岡本 社長 かわいそう。 吉本興業岡本社長の会見を見てみなさんはどう思いますか俺はどう...

吉本興業・岡本社長の全員クビ発言について北村弁護士「犯罪行為」「会見が意味不明なのは嘘をついているから」/ フジテレビ『グッディ!』で語る

岡本 社長 かわいそう

メルマガで吉本の岡本社長の会見について少し書いたんですが、まぁ、Twitterやなので、ブログではもう少し書き足そうかなと。 ところで、会見は見ました? 僕は、最初の方だけライブ配信で見て、あとはYouTubeで流し見したんですが、終始ムダな問答ばかりで「オレの時間返せよ!!」って感じでしたね。 実際、「見るだけムダだった」と、そう感じている人も多かったみたいで。 ただ、 「あー、ムダだったな」で終わらせてしまうのは非常にもったいなくて、情報発信者のプライドとしては、ムダをただのムダで終わらせたくないわけですよw ちゃんと得るものもありましたし、気づきもありました。 ちなみに、騒動の内容に関してはいろんな人が言及しているので、特に深掘りをするつもりはなくて、僕が思うのはこれだけです。 で、次期社長と吉本のこれからに期待してもらえるような人間臭い神回答を一つでも残す。 現状対応できていない記者からのツッコミに対しては、重く受け止めて今後の課題として設定して推進する。 これがこの社長の最期の仕事やと思うねんけど。 — 服部慎也 カメラとマーケティングとイロイロ FACTDEAL で、マスコミの仕事は反社組織の徹底追求と社会的抹殺。 会見とかって、それができるように吉本の白黒をハッキリさせることでしかないと思うんやけどな。 社長叩きと芸人叩きなんてネットでいくらてもできるねんから、そんな一般人と同じことをマスコミがしてても意味無いっしょ。 — 服部慎也 カメラとマーケティングとイロイロ FACTDEAL これ以上でもこれ以下でもなく。 マネージャーから社長へ なかなか酷い会見をした岡本社長ですが、ダウンタウンの元マネージャーだったということでも知られていますよね。 Twitter上でも、ブリーフ一丁で猫を抱いているマネージャー時代の岡本社長の画像や動画が出ていて、こんな体張っている時代もあったんだなと微笑ましくなると同時に、今の社長を見るのは心が痛いというか、かわいそうというか、なんだか寂しい気もします。 なので、僕は会見を見て怒りとかは特に湧いてこなかったんですよ。 売れている芸能人にしろ、売れていない芸能人にしろ、彼ら彼女らにつくマネージャーという仕事は能力が高くないとできない仕事だと思うんですね。 マネジメント力は当然のこととして、仕事も取って来なければならないので、バリバリの営業マンとしての資質も求められますし、やはり可愛がられないとやっていけない仕事じゃないのかなと。 岡本社長に関しては、しかもあのダウンタウンのマネージャーなので、さらに時代的に見ても相当な能力が求められていたはずです。 その経験を踏まえて吉本の社長になった人ですから、過去に何かしらの成果を残したのは間違いないでしょう。 まぁ、ダウンタウンの能力が高いからこそ、そこに付いているマネージャーも同等に評価されて、今の地位まで上り詰めたとも言えますが。 藤原さんも副社長になっていますしね(会見ではじめて知りました)。 今回も松っちゃんの鶴の一声で岡本社長が即会見を開いたのを見る限り、実際、ダウンタウンありきなのかなとも思いますし、ダウンタウンが会社のトップに押し上げたのかなとも思います。 その辺りは憶測の域を出ませんが、今回学んだ点としては「適材適所」と「自己研磨」、そして周りの人の大切さですね。 適材適所と自己研磨 会見を見ていた誰もが、この人は社長の器ではないと思いましたし、会社の人間である吉本の芸人でさえも社長を皮肉ったり揶揄したり、ここぞとばかりに批判をしていました。 なんかあれは、松っちゃんや加藤浩次に便乗しているみたいでダサいなと思いましたけどね。 いや、芸人たち声を上げるのは良いけど、松っちゃん加藤浩次に便乗してTwitterでボソボソみたいな感じダサくねーか。 — 服部慎也 カメラとマーケティングとイロイロ FACTDEAL それは置いといて、まぁ、ひとことで言えば「社長に向いていなかった」ということになるわけですが、今までの経歴を見るとやはり信じ難いですよね。 ただ、これこそが現実なわけで。 というのも、こういう話題になると「人が環境をつくり、環境が人を育てる」という言葉を思い出しますが、人が育つような良い環境があったとしても、 本人が自身を研磨する気が無ければダメなんですね。 せっかく芸人たちとつくってきた環境に甘んじて自分の成長を止めた、今回それが露呈した会見だったんじゃないのかなと。 それなりの地位と名誉とお金を手に入れることで傲慢になり、自分の研磨を止め、自分の成長を拒むことで、時代に大きく取り残されるということですね。 で、地位と名誉とお金に固執し続け、その傲慢さがカタチとして現れてしまった時にはもう手の打ちようがなく、一気に人が離れていくという末路しか残っていないと。 恐ろしいですよね。 周りにいる人の大切さ で、これって年齢とか関係ないですよね。 今の環境に甘んじて成長を止めてしまうと、ふとした瞬間にその環境の外に出た時、もう付いていけなくなってしまうなんてことは往々にしてあります。 サラリーマンという世界だけにいることもそうですし、起業しても同じコミュニティで同じ人だちと同じことをし続けることも、裸の王様になるリスクを孕むわけです。 Twitterとかオンラインサロンとかでもそうじゃないですかね? インフルエンサーや起業家たちは、いつも同じインフルエンサーや起業家たちと絡み、同じところでグルグルグルグルお金を回し合っているイメージないですか? で、炎上したらお互い慰めあったり褒め称えたりするだけで「いや、ちょっと待てよ」とか「それはアカンのとちゃう?」と言う身内が一人もいないみたいな。 今の環境って、手に入れた権力、あるいは権力者との繋がりがあることで安心して腐っていってないですかね? 流れが止まったら水は淀み腐ると言いますが、誰も批判や指摘をしてくれないヤバい環境の中で手遅れになる前に、どんどん環境を飛び越えて行きたいもんですね。

次の

岡本社長世紀のクソ会見その後!たけし松本さんま、加藤浩次のコメントは?|宇宙を取り巻く謎!芸能、スポーツ、ニュースのネタ情報

岡本 社長 かわいそう

会見をバレーボールにたとえて 番組では、最初に岡本社長の記者会見をダイジェストで披露。 闇営業問題で騒動になっていることへの謝罪、「雨上がり決死隊」宮迫博之さん、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんへも謝罪し、契約解消の撤回などを発表した。 しかし、宮迫さんらへのパワハラ的発言については、「冗談」などと答え、会見自体が批判を浴びていた。 松本さんは「自分らで言うのもなんだけど」と前置きした上で、 「(自分たちで)それなりに怒りのトスを上げれたと思うんだけど、こう(ジャンプする仕草)来て、こう(自陣にサーブするジェスチャー)したもんだから、マジかよーって」 とバレーボールにたとえながら心情を説明。 「(会見は)0点でしたね」 と続けた。 さらに「岡本社長はいつもあんなにまわりくどい言い方をするのか」と尋ねられると、 「まわりくどい言い方はしますね」 と断言。 司会の東野幸治さんも「たしかに」と同意しながら、 「まるで大事なことのように、耳元で『明日8時集合です』って囁いて去っていく、真面目な話。 たいそうなことのように言うなや」 と岡本社長の普段の会話の様子を明かした。 件の会見に対し、国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソンさんは「複雑な背景を整理しなくちゃいけないのに、観ている人からしたら『こいつが悪者だ』って思いたくなる心情はある」と発言。 アイドルグループ「BILLIE IDLE(ビリーアイドル)」のファーストサマーウイカさんは「バラエティを純粋な気もちで観られなくなってる。 お笑いが大好きだから、早く純粋に楽しめる日が来てほしい」と話した。

次の

吉本興業の社長は藤原寛ではなく岡本昭彦!変わった理由や時期はいつから?

岡本 社長 かわいそう

反社勢力への闇営業から、。 2019年7月22日には、岡本社長が謝罪会見を行ったのだが、事態は収束するどころか さらなる熱を帯びている。 そんな中、フジテレビの『直撃LIVE グッディ!』で北村弁護士が会見を見た上での私見を述べたのだが、さすが弁護士。 忖度なくズバッとぶった斬るその姿にネットで称賛が集まっている。 ・ネット称賛 「忖度なしに言った事に拍手」「北村弁護士無双」などの声が集まっている23日放送の『直撃LIVE グッディ!』。 取り上げられた話題は、闇営業から派生した吉本興業圧力騒動である。 所属芸人や経営陣の進退にまで発展しているこの問題。 岡本社長が会見で「冗談」と言った全員クビ発言について、北村弁護士の弁護士としての見解は以下の通り。 「恫喝というのは皆さんパワハラと言ってますが、 あれは犯罪行為です。 『あなたの後輩もみんなまとめてクビだよ』というのは、事実上、生活の糧を奪うわけですから。 財産に対する害悪の告知と言って、これは脅迫罪にあたる行為なので。 ちょっとでも忖度があると出てこない言葉である。 さらに、会見がダラダラとして意味不明だったことについて話が及ぶと、以下のように斬り捨てた。 ・会見が意味不明になった理由 「ぐだぐだぐだぐだ言うでしょ。 経緯とか理由とか聞いてもいないのに結論を答えない。 これはよくあることです。 証人(尋問)なんかは。 自分の答えることは信用してもらえない。 つまり嘘だから信用してもらえない。 だから色んなことを言ってなんとか誤魔化そうとする。 MCの安藤優子アナが「会見が長かったので、集中力も途切れ答えが緩慢になったのかも」と問いかけると、「事前に整理しきれなかったんです。 あの部分は。 事実を言ったら非難されることになる。 犯罪行為ですから」と私見を展開した。 ・「恫喝発言は冗談」について さらに、「テープ回してないやろな?」という発言や全員クビなどの恫喝発言について、岡本社長は会見で「冗談」と言ったが、北村弁護士は以下のように疑問を呈していた。 「あの(発言の)直前は弁護士も含めて人払いをしていますので、これから自分がかなり悪いことを言うと 自覚している。 それがまさに脅迫罪という行為かどうかそこまでは理解していないにしても、かなり悪いことをしようとして自覚して人払いをしてますんで。 その後のテープ発言は、これはもう一貫していて、まさに自分が悪いことをしようとしている。 もちろん、情報が出そろっていない状況のため、この後本件がどう転ぶかは分からない。 だが、名刀・北村ここにあり。 トレンドに入るのも分かる切り込みっぷりであった。 参照元: 執筆: イラスト:.

次の