子犬を離乳するとき。 子犬の育て方とケア~排泄・食事・授乳のポイントから成長期の注意点まで

【2020年】子犬(パピー)用おすすめ国産ドッグフードと選び方を徹底解説!|ドッグフードポスト

子犬を離乳するとき

com 室外犬として、庭に犬小屋を設置してブルドッグを飼っているお宅もありますが、ブルドックは室内で飼うことをお勧めします。 イギリス原産のブルドッグは寒さにはある程度耐えることができますが、日本の夏のように高温多湿の環境はかなり過酷です。 子犬を迎えるに際して、夏場は冷房のきいた涼しい部屋で、暑さをしのげるようにしてあげましょう。 グッズに関しては、ベッド、トイレのサークルを確保します。 食器選びは重要で、顔が平たいので浅い容器だと食べ物がこぼれます。 少し深さがあって底の部分が丸みを帯びたものがベストです。 顔がかぶれる恐れがあるプラスチック製よりも、ステンレス製の方がいいですね。 しかしかなり頑固な性格です。 そのため、一度だけで飼い主の言うことを素直に聞くことは難しいです。 ですので、子犬の頃から飼育を始めることには育て方の面でメリットがあります。 ひとたび信頼関係が築かれるなら、甘えん坊なので、その愛情深い忠誠心に引き付けられます。 平均的な寿命は8~10年と言われますが、14歳でも健在という個体もいます。 育て方の秘訣は、暑さ対策と肥満防止、そして良いコミュニケーションです。 その頃には乳歯が生えそろってくるのでドライフードに切り替えることができるでしょう。 離乳食は子犬用ドライフードを犬用ミルクでふやかしてあげましょう。 少し温めてあげてフードと混ぜ合わせるなら、子犬のお腹にやさしいですね。 与える分量は各フードに記載されている分量でよいでしょう。 子犬の食欲も旺盛ですが、分量を守って健康的に成長するように見守りましょう。 ドライフードに変えるまでに、ふやかす時の柔らかさを徐々に硬めにしてゆくことで、段階的に、離乳食から普通のフードへアジャストしやすいようにしてゆけます。

次の

【獣医師執筆】子犬の餌はどれくらいの量が目安? 食事の回数・与え方まとめ|みんなのペットライフ

子犬を離乳するとき

離乳期は、子犬の成長にとって大切な時期です。 本来ならば、母犬が自分の食べたものを吐き出して子犬に与えることで離乳が行われますが、人と暮らすようになった犬は、そのような本能的な行動をしません。 そのため、飼い主が離乳の時期を見極めて適切な食事を与え、成長を手助けしてあげる必要があります。 そこで今回は、離乳食を始める時期や作り方、与え方などについてご紹介します。 離乳食を始める時期 離乳食を始める時期は一般的に 生後3〜4週間後だといわれていますが、適切な時期は子犬によって差があります。 目安となるのは、 乳歯が生えはじめる時期です。 この頃になると、母乳を飲むときに歯が当たって痛みを感じるようになるため、母犬が母乳を与えることを嫌がるようになります。 また、 舌を確認し、すぼまっている状態から平らな状態になっていれば、離乳食を始めて良い時期でしょう。 この時期はおおよその基準程度に考えて、様子を観察しながら、それぞれの子犬の成長に合わせたタイミングで行ってください。 離乳食の作り方 離乳食は、 子犬用のフードにお湯やミルクを加え、やわらかさを調節して作ります。 大型犬・中型犬などは、体を大きく成長させるため良質なタンパク質の摂取を必要としているため、ミルクを使用するなどして、栄養価を高めると良いでしょう。 ただし、ベビーフードや牛乳などを人用のもので代用することは控えましょう。 人にとっては栄養価が高くても、子犬にとっては良くない成分を含む場合があります。 また、離乳食は手作りすることもできます。 この場合、鶏肉や馬肉などの高タンパク質な食材を茹でてミキサーにかけペースト状にしたり、ビタミンやミネラルなどを多く含むにんじんやかぼちゃ、小松菜などの野菜をやわらかく煮てすり潰したりして作ります。 自分で作る際は、生の食材をそのまま使わないようにしましょう。 特に生肉は、抵抗力が弱い子犬に与えると軟便や下痢を引き起こす原因になります。 必ず火を通し、冷ましてから与えてください。 水分補給もまた子犬の成長に必要な要素なので、だし汁を加えてペースト状にするなどの工夫も良いでしょう。 離乳食の与え方 最初は、どろどろの液状のものから与えます。 子犬はまだ、母犬の母乳以外のものを口にしたことがありません。 そのため、 まずは離乳食の味に慣れることが重要です。 口の周りや上あごに塗って舐めさせたり、舌の上に載せたりして与えましょう。 これを何度か繰り返して子犬が 離乳食の味を覚えたら、浅めの皿に離乳食を入れて、食器から食べさせるようにします。 水分補給のため、離乳食の近くに水飲み場も作ってあげてください。 また、子犬は成犬のように一度にたくさんの量を食べることができません。 離乳食は、1日数回に分けて与えましょう。 最初は1日1回、3、4日が経ったら1日2回、というように徐々に回数を増やしていき、1週間程度かけて1日4、5回まで回数を増やします。 離乳食は、便の状態を見ながらふやかす時間や水分の量を調節して少しずつ固くしていき、 1週間〜10日を目安に母乳から完全に離れられると良いでしょう。 最終的には、ペットフードの形状がある程度残るくらいの固さを残し、 生後2ヶ月頃の乳歯が生えそろったタイミングで、固形食へ切り替えるように与えていきましょう。 おわりに 初めて離乳食を口にしたときの子犬の様子は、とても愛らしいものです。 それから徐々に離乳食に慣れてしっかりと自分で食べられるようになると、子犬の成長を実感し、なんともいえないうれしさが込み上げてきます。 離乳食の時期は子犬の成長にとって大切な時期ではありますが、あまり神経質にならずに、ゆっくりと成長を見守っていくような気持ちで接してあげてください。

次の

子犬の育て方。ブルドッグの離乳食、手入れ、トイレまで解説。

子犬を離乳するとき

子犬の消化器官の発達には時間がかかります。 そのため、一度にたくさんの量を食べると消化不良に陥る危険性があるので、成犬よりも1日に与える回数を増やす必要があります。 また、子犬は低血糖になりやすいので、餌が不足しないように気を付けなければなりません。 あくまでも目安ですが、生後2カ月頃は1日4回、3~5カ月齢は1日3回に分けて食事をさせると良いでしょう。 やとも呼ばれるなどの超小型犬では、生後3~4カ月頃でも1日4回位に分けて与えたほうが良いケースも。 便がゆるくなるようであれば、1回のフードの量が多くて消化不良を起こしていると考えられます。 逆にヒツジやウサギの便のように小さく固い塊状の便が出るようであれば、餌や水分が足りない証拠。 便の様子を見ながら、給与量や回数を調整してみてください。 急激に成長する子犬期は、生涯でもっとも摂取カロリーを必要とします。 食べ盛りの人間の子どもにもダイエットは悪影響でしかないように、太りやすい犬種だと言われるから、去勢や避妊手術をしたから、サイズが大きくなると嫌だからという理由で、子犬期に餌を少量に抑えるのは良くありません。 生後1歳頃までは、肥満になることを恐れるのではなく、骨や筋肉や体の組織が健全に発育できるようにサポートするのがもっとも大切です。 ドライフードのパッケージの側面や裏面に書かれている月齢と体重別の給与量を参考に、十分な量のフードを与えてください。 犬に必要なカロリーは、月齢や体重だけでなく、季節や生活環境によっても異なります。 夏は体力の消耗を抑えるために活動量が減るので、エネルギーの消費量が減ります。 つまり、必要な摂取カロリーも減ることになります。 逆に寒い冬は、体温を上げるために多くのエネルギーが必要になります。 長時間の散歩をしたり、犬の保育園や犬の幼稚園で1日を過ごしたりして豊富な活動を行った日も、エネルギーを多く消費しているでしょう。 そのような場合は、子犬に多くのカロリーを摂取させる必要が生じます。 臨機応変に対応しながら、子犬の餌の量を増やしたり減らしたりしてあげましょう。 犬に必要なエネルギーは、体重あたりの体表面積に比例すると言われています。 小型であればあるほど、通常は体重あたりの体表面積が広いので、小型犬は大型犬に比べて栄養価の高い餌が必要となります。 犬種のサイズ別に分けられたドッグフードが販売されているのは、そのため。 愛犬にマッチしたドッグフードを選んであげてください。 犬に必要なカロリーの計算式もありますが、計算方法が複雑で、小型犬か大型犬かによっても計算方法が異なってくるため、それにとらわれる必要はないでしょう。 すでに必要カロリーを計算のうえ記載された、ドッグフードのパッケージにある給与量を参考に給餌を続けつつ、子犬のワクチン接種時や、フィラリアやノミやダニの予防薬をもらいに行く際についでに、獣医さんに子犬の体重や体格が適正かどうかをこまめにチェックしてもらうことをおすすめします。 子犬が餌を食べ過ぎた場合、軽症であれば軟便が見られ、完全に消化不良を起こすと下痢や嘔吐を起こします。 実は、子犬の成長がゆるやかになる生後5カ月過ぎまでは、子犬のフードは計量せず、子犬が軟便にならない範囲で食べたいだけ与えるというブリーダーさんも少なくありません。 十分な食事を摂れていないと、心身の発育に悪影響が生じるからです。 子犬が痩せてしまうと免疫力が低下するため、感染症などにかかりやすくなる危険性があります。 また、痩せすぎは肝機能の低下の原因にもなります。 子犬のうちは、体内の水分量が成犬よりも多いため、生後4カ月頃までは全体的にぽっちゃりと感じられる程度で問題ありません。 むしろ、飼い主さんの手で触ってみて、子犬の背骨や肋骨や腰骨が明らかにわかるようであれば痩せている証拠なので要注意。 子犬を気づかぬうちに痩せさせてしまう原因のひとつに、愛犬の適正体重を把握できていないケースが挙げられます。 ドッグフードのパッケージには、体重による給与量の目安が記載されていますが、その体重とはその犬の適正体重のこと。 すでに痩せている4kgの子犬に4kgの表示に応じた給与量では足りません。 愛犬の適正体重を知るためにも、動物病院での定期的なチェックが受けられれば安心です。 ブリーダーさんやペットショップで、最初に伝えられた1日の給与量をそのまま与え続けてしまい、給与量が足りなくなってしまうケースもあります。 子犬はぐんぐん成長します。 その成長に伴って、与えるフードの量も増やしていかなければなりません。 子犬期に限っては、餌が少ないことで栄養不足にならように特に気を付けましょう。 子犬の餌を選ぶときのポイントは? さまざまな種類のドッグフードが市販されています。 フードのパッケージには「総合栄養食」と書かれたものを選んでください。 三大栄養素と呼ばれる、炭水化物、脂肪、タンパク質のほか、犬に必要なビタミンやミネラルがバランス良く配合されているのが、総合栄養食です。 粗悪な原材料や過度な添加物を使ったドッグフードは、ガンなどの病気の原因になるとも考えられているので、なるべく良質なフードを選ぶのも重要なポイント。 おおざっぱな目安ですが、1kgあたり1,000円以上のフードを選ぶと良いでしょう。 同じブランドのフードの中に「パピー用(子犬用)」がある場合は、1歳頃まではそれをチョイスして与えましょう。 同じ種類のドッグフードだけを食べ慣れると、将来、療法食や災害時の避難先などで提供されるフードを愛犬が受け付けなくなる可能性があります。 1袋食べ終わるごとに、全部で3種類位の違うメーカーやタンパク源のドッグフードをローテーションしながら与えると良いとも言われています。 ドッグフードはパッケージを開けると少しずつ酸化をしていくため、開封したフードは1カ月以内に使い切ってください。

次の