東海 オンエア てつや 映画。 東海オンエアてつやの同居人YouTuberは誰?関係者の友人から予想

東海オンエアのドラマ(YouTubeOriginals)、ついに始動!(2020/3/10追記)

東海 オンエア てつや 映画

抜群の企画力とメンバーそれぞれの個性が光る、愛知県岡崎市を拠点に活動する6人組YouTuber・東海オンエア。 チャンネル登録者数は490万人に迫り、彼らが撮影で訪れる場所はファンの間でたちまち聖地化。 岡崎市の発展に貢献しているとして、2016年より4年連続で「岡崎観光伝道師」に任命されている。 2019年は6人揃っての活動だけでなく、メンバー個人での活躍が目立った年だったが、今年はどんな話題を振りまいてくれるのか。 まず、リーダーのてつや。 そうして日々の動画を盛り上げる一方で、個人チャンネル「動画アップロードチャンネル」も地道に人気を広げており、チャンネル登録者数は70万人に迫る。 そして、動画外では、2020年1月10日に公開される映画『明日、キミのいない世界で』に、アバンティーズ ・そらちぃと共に出演。 コント動画の撮影などで培われた演技力を存分に発揮していることだろう。 2020年は東海オンエアの動画では隠れがちなビジュアルのよさ、スター性を生かした活動にも期待したいところだ。 てつや、としみつとのユニット「リサイタルズ」ではセンターを務め、甘い歌声とぶっ飛んだ作詞センスで、音楽面での評価も急上昇。 リサイタルズの新曲にも期待したいところだ。 退職後、すぐに開設した個人チャンネル「ブラーボりょうのボンサバドゥ!チャンネル」は、「YouTubeランキング2019春の特別号by IPR」(株式会社BitStar調べ)の「春の新ch登録者数」にて、モデルの藤田ニコルのチャンネルに続いて第2位にランクイン。 直近では12月6日に、1日で11組もの大人気YouTuberたちのチャンネルに登場し、YouTubeをジャックしたことも記憶に新しい。 印象はスマートだが、東海オンエアで一番無茶をするとも言えるりょうは、大好きなサッカー関連の仕事も増えており、今年も多くの夢を叶えそうだ。

次の

超人気YouTuber、アバンティーズ・そらちぃ&東海オンエア・てつや。映画、恋愛、YouTubeを語り尽くす!

東海 オンエア てつや 映画

概要 [ ] 6人組YouTuberのリーダー。 同グループの保有するチャンネル「 東海オンエア」 、並びにサブチャンネルである「 東海オンエアの控え室」 での動画投稿に加えて、個人で保有する「 動画アップロードチャンネル」 での活動も行っている。 来歴 [ ] 活動開始以前 [ ] 小学一年生の時緑の絵コンクールで優勝する。 出身で、当時は陸上部に在籍していた。 高校の同級生には後にのメンバーとなる、、、がおり、りょうとゆめまるは陸上部の同期でもあった。 メンバーの中で唯一城西高校出身でないとは、大学進学後に始めたアルバイトの先輩後輩として出会った。 YouTubeでの活動開始 [ ] 大学在学中にYouTuberグループ東海オンエアを結成し、2013年10月にYouTubeチャンネルを開設する。 てつやはグループのリーダーとして、黎明期よりほとんどの動画に登場してきた。 ときには身を削るハードな企画や、それに付随する罰ゲームなど、過激とも捉えられかねない動画内容の一端を担い、人気を博した。 、『新競技「1500m牛丼」で世界新記録達成!!』 という動画を見た見知らぬ女性からストーカー被害に遭う。 個人チャンネルでの活動 [ ] 自身の個人チャンネル「 」があり、主にゲームをプレイしている動画を投稿している。 音楽活動 [ ] 2018年にメインチャンネルで投稿した「『くそ素人が作った歌』をプロに渡したらどれぐらい完成度上がるの!?」 において、音楽に関してまったくの素人でありながらオリジナル曲「Coming Out of THE WORLD. 」を制作した。 この楽曲は同年7月20日に各種音楽配信サービスで配信された。 積極的な音楽活動への進出というわけではなかったが、東海オンエアグループ内で音楽リリースは初めてのことだった。 以降はのライブイベントや 、が開催したイベントなどで披露された。 俳優活動 [ ] 2019年、YouTubeでの活動初期から親交のあった相馬永吉 が監督した映画、「」へ出演した。 台詞が少なく特殊メイクで顔の見えない人物の役だったが、だからこそ著名な人間を起用したいという相馬の意向によってキャスティングされた。 2020年1月に公開された映画「」で初の主要キャストとしての出演を果たす。 人物 [ ]• 虫眼鏡曰く、「生活能力と引き換えにちょっとした才能を与えられた人 」。 活動開始から度々髪型が変化しており、メンバーカラーのオレンジを取り入れた髪型が定着している。 座右の銘は「人に優しく自分にもっと優しく」。 母親と共にアイドルグループののファンである。 その他など多くのアイドルグループを好む。 また、現在YouTuberとなったぁぃぁぃとは交流がある。 喫煙者である。 愛車はとと。 ディスコグラフィ [ ] 配信シングル [ ] タイトル 名義 備考 1 「 Coming Out of THE WORLD. 」 東海オンエア てつや 作曲について素人であるてつやが作詞・作曲を手がけたデモ音源「この世の真理」を基に制作された楽曲。 に 東海オンエア てつや名義で配信シングルとしてリリースされた。 誰にも会いたくない(2019年、、)• (2020年、監督:) 心平役 TV [ ]• 2020年、2月27日 Webドラマ [ ]• 悪い人(2016年、劇団スカッシュ)- てつや• (YouTube Originals)- てつや ミュージックビデオ [ ]• 「Nervioso」• 「」 ver. 「花笑み、かくれんぼ」 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 『Star Creators! 2020年2月24日. 2020年6月2日閲覧。 JOYSOUND. com. 2019年12月13日閲覧。 『Star Creators! ニコニコニュース DWANGO. 2019年3月24日. 2019年11月20日閲覧。 realsound. jp RealSound. 2019年9月29日. 2019年11月20日閲覧。 ねとらぼ ITmedia inc. 2017年8月3日. 2019年11月24日閲覧。 ニコニコニュース DWANGO. 2019年1月29日. 2019年11月24日閲覧。 2018年12月13日閲覧。 産経新聞. 2017年2月14日. 2017年11月2日閲覧。 Real Sound|リアルサウンド テック. 2019年12月13日閲覧。 Real Sound|リアルサウンド テック. 2019年12月13日閲覧。 Realsound. jp realsound. 2019年10月2日. 2019年11月24日閲覧。 cinematoday cinematoday. 2019年11月8日. 2019年11月24日閲覧。 TIMELINE. 2018年8月2日閲覧。 2018年3月15日閲覧。 以前は、、に乗っていた。 oimf. jp 沖縄国際映画祭. 2019年11月20日閲覧。 映画ナタリー Natasha. 2019年11月8日. 2019年11月20日閲覧。 RealSound. jp RealSoundテック. 2019年12月5日. 2019年12月6日閲覧。 skream. jp Skream! 2019年9月21日. 2019年11月20日閲覧。 外部リンク [ ]• YouTubeチャンネル• - チャンネル• - チャンネル• - チャンネル•

次の

てつや (東海オンエア)

東海 オンエア てつや 映画

YouTuberマネジメント企業・UUUMに所属するクリエイターが監督・主演をつとめる初の映画作品『明日、キミのいない世界で』が2020年1月10日(金)に公開される。 主演は「アバンティーズ」のそらちぃさん。 さらに「東海オンエア」のてつやさんに、モデル/歌手の三戸なつめさん、女優の小林万里子さんらが共演を果たす。 そらちぃさん演じる田舎のごく普通の高校生・真斗と、てつやさん演じる親友でお調子者のYouTuber・心平、その心平が想いを寄せる小林万里子さん演じる同級生の遥。 そして、3人の前に突如現れた記憶喪失の女性・三戸なつめさん演じるミヅキ。 高校3年生のひと夏に世界の広さと青春のほろ苦さを知り、少しずつ大人になっていくというストーリーだ。 公開に先駆けて関係者向けの試写会が行われ、完成作品を観た直後の主演のそらちぃさん、てつやさんに話をうかがった。 そらちぃ 僕がこの作品をやろうと思ったのは、(監督の)HiROKiさんに脚本をいただいた時に、真斗のバックグラウンドと自分がクロスオーバーすると感じたからで。 僕がチャレンジしてみることで良い作品になるんじゃないかなと思いました。 なので、演じやすかったと言えば演じやすかったかもしれないですね。 たとえばサイコパスの役だったら違ったかもですね。 てつや 自分のYouTubeチャンネルではたまにコントじみたキャラクターを演じたりしますが、真剣に何かを演じるというのは今まであまりなかったので、単純に興味が湧きました。 こんなお話をいただける機会なかなかないので、挑戦してみました。 第一線で活躍している俳優の方々は、当然僕よりもっと「演じる」ことに向き合っているわけで。 ただただ凄いと思いましたね。 てつや 俳優さんと一緒に作品をつくることで分かりかけた「その先の楽しさ」みたいなものがあるので、また別の機会や現場でも、その楽しさを知っていけたらいいなと思ってる段階です。 これは「演じる」ことに限ったことではないですけど、もともと演技がしたくてYouTuberを始めたわけでもないのに挑戦させてもらえたり、そんなに上手いわけでもないのに歌を歌わせてもらえたり、自分がYouTuberとして様々なことを楽しんでいる過程で、それがどんどん大きくなっていく感覚があるんです。 もともと楽しんでたものがさらに大きくなっていくという意味では、楽しいですよね。 てつや 僕の場合、役柄が「駆け出しのYouTuber」だったので、昔の気持ちを思い出しながら少し声のトーンを高めにして会話してみたり… とにかく高校生らしいテンション感を大事にしました。

次の