高校 ラグビー 近畿 大会 2020。 第71回、近畿高校ラグビー新人大会2020 日程と結果

第71回近畿高等学校ラグビーフットボール大会

高校 ラグビー 近畿 大会 2020

第71回近畿高校ラグビー大会組み合わせ表 ラグビーの近畿高校大会は15日、太陽が丘で開幕する。 地元開催となる京都勢は2連覇を目指す京都成章、京都工学院、洛北の3校(同志社は棄権)が出場。 滋賀からは光泉と滋賀学園が上位進出を狙う。 5位までに入れば全国高校選抜大会(3月24日開幕・埼玉県熊谷ラグビー場)の出場権を得られる。 準決勝は22日、決勝は23日でいずれも宝が池球技場で行われる。 17年連続の近畿大会に臨む京都成章は、昨季の「花園」を経験しているロック本橋やSH宮尾らが軸となり、京都府予選を危なげなく突破した。 タックルを受けながらつなぐ「オフロードパス」など積極的なプレーを繰り出して攻撃に躍動感がある。 本橋は「連覇を意識しすぎるとぼろが出る。 チャレンジャーの気持ちで戦いたい」と油断は見せない。 京都工学院は伏見工時代以来、13年ぶりの優勝に挑む。 今季のスローガンを「奮励努力」と掲げ、「とことん努力しよう」(大島監督)と結束を重視。 ゲーム主将のSH上村は「速いテンポと展開ラグビー。 自分たちの強みを生かしたい」と力を込める。 洛北は2年ぶりの出場となる。 スピードのある両ウイングを擁し、運動量にも自信を持つ。 フランカーの谷田主将は「どんどんボールを動かしたい。 選抜出場が目標」と意気込む。 光泉は13年連続の出場で初の選抜大会出場を目指す。 滋賀学園は初出場だった前回から2年連続の近畿大会で初勝利に挑む。

次の

Sports movies

高校 ラグビー 近畿 大会 2020

第70回近畿高校ラグビー大会 出場校 大阪府 Aブロック 大阪桐蔭 Bブロック 関大北陽 Cブロック 常翔学園 Dブロック 東海大仰星 京都府 Aブロック 京都成章 Bブロック 京都工学院 兵庫県 1位 報徳学園 2位 科学技術 3位 関西学院 4位 甲南 滋賀県 1位 光泉 2位 滋賀学園 奈良県 Aブロック 天理 Bブロック 御所実 和歌山県 1位 近大和歌山 2位 和歌山工 先週末に行われた和歌山大会決勝の結果、全16校の代表が決定しました。 大阪勢、京都成章、京都工学院、天理、御所実、報徳学園など、全国でも上位に入る強豪校がズラリ。 この時期にこの激突が見れるのはファンにとってはたまらないですね。 昨年はこの大会で報徳学園が準優勝を飾り、開催権枠も与えられた兵庫県からは4校が出場。 近年、報徳学園、科学技術、関西学院のほぼ3強で全国レベルの大会を独占しているという中では、甲南にとって全国を知るまたとないチャンスです。 また、同大会は全国選抜大会の予選も兼ねており、上位5チームが同大会への出場権を獲得します。 その意味ではまず準決勝進出が、選抜大会を目指すチームにとって直近の目標となりそうです。 注目校は関大北陽! 大阪では異変がおきましたね。 監督として招聘されたのは、トップリーグ ヤマハ発動機でもバックローとして活躍した 梶村真也氏 38。 日本一を知る監督の下で本格的な強化に着手したチームは、まだ歴史の浅いチームながら、花園大阪府予選では2015年、2017年と決勝へ進出。 初の全国レベルでの戦いとなった大会で同組となったのは 流経大柏と 長崎北陽台。 そして今年。 2月8日に行われた近畿大会大阪府予選では、昨年決勝で屈した 大阪朝鮮を45-10で撃破。 リベンジ達成と共に見事初の近畿大会出場を勝ち取りました。 全国的にはまだまだ無名ながら、中等部からも好素材の選手たちが続々と集い、部員数は90名を超える大所帯。 注目しましょう! 組み合わせ 組み合わせ抽選会は2月17日 日 14:00~ホテルクライトン江坂にて行われました。 そして先ほど結果が発表されました。 しかし、最後の枠を見てください。 京都成章対 報徳学園 この両校は昨年も1回戦で対戦し、報徳学園が38-17で勝利をあげています。 京都成章はこの結果により選抜大会出場の道が絶たれ、その後全国レベルでの成績を残せなかったことから、昨冬の花園でも強豪京都勢としては屈辱のシード落ちを経験した経緯があります。 1回戦から短期間で試合の続くノーシード校としては、やはり厳しい状況を強いられる事は避けられません。 選抜出場のためにはどちらも負けられない因縁の戦い。 非常に楽しみですね。 そして注目の 関大北陽。 初戦の相手は 京都工学院に決定しました。 しかし2回戦の顔ぶれを見ると、この初戦を乗り切れば一気にベスト4の道が開けてきそうです。 ベスト4は選抜大会の出場権獲得を意味するもの。 勝ち上がったのは大阪3校、京都2校、奈良2校、兵庫1校。 強豪校が順当に勝ち上がる一方で、滋賀と和歌山の4校はいずれも大敗と言う結果に終わりました。 甲南、滋賀学園が強豪校に食らいつき100点ゲームは防いだというのは救いですが、強豪県とそうでない県、さらに強豪県の中でも上位と下位チームの格差は広がる一方ですね。。。 そんな中1回戦屈指の好カードとなった 京都成章対 報徳学園は前半12-10と予想通り競った展開となりましたが、後半に3本のトライを重ねた京都成章が勝利。 昨年1回戦で敗れた相手に見事リベンジを果たしました。 一方敗れた報徳学園は選抜大会への道が閉ざされる結果に。 今年の報徳も前評判は高くいいチームだっただけに、選抜の舞台で見れないのは非常に残念です。 花園でも上位対決となりそうな2校が初戦で激突する。 これが強豪ひしめく近畿大会のレベルの高さを物語っていると言えます。 京都成章は次戦準々決勝では昨冬花園の覇者大阪桐蔭に挑みます。 そして個人的に注目校として挙げていた 関大北陽。 強豪 京都工学院相手に前半こそ12-12と互角の戦いを見せるも、後半に地力の差を見せつけられる結果となりました。 しかし、初めて挑んだ近畿大会で花園常連校相手に見せた奮闘。 間違いなく全国でも通用するポテンシャルを持っているチームです。 冬に向けての成長が楽しみですね。 今年1月に開催され、東海大仰星、慶應義塾、国学院久我山ら花園出場を逃した各地の強豪チームが参加したを制すなど、前評判の高かった京都工学院が関西学院によもやの完敗。 これだけでも十分な番狂わせ度合でしたが、やはり最も驚かされたのは 花園王者の敗退でしょう。 前半を12-10とリードで折り返した成章は、ペースを握った後半さらに4トライを追加。 守っても、強力FW擁する大阪桐蔭を後半無得点に抑える堅守で、見事な番狂わせを演じました。 8奥井主将が高校日本代表活動で不在だったとはいえ、強豪校が割拠する近畿大会以外ではまず起こりえない事態でしょう。 この結果、準決勝へ進出した東海大仰星、関西学院、天理、京都成章が選抜大会への出場権を獲得。 大阪、兵庫、奈良、京都の各県1校ずつと、バランスのとれた顔ぶれとなりました。 個人的には「大阪3校はまず固い。 」と考えていたので、見事に予想が覆された結果です。。。 そして、残る1枠を御所実、京都工学院、常翔学園、大阪桐蔭が争う事になりました。 見てくださいこの4校。 昨冬前年度王者ながら花園出場を逃し復活を期す仰星ですが、持ち前の粘り強いディフェンスが戻ってきたような印象です。 京都成章が引き離せば 天理が追いすがる展開で終盤までもつれたゲームは、フォワードに勝る成章が逃げ切る結果となりました。 この試合のハイライトは何と言っても後半ロスタイム。 天理自陣のマイボールスクラムからの展開で天理WTB豊田選手が抜けだし独走。 22mラインを越え奇跡のトライ目前のところに、逆サイドから猛追してきた成章WTB森本選手が腕を伸ばした決死のダイブ。 足首を駆られた豊田選手はバランスを崩し転倒。 そしてここからが成章の真骨頂。 そこからボールを展開すれば天理のトライは間違いない局面で、密集に次々現れるのは青黄の軍団。 一瞬にしてラックをめくりあげ、外へボールを蹴り出しノーサイド。 長距離の背走を強いられたあの局面。 逆サイドから奇跡のタックルを決めた森本選手含め、全員が全力疾走で戻っていなければ到底成し得ないプレーです。 全員の見事な意思統一と勝利への執念。 新チームとなって間もないこの時期にそれを実践する 京都成章。 末恐ろしいチームですね。 いいものを見させて頂きました。 先の決勝では京都工学院が21-19と2点差で制していただけに、御所実にとっては見事リベンジ達成です。 花園王者として選抜大会への出場は何としても死守したい 大阪桐蔭でしたが、リードして迎えた後半、 常翔学園の圧力に屈し敗退。 王者がここで姿を消すまさかの展開となってしまいました。 2年生ながら高校日本代表に選出され、遠征に参加中のFL 奥井章仁主将、PR 江良颯両選手の不在が大きく影響する形となりました。 2年ぶりに近畿王者の称号を手にしました。 驚かされるのはこのフォワード👇 190㎝の両ロック、3人の100㎏級。 大学のチームと見まがうほどのサイズです。 このメンバーがしっかり規律を守り、そして全員が走る。 強いはずです。 この結果により一躍選抜大会の優勝候補に名乗りをあげた京都成章。 打倒桐蔭学園、東福岡へ。 全国最後となった近畿予選を制した王者が満を持して参戦します。 第5代表とはいえ、間違いなく実力は全国上位クラス。 黒衣軍団の反撃にも注目しましょう。 選抜大会出場校 優勝 京都成章 京都 第2位 東海大仰星 大阪 第3位 天理 奈良 第4位 関西学院 兵庫 第5位 御所実 奈良.

次の

京都成章など4強入り、御所実敗れる 近畿大会/高校ラグビー

高校 ラグビー 近畿 大会 2020

1 日本協会より活動再開に向けての通達をアップ致します。 17 Web受講による安全インテグリティ推進講習会、スタートコーチ資格取得方法についてアップしました。 下記の【講習会】をご覧下さい。 8 令和2年度会員総会と第49回京都ラグビー祭の中止について 京都府ラグビーフットボール協会 会長 川勝 主一郎 会員各位 春暖の候、会員の皆様には、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 平素から協会の運営に格別のご尽力とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、5月に開催を予定していました、本年度の会員総会と京都ラグビー祭を新型コロナウィルス感染拡大防止のため、やむなく中止することに決定いたしました。 昨年のワールドカップが日本で開催され、空前のラグビーブーム旋風が巻き起こり、今年こそはというこの時期にこの様な決裁をしなければならないことは誠に残念でなりません。 終息の見えない緊急事態と、ご理解くださることを切にお願いいたします。 尚、総会に関しては議事録資料を配布いたしますので、ご意見・ご要望がございましたら、ご遠慮なく協会か各パート担当理事にご連絡ください。 ご連絡がなければ、ご了承していただけたと理解させていただきます。 最後に、早く正常に戻り、今シーズンの各チームのご健闘を祈念いたします。 新型コロナウィルス感染症拡大防止に向け弊協会では次の行事、大会 講習会を中止致します。 この度の状況を踏まえ、ご理解、ご協力賜りますようお願い申し上げます。 なお決勝戦は行わず両校優勝となります。

次の