お好み焼き レシピ ふわふわ。 【ごはんジャパン】ふわふわのお好み焼の作り方!戸田亘さんのレシピ

「ごはんジャパン」お好み焼きのふっくらふわふわの作り方!さんて寛・戸田亘が伝授!

お好み焼き レシピ ふわふわ

ホットプレートやフライパンで、手軽にできるお好み焼き。 休日のランチや女子会、ホームパーティなどでも人気のメニューですね。 簡単に作れるけれど、実は生地がパサパサしたり、べチャッとしてしまい、なかなかうまくできないという声も聞きます。 今回は、まるでお店で食べるようなふわふわのお好み焼きの作り方をご紹介しますよ。 お店のようなふわふわのお好み焼きを食べたい! 11月5日放映の「あさイチ」(NHK をご覧になった人はいらっしゃいますか?人気の料理コーナー「解決!ゴハン」に寄せられたのは、「お好み焼きが上手にできない」というお悩み。 料理研究家のコウケンテツさんが、お店で食べるようなふわふわのお好み焼きの作り方を伝授してくれましたよ。 いくつかコツがあるので、さっそくご紹介しましょう。 目からウロコのテクニックが満載! まず一番大事なのは、生地作り。 ボウルにザルでふるった小麦粉を入れ、冷ましておいたダシを加えながら、ゆっくりと溶いていきます。 ここで大事なポイントが。 ダシは熱いままだとグルテンが出て、ダマダマになってしまうので、常温ぐらい冷ましてから使うことが大切。 全体がしっかり混ざったら、豆乳をイン。 大豆の成分でふわふわ感が出るのだとか! 軽く混ぜた生地にラップをして、冷蔵庫で1時間ぐらい寝かせます。 生地は、寝かせることでしっとり感が出るそうですよ。 次はキャベツです。 中葉と外葉にわけ、1㎝弱の粗みじん切りにします。 ここでも大事なポイントが。 キャベツはラップをしないで、冷蔵庫で生地と同じく1時間寝かせます。 ラップをしないことで、キャベツに含まれる余分な水分がなくなって、お好み焼きが美味しくなるのだとか。 いよいよ生地を作りますよ。 あらかじめ生地を大さじ2程度残し、小さなボウルに半量ずつ生地を入れたら、塩としょうゆ、すりおろしたやまといもを加え、空気を含ませるようにサッと混ぜます。 そこに粗みじん切りしたキャベツ、わけぎ、紅ショウガ、桜エビ、卵を入れます。 この後混ぜるのですが、実は混ぜ方も重要。 空気を入れるように、スプーンで15秒間だけ混ぜます。 混ぜすぎるとべチャッとなってしまうので、混ぜにくい小さな器に入れたほうがいいのだとか。 確かにお店では、小さな器に山盛りの具をのせた生地を出しているところが多いですよね。 生地の準備が終わったら、いよいよ焼いていきますよ。 フライパンにサラダ油を引いて中火で熱したら、上に積み上げるように生地を流し入れます。 ふちだけ整えたら、絶対に 上からたたいたりしないでくださいね。 ここで上に豚肉を並べ、軽く塩をふったら、ここで残しておいた生地を大さじ1まわしかけましょう。 ここで大事なのは、 フタをして蒸し焼きにすること。 ふちがこんがりとしてきたら裏返し、再びフタをして弱火で4~5分間蒸し焼きにします。 フタを取って再度裏返したら、サラダ油を少し加えてこんがりと焼いていきますよ。 マヨネーズ、練りがらし、ウスターソース・中濃ソース・とんかつソースの3種の合わせソースを塗ります。 仕上げに削り節、青のりを散らせば出来上がり! お好み焼きってつい焼いているときにいじりたくなってしまうけれど、コウさんいわく極力表面をいじらないことが大切なんですね~。 生地にしょうゆややまといもを入れたり、あまり混ぜないなど、簡単だけど重要なポイントがいっぱいありましたね。 クックパッドにもふわふわのお好み焼きを作る参考になりそうなレシピがありましたよ。 いくつかピックアップしましょう。 水を入れないのがポイント.

次の

外はさっくり、なかはフワフワ!お好み焼きの裏ワザレシピ

お好み焼き レシピ ふわふわ

Directions• キャベツは横半分にきり、上部と下部に分ける。 上半分は細長く切って食感をいかす。 下半分は細かく刻んで甘味を活かす。 小麦粉をボウルに入れ泡だて器で混ぜ、サラサラにしておく。 小麦粉にだしを入れて混ぜる。 2回に分けて混ぜるとダマにならない。 山芋と卵を加えて混ぜる。 生地とキャベツを1:1で混ぜる。 空気を入れるように縦に混ぜるのがポイント。 生地とキャベツは焼く分だけその都度混ぜるようにする。 ホットプレートに生地をひく。 真ん中を薄くするのがポイント。 大葉を真ん中にのせ、豚バラ肉をのせる。 油をひかずに片面を250度で2分間焼き、ひっくり返す。 裏面も2分焼く。 生地を鉄板に押し付けたり、頻繁にひっくり返さない。 生地に10か所ほど穴を開けてひっくり返す。 豚の脂を吸わせてあげるイメージ。 1~2分。 マヨネーズ60g、ウスターソース20gを混ぜ合わせた特製マヨネーズをかけ、甘口のとんかつソース、またはお好み焼きソースを塗る。 かつお節と青のりを振って完成。

次の

和風総本家

お好み焼き レシピ ふわふわ

ふわふわのお好み焼のレシピ ふわふわのお好み焼の材料 5人分 ・小麦粉:250g ポイント:混ぜ合わせるキャベツと小麦粉は同じ分量。 *葉っぱ側は柔らかいので細く刻んで食感を生かします。 *芯側は硬いので細かく刻んで甘みを生かします。 2)ボウルに小麦粉を入れ、泡立て器でかき混ぜサラサラにします。 戸田亘さんによると、だしを入れた時にダマになりにくくすぐにすくえるそうです。 3) 2 の小麦粉に出しを入れて混ぜ合わせます。 *2回に分けるとダマになりません。 4)だしを混ぜた小麦粉に山芋と卵を加えて混ぜます。 5)生地とキャベツを1:1の分量で混ぜます。 ポイント:空気を入れるように縦に混ぜると仕上がりもふっくらします。 ポイント:生地とキャベツはその都度焼く分だけ混ぜるようにします。 6)ホットプレートに生地をのせます。 ポイント:外側は厚く、真ん中を薄くすると均等に火が入ります。 7)真ん中に大葉をのせ、生の豚肉をのせます。 8)油をひかずに片面を250度で2分間焼いて裏返し、裏側も2分焼きます。 ポイント:生地を鉄板に押し付けたり、頻繁にひっくり返さないようにします。 9)豚の脂が出てきたらテコの角で10カ所くらい穴を開けてもう1度裏返します。 ポイント:生地に穴を開けることでうま味の詰まった豚の脂を吸わせます 1~2分。 10)マヨネーズとウスターソースを混ぜ合わせ、特製マヨネーズを作ります。 11)特製マヨネーズをかけ、とんかつソースまたはお好み焼きソースを塗り、かつお節と青のりをふれば出来上がりです。 まとめ ふわふわのお好み焼についてまとめました! ホットプレートで作れるふわふわのお好み焼是非お試しください。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリー• アーカイブ•

次の