オリンピック 延期。 IOC、東京五輪延期を検討 来月までに結論―中止は議題にせず:時事ドットコム

2020年東京オリンピックの競技日程(延期)

オリンピック 延期

東京オリンピック延期の影響 オリンピック延期にするための費用がかかる オリンピック延期で出る損失額は、1年間で約6500億円といわれています。 この損失額の内訳としては大きく2つあります。 競技場や選手村の維持管理コスト• 大会に関係する各種スポーツ団体への再準備経費• オリンピック開催後に期待できたレガシー効果 レガシーとは、長期にわたるポジティブな影響のことを指します。 一般的にオリンピックのような大きなイベントを開催するとスポーツをする人が増えたり、インフラ整備によって利便性が向上したりと、オリンピック開催によって様々な経済効果が生まれます。 延期するとレガシー効果が失われるので、その損失を指します。 観光産業へ損失が発生する 様々な国への渡航禁止や制限されている昨今のコロナウイルス事情を考慮すると、オリンピックが延期になったのならば、わざわざ日本へ行こうと思う人は少ないのではないでしょうか。 そうなるとオリンピック開催に向けて、飛行機やホテル、ツアーなどを予約している人の多くがキャンセルをすることになるかと思います。 こうなると予約を見込んでいた分の収益が無くなるので、一気に経営存続の問題になるかと思います。 体力の無い企業や業者が廃業する 1年間延期することによって、本来獲得していた仕事にすべて穴が空くことになります。 上位の企業がキャンセルを入れると、その下にぶら下がっている下位の下請け企業や業者にもかなり大きな打撃があります。 ホテルを例とするのであれば、料理やお酒、アメニティなどの仕入れをしている業者にも影響でますよね。 そうすると、個人で仕事を請け負っていた人や、オリンピックを頼りに経営していた企業などはキャンセルに耐えられないのではないでしょうか。 国が積極的に助成金支援を行わないと、1年後のオリンピック再開催に支障が出るかと思います。 スポンサードリンク 東京オリンピック延期のメリット• オリンピック開催が中止にならずに済む可能性がある オリンピック中止が何よりの経済的打撃だと思います。 その中止に比べたら、延期はオリンピックが通常開催される余白があるだけマシであると思います。 延期中にコロナウイルスの問題が解決される可能性がある 特効薬、ワクチンが開発されれば、インフルエンザと同じような扱いになると思います。 そうすれば通常通りのオリンピック開催ができるかと思います。 東京オリンピック延期のデメリット• オリンピック開催スケジュールの再調整に資金がかかる 大会の運営費や人件費(5兆円)などの一部が無駄になる可能性がある。 また、観戦チケットの取り扱いも大変そうだ。 大会施設の維持管理費が別途にかかる オリンピック仕様に仕上がっている大会会場の維持費が数億円以上かかる可能性がある。 オリンピック後に計画されている出来事が延期される 選手村の跡地は、オリンピック後にマンションが建つ予定である。 そのマンションの建設スケジュールが遅れてしまうであろう。 そのような出来事に影響が出る。 観光客が減少する どのみちコロナウイルスの影響で観光客は減少していると思う。 雇用の低下に繋がる 1年後にオリンピックが開催されれば問題無さそうだが、一時的な雇用低下を招くであろう。 スポンサードリンク まとめ メリットとデメリットを挙げてみて思うことは、想像している以上に延期のメリットが可能性でしか無いということです。 延期したからと言って、オリンピックが半年、ないし1年後に開催されるかというのも正直分からないところ。 メリット、デメリットを踏まえた上で、オリンピック開催延期は中止よりもまだ良い考えだと思います。 ただ「現実的に延期が可能なのか?」というと、難しい面が数多く存在しているかと思います。 過去にも戦争が理由で、オリンピックが延期になったことがあります。 東京オリンピックの開催有無、延期に関しては、最適な判断をして欲しいですね。 【関連記事】.

次の

オリンピックの延期は来年7月23日決定!経済損失とメリットデメリットを調査

オリンピック 延期

年内開催は見送られるが、大会名称は「東京2020」のままで、2021年夏までの開催を目指すという。 現在、新型コロナウイルスの世界的なまん延により、五輪に限らず、あらゆる競技大会の開催、準備が困難になっている。 他国への渡航だけでなく、各国内の行動も制限される事態では、当初の7月開催は現実的に不可能だ。 23日(現地時間22日)の国際オリンピック委員会(IOC)の発表では、4週間以内に延期も視野に入れた検討がなされるとのことだったが、早い決断になったことは、せめてもの救いと言える。 もちろん、ウイルス感染拡大の終息時期を予期できない中での「延期」が、正しい判断と言えるかは、今後の状況を見なければ分からない。 だが、大会中止であれば、より多くの選手やファンの夢が消え、放映権料等の巨大に膨らみ過ぎた開催関連のカネの問題は、計り知れないものになる。 あくまでもスポーツ的視点で言えば、中止より延期が望ましいことは理解できる。 しかし、延期も容易ではない。 東京五輪は1年で再準備という、かつてないミッションを課されることになった。 すでに世界的な悪化が懸念されている経済的影響が、各国の競技体制やスポンサーの状況を変えてしまう可能性なども無視できない。 あくまでもスポーツの大会を行うという点でのみ考えても、多くの課題が生じる。 考えられる課題は山積 サッカーは23歳以下という年齢制限がある。 延期によって、年齢がオーバーする選手の救済はあるのだろうか(写真は来年24歳になる相馬勇紀)【Getty Images】 選手の立場を考えると、まず、出場権の問題がある。 保有を認めるか、国や選手の選考をやり直すか。 各大会が延期または中止されている現状では、予選や選考をやり直すとしても、いつから行えるかが分からないため、すでに出場権を得た国や選手は、権利を保有する可能性が高いだろう。 一方、一部しか決まっていない、あるいはまだ予選が行われていない競技は、予選や選出方法の見直しを迫られる。 ウイルスの影響が長引けば、長期戦の結果を反映するランキング形式から、短期決戦の順位などに選出方法自体が変わる可能性も考えられる。 また、男子サッカーのように23歳以下の年齢制限がある場合、1年ずらして24歳以下とするかどうかも検討が必要となる。 延期後の日程と、出場権獲得条件の再設定により、各チームや選手は、準備の仕方が変わる。 日程と条件は最優先課題と言える。 選手と競技組織の関係を考えれば、すでに1年後に予定されているイベントや行事との兼ね合いも大きな問題だ。 世界陸連は、来夏に予定している世界選手権の日程変更を検討していると報じられているが、選手が五輪に集中できる状況を作るためには、このような各機関との調整が不可欠となる。 また、契約の問題も無視できない。 現代の五輪は、男子バスケットボールやテニスをはじめ、多くのプロ選手が参加しており、所属チームが1年後の五輪への参加を認めるかどうかも再調整する必要がある。 今夏までの契約となっている各国代表チームの指導者も同様だ。 運営サイドの立場を考えると、場所と人員の確保が急務になる。 同じ会場を抑えられなければ、準備の方法も変えなければならない。 1年後となれば、ボランティアなどの人員確保もやり直しになる。 短期間で同規模の再準備となれば、経費も膨らむ。 いずれにしても、急きょ1年後に五輪を開催するというミッションをクリアするためには、多くの犠牲が生じる。 他の大会の延期は避けられず、観客も日程によって手にしたチケットで観戦に行けるかどうかの条件は変わる。 選手のピーキング、モチベーションについての問題をすべて解決するのも困難だ。 この夏に向け、引退をかけて、あるいは負傷をおして無理をして臨んできた選手も多くいる。 しかし、選手あっての競技大会ではあるが、世界平和がなければ成り立たないのも事実。 東京五輪は、多くの痛みを伴う覚悟とともに、1年後に向けた再準備へ舵を切った。

次の

新型コロナがオリンピックに与えた影響まとめ:開催日や変更点、代表選手はどうなる?

オリンピック 延期

冬季オリンピックの過去の延期・中止• 第5回 1940年 日本 札幌【中止】• 第5回 1944年 イタリア コルチナ・ダンペッツォ【中止】 数少ないオリンピック中止のなかに 夏季・冬季とも日本が含まれているというのは何とも言えません。 次に過去のオリンピックが 延期・中止になった理由をまとめました。 夏季オリンピック:過去の延期・中止の理由 前述したように、夏季オリンピックの延期・中止は過去に 中止が2回、延期が1回あります。 それぞれ理由を見ていきましょう。 【中止】第6回 1916年 ベルリンオリンピック 1916年のベルリンオリンピックが中止になったのは 「第一次世界大戦」が理由です。 このロンドンオリンピックは東京の時のように 開催地変更は行われませんでした。 そのため中止にはなりましたが 「繰り越し」というかたちで1948年の第14回大会がロンドンで開催されたため事実上の 延期と考えることができます。 スポンサーリンク 冬季オリンピック:過去の延期・中止の理由 冬季オリンピックは過去25回の歴史の中で 2回の中止があります。 いずれも夏季オリンピックが中止になった年と同じ 1940年と 1944年で、中止の理由も同じく 「戦争」が理由となっています。 【中止】第5回 1940年 札幌オリンピック 1940年の札幌オリンピックは、同年東京で予定されていた夏季オリンピックと同じく 「日中戦争」が理由で中止になりました。

次の