転職 タクシードライバー。 タクシードライバーの転職に強い!転職サイトランキング

中高年の転職・再就職先にタクシードライバーがなぜ人気なのか

転職 タクシードライバー

未経験歓迎• 学歴不問• 第二新卒OK• ベテランOK• 複数名採用• 完全週休2日• 休日120日• 賞与複数月• 上場企業• 転勤なし• 土日面接可• 入社後に研修にて、必要なスキルを身につけていきますので、未経験の方でも安心してスタートしていただけます。 勤務地 埼玉エリア全域+一部群馬エリアに勤務。 勤務地は多数! あなたのご希望を考慮して、配属先を決定いたします。 未経験歓迎• 学歴不問• 第二新卒OK• ベテランOK• 複数名採用• 完全週休2日• 休日120日• 賞与複数月• 上場企業• 転勤なし• 土日面接可• 目安残業時間 10時間以内• 未経験歓迎• 学歴不問• 第二新卒OK• ベテランOK• 複数名採用• 完全週休2日• 休日120日• 賞与複数月• 上場企業• 転勤なし• 土日面接可• 目安残業時間 10時間以内• 未経験歓迎• 学歴不問• 第二新卒OK• ベテランOK• 複数名採用• 完全週休2日• 休日120日• 賞与複数月• 上場企業• 転勤なし• 土日面接可• 目安残業時間 10時間以内• 未経験歓迎• 学歴不問• 第二新卒OK• ベテランOK• 複数名採用• 完全週休2日• 休日120日• 賞与複数月• 上場企業• 転勤なし• 土日面接可• 面接1回 応募資格 《未経験歓迎!学歴・年齢不問》 20代から50代まで幅広いドライバーさんが活躍しています。 未経験歓迎• 学歴不問• 第二新卒OK• ベテランOK• 複数名採用• 完全週休2日• 休日120日• 賞与複数月• 上場企業• 転勤なし• 土日面接可• 雇用形態を変更しての採用も行なっています。 未経験歓迎• 学歴不問• 第二新卒OK• ベテランOK• 複数名採用• 完全週休2日• 休日120日• 賞与複数月• 上場企業• 転勤なし• 土日面接可• 雇用形態を変更しての採用も行なっています。 未経験歓迎• 学歴不問• 第二新卒OK• ベテランOK• 複数名採用• 完全週休2日• 休日120日• 賞与複数月• 上場企業• 転勤なし• 土日面接可• 期間中は契約社員のため時給。 未経験歓迎• 学歴不問• 第二新卒OK• ベテランOK• 複数名採用• 完全週休2日• 休日120日• 賞与複数月• 上場企業• 転勤なし• 土日面接可• ブランクや実務未経験の方でも大歓迎! 入社してからでも大型トラックの運転練習ができますのでご安心ください。 正直、口下手でお客様とたくさんお話しするというのが苦手な方でもOK。 お客様も当社と付き合いの長い方が多く、 挨拶をして、きちんとした配送を心がければ、 自然と関係を築くことができます。 現在、大型自動車免許を持ってない人でも相談次第で入社可能です。 まずは倉庫業務をしながら自動車学校に通い、大型免許取得を目指しましょう。 フォークリフトの操作練習やトラックへの同乗など、経験を積む機会をご用意できます。 未経験歓迎• 学歴不問• 第二新卒OK• ベテランOK• 複数名採用• 完全週休2日• 休日120日• 賞与複数月• 上場企業• 転勤なし• 土日面接可• ブランクや実務未経験の方でも大歓迎! 入社してからでも大型トラックの運転練習ができますのでご安心ください。 現在、大型自動車免許を持ってない方でも相談次第で入社可能です。 まずは倉庫業務をしながら自動車学校に通い、大型免許取得を目指しましょう。 フォークリフトの操作練習やトラックへの同乗など、経験を積む機会をご用意できます。 未経験歓迎• 学歴不問• 第二新卒OK• ベテランOK• 複数名採用• 完全週休2日• 休日120日• 賞与複数月• 上場企業• 転勤なし• 土日面接可• 未経験歓迎• 学歴不問• 第二新卒OK• ベテランOK• 複数名採用• 完全週休2日• 休日120日• 賞与複数月• 上場企業• 転勤なし• 土日面接可• お客様から話しかけられてから話すのがマナーなので、必要以上の会話をしないことの方が多いんです。 コミュニケーション力に自信がない…と思う方もご安心ください。 もちろん人と話すことが好きな方も大歓迎です! 【2種免許をちゃんと取れるか心配…なんていう方も大丈夫!】 平均1-2回で皆さん合格しています。 試験は少々引っ掛けのような傾向がありますが、そのポイントもお教えします!もし、落ちてしまっても、2回目以降の費用も全額会社負担!気負わなくて大丈夫です。 ペーパードライバーだった方も皆合格しています。 給与 【入社祝金最大25万円】 初乗務後、初月は昼日勤の働き方で月給25万円保障。 42時間を超過した場合は別途支給。 未経験歓迎• 学歴不問• 第二新卒OK• ベテランOK• 複数名採用• 完全週休2日• 休日120日• 賞与複数月• 上場企業• 転勤なし• 土日面接可• お客様から話しかけられてから話すのがマナーなので、必要以上の会話をしないことの方が多いんです。 コミュニケーション力に自信がない…と思う方もご安心ください。 もちろん人と話すことが好きな方も大歓迎です! 【2種免許をちゃんと取れるか心配…なんていう方も大丈夫!】 平均1-2回で皆さん合格しています。 試験は少々引っ掛けのような傾向がありますが、そのポイントもお教えします!もし、落ちてしまっても、2回目以降の費用も全額会社負担!気負わなくて大丈夫です。 ペーパードライバーだった方も皆合格しています。 給与 【入社祝金最大25万円】 初乗務後、初月は昼日勤の働き方で月給25万円保障。 42時間を超過した場合は別途支給。 未経験歓迎• 学歴不問• 第二新卒OK• ベテランOK• 複数名採用• 完全週休2日• 休日120日• 賞与複数月• 上場企業• 転勤なし• 土日面接可• 5ヶ月分) 《想定月収28万円〜34万円以上/想定年収400万円〜470万円以上》 月給21万7500円〜+各種手当+賞与年2回(2. お気軽にご相談下さいませ。 未経験歓迎• 学歴不問• 第二新卒OK• ベテランOK• 複数名採用• 完全週休2日• 休日120日• 賞与複数月• 上場企業• 転勤なし• 土日面接可• その他のエリアでもご対応できます! <本社> 神奈川県横浜市都筑区勝田町1010 【対応エリア】 神奈川県 横浜市、川崎市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、 寒川町、横須賀市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、秦野市、 厚木市、伊勢原市、平塚市、大磯町、二宮町、小田原市 東京都 目黒区、大田区、世田谷区、品川区、町田市• 未経験歓迎• 学歴不問• 第二新卒OK• ベテランOK• 複数名採用• 完全週休2日• 休日120日• 賞与複数月• 上場企業• 転勤なし• 土日面接可• 期間中、給与・待遇に差異はありません。 一ヶ所でじっとしているよりも様々な場所に行きたい方は 地域ごとの新しい発見を楽しみながら働けるはず!.

次の

元介護職の女性タクシードライバーが感じた入社後の3つのギャップとは

転職 タクシードライバー

Contents• 40代の転職市場 40代となると転職市場にはさまざまな方がいます。 同じ職務を10年以上経験しベテランの技術を持った方、一つの企業で様々な職種を経験し現場の知識を持ったうえでマネジメントについている方や複数の会社で働いた経験を持ち多角的な視点を持った方などさまざまです。 もしくは変化の激しいこの時勢のなか、残念ながら勤め先が倒産してしまった方もいらっしゃることかと思います。 このように 十人十色の経歴が見られる40代という年齢ですが、労働者としては経験・体力ともに充実した戦力として強力な世代です。 一方で転職という点で見ると、例えば、長年営業を経験してきた方が40代で技術職に転向することは容易ではありません。 企業側から見ると培ってきたスキルをあまり活用できないうえに教育コストもかかるのですから、営業を経験してきた方は営業職に、技術を経験してきた方は技術職に加わってほしいと思うのは当然のことです。 そのようななか、過去の経歴はほとんど問われることが無く40代からでも転職してチャレンジできる仕事がタクシードライバーなのです。 ここでは、40代の転職にタクシードライバーをおすすめする理由を紹介します。 タクシー業界が40代を選ぶ理由 40代の転職者はタクシー業界でも人気です。 様々な労働経験から培った対人サービススキルといった点も理由としてあることでしょうが、一番は年齢の若さです。 タクシー業界の労働者の平均年齢は高く50歳を超えているので、40代はある意味若手社員なのです。 また、40代は全年齢層で最も事故率が低いというデータがあります。 若く、事故を起こしにくい、まさにタクシー会社からするとぜひとも社員に迎えたい世代ということになります。 40代が好まれることが分かったところで、転職者目線でのタクシードライバーの良いところをご紹介します。 タクシードライバーが40代の転職に人気の理由 タクシードライバーが40代に人気の理由としてはやはり給料が高いという点 タクシードライバーの平均的な年収は全国平均では約330万円程度、東京都内だけの平均ですと約440万円とさらに100万円ほど上がります。 ですがこの平均年収だけを見ている限りですとそこまで魅力的には映らないかもしれません。 では一体何が人気の理由となっているのでしょうか。 まず、一つは 多くのタクシー会社では給与形態として歩合制を採用していることがあげられます。 先ほど都内でも年収は440万円ほどと記載しましたが、これは平均の数値です。 そしてこの平均値にはパート勤務のようにさほど大きな稼ぎ得る必要がないタクシードライバーの収入も含まれているということがポイントです。 少し乱暴な言い方をするとそこまで稼ぐ意志の強くない人も含めた数値ということです。 40代未経験で転職して実際どれほど稼げるのか ここが一番気になるところではないでしょうか。 タクシードライバーの月収について簡単にシミュレーションをしてみましょう。 まず、多くのタクシー会社では、給料に歩合制を採用していると記載しました。 ここでは平均的な歩合である、売り上げの6割で計算をします。 そして勤務形態はポピュラーな隔日勤務(11日/月 1日あたり18時間勤務)とします。 1回の輸送単価を1,500円(約3. 5km 15分)として、1時間あたり2人を送迎したとすると計算式は以下のようになります。 タクシードライバーに転職する為には何が必要か 当然ですが、タクシードライバーになる為に一番重要なのは運転免許証です。 自家用車の運転に必要な運転免許証は、普通自動車第1種運転免許証ですが、 クシードライバーに必要な運転免許証は普通自動車第2種運転免許証と呼ばれるものです。 ・第2種運転免許証の取得方法について 第2種運転免許証とは、乗客を運ぶ目的での運転に必要な免許を指しています。 タクシー以外にもバスや救急車の運転手が取得を義務付けられています。 タクシー会社では多くの場合、取得費用は全額企業が負担してくれます。 第2種運転免許証の取得費用は約20万円程度ですので、これを無料で取得できるのは大きなメリットです。 また第2種運転免許証取得にかかる日数は、約1週間から3週間程度ですが、都内のタクシー会社のほとんどでは、合宿で取得する事が多いので約1週間程度で取得ができます。 都内でタクシードライバーになるために必要な地理試験とは 都内でタクシードライバーになるためには、第2種運転免許証の他に地理試験の合格が必要になります。 地理試験とは都内の幹線道路や高速道路といった地理問題、タクシー事業に係る法令について出題される試験です。 試験に合格しなければ都内ではタクシー運転手になれません。 では、その地理試験はどれぐらい難しいのでしょうか。 合格率はおよそ5割程度となっており、一発合格とはなかなかいかないかもしれません。 ですが、反対に言えば、2回に1回は合格できるのです。 各タクシーセンターで過去問も配布されていますのでしっかり予習しておけば、怖くはありません。 40代未経験の方が転職してから本当に稼げるドライバーになれるのか 都内のタクシードライバーは稼げます!という広告を目にする事が多いですが、タクシー業界の事を知らない方にとっては、そうはいっても不安を感じることだと思います。 都内のタクシードライバーの給料はほとんど歩合制になっており、完全歩合と言う言葉にも未経験の方はとても不安になると思いますが、やる気と少しの工夫があれば誰でもできます。 ただし、都内でタクシー会社を選ぶ際に確認しておくべきポイントはあります。 それは最低保障の待遇や未経験者向けの教育や研修の有無です。 今現在ほとんどのタクシー会社が研修期間の最低給与保証30万円や40万円を出していますが、未経験からのスタートでちゃんと稼げるか不安だという方は必ず確認する事をお勧めします。 また、 ほとんどのタクシー会社では新人乗務員教育を行っていますが、念のため、研修の有無は転職の際には確認しておきましょう。 必ず稼げるポイントを教えるようにタクシー会社も努力しているので安心してください。 ドライバーとしての勤務について 様々な研修を終了し本格的に一人でタクシードライバーとして勤務するようになってからの 勤務体系は、各タクシー会社によって多少の違いはありますが、大まかに言いうと、3パターンあります。 それが、日勤勤務・隔日勤務・夜勤勤務の3つです。 まず、 日勤勤務とは朝から夕方まで約8時間程度の勤務のことを言います。 隔日勤務とは朝から翌朝までの約18時間程度の勤務で、2日分の仕事を一回の勤務で行う形態のことを言います。 夜勤勤務とは夜から翌朝までの勤務のことを言います。 都内のタクシー会社では主に隔日勤務の求人募集を多くしています。 隔日勤務では、一回の仕事で18時間程度を一日おきに繰り返しますが、どのタクシー会社でも現在はドライバーの方の意見を多く取り入れ、この隔日勤務では、月に11日から12日間仕事をこなせば済むような勤務体系になっていますので、趣味の時間や家族との時間を多くとりたいという方にはとてもいい勤務体系です。 また、日勤勤務は一般的な仕事の勤務と同じ朝から8時間の勤務体系になっています。 安定して一般的な勤務時間にしたい方は日勤勤務を選ばれる方が多いです。 そして、公共交通機関が停止した夜間に営業する夜勤勤務となります。 まとめ 40代でタクシードライバーに転職する事は、特に未経験であれば勇気のいる決断でしょう。 しかし、初めての方でも決して心配することはありません。 タクシー業界では、現在、たくさんの求人募集があります。 都内でたくさん稼ぐこともできますし、エリアを変えて乗務してみることもできます。 また、タクシードライバーを続けることで、個人タクシーとして開業をすることもできます。 そして、いろいろな乗客を乗せて目的地まで無事にたどり着いた時、「ありがとう!」という感謝の言葉をいただいた時の満足感には、やりがいも感じられます。 このように、 タクシードライバーは大変メリットの多い魅力のある仕事です。 車の運転が好きな方、都内でたくさん稼ぎたい方、接客が好きという方などご興味がある方は、ぜひタクシードライバーという仕事を転職の候補として検討してみるのはいかがでしょうか。

次の

タクシー転職で失敗した人・後悔した人の口コミをまとめてみた

転職 タクシードライバー

Contents• タクシードライバーはなぜ人気があるのか タクシードライバーの人気の理由は 未経験でも転職しやすいこと、長い間務めることができること、そして歩合給により稼ぐことができることが挙げられます。 それぞれについて詳しくご紹介します。 タクシードライバーは未経験でも転職しやすい タクシードライバーへの転職者が多い理由のひとつに、他の業種よりも中途採用されやすいことが挙げられます。 転職は通常、スキルや経験が重視されるので異業種への転職は特に難しいものです。 しかも年齢を重ねるごとに、求人数も少なくなっていきます。 その点、タクシードライバーは 研修制度がしっかりと整っているので、未経験者でも採用されやすいのが特徴です。 しかも業界全体を見ると、人材不足が続いているために 求人数も充分にあります。 この人材不足の原因として、タクシードライバーの高齢化があります。 定年を迎えるドライバーも多いので、これからさらに多くの人材を必要としています。 実際に40代でも全くの未経験でタクシードライバーに転職する人は大勢います。 営業に必要となる二種免許取得から、実務に必要な教育もきちんと受けることができることも理由と言えます。 さらに 他業種からタクシードライバーに転職した人は、離職率が低いと言われます。 それだけ無理なく勤務できること、自分のペースで仕事ができる点も人気の理由と言えます。 タクシードライバーは長く務めることができる 日本は人口減少や少子高齢化により、企業は生き残りをかけて様々なコスト削減を行っています。 そのために事実上終身雇用は崩壊し、非正規雇用が増えたことで定年まで務めることができるとは限らなくなってきています。 その点、タクシードライバーは長く務めることができることが人気です。 例えば一般企業のように、高齢になるにつれポストが減っていくといったこともありません。 むしろ経験値が増えることで、より良いサービスができるので売上も増えるようになります。 一般企業では高齢となれば収入の上り幅が減少していくケースも多くありますが、 タクシードライバーは収入面でも安心できると言えます。 タクシードライバーは歩合給で稼ぐことができる タクシードライバーは基本給に加えて営業職のような成果報酬もあるので、売上が増えれば多く稼ぐことができます。 一般企業の営業職では、企業によっては売り上げアップが自分の給料に直接反映されないということもあり得ますが、タクシードライバーは歩合給をあらかじめ選択することができるので、 自分で稼いだ売り上げは確実に報酬に結びつきます。 そのために真面目な人ほどタクシードライバーを目指すケースが多く、しかも満足できる収入を得ているようです。 タクシードライバーはいくつかの営業方法がありますが、いずれにしても自分なりに研究して効率の良い稼ぎ方ができるようになれば、無理をせずとも十分に稼げるようになります。 タクシードライバーに転職して 年収が800万円以上になったという方もいます。 稼いでいる人に共通することを取り上げながらご紹介します。 真面目で向上心のある人が多い きちんと稼ぐことができるという点では、 真面目で向上心のある人がタクシードライバーに向いているようです。 サラリーマンとは異なり、売上次第では多く稼げるのがタクシードライバーです。 けれども自身で向上心を持って、常に勉強する姿勢で業務に就かなければ売上を増やすことはできません。 逆に、常にどのようにすればお客様を効率良く探すことができるのかなどを考えている人は、着実に収入を増やしています。 また自己管理をきちんと行えることも、タクシードライバーとして必要な適性と言えます。 サラリーマンとは異なり、毎日決まって同じ時間に出社し、そして帰るというわけではありません。 隔日勤務や日勤・夜勤のような変則的な勤務形態なので、健康管理が特に重要となります。 もちろん飲酒にも注意しなければ、勤務そのものができなくなる恐れがあります。 自分の健康状態などをしっかりと自分で管理できる人が、タクシードライバーに向いていると言えます。 さらに交通ルールをしっかりと守れること、安全運転を心がけるためにも、 真面目な性格が必要です。 タクシーはサービス業であり、安全性を売りにする仕事でもあります。 その点をきちんと意識して仕事ができる人がタクシードライバーに適しています。 サービス精神のある人 タクシー業界も会社間での競争があります。 そして多くの顧客を獲得するためには、満足してもらえるサービス提供が不可欠です。 例えば車の往来が少ない場所でタクシーを呼ぶ時、お客は印象の良かったタクシー会社を選んで呼ぶことになります。 そのために、個々のタクシードライバーがサービス精神を持って接することが求められます。 普段の業務は一人で行うので、サラリーマンのように上司が側にいるわけではありませんし、注意する人もいません。 となれば自分自身がいかにサービス精神を持って、顧客満足度を高めるかを意識しなければなりません。 その点、 サービス精神が旺盛な人はこの仕事に向いていると言えます。 運転が好き 基本的なことですが、 車の運転が好きなこともタクシードライバーに求められるでしょう。 というのも隔日勤務となれば、10時間以上も運転を続けることになります。 好きでなければきついと感じるかもしれません。 あるいは長距離のお客さんを乗せて運転する場合にも、つい眠気が襲うというようなことがあってはいけません。 しっかりと緊張感を維持して運転するためにも、運転そのものが好きであるということは大切な要素と言えます。 そのサービス内容や、一般の転職サイトとの違いなどをご紹介します。 転職エージェントの特徴とは 転職エージェント。 これは 転職希望者が会社を探す際に、専任のエージェントが担当となって、その人に最適な会社を選定して紹介してくれるというものです。 転職エージェントのサービスでは、一般に公開されていないような非公開案件も多く扱っています。 これは通常の求人サイトでは広告コストがかかることを敬遠する会社が多いためです。 また転職エージェントはそれぞれ、専門の地域での求人情報を扱っていることも特徴となります。 地域を絞り込むことで、より詳しく情報を仕入れることができるようになります。 その結果、 会社はどのような人材を必要としているのかを把握し、その条件に合う求職者を紹介できるというわけです。 また専任のエージェントが最初にキャリアカウンセリングを行うのも特徴となります。 未経験でタクシードライバーを希望する求職者は、実はどんな会社を選べば良いのか自分でも把握していないことが多いものです。 そこでカウンセリングを行うことで、どのような希望を持っているのか、仕事に対してどんな意気込みを持っているのかを的確に引き出してくれます。 転職エージェントのシステムについて タクシードライバーの転職エージェントを利用すると、まずずキャリアカウンセリングを受けることになります。 転職者の希望条件を細かく拾って、適合する求人情報を探し出すためです。 転職エージェントは転職が決まることで、企業から成果報酬を受け取ります。 つまり広告で稼ぐわけではないので、いかにマッチングの精度を高めるかが重要というわけです。 次に 推薦状を添付して、希望する会社へ連絡し書類選考へと移ります。 この際に提出する履歴書などの書類作成に関しても、アドバイスを受けることができます。 自分の経歴やスキルを適切にアピールできます。 無事に書類選考が通れば 面接へ、と進みます。 その際に給与面などの待遇についての交渉を行ってくれるエージェントもいます。 転職エージェントの評判 タクシードライバーの転職エージェントは、 希望条件に合う会社を選択してくれるために評判も良いと言えます。 また条件交渉を行ってくれるので、自分で好待遇の企業を探さなくても満足できる職場環境や収入が得られていると思う人も少なくないようです。 さらに 一般の求人広告には掲載されないような好待遇な求人情報が多いことも人気の理由と言えます。 これは先ほども述べたように求人募集をする会社側が、広告費用のコスト削減のためにエージェント会社を利用するという一面もありますが、エージェントが直接企業から聞き出したまだ世に出ていない新鮮な情報を扱っているからです。 他の転職サイトと比較 転職サイトはあくまでも求人募集をする会社から広告費を受け取り、サイトなどで紹介するのみです。 そのために、応募者がいなければ会社側にとって広告費用は全くの無駄になってしまいます。 言ってみれば転職サイトは、先行投資をして採用できるような転職希望者が現れるのを待つというスタイルになります。 そのために求人募集をするタクシー会社は、リスクを回避するために成功報酬型の転職エージェントを利用することに魅力を感じます。 そこで転職サイトでは、 就職が決まればお祝い金を贈呈するというケースが増えています。 お祝い金目当てに問い合わせをするサイト利用者が増えることを見込んでの苦肉の策です。 ただし、基本的には一度掲載してしまえば、あとは応募を待つのみとなるため、細かなサービス提供を受けられる転職エージェントの人気は変わらないようです。 けれども誰でも務まるというわけではなく、きちんと満足できる収入を得られる人には共通点がいくつか見られます。 真面目に業務に取り組むこと、向上心を持って毎日を過ごしていることが、多くの収入に結びついているようです。 また希望する条件の会社へ転職するために、 転職エージェントを利用することがおすすめです。 転職エージェントはいわば業界のプロであり、あなたの魅力を最大限に企業にアピールするので、自分自身で求人を探すよりも好待遇での転職が期待できます。 また、一般の求人情報では扱っていない、条件の良い求人情報も多く集まるので人気を集めています。

次の