ロード バイク クリート 位置。 SPD

フィッティング のあれやこれ ~クリート位置調整~

ロード バイク クリート 位置

クリートとはどんなもの? スポーツ自転車に慣れてくると、ヒルクライムなどの自転車レースに出たくなりますよね。 そうしたレースに出るような方は、ほぼ、ビンディングペダルに慣れています。 ですが、初心者がビンディングペダルにするには、様々な準備が必要です。 まずは、ビンディングペダルについての知識をつけましょう。 ビンディングペダルに挑戦するには、もちろん、ビンディングペダルを購入し、交換します(お店で交換してもらう人もいるでしょう)。 それ以外に、シューズもビンディングシューズにする必要があります。 そして、ビンディングペダルと、ビンディングシューズを繋ぐ役割をしてくれるパーツである「クリート」の購入も必要になります。 クリートは、シマノなどのメーカーから出されていて、ビンディングシューズに取り付けて使います。 クリートは、付ける位置が変わると、使う筋肉に違いが出るのが特徴で、クリートの位置を変えれば、自然と、自転車を漕ぐときのフォームも変わってきます。 ですので、スポーツ自転車にビンディングペダルで乗る人にとって、クリートは、走りに大きく影響する重要なパーツなのです。 クリートを初めて付ける場合、最適な位置はどこ? では、初めてクリートを付ける場合は、ビンディングシューズのどの位置に付けるのが良いのでしょうか。 クリートは、初めは大抵、「母指球と小指球を線で繋ぎ、その中心がペダルの中心に来る」ように付けることが多いです。 お店の人に相談しても、ペダルの回しやすさを第一に考え、前の方に付けることをすすめられることが多いでしょう。 前に付けるとなぜ回しやすいのかというと、 ・クリート自体の位置が前に来ること ・母指球に力を入れやすい ことが関係しています。 ビンディングペダルに慣れるまでは、ヒルクライムなどのレースに出ることもないでしょうから、お店の人の言う通り、前の位置に付けて練習してみて下さい。 しかし、クリートは、人によって最適な位置が違います。 また、漕いだときの感覚も人によって違うので、「こういう体型の人にはこの位置がベスト」というものもありません。 同じ位置にクリートを付けても、それがピッタリはまることもあれば、漕ぎにくさや疲れに繋がってしまうこともあるのです。 ですので、ビンディングペダルに慣れたら、クリートの位置を変えて乗ってみて、自分にとっての最適な位置を探すのがおすすめです。 また、サドルの高さやステムの高さが変わったときも、クリートの位置に違和感を覚えることがあるので、自転車のパーツを変えたときは、クリートの位置も見直しましょう。 クリートの位置が前であることのデメリットとは? 先ほど、クリートを初めて付ける場合は、前の方に付けることが多いとお伝えしました。 クリートの位置が前だと、ペダルを回しやすいというメリットがあるのは確かですが、デメリットも存在します。 まず、ギアが重くなってトルク(回転力)がかかってくると、脚(特にふくらはぎ)に負担がきます。 それは、クリートの位置が前にあるために、ペダルを踏む力が逃げやすいことが関係しています。 踏む力を逃がさないために頑張ることで、脚に負担がきてしまっては、長距離のライドは辛くなりますし、自転車レースなどに出ても勝てませんよね。 ですので、脚が辛いという人は、クリートの位置を見直してみて下さい。 また、長い距離を走ったり、ヒルクライムのレースに出たい場合も、クリート位置を変えてみましょう。 これらの場合、ビンディングシューズに付けたクリートを後ろに下げます。 母指球ではなく、土踏まずの前あたりに付けるイメージです。 こうすると、足首が安定して、トルクが増すはずです。 そのため、前の位置に付けていたときより、漕ぐ力も上がります。 そして、脚を見てみると、ふくらはぎではなく、太ももの筋肉がよく使えるようになるので、漕ぐ際の負担も軽くなることでしょう。 ヒルクライムとはどんな競技?ベストなクリートの位置は? さて、先ほどから出てきているヒルクライムという言葉ですが、これについてご説明しましょう。 ヒルクライムというのは、自転車レースの一つです。 山道で行われるレースなので、平坦な道だけでなく、坂も上っていきます。 そのため、ヒルクライムレースで上位を狙うには、クリートの位置が重要なのです。 何度もお伝えしているように、ヒルクライムをするなら、クリートは後ろに下げておきましょう。 位置としては、土踏まずあたりにするのがおすすめです。 クリートを下げることで起こるデメリットとしては、 ・ケイデンス(回転数)が落ちる ・母指球あたりに力を入れて漕ぎたくなる ・サドルを下げて乗る場合もあり、見た目があまり良くない といったことがありますが、それでも、 ・太ももの筋肉を意識して漕げる ・脚(主にふくらはぎ)が辛くない ・ダンシングするのが楽 などのメリットの方が大きいでしょう。 こうしたメリットが、坂を上る際に活きてきます。 ですが、「クリートの位置だけでそんなに大きく変わるのか」と疑問を抱く方もいると思います。 ですので、次の章では、クリートを後ろにすることで、実際にどんな変化が出るのかについてお伝えします。 クリートの位置を変えると本当にヒルクライムで上位が狙える? ここまで、ヒルクライムにはクリートの位置を変えるのが効果的と繰り返しお伝えしてきました。 では、実際に検証してみました。 今回、ヒルクライムの練習場所として選んだのは、岐阜県・二ノ瀬峠です。 ここは、ヒルクライムの練習をするのにおすすめの場所で、筆者も何度も来ています。 では、まずクリートを後ろに下げて、土踏まずの位置にします。 こうすると、脚が今までよりも前に出ることになります。 この状態でペダルを回し、走ってみましょう。 すると、今までお伝えしてきた通り、加速するスピードが速くなりました。 あまりの快適さに、「下り坂なのではないか?」と思ってしまうほどでした。 そして、心拍数も見てみると、今までより下がっています。 やはり、クリートを下げたことが速さに関係しています。 クリートを下げると、脚が前に出るので、サドルの位置が前になります。 そのため、脚も適切な位置に持ってくることができ、楽で効率的なペダリングが可能になったと思われます。 ですが、平坦な道でペダルがよく踏めるからといって、あまり踏んでいると、坂で疲れがくるので注意が必要です。 ヒルクライムは坂が勝負!クリートの位置一つで速く上れる ヒルクライムという競技では、坂を上る必要があるというのは先ほどお伝えしましたね。 ですが、自転車に乗って坂を上るには、テクニックが必要です。 この二ノ瀬峠も、街中の平坦な道が終わると勾配が上がります。 そして、中間地点を過ぎると、きつい坂に入っていきます。 平坦な道を走っているときは、体力を温存する走り方で良いのですが、ヒルクライムでは坂の上り方でタイムに差が出ます。 ですので、坂でのペダリングをマスターすることも、ヒルクライムで勝つためには重要です。 平坦な道を走るときと同じ姿勢で坂を上ろうとすると、重心が後ろになり、速さが出ません。 そのため、重心をできるだけ前にして上っていきます。 ですが、クリートの位置を下げているので、それほど疲れずに漕ぐことができます。 そして、ゴール後にタイムを見てみると、前回より数十秒ほど縮まっていました。 数十秒の差ですが、ヒルクライムでは、かなりの違いです。 やはり、クリートの位置を後ろにする効果は大きいということですね。 平坦な道も楽に漕げて、坂も速く上れるので、ぜひ、試してみて下さい。 私自身、今回の二ノ瀬での練習で、「クリートの位置を後ろに下げるだけで、これほど走りが変わるのか」と実感することができました。 練習を重ねてヒルクライムで活躍しよう! 今回は、ビンディングペダルに欠かせないクリートをメインに、その特徴や、初心者におすすめの位置などをお伝えしました。 慣れるまでは前に付けますが、長距離ライドやヒルクライムをする場合には、クリートを後ろに下げるのがポイントなのですね。 また、ヒルクライムに必要なテクニックについてもご紹介したので、ヒルクライムレースで活躍したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

次の

ビンディングペダルのクリート調整

ロード バイク クリート 位置

3月にサドルの高さについての決め方をプロのポジションを交え書かせて頂きました。 今回は更に厳密に考え、皆さんのライフの一助になれば。 引用元 前回の最後に書きましたが、 プロのサドルは基本的には皆さんが思うほど高くありません。 別に私も実際にの中に入って一人ひとり見た訳ではないので確実ではありませんが傾向として高くはありません。 におけるサドルの高さとはいくつかの要素が絡みます。 今回の目次。 サドルの高さ からサドルトップまで まずは前回のように「ある程度」決めます。 個人的には前回の3番目に採用しましたつま先理論を使うことをお勧めします。 これでサドル高が完ぺきに決まる人は恐らく10パーセントもいない気がします。 あのエディメルクスもサドル高を頻繁にいじり、レース中に変更させるほどだったそうで。 それは下の要素があるからです。 クランクの長さ 一般には165㎜~180㎜くらい よく聞くのは身長の10分の1、と言いますがこれはどこの国の人が考えたのでしょうか?フランス人とかなら適用しても問題ないですね。 足の長さの身長比率が高いですし、そもそもその国の身体的特徴から導き出されたのであれば正解に近いものではあると思います。 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- ただ、身長を基準にするのはいささか安易でしょう。 サドルの高さやクランクの長さなんてのは股下がすべてなのだから、上半身を阻害して考えなければ大きく誤差が出てしまう。 正直私はクランクの長さの正しい選び方は分かりません。 自分で股下を測り、45,6パーセントくらいだったら身長の10分の1くらいでいいとは思いますが速度をひたすら求めるのであれば違うブログで探してみるのをお勧めします その内私も書くとは思いますが。 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- サドルに話を戻しましょう。 サドルの延長上にクランクがありますね。 長さを間違えてしまうと最大で1. 5㎝も差が出ます。 勿論そんな極端なことをする方はごく少数ですので一例として考えてください 適切なサドル高はある程度適切なクランク長が必要であるということが理解していただけると思います。 位置 超絶重要、最重要 これが今回の記事の本題です。 の位置は「浅い」「深い」という言い方で表されます。 浅いというのはつま先寄り、深いのは踵、土踏まず寄り。 が浅いとサドル高が高くなります。 もし高さを変えないと人によっては窮屈になり、浅すぎると踵を上げる努力の為に脹脛を酷使し、酷いと攣ります。 反対に深いとサドル高が低くなります。 もし高さを変えなければ足が伸び切り力がうまく入らない、下でつっかかる、挙句怪我もする可能性があります。 無論極端なのはダメですが 少し深めにするというのは第三中足骨のつなぎ目がシャフトの真上に来るくらいです。 もっとわかりやすくすると 母指球がシャフトより数ミリ前に出るくらいです。 1㎝はやりすぎ、ですが人によっては問題ないかも? 前回とこの記事の最初の答えは 「プロは全体的にが深い位置にある」から、です。 深いで有名なで根拠があります。 とある記事でサドルの高さを決めてからの位置を後付けする、みたいなものがあったんですが、これはちょっとどうなのかな?とは思いました。 サドルの高さを決めるのに順序はなく全てを平行してやる必要があり、あっちを調整したらこっちを合わせるなんてのは当たり前なので初心者の方は特にそうするべきだと思います。 あとプロが高めのサドルより低めにする可能性が高い根拠もあります。 高めのサドルってどうしても膝を怪我しやすいんですよね。 ロードレースは冬場以外はすごい数レースに出るので怪我をするのは非常に危険な訳です。 その証拠にプロの皆さんは物凄く怪我に対してのケアを重要視しています。 マッサージはステージレースでは毎日受けるし、健康管理は厳重です。 GCNのチャンネルではという動画でも意外に日本では「初心者向け」と謳われているの黄色の使用率が高く、赤はスプリンターくらいしか使用していません。 少しの可動域がある方が全体的に使われるようです。 そして理由が 「怪我をするリスクが高い」がで多いですね。 英語の動画ではありますが英語の字幕がきれいですので自動翻訳の日本語でもかなり理解できますから一度ご覧になってはいかがでしょう? で怪我を気にしているプロ選手がリスクがある高めのサドル高にするか、いや、しないでしょう。 係数を使用するならちょっぴり股下を切り捨てとかすればいい感じになるかも 笑 ペダル及びシューズ、のスタックハイト 程度はあるので敏感な人は感じますがあまり気にならないでしょう。 スタックハイトが1㎝も違えばシムを挟んだ方がいいですけどそれ以下ならあんまり関係ないかな? まぁペダルメーカー各社で大きな差が無いことが理由でしょうけれど。。 まとめ いかがでしたでしょうか? 詳しい方は目新しい情報はないかもしれませんが初心者の方にはちょっと気になるところもあるのではないのでしょうか? 人間のカラダと同じようにも様々な要素が絡んでいて簡単な解決法など絶対にありません。 色々試行錯誤して 最高な妥協点こそが答えに近いと思います。 さぁ試行錯誤しましょう!沼は楽しいものです。 の決め方も結構重要ですので今度GCNの動画を書き出してみたりしようかなと。 今回はここまで。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

ロードバイクのサドルの高さの話。(PART2・クリート位置について)

ロード バイク クリート 位置

ロードバイクのメンテナンスの基礎知識を伝授するコーナー。 今回は、「クリートの調整と着脱」についてレクチャーしていきます。 初心者が頭を悩ませるのが、クリートの位置。 わずかな角度の違いでペダリングが大きく変化する重要な部分です。 【使用する工具】 アーレンキー 【ビンディングペダルの装着】 クリートとはビンディングペダルに足を固定するためのパーツである。 クリートの位置決めひとつでペダリングが劇的に変わるので、自分に合った位置にしっかりと調整しておこう。 シューズとクリートは、ペダリングが劇的に変化する重要な要素だ。 自分のクリート専用のペダルを取り付ける。 メーカーの違うクリートとペダルは対応していない。 【クリートの固定力の調整】 ペダルに足を固定するのは初心者だと恐怖を覚えるかもしれない。 しかし慣れるまではクリートの固定力を弱めておけば、転倒しそうなときに簡単に外せるので安心だ。 ビンディングのバネの強度を変えて、クリートの固定力を調整。 慣れないうちは弱めにしておくのがよい。 【シューズの位置の確認】 クリートは足の親指付け根の膨らみ(拇指球)の中心にセットするとペダリングに変な癖がつかず、理想に近いペダリングができるといわれている。 なお、取り付け角度は、とりあえず真っ直ぐにしよう。 そして実際に走行しながら自分に合った角度に調整していく。 足の親指の付け根の拇指球の位置を確認してクリートを取り付ける。 【つま先が内側向き】 4. 以下の写真は間違った例。 シューズが内向きになり、内股になった状態。 ペダルに力が加えにくく、足首の外側を傷める可能性がある。 以下の写真は間違った例。 クリートが外側に傾いている。 ビンディングにかけると内股になってしまう。 【つま先が外側向き】 5. 以下の写真は間違った例。 シューズが外向きになり、ガニ股になってしまった状態。 クリートが内側を向いてしまっており、脚を傷める恐れがある。 以下の写真は間違った例。 クリートが内側を向いており、ここまで傾くと確実に脚を傷めてしまう。 【適正位置】 クリートの角度が外、あるいは内に傾きすぎていると脚全体のフォームが崩れて、力がペダルに伝わりにくくなる。 膝とくるぶしのラインが直線になるのが理想的な角度だ。 メーカーの違うクリートとビンディングペダルは、一部を除いて対応していないので、購入時には必ずチェックしよう。 理想的なペダリングの体勢。 膝とくるぶしのラインが直線になっており、力がペダルに伝わりやすい。 正しい位置に調整されたクリート。 真っ直ぐ取り付け、またがって角度を微調節する。 【クリートのはめ方】 ビンディングペダルには様々な種類があるが、ここで取り上げているシマノの SPD ーSL では、ペダル前方部分にクリートの先端を引っ掛け、後方で固定する構造になっている。 後方が固定されると「カチッ」という音がするのでわかりやすい。 ペダルの前方部分にクリートの先端を引っ掛けて踏み込むと自然とクリートは固定される。 後方の固定ができると、カチッという音がする。 【クリートの外し方】 ペダルを踏み込むと自然にクリートは固定され、外すときは外側に足をひねると簡単に外れる。 クリートの位置が決まったらシューズにマークをしておくと、次のクリート交換時に調整がラクになる。 外すときは、外側にかかとをひねると簡単に外せる仕組み。 下から見たところ。 前のクリートはかかったままだが、これだけひねっただけで後ろは外れる。 そのままかかとを外へ回していく。 前のクリートも外れる。 初心者は安全な場所でしばらく練習してから走り出したい。 【こちらもチェック】 クリートの位置が決まったら目印を入れておこう クリートを調整して、自分の適性位置がわかったら、ペンで目印を付けておくといいだろう。 そうすれば、クリートを取り外してもう一度付けるときに迷わなくて済むはずだ。

次の