僕たち は 勉強 が できない 2 期 動画。 ぼくたちは勉強ができない! 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

【ぼくたちは勉強ができない!(第2期)】アニメ無料動画の全話フル視聴まとめ【ぼく勉】

僕たち は 勉強 が できない 2 期 動画

ぼくたちは勉強ができない! 2期12話「祭の騒ぎは留まらず[x]どもは茨の道を往く」 ぼく勉2期12話のサブタイは「祭の騒ぎは留まらず[x]どもは茨の道を往く」となっていますが、茨の道とは一体? ストーリーは前回の続きで、大盛り上がりの文化祭で得意の勘違い芸を交えたつつ、正ヒロインの選抜が行われている状態です。 女の子が全員可愛い ぼく勉2期12話は理珠こそ出番が皆無で空気になっていましたが、他のヒロイン達は全員めちゃくちゃ可愛かったです。 こんな可愛い子たちの中から一人を選ぶなんてできねぇよ・・・。 もれなく全員のルートが見たいです。 この記事のタイトル通り今回も文乃が強かったのですが、やはり個人的には先生のルートが一番気になる! とはいいつつ、私の中ではこの届きそうで届かない距離感が儚げで、先生の魅力が増しているのかもしれない。 ぼく勉2期12話でヌルヌルCGダンス披露 ぼく勉2期12話の本編が始まってすぐに目を奪われたのが、うるかのクラスのダンスシーン。 前回の終わり際、フルピュアに変身した真冬先生がステージに立っているところで終わりましたが、実際に先生が可愛らしいダンスを披露してくれます。 そしてまさかの3DCGでの演出になるとは! 先生とうるかの激かわダンスシーンという事で製作陣もヌルヌルを徹底したかったのでしょうか。 急遽生徒と一緒にステージ上でダンスを踊る事になり、抜群の記憶力とダンスセンスですぐに振り付けを覚えた先生。 でも歌うのは絶対嫌で口パクすらする気ゼロというw そんなお堅い先生も素敵です! お約束のサービスシーン フルピュアアイドルライブは大盛況に終わり、我々視聴者もウハウハにしてくれた真冬先生。 「彼女達の思い出作りを守れたなら、まぁよかったわね。 」 なんて教師らしいジーンとくるセリフもありましたが、もちろんこのままでは終わりません。 役目を終えて自分の仕事に戻ろうとする際、成幸が糸くずに気づき引っ張ると・・・ あしゅみー可愛すぎた ぼく勉2期12話は久々のあしゅみーが登場。 DTをからかうのがお上手 ぼく勉名物のアンジャッシュネタを着ぐるみでやっている最中、追いかける教師陣を巻く為にあしゅみーが手助けをします。 ダクトを伝って逃げ道を案内するあしゅみー先輩。 ケツが最高です。 」 なんてドキっとするような事もいいます。 でも先輩は成幸が何を考えているのか、どこを見ているのか全部お見通しなんだなぁ。 男子高校生をからかって楽しむ先輩かわいすぎる! ぼく勉2期12話で結構久しぶりな登場だと思いますが、もっと出番増えてくれぇ! OGに色目を使うな 結局教師に見つかりそうになるも、人気ナンバー1メイドの実力を発揮して教師陣の目を成幸から逸らします。 こんなかわいい元生徒いたらそりゃ先生もドキドキしちゃうよなぁ! もう卒業してるわけだし、いいんですよね? くぅ〜!俺もたこ焼き買ってあげてぇ〜! パッと出てきてパッといなくなっちゃいましたが、結局あしゅみー先輩は成幸の事が好きなのか?違うのか? もっとからかってくれー! この世界は文乃を中心に回る ぼく勉2期12話は真冬先生とあしゅみー先輩の可愛さも爆発していましたが、結局は全部この人が持っていってしまいます。 この世界は文乃を中心に回っているのか? そう言わずにはいられないような文乃ルートへと引きずりこむような展開がぼく勉2期12話でも描かれていました。 文乃のクラスは演劇で「眠り姫」をやる事になっており、クラスの女子が総出になり「古橋姫 王子様と公然キッス計画」が進められていました。 もちろん王子様は成幸の事。 「もうこの流れは絶対するじゃん!」 と、前回の時点で思っていましたが、やっぱりする事になっちゃうんですよね。 あれだ。 ぺったんこだ。 どこがとは言わないけど。 眠り姫自分から目覚めに行っちゃったよ 無理やり主演に抜擢された文乃と、例のアンジャッシュ芸で着ぐるみを着たままステージの上まで来てしまった王子様。 ここからどうやって公然キッスまで持っていくのかと思いきや、 まさかの眠り姫ガッツリ起きて自分からイっちゃったよw いや、もう起きてるし!なんてガヤの声なんて関係なし! 背景のセットが倒れてくるところを助けてくれた成幸に、 着ぐるみ越しにキス。 あれは背負ってたあすみのギターを見て成幸って気づいたって事か。 どさくさに紛れてもう自分からグイグイ行くようになっちゃったね文乃っち! 「いざとなったら何がなんでも逃げ出そう」なんて言ってたくせに、自分からしちゃうんだもんなぁ。 でも理珠とも1期でやってるし、そこまで重要イベでもないのかな。 やっぱり後夜祭の1発目の花火を触れ合って見た男女は〜ってジンクスがぼく勉2期の終わり方の鍵を握っている感じですかね。 1期の最終回も文乃ルート濃厚で終わったし、2期も文乃ルートで終わったら実質もう文乃以外なくないですか? 先生ルートとか先輩ルートも気になるけど、ぶっちゃけ2期のお母さん回を見た以上文乃とくっついてほしい 笑 あれはズルいでしょー! という事で結局ぼく勉2期12話でも他ヒロインが見せ場を作ったところで最終的には文乃が全てかっさらっていきました! 来週の13話で2期も最終回か。 後夜祭の花火がどうなるか楽しみです! それではまた来週!.

次の

ぼくたちは勉強ができない2期(アニメ)無料動画全話(1話~最終回)をフル視聴|見逃し配信サイト一覧

僕たち は 勉強 が できない 2 期 動画

| | 目次• 画像一覧 第1話「天才と彼はその[X]なる判定に銘々慮る」 自己乳揉みするうるか。 自己乳揉みする理珠(イメージ映像) 巨乳を揺らす理珠。 「Eに…なってしまいました…」(おっぱいぼよよん) 成幸の会話内容をエロい方向に誤解し、羞恥赤面する理珠。 「伸び代がたっぷりあって、俺は良いと思うぞ」 (もっと大きい方が良いと!?) 「俺もさ、痛いほど気持ちは分かるよ。 なかなか手応えが掴めないときって、本当に苦しいもんな」 (触れないことが、それほどに苦痛だと!?) 「俺は絶対、諦めたりしないからな!一緒に結果を、その手に掴み取るまでは!」 (何としても触るという、固い意志表示!?) (こういうものなのでしょうか?…私が物を知らないだけで、恥ずかしがっている私が変なのでしょうか…?) 「一瞬ですからね!ほんの一瞬、触るだけですからね!」 「あの…緒方さん?触るって、何の…」 成幸と水着あすみ/スク水真冬との海水浴イベント回想シーン。 リンゴ飴をフェラする理珠(夏祭りイベント回想シーン) 露天風呂入浴中のうるかと理珠。 水面に浮かぶ理珠の巨乳。 「巨乳って、本当にお湯に浮くんだね。 凄え~」 「ど、どこを見ているんですか!?」 裸タオル姿・洗体中の文乃。 すると何故か、隣に成幸が現れる。 「あの、よかったら…」 「あっ、すみません…!?」 成幸のフルチン股間を目撃する、理珠とうるか。 「うわあああっ!成幸!?」 「イイッ!?お前ら、何でここに…あっ」(腰タオル落下) 「成幸のエッチ!そこまで思い詰めてたなら、一言言ってくれれば…」 「やっぱり成幸さんは、ムッツリの変態さんです!」 「御免!…って、いやいやいや!ここ男湯だぞ」 塀の反対側から聞こえる女子たちの声。 何やらエロそうな事をしている。 「小美浪先輩、肌綺麗~」 「ちょっ…あんま触んなよ…」 「女同士だし、いいじゃないですか~」 タオル一枚で身を隠し、男湯からの脱出を試みる、理珠/文乃/うるか。 塀の隙間から女湯を覗き見しようと試みる男子。 しかし、あすみの目潰しされ、失敗に終わる。 「あ゛ーっ!目がーっ、目がーっ!」 「そんだけ騒げば、バレるに決まってるだろ…」 第2話「先人の誇りは時に[X]どもの事情と背反す」 尻を突き出し、自販機の下を物色する真冬。 「あの…先生、何を…?」 「なっ、何でもないわ!」 第3話「天才は変遷する季節と[X]模様に憂う」 紗和子に押し倒しラッキー乳揉みされる理珠。 「うわあっ!」 「あっ…」(おっぱい鷲掴み) スカート捲れ・パンツ丸見え状態の紗和子を目撃する成幸。 だが視聴者にパンツは見えない。 「いいから、関城!スカート!スカート!」 第5話「心尽くしの賜物は時に[X]の錯綜となる」 上着脱ぎかけ・ブラジャー丸出しの文乃(イメージ映像) 着ぐるみ成幸に腰揉みされ、悶え喘ぎまくる真冬。 「はあああーんっ!」(快感イキ顔) 「よいしょっ…よいしょっ…」(エロエロ性感マッサージ) 「あんっ…ダメッ…ああんっ!」 「よいしょ…よいしょ…」 「やっ…ダメえええっ…はんっ…!」 着ぐるみ成幸に肩揉みされ、悶え喘ぎまくる理珠。 「あんっ…しゅごいです…はうっ…ああんっ!」(快感イキ顔) 「そんなに効くの、りっちゃん?」 「効くなんてものでは…やっ…あっ…」 「ハァ…ハァ…ハァ…」(絶頂後) 生足裏を差し出すあすみ。 着ぐるみ成幸に足裏マッサージされ、イキ声を出しそうになるあすみ。 「私、あんまり足ツボとか効かない性質で…あんっ!」 「何か言った、あしゅみー?」 「な、何でも…全然、何でもないから…」 口を塞ぎ、必死に喘ぎ声を堪えるあすみ。 浴室に入る真冬。 サウナ入浴中・裸バスタオル姿の真冬/あすみ。 水風呂入浴中の真冬/あすみ。 あずみに水鉄砲をぶっ掛けられ、ひゃん声を上げる真冬。 「ていっ!」(水鉄砲発射) 「ひゃんっ!ちょっと、さっきから何よ!?」 あすみに弄られる真冬(成幸のエロ妄想) 「敏感で可愛いですね、先生…」 「あんっ…変な所、触らないで…」(快感赤面) 滑って転んで気絶した真冬を運ぶ成幸。 「役得だな~、ムッツリ君。 ほら、ちゃんと前見て運ばなきゃ危ねえぞ」 「そ…そんなこと、言われても…」 目を覚ました真冬。 成幸に抱かれていることに気付き、悲鳴を上げる。 「良かった。 先生、気が付いたんですね」 「なっ!?きゃああああーっ!!」 「ちょっ…先生、暴れないでください!」 「不潔!破廉恥!犯罪!女湯に堂々と立ち入るなんて犯罪よ、唯我君!」 「君にそういうのは、まだ早っ…コホンッ!もっとしっかり、節度ある学生生活を心掛けなさい!」 菜月にバスタオルを剥ぎ取られ、全裸ポロリする真冬。 「こうなったら、脱いで詫びるしか無いわね!」 「何でだーッ!?」 第8話「ゆく[X]の流れは絶えずして…」 競泳水着姿のうるかと女子水泳部員たち。 水着パーカー姿の真冬。 成幸に水泳指導中の水着真冬と水着うるか。 シャワー室にて全裸会話中のうるかと真冬。 第9話「最愛の星に[X]の名を(前編)」 入浴中の文乃と水希。 「あの、ところで…どうして、水希ちゃんも一緒に?」 「スピーディーに入らないと、お湯が勿体無いですから」 文乃の貧乳を揶揄する水希。 「兄はどっちかと言うと…フッ…巨乳派ですから。 まあ、勘ですが」 (おのれ、中学生のくせに…!) 更衣室にて着替え中・ブラジャー姿のうるか、キャミソール姿の文乃。 戸棚の中で密着する、成幸と文乃。 文乃におっぱい密着抱擁される成幸。 (ちょっ、何やってんの古橋さん!?近い近い!良い匂い!) 第10話「最愛の星に[X]の名を(後編)」 成幸入浴中の浴室に現れる、水着Tシャツ姿の文乃。 「あの…唯我君、失礼します!」 「古橋さん、何で入って来てるの!?」 「何か下に穿いた方が…」 「えっ、平気だよ?」 「ばっ!?」 Tシャツを捲り上げ、水着下半身を見せる文乃。 「…ねっ。 濡れても大丈夫なように、完全防備!」 (斬新にして定番…ッ!) 成幸に洗体プレイする文乃。 「痒い所はありませんか~?旦那様…なんちゃって」 成幸の背中に密着・乳当てする文乃。 第12話「祭の騒ぎは留まらず[X]どもは茨の道を往く」 真冬の衣装の糸屑を引っ張る成幸。 「あっ、先生!糸屑が…」 衣装破裂・ブラジャー姿になる真冬。 ビリビリッ(お約束・服ビリサービスシーン) 「あっ…」 「凄いよ先生!まさか、魔法少女のお約束変身シーンまで、完璧に再現を…」 「言ってる場合か!」 「唯我君。 今の思い出は、完全に抹消しなさい」 「すみません…すみません…」 人物一覧• 唯我 成幸(ゆいが なりゆき)• 古橋 文乃(ふるはし ふみの)• 緒方 理珠(おがた りず)• 武元 うるか(たけもと うるか)• 桐須 真冬(きりす まふゆ)• 小美浪 あすみ(こみなみ あすみ)• 関城 紗和子(せきじょう さわこ)• 唯我 水希(ゆいが みずき) 関連作品• (TVアニメ第1期、2019年春期放送)• (TVアニメ第2期、2019年秋期放送)• (原作漫画付録OVA).

次の

ぼく勉(ぼくたちは勉強ができない)3期はいつ?放送時期&原作漫画のどこまでか範囲を予想

僕たち は 勉強 が できない 2 期 動画

「ぼくたちは勉強ができない! 第2期 」は、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)連載中の、筒井大志さんによる学園ラブコメディ「ぼくたちは勉強ができない」が原作。 TVアニメシリーズは2019春に第1期が放送されており、本作が第2期にあたる。 高校3年生の主人公・唯我成幸は、大学の学費が免除される推薦を得るため、受験勉強に苦戦する同級生の勉強をサポートする指導役を引き受ける。 しかし、教える相手は完全無欠と思われた学園きっての天才美少女たちで、苦手教科はとことんポンコツだった!? 苦学の男子高校生と、夢に向かって頑張るヒロインたちとのドタバタな恋愛模様を描く。 本作から誕生した声優音楽ユニット「Study」も人気を博している。 この日は模試の結果が出て、理珠の志望校判定はE判定。 「Eになった」と落ち込む理珠に文乃たちは騒然! …というのも、なぜか胸のカップ数と勘違いしていたからだ。 そして理珠は、成幸が自分の胸に興味を示していると勘違いして…。 後日、成幸たちは夏期講習の総まとめで予備校の合宿へ。 勉強を終えて風呂に入った成幸は、なぜか男湯にいた文乃たちとはち合わせ! そこに男子たちも入ってきて…!! ドン・キホーテとのコラボが決定! 10月12日~27日の期間限定で、ドン・キホーテ対象店舗にてオリジナル描き下ろし商品を販売。 オリジナル絵馬キーホルダーなどを展開し、チアリーディング姿およびメイド姿の描き起こしミニキャラが採用されている。 予めご了承ください。 関連記事• 2019-07-18• 2019-06-30• 2019-05-23• 2019-04-17• 2019-04-07• 2019-03-31• 2019-03-26• 2019-02-25• 2019-01-08• 2019-01-02• 2018-11-26• 2018-08-27• 2019-09-28• 2019-09-22• 2019-09-21• 2019-09-20• 2019-08-20• 2019-08-15• 2019-06-09• 2019-06-04• 2019-05-07• 2019-05-02• 2019-04-24• 2019-04-17• 2019-04-03• 2019-04-12• 2019-03-06.

次の