅いでみると卵の甘い香りがします。 が、 先に言っておくと衝撃的に美味い!と言うことはありません。 普通の美味しさでした。 商品は卵の甘い風味がするスポンジが小倉餡とクリームを包んだものです。 食べてみると、スポンジの甘い風味に比べて小倉餡の主張は控えめです。 時折、小倉餡の強い主張を感じる時があります。 その時は美味しい小豆を使ってるな!と思うと同時に生どらが固い状態だったので、この小倉餡の美味しさが十分に発揮されたであろう解凍された状態で食べたかったと思いました。 解凍ならレンジを使う手段があるだろ!と考えた方、私も考えました。 ですが、何となくレンジでチンするとスポンジの甘い風味が際立ちそうだったのでしませんでした。 自然解凍がベストだと思いましたが、食べたい欲求に勝てず食べてしまいました・・・・。 美味しくはあったが期待値を超えては来ませんでした。 2個目は いちご アップ! 原材料は卵・苺ジャム・白餡・・はちみつ・などが使用されています。 こちらの商品は 卵と苺ジャムの甘い香りがし1秒でも早く食べたくなりました! 食べてみると苺ジャムの酸味と甘みが強くて美味しいです! 個人的には苺ではなく苺ジャムだと安っぽく感じてしまいますが、食べやすくて好みの味でした。 3個目は ずんだ アップ! 原材料はずんだ餡・卵・・はちみつ・・洋酒などが使用されています。 上記はずんだです。 見た目、香りともにずんだを感じることが出来ない。 ですが、ずんだです。 それは 食べてみると分かる! ずんだの風味、そして豆をすりつぶしても残る(残す)あのツブツブ感! ずんだ生どらにかぶりつくとスポンジの柔らかい食感に包まれたずんだの風味が口の中に広がる! 水飴が使われているので、その影響かずんだに滑らかさが加えられていて美味しかった! 4個目は チーズ アップ! 原材料はチーズ・・卵・白餡・はちみつ・などが使用されています。 香りの方は特別チーズの香りはしませんでした。 これは卵の香りが強いのチーズはに包まれているのかもしれないことが考えられます。 食べてみるとチーズ感を感じない! スポンジを食べて中に違う食感がある、ぐらいの感想しか出て来ませんでした。 スポンジを除いてチーズと思われる所だけを食べると、チーズの風味を程良く程度ですが味わえます。 期待したチーズとしての存在感は発揮されていませんでした。 スポンジは美味しいですが、チーズを期待して食べると肩透かしを私はくらいました。 5個目 ごま 暗っ! 原材料は黒ごま餡・・はちみつ・などが使用されています。 他の多くの生どら同様に香りは卵しか感じませんでした。 ただ、口に含み、ごまが舌に触れた瞬間、ごまの風味が鼻を抜けるとともにごま自体の何重にも折り重なったような深みある味わいが楽しめます。 あえて言おう!生どらにする必要が感じない!団子で食いたい! 生どらだとスポンジの卵の風味とごまの主張がどちらも強くてマッチしてないように感じた。 これは好みの問題だと思うが、ごまが主役でスポンジは引き立て役になって欲しいと強く思った。 でも、美味しいのは確かだよ! カトー様、ごちそうさまでした。 おまけ 仙台駅をうろついてるとアニメは見たことがないが、ちょくちょく話題として目にするTVアニメ「新幹線変形ロボ 」が2階中央改札口の正面付近に若干ひっそりと飾られていたので、思わず写真に撮ってしまった! それがこちらだ! アニメの等身は知らないが、このデフォルメ感ある フィギュア可愛くないですか? 私は可愛くて撮ってしまった!(笑) 何時まで展示しているか分かりませんが、明日(16日)ならまだ見れるかも!?? 「おみやげ処 せんだい」で購入できる商品 rasinban2.

次の

口コミ一覧 : カトーマロニエ 本店

カトー マロニエ

昭和62年に完成した「元祖生どら」は利府発祥 今や全国のスーパーやコンビニなどでよく見かける「生どらやき」が大好きな方も多いのではないでしょうか。 あんことホイップクリームを練り合わせた餡をどらやきで包んだ洋菓子のような和菓子が絶品なんですよね。 私も生どらやきが大好きで、見つけるとつい買ってしまいます。 そして、仙台にきて初めての「なまどら焼」を食べて虜になってしまいました。 昭和62年2月25日にの現社長・星山紗智子さんが考案したのが、今や全国に知れ渡る「生どら」で、現在も同社の主力商品となっています。 カトーマロニエでは洋菓子と和菓子の両方を製造することから、和のどらやきに洋のホイップクリームをかけわせるという柔軟な発想ができたのだと推測します。 「元祖生どら」全6種類を買ってみた 発売当初は「生どら」の名称で販売していたそうですが、その後「元祖生どら」に改名して今に至ります。 「元祖生どら」は 全部で6種類あります。 あずき• ずんだ• 黒ごま• チーズ• くるみ• いちご あずき、ずんだ、黒ごまは定番ですが、チーズやくるみは見かけたことがないので楽しみです。 東北って、くるみを使ったお菓子多いんですよね。 通常一律183円 税込 で販売している「元祖生どら」ですが、あじわいの朝 利府店 では1個160円 税込 で冷凍販売していました。 「元祖生どら」全6種食べ比べてみた 元祖生どら「小豆」 こちらが「生どら」の元祖となる生どらやきです。 有機小豆を使用した粒あんとホイップクリームを合わせて、ふわっもちっとしたどらやき生地で挟んでいます。 冷凍されていたものを解凍して食べましたが、粒あんの舌触りとクリームのまろやかな甘さが絶妙でとても美味しいです。 原材料を見ると、はちみつが入っているのでほんのり甘いようです。 こんにゃく芋も入っているので生地に弾力があるのかな。 榮太楼の生どらと比べると、カトーマロニエの方が若干さっぱりしているような。 甘さ控えめの餡なので、パクパク食べられる美味しさです。 元祖生どら「ずんだ」 こちらも甘さ控えめなずんだ餡で、きれいなうぐいす色です。 あまりずんだ感は濃くないので子どもにも食べさせやすいかなと思います。 原材料にはちみつや洋酒が入っているので、ずんだがまろやかな甘さになっているのかな。 一応こちらにもホイップクリームは入っているようです。 元祖生どら「くるみ」 そして、もう1つ和と和の組み合わせと言えばくるみ味なのですが、こちらはほんのりくるみの風味が感じられる程度で、そこまで主張が強い商品ではありません。 が、甘いのが苦手もしくはご年配の方にも優しい味わいなんじゃないかなと思います。 元祖生どら「黒ごま」 しっかりとごまの風味が感じられる黒ごま味は、個人的におすすめの商品です。 (黒ごま好きなので) こちらにも一応ホイップクリームが入っているようですが、どちらかと言うと和テイストが強いどらやきです。 やはり和と和の組み合わせは鉄板の美味しさ。 元祖生どら「チーズ」 そして、カトーマロニエの「元祖生どら」6種類の中で一番特徴的と言えるのがチーズ味です。 これは6種類の中で一番好きかも! これは他の生どらでは味わったことのない美味しさなので、ぜひご賞味あれ。 元祖生どら「いちご」 最後に、カトーマロニエの「元祖生どら」の中では一番洋菓子に近いのがいちご味です。 いちごの粒の触感が残り、ホイップクリームとの相性も間違いない。 酸味と甘みのバランスがちょうど良いので、大人も子どもも大好きな味だと思います。 緑茶より、紅茶やコーヒーに合いそうな生どらです。 「カトーマロニエ」の情報 店名 カトーマロニエ 本店 URL 住所 宮城県利府町しらかし台6丁目4-3 電話番号 022-356-5514 営業時間 8:30-18:00 駐車場 無料あり 感想 全体的にカトーマロニエの生どらは、甘さ控えめで優しい味わいが多いようです。 酸味のある食材とどらやきの相性が良いことに気づきました。 カトーマロニエの「元祖生どら」は、仙台駅おみやげ処3号 2階 ・4号 新幹線改札脇 、長者原SA 下り や安達太良SA 上り などでも販売しています。 仙台国際空港では生どらの販売はなく、チーズ系の洋菓子のみ販売しています。 他にも、宮城のおすすめご当地グルメを味わうなら、こちらをどうぞ!.

次の

口コミ一覧 : カトーマロニエ 本店

カトー マロニエ

宮城県のご当地グルメをご紹介する企画。 第6回は利府町のご当地グルメをピックアップします。 旬を迎える9~10月頃は、利府町内に直売所がオープンし、 多くの人が箱ごと買い求める姿が見られます。 今回は、その利府梨のおいしさを丸ごと詰め込んだ カトーマロニエのゼリー「梨んぼう」をお取り寄せしました。 パッケージは普通のコロンとした丸い形のように見えますが、 よく見ると上下がへこんでいて、まるで梨のよう! しっかりとヘタも描かれていて、とても可愛らしいパッケージです。 冷蔵庫で冷やしたゼリーを一口食べてみて、びっくり! 梨特有の少しザラッとした舌触りが、完全に再現されています。 それもそのはず。 「梨んぼう」は、 もぎたての利府梨の果肉をミキシングしてピューレ状にしたものを贅沢に使っているので、 梨そのものの爽やかな風味やみずみずしさ、独特な食感が生きているのです。 その風味と食感は、冷凍してシャーベット状にしたものでも楽しめます。 器に移して、少し溶けかけてきたところを食べるのがおすすめ。 冷たくシャリシャリとしたシャーベットが、 舌の上で少しずつゼリー状に溶けていく感じがたまりません。 地元の人にも愛されるロングセラー商品は、 自宅用にはもちろん、手土産にも喜ばれること間違いなし。 ちょうど容器のへこんでいるところを押すときれいに器に出すことができるので、 お客様にお出しするお菓子としてもおすすめです。 カトーマロニエ/利府町 「梨んぼう」(6個入)…1,152円(税込) (8個入)…1,543円(税込) (12個入)…2,263円(税込) 宮城県物産振興協会のWEBサイトで購入できます。 カトーマロニエのWEBサイトはこちら。 取材協力/公益社団法人 宮城県物産振興協会.

次の