京アニ。 京アニ事件の動機巡り新証言「小説パクられ話聞こうとしたが相手にされず」

京アニ事件の動機巡り新証言「小説パクられ話聞こうとしたが相手にされず」

京アニ

京アニ放火事件からまもなく1年となる7月13日、NHKが事件を扱ったドキュメンタリー番組を放送。 中国でもその一部が紹介され、ネットユーザーから反響が寄せられている。 京都アニメーション(京アニ)放火事件からまもなく1年となる7月13日、NHKが事件を扱ったドキュメンタリー番組を放送した。 中国でもその一部が紹介され、ネットユーザーから反響が寄せられている。 2019年7月18日に京都府京都市伏見区の京アニ第1スタジオで発生した放火事件では36人が死亡した。 NHKは13日、犠牲者の遺族を追ったドキュメンタリー「ストーリーズ『事件の涙 そこに あなたがいない〜京都アニメーション放火事件』」を放送した。 中国メディア・新浪新聞の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウント・微天下は、ドキュメンタリーについて「事件から1年、犠牲者の遺族の知られざる苦痛を記録していた」とし、その中から亡くなった武本康弘さん(享年47)とその両親のエピソードを紹介。 両親が警察から「一生その姿が頭に残るから(遺体を)見ない方が良い」と言われ、対面することなく武本さんを送り出したこと、武本さんの父が「にこっと笑った写真を見るたびに、もう帰ってくることはないんだと。 それがつらい」と語ったことなどを伝えた。 日本のアニメ作品が人気の中国でもファンの間でその知名度は高く、ネットユーザーからはその死を悼むコメントが相次いで寄せられた。 「先生、どうか安らかに」 「1年経つのか(涙)」 「そう。 家族の心は永遠に痛むだろうな」 「亡くなった方のご冥福をお祈りします。 私たちは永遠にあなた方を忘れません。 優しい方たちでした。 みんなにたくさんの美しい思い出を残してくれました」 「武本康弘は京アニの非常に著名な、屋台骨的な監督。 彼が亡くなったことは、京アニのみならず業界においても極めて大きな損失」 「最近、過去の京アニ作品を見返してる。 武本康弘先生の名前を見つけて、心が締め付けられた」 「心痛以外にない。 武本康弘先生の『氷菓』は私が一生愛する作品。 京アニはきっと立ち上がってくれると信じているが、武本先生は帰ってこない。 向こうの世界でも一番好きなペンと一緒にいられますように。 そして、向こうの世界の子どもたちにもっと素晴らしい作品を創ってあげてください」 京アニ放火事件は当時、中国にも衝撃を与えた。 ネット上には、犠牲者を悼んだり負傷者を見舞ったりするコメントがあふれた。 また、中国最大級の動画サイト・bilibili(ビリビリ)はサイトの日本アニメのページをモノクロにして「Pray for 京阿尼(京アニのために祈る)」とのメッセージを掲載、追悼の意を示した。

次の

京アニ放火殺人 犠牲者10名を公表…“アニメ界の宝”たちが生きた証

京アニ

京アニ放火事件からまもなく1年となる7月13日、NHKが事件を扱ったドキュメンタリー番組を放送。 中国でもその一部が紹介され、ネットユーザーから反響が寄せられている。 京都アニメーション(京アニ)放火事件からまもなく1年となる7月13日、NHKが事件を扱ったドキュメンタリー番組を放送した。 中国でもその一部が紹介され、ネットユーザーから反響が寄せられている。 2019年7月18日に京都府京都市伏見区の京アニ第1スタジオで発生した放火事件では36人が死亡した。 NHKは13日、犠牲者の遺族を追ったドキュメンタリー「ストーリーズ『事件の涙 そこに あなたがいない〜京都アニメーション放火事件』」を放送した。 中国メディア・新浪新聞の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウント・微天下は、ドキュメンタリーについて「事件から1年、犠牲者の遺族の知られざる苦痛を記録していた」とし、その中から亡くなった武本康弘さん(享年47)とその両親のエピソードを紹介。 両親が警察から「一生その姿が頭に残るから(遺体を)見ない方が良い」と言われ、対面することなく武本さんを送り出したこと、武本さんの父が「にこっと笑った写真を見るたびに、もう帰ってくることはないんだと。 それがつらい」と語ったことなどを伝えた。 日本のアニメ作品が人気の中国でもファンの間でその知名度は高く、ネットユーザーからはその死を悼むコメントが相次いで寄せられた。 「先生、どうか安らかに」 「1年経つのか(涙)」 「そう。 家族の心は永遠に痛むだろうな」 「亡くなった方のご冥福をお祈りします。 私たちは永遠にあなた方を忘れません。 優しい方たちでした。 みんなにたくさんの美しい思い出を残してくれました」 「武本康弘は京アニの非常に著名な、屋台骨的な監督。 彼が亡くなったことは、京アニのみならず業界においても極めて大きな損失」 「最近、過去の京アニ作品を見返してる。 武本康弘先生の名前を見つけて、心が締め付けられた」 「心痛以外にない。 武本康弘先生の『氷菓』は私が一生愛する作品。 京アニはきっと立ち上がってくれると信じているが、武本先生は帰ってこない。 向こうの世界でも一番好きなペンと一緒にいられますように。 そして、向こうの世界の子どもたちにもっと素晴らしい作品を創ってあげてください」 京アニ放火事件は当時、中国にも衝撃を与えた。 ネット上には、犠牲者を悼んだり負傷者を見舞ったりするコメントがあふれた。 また、中国最大級の動画サイト・bilibili(ビリビリ)はサイトの日本アニメのページをモノクロにして「Pray for 京阿尼(京アニのために祈る)」とのメッセージを掲載、追悼の意を示した。

次の

京都アニメーション

京アニ

36人が死亡、33人が重軽傷を負った「」の事件から、18日で1年が経つ。 戦後最悪の犠牲者を出したは、遺族だけでなく、「犯人の親族」となった人々の生活をも一変させてしまった。 青葉真司容疑者(42)の伯父にあたる人物が語るのは、一生十字架を背負う、あまりに悲痛な覚悟だった。 *** 「あの日は、京都でひどい事件があったんだな、とニュースを見て思っていたんです。 その瞬間、頭が真っ白になって足に力が入らなくなってしまいました」 そう語るのは、青葉容疑者の実母の兄、つまり伯父にあたる人物である。 青葉容疑者の母親は、6人の子供を持つ男性と駆け落ちし、その後に青葉容疑者を含めて3人の兄妹を出産。 その後離婚して、子供たちは父親に引き取られている。 「聖地巡礼」中の青葉容疑者(松浩不動産提供) そうした複雑な家庭環境はもとより、青葉容疑者の存在自体、事件まで一切知らなかったと伯父は話す。 「妹が妻子ある男と駆け落ちしたと聞いたのは、私が30代の頃です。 「妹に子供がいたことさえ知りませんでしたから、青葉の顔はニュースで初めて見ました。 妹に似ているかなんて分からない。 ただただ恐ろしい殺人犯に見えました。 会ったこともない人間なので、彼のことは何も知らない。 かといって、血の繋がっている人間ですから関係がないとはいえない。 知ってしまった以上はなかったことにできませんが、こんな大きな荷物を抱えたままの老後になるとは、思ってもみませんでした」 「モヤがかかった感じ」 事件直後、伯父夫妻は共に体調を崩し、外出もままならなくなってしまった。 「定年で会社勤めを終えて、夫婦で何処か旅行に行こうかなんて話をしていましたが、今はとてもそんな気分になりません。 毎日、モヤがかかったような感じで生きた心地がしないのです。 頭に浮かぶのは亡くなった方々のこと。 何をしても、我々は心の底から楽しんではいけないんだと思ってしまう。 仕事をせずに時間がある分、いつも事件のことを考えてしまいます」 伯父の妻も、沈痛な面持ちでこう話を継ぐ。 「昔から、NHKの朝ドラを楽しみにしていたのですが、この前はアニメーターの物語だったでしょう。 被害者の方々はこんなふうに働いていたと思うと、観ていられなくなって……。 それでも、事件が報じられた新聞や雑誌の記事には、できるだけ目を通しています。 辛いですが事件に向き合うべきだと思っています。 でも犠牲者の方、遺族の方はもっと苦しんでいると思うと……」 本来は気乗りしないマスコミの取材を受けるのも、責任を取ることの一つの形だと、再び伯父が語る。 「亡くなった方には本当に申し訳がない。 突然大事な人を失ったご遺族はどれだけ辛いのか、想像するだけで涙が出てきます。 会ったことがないとはいえ、私は青葉と血の繋がった伯父です。 一生償いの気持ちを持ったまま死んでいこうと決めています」 面識のない親族にまで重荷を背負わせた青葉容疑者は、9月までの鑑定留置が認められ、起訴するかどうかの判断は秋以降になる見通し。 一刻も早い真相解明が待たれるが、未だに事件への反省や遺族への謝罪は、彼の口から何も語られていないのだ。 「週刊新潮」2020年7月23日号 掲載 外部サイト.

次の