ハイキュー 369。 漫画「ハイキュー!!」369話のネタバレと無料読み放題

漫画「ハイキュー!!」369話のネタバレと無料読み放題

ハイキュー 369

スポンサーリンク ハイキュー!! ネタバレ最新369話『準々決勝敗退』 今週のハイキュー!!、やがて君になるじゃん — ぜんらまる zenramaru 星海のスパイクが決定打となり烏野の敗退が確定すると、澤村は、そのままコートに仰向けになり動けませんでした。 その後なんとか立ち上がり、菅原や東峰と一緒に整列に向かいます。 その頃日向は、病院でタブレット越しにその様子を泣くこともなくただ見つめていました。 烏野メンバーは、鴎台メンバーとの握手を交わすと、たくさんの拍手に送られるように体育館を後にします。 そして3年生と清子だけは、体育館に向かって一礼。 その後木兎や黒尾、夜久が今回の健闘を讃えに来てくれ、皆で抱きしめ合うのでした。 烏野高校3年生引退! 前回、烏野の春高準々決勝敗退が確定しましたね。 澤村は負けたショックと疲れで脱力してしまったのでしょう。 そして3年生にとっては、これで引退となる試合。 去り際も、春高という大舞台に立たせてくれてありがとうという感謝の気持ちと、これで高校生活が終わるんだという気持ちが入り交ざった複雑な気持ちだったと思います。 個人的には、みんな自分ができる精一杯のプレーができた上での気持ちいい敗退ではなかったかと思っています。 3年生がいなくなることは間違いなくさみしいですが、また下級生たちにも頑張っていただきたいですね。 日向の心境 日向は病院でタブレット越しに烏野の敗退を知ります。 自分がいないコートで決定した敗退に、何を思っていたのでしょうね。 ただ悔しいという気持ちではなく、何も考えられない様な虚無感を抱いていたのかもしれないなと感じています。 日向が悔しいと感じるのは、もいう少し時間が経ってからなのかもしれませんね。 今は体調の回復が待たれます。 スポンサーリンク ハイキュー!! ネタバレ最新369話『試合のその後に』 今週のハイキュー読みました、、 北さん、無なんかじゃないです… 絶対に、絶対に違います。 — とーは。 試合には必ず勝敗がついてしまうが、よく言われる『結果が全て』という言葉には共感できない様です。 すると北も同調する様に語り出します。 良い試合は勝てないなら無意味であると同時に、しかし自分たちがこれまで行ってきた練習やついた筋肉は無意味なものではなく、その先につながっているのだと言います。 一方、落ち着いた澤村は日向を心配しています。 日向は病院から直接宿に戻ることになっており、そこでメンバーとの再会を果たすのでした。 負けにも意味がある 烏野と鴎台の準々決勝の試合を観戦していた宮兄弟の侑が面白くなさそうですね。 なんだかその心境は分かる気がしますね。 もちろん試合なので、どちらかが勝ち、どちらかが負けるのは必然です。 しかし、スポーツというものはそれだけではない。 勝敗の前に積み重ねてきた練習があり、習得した技術があり、培ってきたチームワークや色々なものがあるはずです。 それが自分たちの思考や筋肉となり、次へとつながっていくんですよね。 無意味な負けなどない、ということが再確認できて、この回は本当に涙ものでした!! 日向とメンバーとの再会 先程まで試合の余韻が覚めなかった澤村も落ち着き、日向の心配をする余裕が出てきました。 この時点ではまだ日向は病院で、日向もまた試合の結果を知り考えるところもあるでしょう。 宿に戻ってメンバーと再会したら、どんな会話を交わすんでしょうね。 希望としては涙ではなく、いつも通りの雰囲気で、反省もしつつ準決勝の話などしてほしいと思います。 そんな話をしながら食べる生姜焼きもまた格別でしょう。 スポンサーリンク ハイキュー!! ネタバレ最新369話『春高はまだ終わらない!』 白鳥沢が烏野に敗北した際の及川のセリフ。 「もっと悔しそうな顔をしろっつーんだよ」 当時はただ聞き流してたけど、今週の雲雀田監督の言葉の重みを知って、牛島若利や佐久早清臣を含めた敗北を経験した強者が、敗北した際に浮かべる表情の真の意味の確信に近づけた気がする。 — 🌙. キャプテンの飯綱が、メンバーに支えられながら悔し涙を流しています。 そして去っていく井闥山の佐久早を無言で見つめる木兎と赤葦。 その様子を見ていた全日本監督の雲雀田は、このすごい選手の敗退に考えるところがあった様です。 どんなにすごい選手でも、負けを経験しない者などいない。 負けても負けてもより強いものに挑戦した者だけが強くなっていくのだとして、今日の『敗者』全てに思いを巡らせていました。 井闥山学院敗退! 烏野の準々決勝敗退の裏にもまた、悔しい涙がありましたね。 ここで確定したのは、井闥山学院の犬伏東への敗退です。 ということは、次は鴎台と犬伏東が決定、そして梟谷も決定かな? 残る1校はいったいどこなんでしょうか? このベスト4で準決勝が行われ、決勝へと駒を進める2校が決まりますね。 果たして準決勝以上も今回描かれることになるのかは不明ですが・・・。 詳しく描かれることはないにせよ、おそらく締めくくりとしてどういう経緯で優勝校が決まったか、というエピソード的な話は描かれることになるのではないかと思っています。 次回、諸々含めてこの辺りの詳細が明らかになると思われますので、見逃さない様にしましょうね! 烏野高校バレー部3年生のその後は? 烏野3年生にとってはこれで高校生活でのバレーが終わりになるかと思いますが、それぞれの進路はどうなるのでしょうか? 一番先にプロに行きそうなのは、やはり東峰でしょうか? 人柄もしっかりしていますし、今回の活躍を見ても、声がかかりそうな気がしますね。 残るは澤村と菅原ですが、とりあえず大学でもバレーを続け、その後プロへの道を進むかもしれませんよね。 この辺りももしかしたら次回描かれるかもしれませんね。

次の

最新ネタバレ『ハイキュー!!』368

ハイキュー 369

ハイキュー369話 烏野高校編が終わる! 何となくやり切った感を持って終了しています。 月島は帰ってすぐに鴎台のブロックを見たいと言い出し、 影山はもっと今のチームで続けたかったと言います。 澤村は皆が急成長していく事にアザラシか!と言っていますが、 イマイチ例として上手くない気がします 東峰が説明してますが。 監督への感謝を伝えている澤村。 確かに烏養がコーチとして来てくれたのも武田のお陰と言えます。 武田は負けは今の認識であり弱さの証明ではないと良い事を言っています。 そして皆で飯を食います。 烏養が日向の寝ている部屋に飯を運び込みます。 日向はすでに食事が大切な事も分かっていると烏養は分かっています。 限界値を上げていく為にも筋力を付けていこうと言われます。 涙ながらに食べる日向の所に皆もやってきますが特に描写がある訳ではありません。 そして3年全員の卒業が見えて表記は「数年後」となります。 場所はブラジルで日向は自転車に載ってBon apetiteと書かれたバッグを持っています。 どうやらブラジルでバレーをやっている雰囲気です。 次回からはブラジル編として描かれる事になりそうです。 日向の身長も少し伸びている?と感じる部分ではあります。 ハイキュー370話の予想 ブラジル編開幕 ハイキュー369話の最終の見開きだけがブラジル編となっていました。 日向の言葉は一言だけでブラジルの「ありがとう」を意味するオブリガードだけです。 ブラジルに日本代表として遠征に来ていると言った事も考えられますが、 流れから考えると世界的にもバレーが盛んで強豪であるブラジルに修行に来ているとかって感じでしょうか。 ブラジルはワールドリーグやオリンピックでも上位の成績を収めています。 最強国と言っても過言ではない強さを誇るブラジルに日向がいると考えると、 ここからは世界を見たバレーの戦いが始まるのでしょうか。 一時留学なりしてバレーをブラジルで学んだ日向が日本に戻るなんて事もあるかもしれません。 数年後と言うことなので日向がここで学び日本代表として世界との戦いが始まっていくのも面白そうです。 現状のブラジル編がどう描かれるのかはヒントが殆どない為完全なる想像になります。 少年ジャンプでのスポーツ世界戦 少年ジャンプの漫画で高校サッカーから世界戦まで突入していったのは、 過去にもキャプテン翼くらいじゃないでしょうか。 中々世界戦まで引き続いて描かれる事が少ない様に感じます。 キャプテン翼の壁を超えて世界戦でも面白さを追求出来たらハイキューは大きな壁を超えた漫画と言えそうです。 ハイキュー370話のブラジル編に期待です。

次の

最新ネタバレ『ハイキュー!!』368

ハイキュー 369

ハイキュー368話 整列する烏野 敗北が決した烏野高校バレー部です。 準々決勝での敗退となりましたが古豪と呼ばれていたチームがよくここまで勝ち抜いたと言う所ではないでしょうか。 澤村も呆然としていますが烏野に涙を流している人は誰もおらず、 全力を尽くして戦ったのがよく分かります。 それは熱で途中退場してしまった日向も同じでした。 誰も泣いてはいません。 ハイキュー368話 諦めた訳ではない日向 元小さな巨人である天満は日向が何かを諦めた訳ではないと言います。 小さな巨人に憧れて日向は烏野に来ました。 そして影山と出会った事でここまで大きく成長出来たと田中姉は言います。 確かに運命的な考えかもしれませんが、 現実にこの敗北で日向が掴んだものは大きかったと言えそうです。 それは影山としても同じでしょう。 ここで井闥山が負けた描写も流れます。 最終セットは29-27で井闥山も準々決勝敗退です。 勝ったのは犬伏東で井闥山のキャプテンでセッターの飯綱掌 いいづなつかさ が泣いているが見えます。 これで今年度の三大エースが全員沈んだ事になるとの事。 今までの強者は更なる強者に敗北して成長していきます。 「敗者の君たちは明日何者になる?」 っで締められたハイキュー368話での最後の日向の表情は何かを掴んだかに見えます。 ハイキュー369話 次なる展開 ハイキューは有名なバスケット漫画のスラムダンクの人物構成に似ていると言われていました。 3年にはベンチを支える知的キャラと少しブランクのあるエースにキャプテン。 これはスラムダンク的に言う所の小暮と三井と赤木です。 そして2年に一人宮城がいてチームを影で支えてゲームメイクをしていました。 更に1年には流川と主人公の桜木花道。 流川は圧倒的なエースながら不器用でコミュニケーション能力はかなり低めの孤高の天才的な立ち位置です。 桜木花道は素人なりに努力して上り詰めていきます。 またマネージャーが美人でその下に最終的に晴子さんもついていく形を取ります。 但しスラムダンクは3年が引退した後での試合模様は一切描かれていません。 もちろんハイキューが完全にオマージュしている訳ではありませんが、 キャラの構成などを考えるとやはり有名漫画であり感動シーンの多いスラムダンクを読んでいないとは言えません。 この先の展開はまさに古舘春一先生の持ち味をフルに出していく事になるのではと思えます。 日向と影山が二年に向かっていき次はインターハイでの試合を繰り広げるのか。 それとも代表としての戦いが始まっていくのか。 いつしか宮が日向へのトスなんて話があったのを考えると高校バレー編が終了する可能性もゼロではありません。 369話や370話あたりで進むであろう次なる展開はハイキューそのもの漫画としての挑戦的な要素も踏まえて面白味が増していると言えます。 注目です。

次の