クレア2 設定判別。 クレアの秘宝伝2~眠りの塔と目覚めの石~の設定判別6つのポイント : パチスロ : 全六

クレアの秘宝伝2 眠りの塔と目覚めの石 新台|スペック・設定判別・解析まとめ

クレア2 設定判別

設定 機械割 通常 時給 通常 機械割 上級者 時給 上級者 1 97. 悪い意味では 4が投入されやすい。 しっかり6を使っているお店かどうかの 把握はきっちりしておきましょう。 79 BIGは赤ピラ揃いに大きく差があります。 44 小役確率の解析値が出ました。 ベル・チェリー・スイカ・強チャンス目 どれもカウント必須です。 チェリーと強チャンス目はブレそうですが ベル・スイカの設定差は大きいですね。 同時成立期待度 設定 ベル チェリー スイカ チャンス目 1 0. 高設定になるとチェリー・スイカの 同時成立期待度がグッとあがります。 出現時は全ツッパですね。 高設定確定演出 RT中BIG当選で出現抽選。 ギラ爺RTのSP告知は 設定2以上確定、 シェイクRTのピンク高確は 設定4以上確定でした!! さらに鏡RTは 赤頂… 奇数示唆|青頂… 偶数示唆ということも判明! REG中のキャラ紹介• 「銀キラ」「金キラ」は高設定ほど出やすい• 「赤キラ」は 設定4以上確定 REG中のキャラカード振り分け REG中カード振り分け 設定 ノーマル 銀 金 赤 1 87. 銀キラ…高設定優遇 金キラ…高設定にかなり期待。 金キラは複数回出現でグッと 高設定に期待できる確率です。 返信どうもです。 すみません、全面的に書き方が悪かったですね。 ・そこまでの挙動になるのは確率的に低いから仕方ない? これに関してはその通りだと思います。 実際、特定日にもう一度同じ数値で、他にいい台がなければ打ち切ると思いますし… ・データグラフで? 高設定っぽいは危うい これに関しては傾向読みも含めてです。 二日連続でイベントと書きましたが、1日目がもともとの特定日。 2日目が前回も特定日の翌日に開催されたサイクロンの2回目でしたので、このように書きました。 なので、ある程度1日目のほうが強いのも考慮した上で、前日第二候補だった台がBR、差枚ともに高設定域だったので少なくとも5だと判断した次第です。 一応月に20万は設定狙いでプラスにしている店なので、傾向から大きく外れてはいないと思います。 ・設定差のある要素を特別な理由がない限り、無視するのは不合理 こちらに関しても仰る通りだとは思います。 非考慮という書き方がよくなかったです。 ただ、通常時の小役よりもサンプルが集めづらく、設定差も物凄く大きいわけではありませんので、ある程度サンプルゲーム数が集まるまでは軽視してもいいと思ったまでです。 実際、2000ゲーム回した時点で他の数値のみで推測ツールにかけたところ2濃厚と出ましたので… RT中のハズレ入力時と、非入力時とで数字を出して考えをまとめるのがいいかと思います。 長々と言い訳じみたことを書いてしまいすみません… やはり、こういう所に書き込みをするには、文章力、自制ともに足りないことを痛感しましたので、ROMに戻ります。 これからも有益な情報に期待しています。

次の

政宗2 設定判別・設定差解析まとめ【スロット・パチスロ】

クレア2 設定判別

目次(タップで該当箇所に飛びます)• キラキラカード出現率 設定 ノーマル 銀 金 赤 1 87. 5回目以降は繰り返しで9回全て成功すると「ねぇすごいでしょ」が発生。 なお、「RT中ボーナス成立後のハズレ」と「BIG成立後の強チャンス目」はサンプルから除きましょう。 天井は存在しません。 前作同様、プチRTが存在します。 チャンス目成立時の一部で移行し、継続ゲーム数は5G固定。 「高確率<超高確率<極高確率」の順にボーナス期待度がアップします。 高確率 通常時のチャンス目から突入するプチRT状態。 RTの純増は約0. ノーマル機の時代が来る来ると言われていましたが、この流れはまさに本流ですね。 本機は評判が高かった前作の基本要素をそのまま踏襲しているようです。 クレアの秘宝伝の代名詞と言えば、「プチRT」。 プチRTの存在により、強小役出現後の次ゲームに「ノーチャンスの出目」が出現し、演出が台無しということがない点は評価できるポイントだと思います。 出玉率を含めたスペックも魅力ですよね。 設定6は超積極的に狙いたいレベル! ノーマル機種の中でも最高峰の出玉率となっています。 ホール登場が非常に楽しみな機種です。 クレアの秘宝伝2 PV・動画 公式PV.

次の

クレアの秘宝伝 女神の夢と魔法の遺跡 設定判別・設定差解析まとめ【スロット・パチスロ】

クレア2 設定判別

目次(タップで該当箇所に飛びます)• キラキラカード出現率 設定 ノーマル 銀 金 赤 1 87. 5回目以降は繰り返しで9回全て成功すると「ねぇすごいでしょ」が発生。 なお、「RT中ボーナス成立後のハズレ」と「BIG成立後の強チャンス目」はサンプルから除きましょう。 天井は存在しません。 前作同様、プチRTが存在します。 チャンス目成立時の一部で移行し、継続ゲーム数は5G固定。 「高確率<超高確率<極高確率」の順にボーナス期待度がアップします。 高確率 通常時のチャンス目から突入するプチRT状態。 RTの純増は約0. ノーマル機の時代が来る来ると言われていましたが、この流れはまさに本流ですね。 本機は評判が高かった前作の基本要素をそのまま踏襲しているようです。 クレアの秘宝伝の代名詞と言えば、「プチRT」。 プチRTの存在により、強小役出現後の次ゲームに「ノーチャンスの出目」が出現し、演出が台無しということがない点は評価できるポイントだと思います。 出玉率を含めたスペックも魅力ですよね。 設定6は超積極的に狙いたいレベル! ノーマル機種の中でも最高峰の出玉率となっています。 ホール登場が非常に楽しみな機種です。 クレアの秘宝伝2 PV・動画 公式PV.

次の