10.2 インチ 大き さ。 iPad(第7世代・10.2インチ)レビュー!画面サイズが大きく価格が安いコスパ最強モデルに!

画面の大きさの選び方

10.2 インチ 大き さ

ネットブックの大半は、8. 9インチか10. 2インチのようです。 どうせなら大きい方が見やすい気がするのですが・・・。 持ち運びには小さい方がいいし・・・。 9インチのタイプと、10インチの2つのタイプが主流になっているようです。 最近12インチのハイスペックタイプも出てきつつあるようで、今後はこの3タイプの中から選ぶような形になるでしょう。 私の購入したEeePC900-Xは、8. 9インチのタイプで、上の画像のように非常に小さいです。 感覚的に今までのノートパソコンの面積比、半分ぐらいの感じです。 モニターの大きさを選ぶ 注意点 先日、部長がネットブックみたいな小さなパソコンを欲しいというので、色々要求を聞いていたんですけれど、その中の1つに 「あんまり画面が小さくない方がいい」 ということでした。 部長のネットブックでしたいことは、「エクセル」と「YouTube鑑賞」ということなので、エクセルの操作に小さい画面だと困ると言うことでした。 解像度とは となると、10インチのタイプになる訳ですが、注意しておかなければならないことがあります。 それが解像度です。 現在発売されているネットブックの、8. 解像度とは、簡単にいってしまえばモニターにいくつドット(点)があるかと言うことです。 縦に600個、点を表示可能と言うこと。 だから、8. 9インチだろうが10インチだろうがどちらも点の表示可能個数は変わらない訳です。 9インチは、10インチを そのまま小さくしたものと考えてよいでしょう。 わかりやすく画像で比較してみましょう。 上の画像は、上側が10インチのモニターでYahoo! を表示させたイメージ。 下側が8. 9インチでYahoo! を表示させたイメージです。 9インチの方は確かに小さいのですが、それにあわせて文字や画像も小さくなっていて、結局表示されている範囲は同じだということがわかります。 これはテレビと同じです。 テレビの42インチと、21インチでは42インチをぎゅっと半分にした大きさにしただけです。 パソコンの場合、解像度が同じでインチが違う場合は、単に画面全体を縮小しただけになります。 もし解像度自体が違うとすると、上のような比較になります。 上が10インチで、下が8. 9インチです。 文字や画像の大きさは同じですが、表示できる範囲が違っていますね。 下の8. 9インチの方は、Yahoo! の横端が隠れて見えなくなっています。 センチに換算してみる 実際に8. 9インチがどれくらいの大きさなのか、物差しで測ってみました。 横幅はこんな感じ。 だいたい20cmぐらいですね。 高さを測ります。 だいたい11. 5cm程度。 Aspire one 8. 9 人気を博したAspire oneの8. 9インチの場合、横幅が19. 5cm。 縦が11. 5cmのようです。 Aspire one D150 10. 1 Aspire one D150は、10. 1インチなんですけれど、こちらは横幅が22. 3cm。 縦が12. 5cm。 横幅で2~3センチ違ってきそうですね。 10インチだからといって、より多くの文字が写るという訳ではない(文字自体が大きくなる)ので注意。 どちらにするか 結局、目が悪い。 とか、小さい字だと疲れる。 なんて場合を除けば、表示される範囲は同じなので、大きいモニターか、小さいモニターかどちらかを選ぶかは、見やすさに重点を置けばいいことになります。 9インチの利点 8. 9インチの利点は、その小ささです。 こんな風に片手で楽々持てます。 重さも1kgを切る製品が多いので、ネットブックを持ち歩くことを重点に置きたい場合は、8. 9インチの製品の方が有利です。 また、価格も8. 9インチの方が安いようです。 EeePC900-Xは、2万円台ですし、EeePC901は3万円台。 3万円台には、8. 9インチの製品がひしめき合っています。 10インチの利点 実は私は、次ネットブックを買うのであれば、10インチのタイプを買おうかと思っているんです。 なぜか・・・ キーボードが大きいからです。 私はタッチタイピング(キーボードを見ないで文字を打つこと)が出来る(だいたいワープロ検定1級ぐらい)んですけれど、 「ー(のばし棒)」や「、(てん)」と「。 (まる)」といった小指で打つようなキーが非常に打ちにくいんです。 あと、一字削除の「BS(バックスペース)」ですね。 ネットブックでブログを書こうとすると、EeePC900-Xのような小さいモニターの製品は、キーボードも小さいので非常に打ちにくい! 10インチの製品は、キーボードもそれなりに大きいらしいので、もし購入するとしたら次は10インチの製品で、キーボード自体が大きい製品ですね。 ただ、頻繁に持ち歩くので8. 9インチも捨てがたいんですけれどね・・・。 車で待機しているときに、膝の上にのっけて・・・なんて時は、小ささにありがたみを感じるんですけれど。 以下の記事も参考にしてください。

次の

画面の大きさの選び方

10.2 インチ 大き さ

1型サイズのパソコンの大きさとその他のサイズを比較 まずは10. 1型サイズがどの程度の大きさなのかをご紹介していきたいと思います。 まずはじめに知っておかなければいけないポイントあります。 それは、10. 1型サイズと言った場合、パソコン自体のサイズが10. 1型サイズなのか、パソコンの画面が10. 1インチなのか?と言うとこです。 この答えですが、「パソコンの画面」が答えになります。 ですので、出力画面のサイズが10. 1型サイズであっても、パソコンのフレーム部分などが太い場合、パソコン自体は意外と大きく感じられる場合もあるので、購入の際には注意が必要です。 1型サイズの大きさについて説明してきます。 1型サイズは用紙のB5サイズよりも小さいサイズとなっています。 種類分けすると、A4サイズ=15型以上、B5サイズ=12~14型、モバイルサイズ=11型以下となっています。 1型サイズはモバイル型サイズとなっているため、画面は大きくありませんがとても持ち運びしやすい大きさになっています。 実際に私も外出用10. 1型サイズのパソコンをもっていますが、とてもコンパクトで使い勝手がいいです。 ビジネスバッグやリュックサックにもサッと入れれるサイズですし、軽いので特に気になることもありません。 モバイル型だといって価格が安くなるわけではありません。 精密機器を小さくする技術はとても大変で小型になればなるほど価格が高くなるものが多いようです。 しかし、小さいこともあり。 大型のノートパソコンに比べバッテリーの消費が抑えられるため、長時間使用することが可能です。 また付属品のACアダプターも小型になるので、実際に持ち運びするとなると、大型のパソコンに比べると重量も軽くなるので、移動が楽になることは間違いないでしょう。 しかし、パソコン自体の性能や機能は大幅に制限されてしまうので、注意が必要です。 1型サイズのパソコンの大きさの活用場面は? 次に、10. 1型サイズのパソコンの活用場面とその他のサイズのパソコンの活用方法をご紹介します。 まず活用場面としては、外に待ちだすか、持ち出さないかです。 外に持ち出さないということであれば、A4サイズ、B5サイズがおススメでしょう。 基本的には据え置き型として使うことが多いと思うので、その場合はできるだけ画面が大きく見やすいものを選んだほうが良いと思います。 外の持ち出す場合はB5サイズ、モバイルサイズがおススメです。 とにかく移動が必要になってくる場合は、持ち運びやすさやバッテリーの持続時間を重視してパソコンを選ぶことをおススメします。 各サイズの活用場面をまとめると、A4サイズは据え置きで使用するのに向いていて、画面キーボード的にも広いため、作業がしやすい。 B5サイズは、A4サイズとモバイルサイズの間を取ったものになり持ち運びもしやすく、据え置きとしても使用できます。 モバイルサイズは、持ち運びに特化したパソコンなので、据え置きで使うには少し使いにくいかと思います。 しかし、カフェや新幹線、ちょっとした休憩スペース、大学の授業、車の中やベットでゴロゴロしながら、メールの返信をしたいときにサッと使いたい場合などは、10. 1型サイズがおすすめですね! まとめ 以上が、10. 1型サイズのパソコンの大きさと活用場面のご紹介となりました。 初めてノートパソコンを購入しようとされている方、ノートパソコンの買い替えをご検討されている方、少しでもこの情報を役に立てていただければと思います。

次の

8.9インチと10インチの違い

10.2 インチ 大き さ

iPad(第7世代)特徴・レビュー iPad 10. 2インチ(第7世代)はTouch IDを搭載したモデルとなりに続いても使えるようになりました! iPad 第7世代とスマートキーボード ちょっと驚いた…。 まさかエントリーモデルのiPadでスマートキーボードが使えるようになるとは。 iPad(第6世代)は9. 7インチサイズでしたが、iPad(第7世代)は10. 2インチに画面がサイズUP。 A10 Fusionチップに3GBのメインメモリを搭載した廉価版モデルとなっています。 こうなってくるととの棲み分けが難しくなってきますが、 iPad 10. 2インチ(第7世代)は廉価版のディスプレイを搭載し価格も抑えられてるので安くiPadを使いたいなら最良の選択肢となります。 iPad 10. 2インチ(第7世代)とiPad(第6世代) iPad(第7世代)とiPad(第6世代)のスペック iPad(第7世代) iPad(第6世代) 画面サイズ 10. 2インチ 9. 4 フロントカメラ 120万画素 ペンシル Apple Pencil(第1世代)に対応 キーボード Smart Keyboard、Bluetoothキーボードに対応 Bluetoothキーボードに対応 オーディオ 2スピーカーオーディオ Wi-Fi 802. 6 x 174. 1 x 7. 5mm 240 x 169. 5 x 7. 5mm 重量 483g 469g 端末価格 34,800円〜 37,800円〜 CPUプロセッサはA10 FusionとiPad(第6世代)と同じですが、 メインメモリ(RAM)の容量が3GBに増えているので、マルチタスクで作業する際の速度に差がでてきます。 これ、iPad(第6世代)だとできないんですよね。 iPad 10. 初めてのiPad、iPad(第5世代)からの乗り換えに買わないという選択肢はないのでは? iPad(第7世代)のディスプレイ 画面サイズは10. 2インチに大型化 iPad(第7世代)本体デザイン 新型のiPad 10. 2インチ(第7世代)の画面サイズは9. 7インチではなく10. 2インチのディスプレイを搭載しています。 現行モデルのiPad(第6世代)は初代iPadから受け継がれている9. 7インチサイズとなっていますが、をしています。 iPad 10. 2インチ、9. 7インチ、iPad Air 10. 5インチ iPad(第7世代)は画面サイズが10. 2インチになり、筐体の大きさはと同じサイズになり、厚みはiPad Air 3よりもiPad(第7世代)の方が分厚くなてしまい重量も少し重くなっています。 無印iPadとiPad Air 3の差をうまく作り出した感じですよね。 いずれにしても9. 7インチの画面サイズのiPadはが最後のモデルになってしまいました。 スマートキーボードに対応したということはPCの代わりとして使うことを想定して画面を大きくしたってことなんでしょう。 iPad画面サイズ iPad(第7世代) iPad(第6世代) iPad Air 2019 iPad Pro 2018 画面サイズ 10. 2インチ Retinaディスプレイ 9. 7インチ Retinaディスプレイ 10. 5インチ Retinaディスプレイ 11インチ Liquid Retinaディスプレイ 解像度 2,160 x 1,620 2,048 x 1,536 2,224 x 1,668 2,388 x 1,668 画素密度 264ppi カラー規格 フルRGB 広色域(P3) リフレッシュレート 60Hz 120Hz(ProMotionテクノロジー) 環境光調整 — True Toneディスプレイ パネル 耐指紋性撥油コーティング 耐指紋性撥油コーティング、フルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティング 2019年3月にの廉価版モデルとしてが登場しましたが、フルラミネーションディスプレイにA12 Bionicプロセッサを搭載するなどiPad Proに近い性能を持ったiPadとなっています。 iPad(第7世代)は廉価版ディスプレイを搭載しているのでiPad(第6世代)と画面の品質は同じです。 あくまで画面サイズが大きくなっただけ…という認識で間違いないでしょう。 ディスプレイは廉価パネルを採用 iPad(第7世代)は廉価なディスプレイを搭載していて、iPad Proに採用されている広色域ディスプレイ(P3)、ProMotion、True Toneテクノロジー、フルラミネーションディスプレイなど高画質技術を省かれています。 iPad Proの高画質技術• ProMotionテクノロジー 最大120Hzのリフレッシュレートで画面の動きが滑らか。 Apple Pencilの追従性も滑らかで書き心地が良い。 True Toneディスプレイ 光センサーで周囲の光・色を分析して画面の色温度・ホワイトバランスを自動調整。 使用場所の照明が蛍光灯なら青白い画面に、白熱灯なら黄色っぽい画面になる。 フルラミネーションディスプレイ タッチパネルと液晶が一体化し空気層の隙間が少なく光の反射が少ないディスプレイ。 画面と指の距離も近いので操作性が気持ちいい。 フルラミネーションディスプレイはこのように保護パネルと液晶の間が非常に狭くなっていて、光の反射を抑えた非常に見やすいパネルです。 左:iPad Pro(フルラミネーション)、右:iPad このような高画質技術を無印のiPad(第7世代)に採用してしまうとiPad AirやiPad Proとの差別化がなくなりますよね。 なので、iPad(第7世代)は廉価版のRetinaディスプレイを採用したのでしょう。 わざわざ筐体を分厚くなるよう再設計、10. 2インチのディスプレイを開発して。 価格を安くするためにこだわったようです。 もっとキレイな画面で動画を見たい方はを選びましょうね! 表示領域が広くて使いやすい iPad(第7世代)は 画面サイズが9. 7インチから10. 2インチに大型化していて表示領域がiPad(第6世代)よりも広くなっています。 YouTubeの表示領域の違い YouTubeアプリで比較してみるとiPad 10. 2インチの方がサムネイルの数が多くなっているのが分かります。 まあ、9. 7インチと10. 2インチの差なのでさほどないのですが。 iPad 10. 2と9. 7の表示領域の違い(Split View) とはいえ、Split ViewでSafariとYouTubeを2画面表示した時の表示量がiPad 10. 2インチの方が広く、多くなっているので2画面操作が多いならダントツでiPad(第6世代)よりもiPad(第7世代)の方が扱いやすいのは間違いないでしょう。 iPad(第7世代)と(第6世代)の指紋認証速度 iPad(第6世代)の方が速く認証することもありますが、何回か比較してみての方がトータルで認証速度が速くなっています。 世代はに第2世代の表記はないのでiPad(第6世代)と同じ第1世代のTouch IDだと思いますが、少し高速化しているのは間違いないのかな。 個人的にはTouch IDを廃止してFace IDを搭載して欲しかったのですが廉価版iPadだし仕方ないでしょう。 を使って感じるのが Face IDはiPadとの相性がすごく良いということ。 どの方向でも画面ロック解除できますしキーボードのキーを押すだけで画面ロック解除ができます。 ただ、タブレットとしては指紋認証のTouch IDでも快適に使うことができるし、マスクをしていても使えるのはいいところでもあります。 なお、最新モデルのもTouch IDを採用しています。 保護フィルムは10. 2インチ専用のものが必要 iPad 10. 2インチ(第7世代)はiPad Air 3と縦横サイズが同じなので保護フィルムを流用できるのかなと勘違いしてしまいがちですが、インカメラの位置が異なります。 iPad 10. 2インチとiPad Airのインカメラの位置 また、ホームボタンの位置が微妙に違うので注意です。 iPad 10. 2インチとiPad Airのホームボタンの位置 なので、iPad 10. 2インチの画面に 保護フィルムを貼り付ける場合はiPad 10. 2インチ(第7世代)専用のモノを購入するようにしましょう。 インカメラはいいとしてもホームボタンの位置が違うのは致命的ですよね。 スポンサーリンク iPad 第7世代・第6世代 本体の違いを比較 筐体デザインは同じ iPad(第7世代)はFace IDのベゼルレスデザインを採用するという噂がありましたが、蓋を開けてみれば9. 7インチから10. 2インチに画面が大きくなってホームボタンの位置が少しだけ変わっただけ。 左:iPad(第6世代)、右:iPad(第7世代) の本体デザインはiPad(第6世代)と全く同じとなっています。 本体サイズは大きくなった iPad(第7世代)縦横の筐体サイズは、と全く同じですが厚みが6. 1mmから7. 5mmと分厚くなっています。 なので、重量もiPad(第6世代)よりも重くなっているのがちょっと辛いところでもあります。 左:iPad(第6世代)、右:iPad(第7世代) 画面側のデザインも全く同じですね。 ただ、ディスプレイサイズが9. 2インチになったことで横のベゼル幅が少しだけ狭くなっているのが分かります。 iPad 10. 2インチなら手で持っても画面が隠れない といっても、iPad Air 3よりも ベゼル幅が太いので手で持った時に画面が指で隠れてしまうことはないので使いやすさは抜群ですぞ。 iPad (第7世代)はとiPad(第6世代)と同じく非光沢のダイヤモンドカット加工が施されたエッジスタイルとなっています。 非光沢のダイヤモンドカット加工 は完全にデザインが刷新したのでプロモデルとエントリーモデルの見た目が明確に違うのは見分けがしやすくていいのかもしれません。 内蔵スピーカーの音質は向上している 本体下部に搭載している2スピーカーは筐体サイズに合わせて位置が少しだけ外側に移動しています。 2スピーカーのステレオスピーカーを搭載 筐体が大きくなってスピーカーボックスが少し大きくなったのでしょうか。 は音質が良くなっているんですよね。 2スピーカーなのでiPad Proのような広がりのあるステレオサウンドではないですが、iPad(第6世代)よりもiPad(第7世代)の方が間違いなく引き締まったサウンドに変貌を遂げていますよ。 USB-C PD 急速充電には非対応 充電ポートは Lightningコネクタが引き続き採用されていて、10Wの電源アダプタとUSB-A to Lightningケーブルを付属しています。 iPad 10. 2インチ(第7世代)付属品 付属の10Wの充電器でiPad(第7世代)を充電してみたところ7. 4W(4. 6A)で給電できているのが確認できました。 純正の10W充電器で充電した場合 iPad(第7世代)はUSB-C PDの急速充電には非対応のようです。 iPad 10. 2インチは急速充電に対応 をはじめ、に同梱している18Wの充電器を使うことで給電量を12W(5. 45A)を増やすことができますが、一時的な給電量アップにとどまるだけでトータルでの充電時間は速くならないので注意してください。 Apple PencilとSmart Keyboardに対応 は引き続きApple Pencilに対応し筐体デザインがiPad(第6世代)と同じということで、Apple Pencil(第1世代)を使うことができます。 そして、iPad 10. 2インチ(第7世代)はiPad専用キーボードのにも対応しました。 iPad 10. 2インチとスマートキーぼーど iPad 10. 2インチとスマートキーボードの組み合わせで総重量が734gとなるので本体重量はまあまあ重いです。 とはいえ、iPad Pro 11インチの787gよりは軽いので、軽量化を目指すならいいかも? 筐体サイズがiPad Air 3と同じなので、iPad Air 3と同じSmart Keyboardを装着してキーボード入力で作業ができます。 Apple PencilとSmart Keyboardに対応 2019年9月末にことになりました。 iPad 10. 2インチ(第7世代)もiPadOSの素晴らしいマルチタスク機能をフルで使えるので使い方の幅が広がることになりそうです。 5インチ用のスマートキーボードはiPad 10. 2インチ、iPad Air 3、iPad Pro 10. 5インチの3つの機種で使えるキーボードとなりました。 7インチ用は1機種しか使えなかったけど10. はい、据え置きプロセッサです。 なので、CPUのスコアもiPad(第6世代)と全く同じとなっています。 Geekbench 5でCPUの性能を比較してみました。 iPad(第7世代)と(第6世代)のCPU比較 iPadとiPad Proのプロセッサ iPad iPad Pro 世代 第7世代 第6世代 2017 2018 サイズ 10. 2インチ 9. 7インチ 10. 5インチ 11インチ 12. 9インチ CPU A10 A10 A10X A12X RAM 3GB 2GB 4GB 4GB シングルコアスコア 771 765 827 1108 1112 マルチコアスコア 1424 1334 2261 4598 4603 GPUスコア(Metal) 2883 2869 6394 9147 9142 iPad(第7世代)がiPad(第6世代)と同じA10 Fusionプロセッサをなので、新モデルに乗り換えても処理速度が速くなることはありません。 ただ、iPad 10. 2インチ(第7世代)のメインメモリ(RAM)は3GBと容量が増えたのでマルチタスクで差が出てきます。 ちなみに、iPhone 7 Plusで採用しているSoC(A10 Fusion 3GB)を採用しているんでしょうね。 動作速度の違いを比較 AntutuでiPad 10. 2インチ(第7世代)がiPad(第6世代)のCPUの性能を計測してみました。 プロセッサが同じなので基本動作は全く同じと言っていいでしょう。 少しだけiPad(第7世代)の方がもたついたりしたこともありますが、誤差範囲だと思います。 Split ViewとSlide Overの同時に使える iPad(第6世代)と全く違いがないのか…と思ってしまいますが、 iPad(第7世代)メインメモリが多いおかげかSplit ViewとSlide Overの同時使用ができるようになっています。 iPad 10. 2はSplit ViewとSlide Overの同時使用ができる iPad(第6世代)はSplit Viewを使っているときにSlide Overを起動すると画面がグレーアウトしてしまうんですよね。 でも、iPad 10. 2インチ(第7世代)はiPad Proと同じようにSplit ViewとSlide Overをフルで使うことが可能。 これだけでも、iPad(第7世代)を使うメリットはかなり大きいのではないでしょうか。 外付けSSDの接続について iPad(第7世代)でも動画編集アプリを使うことで動画の編集ができます。 しかし、32GBモデルだと容量が足りなくなる可能性があるので動画編集も考慮するなら128GBモデルを選ぶのいいでしょう。 外付けSSDを接続すればいいのでは?と思うかもですが、確かにを使うことでを使うことで外付けSSDを使うことができます。 Lightning — USB 3カメラアダプタ しかし、iPad(第7世代)との相性があるようで、は動作しましたが、、は使うことができませんでした。 これは、iPad Air 3も同じだったので動画編集をiPadでしたいならiPad Pro 11インチ・12. 9インチ(第3世代)かiPad Pro 10. 5インチを選んだ方がいいでしょう。 iPadの発表日・発売日 発表日 発売日 iPad(第5世代) 2017年3月22日(水) 2017年3月25日(土) iPad(第6世代) 2018年3月28日(水) 2018年3月30日(金) iPad Air 10. 5 2019年3月18日(月) 2019年3月30日(土) iPad(第7世代) 2019年9月11日(水) 2019年9月30日(月) iPad 10. 2インチ(第7世代)のストレージ容量は32GBと128GBの2モデルとなっています。 端末価格が少しだけ安くなっていて32GBのWI-FIモデルは37,800円から34,800円と3,000円も安く買うことが可能となっています。 iPad 10. 2インチ(第7世代)良いところ• 画面サイズが9. 2インチと大きくなった• メインメモリ3GBを搭載している• 廉価版iPadなのにApple Pencilを使える• 廉価版iPadなのにSmart Keyboardを使える• 端末価格が34,800円と安い iPad(第6世代)からiPad 10. 2インチ(第7世代)に買い換えるメリットはSmart Keyboardを使えるところでしょうか。 画面も少しだけ大きくなったのでPCの代わりとして使うのもいいと思います。 iPad 10. 2インチ(第7世代)はとにかく安く買うことができ、32GBモデルなら34,800円で手に入れることができます。 ここに、Apple Pencil(10,800円)、Smart Keyboard(17,800円)を揃えたとしても63,400円なので安いですよね。 iPad 10. 2インチに対応しているApple Pencilは第1世代です。 iPad 10. 2インチ(第7世代)惜しいところ• A10 Fusionが世代遅れ感がある• 本体重量が少し重い• 画面が反射して見にくいことがある 価格を考慮すればデメリットはデメリットではないのですが、強いていうなら画面が大きくなったことで筐体重量も重くなってしまったことが少し辛いところではあります。 性能はまだまだ高くて現役で使えるプロセッサとはいえ、2019年新型モデルのiPad 10. 2インチ(第7世代)が3年も前もプロセッサを搭載しているのはちょっと…って感じですよね。 価格が34,800円と安いので割り切る必要はあるのかなーと思うのですが、もしのかなと思います。

次の