首 寝違え 治す。 漫画ゴッドハンド輝式ストレッチで寝違えを治す!たった3分で効果抜群

首を寝違えて激痛?早く治す方法は?意外な原因に驚愕する!

首 寝違え 治す

どうして寝違えって起こるの? 寝違えは朝起きた時に首や首から肩にかけての部位に痛みが生じる状態のことを指します。 寝違えの痛みは動ける程度の痛みから、首を動かせないくらいの痛みまで幅は広いです。 さらに首を動かすと痛みが強くなることもあります。 なぜ寝違えが起こるのか正確な原因を特定することは難しいですが、一般的に考えられているのは 「睡眠中に不自然な姿勢になったことにより、首の筋肉に負担が掛かり炎症が起きている」というものです。 1-1. 寝相が悪い 寝相は個人差が大きいですが、よく寝違えを起こす人は睡眠中に無理な姿勢になることが多いと考えられます。 泥酔してしまうと無理な姿勢になってもなかなか姿勢を元に戻せないため、寝違えが起こる可能性が高くなります。 関連: 1-2. 枕の高さが合ってない 枕を新調した時に高さが合わないと寝違えてしまうこともあります。 寝違えを起こしてしまった時、首を動かす方向によっては痛みが強くなることがあります。 そういった時は痛い方向に無理に動かさないようにしましょう。 関連: 寝違えは通常ならば数日程度で痛みは引いていきます。 必ずしも病院で診察を受けなければいけないものではありません。 首は可動域の広い範囲なうえ、頭を支えています。 頭の重さは3~5キロ程度あるため、直立している状態では頭にはとても大きな負担が掛かっていると言えるでしょう。 寝ている状態だと負担は多少軽減されますが、それでも姿勢や枕によっては首に大きな負担が掛かることがあります。 寝違えを起こしてしまったら可能な限り、首に負担をかけないようにしましょう。 1-2-1. まとめ 寝違えの原因は睡眠中の不自然な姿勢による首への負担と考えられています。 首に負担が掛かることで首の筋肉に炎症が起こり、強い痛みが生じます。 寝違えは数日程度で痛みが引いていくので、必ずしも病院へ行く必要はありません。 朝の寝違えの痛みを軽減するには? 朝、起きて寝違えてしまった時は焦ります。 その痛みが強いならばなおさらです。 仕事や学校を休めるならば休みたいものですが、そうもいっていられません。 朝の寝違えの痛みを軽減するにはどのような点に気を付ければよいのでしょうか? 2-1. 湿布は有効 寝違いは無理な姿勢による首への負担で炎症が発生し、痛みが生じていることがほとんどです。 炎症性の痛みならば 鎮痛消炎効果を持つ成分を用いた湿布が有効です。 痛みの強い部位に湿布を貼ることで、痛みを軽減してくれます。 一般的に痛みは冷やすと軽減されます。 湿布を用いる時は温湿布ではなく、冷湿布を使うようにするとよいでしょう。 2-2. 市販の抗炎症薬も有効 抗炎症作用のある市販薬を服用することも寝違えの痛みを軽減するのに効果的です。 湿布を常備しているご家庭は少ないかもしれませんが、抗炎症薬ならば常備しているという家庭も多いのではないでしょうか?ただしいくら寝違えが痛いからと言って用量用法を超えて飲むと体に悪影響がでます。 商品の説明の通りの数を飲むようにしましょう。 2-3. できれば安静に 寝違えてしまった時は痛みが強いのはもちろん、首に炎症が発生しています。 首に負担をかけてしまうと状態が悪化してしまうこともあります。 仕事や学校など行かなければならないかもしれませんが、できるだけ安静にしておくほうがよいでしょう。 午前中だけでも休んでから出社、通学すると首への負担は軽減されます。 特に満員電車は思わぬ負担を首にかけてしまうので避けたほうが賢明です。 2-3-1. まとめ 寝違えは首に負担が掛かったことによる炎症が原因で痛みが生じます。 そのため抗炎症作用のある湿布や内服薬の利用は痛みを軽減してくれます。 寝違えることが多い人は湿布を常備しておくと何かと役に立つでしょう。 市販の鎮痛剤は頭痛や発熱にも効果があるので、寝違えのためだけではなくいざというときのために常備しておくとよいでしょう。 寝違えた時の注意点 寝違えた時、痛みを軽減したいと思ってついついやっていることが状態を悪化させてしまうこともあります。 寝違えた時の注意点を解説します。 3-1. マッサージやストレッチは逆効果なことも 首を寝違えた時、マッサージやストレッチをついつい行ってしまうこともあるのではないでしょうか?場合によっては マッサージやストレッチによって痛みが軽減されることもあります。 しかし反対に 痛みを強くしてしまう可能性もあります。 首を寝違えてしまった時はできるだけ自分で行う マッサージやストレッチは避けたほうがよいでしょう。 湿布薬や内服薬を用いたほうが痛みを軽減できる可能性は高いです。 3-2. 痛みが続く、痛みが強い場合は病院へ 寝違えの痛みは通常、数日程度で徐々に収まっていきます。 もし1週間も痛みが続いているようならば単なる寝違えではなく、ほかの状態・外傷が隠れている可能性があります。 痛みが長く続くようならば整形外科のクリニックで診察を受けるようにしましょう。 また 動けないくらいの痛みが生じた場合にも整形外科クリニックで診察を受けるようにしましょう。 ほかの状態や外傷が隠れている可能性があります。 3-3. 首の痛み以外がある場合も病院へ 首の痛みだけではなく手足がしびれる、発熱がある、頭痛がある、吐き気がする、手足の感覚が弱くなった、歩きづらく感じる、このような痛み以外の症状が現れている場合も整形外科クリニック(もしくは内科のクリニック)で診察を受けるようにしましょう。 寝違えではなくリウマチや神経が圧迫されている頚椎症などの可能性もあります。 3-3-1. まとめ 寝違えた時に自分の判断でマッサージやストレッチを行うと状態が悪化してしまう場合があります。 できれば湿布薬や内服薬を用いたほうが安全に痛みを軽減させることができます。 また首の痛みが長く続く、強い、痛み以外があるといった時は単なる寝違えではなくほかに原因が隠れていることがあります。 整形外科のクリニックで診察を受けるようにしましょう。

次の

首の寝違えの原因・治し方を解説!湿布とストレッチ、どっちがNGか知ってる?

首 寝違え 治す

原因と病態 何が起こって痛みが出ているかについては、いろいろな意見がありますが検査や画像でとらえられるような変化がないのが一般的なので、正確な原因であるという証拠はありません。 睡眠中不自然な姿勢が続いたために一部の筋肉が阻血(血液の供給が不足)におちいり時にしこりとなっている、前日などにいつもはしないスポーツや労働をして一部の筋肉が痙攣している(こむら返り)、頸椎の後ろの関節(椎間関節)の袋(関節包)に炎症がおこる、などの原因が考えられています。 筋肉の阻血・疲労や関節包の炎症を引き起こすのは、上肢の使い過ぎ(手で重いものを持つ動作は頸の後ろの筋肉に負担がでます)、同じ姿勢の持続(飲酒後の睡眠や疲れ果てての睡眠などでは寝返りが少なくなる・パソコンや事務作業が長時間に及ぶと頭を一定位置に保持するために頸部の筋肉に負担が生じる)、が原因の場合が多いと思われます。 いずれにしても、「外傷(けが)」ではなく、軽い病気です。 診断 起床時に痛くなり、数時間から数日で痛みが改善していくようなら、徐々に首を動かしていくことで治っていくのが一般的です。 痛みが強い場合には整形外科を受診して、他の病気の可能性がないかを調べてもらいます。 例えば、手足のしびれはないか、手足の動きは正常か、深部反射(ハンマーで手足を叩いて反応を見ます)は正常か、X線写真で骨が溶けたりしていないか、などを診察します。 「寝違え」の場合には、首の動きは制限されていますが、上記の診察や検査では変化は認めません。 痛みが治らず診察で異常がある場合には、 、、、、、、などの本格的な病気の可能性もありますし、の症状が強いだけの場合もあります。 要は、寝違えが治らない場合には、整形外科を受診して調べてもらう必要があるということです。 予防と治療 動かすと頚が痛いので、寝違えが起こった時には痛い方向には動かさずにいる方が良いでしょう。 医療機関で処方される湿布には、炎症を抑えて痛みを取る薬剤が含まれていますので、痛い部分に貼るのは有効です。 鎮痛消炎薬や筋弛緩薬の内服も有効でしょう。 可能なら緩やかにストレッチするのも有効な場合がありますが、痛みを我慢してストレッチするのは逆効果の場合があります。 筋肉のけいれんが原因の場合には、こむら返りの治療で使う漢方薬が有効なこともあり、痛い筋肉や筋膜に局所麻酔薬を注射する方法が有効な場合もあります。 マッサージが有効な場合もあるかもしれませんが、余計に痛くなる場合には良くありません。 いずれにしても、治療の効果を見ながら治療方法を考えていく必要がありますので、整形外科医への受診をおすすめします。

次の

寝違えの治し方!速攻で痛みを和らげる方法や首や背中、肩甲骨や腰が痛い時には?

首 寝違え 治す

寝違えて首が痛くなったとき、首や肩をマッサージしてもなかなか治らない。 その理由は、寝違えの原因に対して直接対処できていないため。 また、 寝違えて痛めた部位をマッサージすると、痛めた部位に炎症を発生させ逆に痛みが強まってしまうので、マッサージはやらないほうが良い。 寝違えたときに正しく対処できるように、寝違えの症状、原因と治し方・治療法、最後に予防法をまとめた。 寝違えの症状まずは寝違えなのかどうかを判断するために、寝違えの症状について書いておく。 「寝違え」は、医学的には「急性疼痛性頸部拘縮(きゅうせいとうつうせいけいぶこうしゅく)」という。 寝違えの症状は、睡眠中に無理な体勢や首の動かし方をすることによって首の筋肉に負担がかかり、起床した時に首や肩、背中などに現れる違和感や痛み。 これは、首まわりの靭帯や筋肉に損傷や炎症が起こることで痛みが出ていて、ひどいと首を動かせないほど痛くなることがある。 寝違えは骨の問題ではないので、レントゲン検査をしても異常は見つからない。 症状がおさまるまでにかかる時間は、症状の度合いが軽いものだと数時間から1日程度、重症だと1週間程度続いたりもする。 寝違えの原因寝違えによって首が痛くなり動かなくなる主な原因は、 寝ている間に脇の内側を通る腋窩神経(えきかしんけい)が圧迫されること。 腋窩神経は首を支える筋肉につながっていて、ここが血行不良になってしびれると、首に痛みが発生する。 寝違えの治し方・治療法寝違えの治し方には、根本治療と対症療法がある。 まずは根本治療を行い、痛みが残っていれば、対症療法も行うとよい。 【根本治療】脇の下の筋肉を伸ばし、血行をよくする こちらは、漫画「ゴッドハンド輝」で紹介されていた方法。 実際自分もやってみたことがあり、劇的に痛みが改善した。 首や肩の痛いところを揉んだり、薬を塗っても寝違えの痛みはなかなか治らない場合が多いが、以下の方法で 脇の下の血行を回復させると、自然と痛みがとれ、動かない首が、すぐ動くようになる。 リラックスして手をダラーっと下げる。 首の痛む側の手をゆっくり後ろに、自然に止まるところまで引き上げる。 止まったところで、20秒数える。 次に肘を110度に曲げた(鈍角)状態で、前方に上げていく。 おそらく、真上まで上がる。 その状態で20秒。 以上を3セットほどすれば、神経が開放されて首が動かせる。 重症な人はさらに2〜3セット続ける。 出典:ゴッドハンド輝(46) 以下の動画も見るとイメージがわきやすいと思う。 メタックステープとメタックスローション と は、どちらも痛いところや気になるところに貼ったり塗ったりするだけで、生体電気を安定させることができ、治癒力があがる。 トップアスリートが使用していたり、で健康と運動能力に与える影響が報告されており、寝違えた場合にも使えるとファイテンのセミナーでも紹介されていた。 寝違えた際のメタックステープとメタックスローションの使い方は以下。 首や肩など寝違えてつっぱりを感じる部分にメタックステープを貼る。 メタックステープを貼った場所とその周辺にメタックスローションを塗り軽くさする。 これをするだけで首の可動域が広がり、楽になる。 テープやローションを塗るのが面倒という人は以下を使うのも1つの手。 こちらはネックレスタイプでつけておくだけでOK。 フィギュアスケートの羽生結弦選手も使用している。 メタックステープ、メタックスローションは寝違えだけでなく、肩こりや運動機能向上のために使えるので、家に常備しておいてもよいと思う。 首の運動 これは寝違えの抜本的な解決法ではないが、痛みを緩和する効果がある。 首を両側に傾けて、どちらが痛いか確認する• 頭を中心(垂直)に戻す• もし首の左が痛んだら、左手の指を左のこめかみに当てる• 右側が痛ければ、右手の指を右のこめかみに当てる。 指と頭で押し合う。 そのとき双方の押し合う力は均等にする。 つまり、頭の位置はそのままで指と頭で押し合う。 そのまま4秒ほど静止• そして、首の力をゆっくり抜く• 寝違えた時に、痛みのある方をやればよい。 それでも寝違えの痛みが治らない場合の対処法上記のような対応をして、その後も安静にしているのに、1週間以上たっても痛みがとれなかったり悪化している場合は、寝違えではない可能性もある。 そんなときは病院(外科)へ行ったほうがよい。 たとえば、頚椎椎間板ヘルニア、五十肩、首の骨の異常、腫瘍や感染症などが原因で首に痛みが出ている可能性がある。 寝違えの予防法 寝る時に首や肩への負担を減らす それでも寝違えやすい人は寝違え予防のために、首や肩への負担が小さくなる横向き寝専用枕を使うのもよい。 ちなみにこれはいびきも改善して睡眠の質も上げることができる。 いびきは、仰向けに寝ることで舌やその周辺の肉が喉を塞ぎ、そこを空気が通ろうとして振動することで発生しているため。 横寝であれば肉で喉が塞がれることはなくなり、いびきはかかない。 また、いびきをかかないと疲れはとれやすくなる。 なお、横向きで寝る場合、「体の右側」を下にして寝るのが疲れをとるのによい。 胃の出口は右側にあるため、消化を助け、身体への負担を軽減することができるため。 寝違え予防のついでに、いびきを防止したり疲れをしっかり取りたい人は試してみても良いと思う。

次の