ディズニーキャスト 裏話。 魔法にかかった気持ちで読む、ディズニーのちょっといい話・裏話

元ディズニーキャストが教える!採用される面接のコツ&裏話

ディズニーキャスト 裏話

[座談会参加者] A…元クラークキャスト担当 20代女性 B…元カストーディアル担当 30代男性 C…元レストラン担当 10代女性 A アルバイト経験者だからこそ知るディズニーの裏の顔、ということですが、まず皆さんはどんな職種を経験されましたか?私は2年ほど前まで、「クラークキャスト」として働いていました。 電話対応や、人事関連の作業のお手伝いをする仕事です。 B 僕が働いていたのも、ちょうど2年ほど前までです。 担当は「カストーディアル」。 園内を歩き回って、お客さんの写真を撮ったり、清掃をしたりしているスタッフです。 A ディズニーは、およそ2万人のスタッフのうち、そのほとんどがアルバイトなんです。 正社員は、それぞれのロケーション(担当場所・店舗)に2~3人程度の配置で、シフトのローテーションなどもバイトリーダーが組みます。 アルバイトが振り分けられる主な部署としては、Bさんがいたカストーディアルやアトラクションの案内係をはじめとした、ゲスト(=お客さん)と接する機会の多い「運営部」、Cさんがいたレストランなどを中心とした「フードオペレーション部」、お土産などの販売を担当する「商品販売部」、警備などを行う「セキュリティ部」、そして、私が所属していた部署をはじめ、主に事務仕事を請け負う「クラーク」の5部門に分かれています。 ちなみに、一番人気は運営部ですね。 私も、入社時の希望はカストーディアルでした。 B アルバイトの面接は、千葉県浦安市の体育館などを貸し切って集団で行われるのですが、その面接官は、実際に現場で働いている社員の人たちなんです。 だから、当たった面接官が希望職種の担当で、その人に気に入られれば、そのまま部下として採用してもらえることもあるんですが、希望通りの職種に就けることはまれですよね。 A 特にカストーディアルは、園内を自由に動き回れるから、ディズニーが好きで入社する人はみんな希望しますよね。 B 不特定多数の人が使用するトイレは、感染症などの危険性も高いので、僕らアルバイトには労災保険代わりか、その分の手当ってことらしいです。 園内が広すぎて、スタッフが使用するロッカールームから自分のロケーションに移動するために、バスを利用しなければならないほど。 となると、最低でもシフトの30分前には入らないと間に合わないので、その時間給なんです。 C これはロケーションにもよると思うのですが、レストラン勤務の場合、シフトが自由にならず、全然稼ぐことができませんでした。 レストランは忙しい日だと休憩時間を削って残業を迫られるのに、暇な日は3時間で帰されてしまうようなこともしょっちゅうで。 私は通勤時間が往復で4時間以上かかっていたので、割に合わなかったんです。 1カ月働いても、手元に残るのは8万円程度。 近所のファミレスで働いたほうが、稼げるくらいでした。 B 僕は退職後なので状況をあまり知らないのですが、12年度に記録した過去最高益の背景には、震災を受けての、人件費を含めた経費の見直しがあったと聞きました。 C そうなんです。 人件費だけでなく、例えばフードメニューも、安いメニューにすべて変更されてしまって。 質もかなり落ちました。 ディズニーでは、「SCSE」という働き方に関する「4つの鍵」を最初に学びます。 一番重要とされるのが、最初の「S」。 これは「Safety」で、ゲスト、キャストの安全を指します。 その次が、「Courtesy」の「C」。 つまり、礼儀作法です。 そして、2つ目の「S」は「Show」。 最後が、効率を意味する「Efficiency」の「E」。 この「SCSE」の理念でいえば、本来仕事の効率より、ゲストを思うことのほうが優先順位が高かったんです。 でも、少なくとも震災以降の私のロケーションでは、「E」が最優先だった印象です。 A お客さんへの配慮より、仕事の効率を上げろ、と。 あと、レストランの職場にはイジメもあるって噂があるけど……。

次の

ディズニーキャストのバイトを経験者が完全解説!時給や倍率は?

ディズニーキャスト 裏話

この記事で分かること• ディズニーキャストの「衣装」は場所によって異なる 裏話によると、ディズニーランドには 2万人ほどの ディズニーキャストが働いているそうです。 ディズニーキャストが身につけている衣装はどれもとても素敵ですが、各施設で同じものはないのだとか。 アトラクションやショップ、レストラン、または迷子センターや救護室など 施設ごとに異なる衣装があるとのことです。 そのほかにも「カストーディアル」と呼ばれる清掃員の衣装もあって、ディズニーのこだわりには感心するばかりですね。 人気者のディズニーキャスト、カストーディアルの裏話 ディズニーランドでよく見かける清掃員「 カストーディアル」。 巧みな手さばきで ゴミを拾い集め、チャーミングな振る舞いでゲストを楽しませてくれますよね。 カストーディアルはディズニーキャストの中で最もゲストからの人気が高く、動画サイトに投稿までされているのだとか。 カストーディアルにも色々と 階級があり、それによって衣装が違ってくるようですよ。 ちなみに ディズニーシーにはカストーディアルはいないとのことです。 スポンサーリンク ディズニーキャストの時給は? ゲストの憧れであるディズニーキャストは、ほとんどが アルバイトとして雇用されています。 その時給は 1,000円ほどで普通のアルバイトと同じくらいですが、皆さんとても楽しそうに仕事をしているのが印象的ですね。 また、一番時給の高いディズニーキャストはナースキャストで、時給は 1,450円とのこと。 正社員になると年収800万円近くもらえるそうですよ。 そんな中でも、やはり「 ハプニング」は起こってしまうもの… しかし、そこで慌てないのがディズニーキャストです。 とっさの機転でファンを楽しませるその姿勢が素晴らしいと話題になり、数々の裏話が寄せられています。 ある時、アドベンチャーランドにある水上アトラクション「 ジャングルクルーズ」の船に問題が発見され、しばらくの間は運行が難しいと判断されたそうです。 ここで 並んだゲストを待たせてしまうと判断したディズニーキャストは、ある秘策を打ち出しました。 それは、アトラクションが運転再開されるまでの間、ゲストと一緒にディズニーに関する クイズゲームを行うというもの。 その結果、ファンをしっかりと楽しませ、待ち時間のストレスも軽減したとゲストから大絶賛されたのです。 ディズニーランドではそこで働くキャストを叱って教えるのではなく、褒めて能力を伸ばすようにと教えられます。 そんな教育方針があってこそ、ノビノビとした心で機転を利かせられるのでしょう。 ミッキーと会えなかった子供にとった、ディズニーキャストの粋な計らい 家族連れでディズニーに行くと、小さなお子さんは ディズニーキャラクターに会いたがるもの。 でも悲しいことに、希望するキャラクターに会えなくて ガッカリした経験を持つ人も少なくないでしょう。 ある家族の小さな女の子がミッキーマウスと一緒に写真を撮りたかったものの、残念ながら叶わなかったそうで… この家族はディズニーホテルに泊まる予定で、その女の子はホテルのエントランスでもミッキーと写真が撮れなかったと泣いてしまいました。 しかし、この家族がホテルの部屋についた時…なんとベッドに女の子への サプライズプレゼントが置いてあったのです! 中にはミッキーのぬいぐるみと、さらに「 今日は会えなくてごめんね」とミッキーからの手紙が入っていたとのこと。 女の子の気持ちを汲み取り、とっさにサプライズプレゼントを用意するディズニーキャストの思いやり…ただただ頭が下がります。 こうした裏話を聞いていると、夢と魔法を楽しませてくれるディズニーランドはディズニーキャストがいてこそ成り立つものだと分かりますね。 是非インパークして、さらなる裏話を見つけて楽しんで下さい。

次の

子供は見ないで!ディズニーにまつわる都市伝説・裏話20まとめ

ディズニーキャスト 裏話

より引用 ディズニーキャストの倍率は? 結論から言うと、ディズニーキャストの倍率は公表されていません。 僕の周りで落ちた人が応募していた職種から倍率を考えて解説します。 倍率の高い職種として、アトラクション、カストーディアルが挙げられます。 応募のとき、第3希望まで出すことができますので、全員どこかの職種に入ることができると思います。 実際僕が勤務している時、人手が足りていないと言う声も聞きました。 高倍率通過のコツは通勤時間の短さと愛想です! 人手不足の今、職種にこだわり過ぎなければディズニーキャストに誰でもなることができます。 【 Show 】 あらゆるものがテーマショーという観点から考えられ、施設の点検や清掃などを行うほか、キャストも「毎日が初演」の気持ちを忘れず、ショーを演じること。 【Efficiency】 安全、礼儀正しさ、ショーを心がけ、さらにチームワークを発揮することで、効率を高めること。 より引用 キャストの仕事はきつい? ディズニーキャストの良いところ ディズニーキャストの悪い面もお話しましたが、勿論良いところもあります! 僕が実際にキャストとして勤務していて良かったところを紹介していきます。 接客スキルが上がる 多くの人が知っている通り、ディズニーは接客に力を入れています。 力を入れていることもあって、充実した研修制度が整っていてしっかり育ててくれます。 ディズニーに採用後は、ディズニーユニバーシティーで接客とディズニーについての座学とロールプレイング。 その後にパークでOJTを数回して、デビューします。 普通のバイトでは体験できないほど充実した研修はすべての接客や人との関わりで応用できるのでディズニー以外でも役に立ちます。 「キャスト限定」を楽しめる ディズニーキャストになる人はほとんどがディズニー好きの人です。 キャストになると、キャスト限定のストアでグッズや食べ物を購入することができます。 新アトラクション先行体験• 限定のアクセサリーを手に入れられる• Thanks Dayでパークを楽しめる• Resort Postという限定冊子を貰える• イクスピアリで優待を受けられる• トレーニングパスポートを貰える キャストになるとディズニー好きの人にはたまらない特典が多くあります! 勤務が楽しい ディズニーキャストは働いていて楽しいです。 ディズニーの雰囲気で、元気に勤務ができるのも良いところだと思います。 他のバイト先とは違って、ゲスト(お客様)のテンションが高く、気軽に話しかけたり、話しかけられたりします。 人と関わって楽しんで勤務をしたいと思っている人には最高の職場です。 ディズニー好きの人はディズニーに囲まれながら勤務ができるので、楽しいです。 多くの人に褒められた人は、表彰されます。 コスチュームはロケーションにつくと魔法がかかって着ることができますよ! ちなみに、着替え手当という手当が支給されます。 勤務制度がしっかりしている 普通のバイトであれば、会社都合の早上がりでも給料は出ません。 しかし、ディズニーの場合は会社都合で早上がりした場合や勤務が無くなった場合は本来もらえる給料の6割が支給されます。 労基法を遵守している企業は相当少ないことも分かります。 ディズニーキャストの悪いところ ディズニーキャストは良いところがたくさんあります。 当然悪いところも僕が勤務していてあったので紹介していこうと思います! 休みが取りづらい ディズニーキャストはシフトが希望制ではないので、休むには事前に申請が必要です。 予定が直前に決まったりすると代わりの人を見つけなくてはいけませんし、見つからなかった場合は欠勤扱いにされてしまいます。 そういった点でディズニーは休むハードルが高いと感じました。 時給が良くない ディズニーはきつい職種でも時給1,000円で、良い対応を求められる割には低賃金です。 オリエンタルランドの利益は年々増加していますが、時給は変わらず。 時給に関しては見直す必要があると僕は感じています。 僕は時給1,000円でも楽しかったので続けることができました。

次の