タイム スリップ 現象。 タイムスリップの実例 ~タイムトラベラーと実現の可能性~

私たちはタイムリープする術を知っている

タイム スリップ 現象

「タイムリープ(Time Leap)」という言葉および表現を、どこかで見聞きしたことがある人は少なくないとされます。 では、この意味を言葉で表す時に、どういった内容になるのかはご存知でしょうか。 何となくで捉えている人が多いため、「タイムリープ」が持つ意味について確認しておきましょう。 時間跳躍 「タイムリープ」を和訳すると、「時間跳躍」という言葉になります。 「時間」は今も進む時の流れのことですが、「跳躍」の意味は「跳ね上がる・飛び上がる」ことです。 「タイムリープ」は「時間が跳ね上がる・飛び上がる」という意味になりますが、この表現ではどういったことなのかがイメージしづらいでしょう。 「跳躍」は「ジャンプ」とも言えますが、「時間をジャンプ」するというのは、たとえば「13:00から15:00に行く・15:00から13:00に行く」ような感覚です。 すなわち、「そこ(13:00)からそこ(15:00)までジャンプ(飛ぶように移動)する」ことを「タイムリープ」と言うので、そういったイメージで捉えれば良いでしょう。 「タイムリープ」の語を使ってみよう!どう使えば良い? 「タイムリープ」は英語と思われがちですが、本当は違います。 英語圏には無い言葉であり、通用しない言葉です。 つまり、日本語というのとになります。 それでは、「タイムリープ」の言葉としての扱い・誕生のきっかけとなったもの・どうして「リープ」の語が使用されているのかを、お伝えしていきます。 タイムリープは和製英語です! まず、「タイムリープ」は英語の組み合わせで成り立つ言葉ではありますが、和製英語です。 すなわち、日本で考えられた英語ということです。 そのため、英語圏の相手には通用しません。 「時をかける少女」が由来! 「タイムリープ」は和製英語であり、造語です。 この造語が誕生したのは、「時をかける少女」というアニメ映画・小説・ドラマだと言われています。 「時をかける少女」では、主人公が思いっきり飛び上がることで「時をかける」のですが、その様子が「タイムリープ」の言葉を誕生させました。 なぜ「リープ」なのか? 「タイムリープ」を英語表記すると「Time Leap」になりますが、「leap」には「跳ぶ・跳ねる・跳躍する」の他に「飛ぶように行く・さっと走る・急に〜に変わる・応じる・踊る」といった意味もあります。 「飛ぶ」であれば「fly(フライ)」でも良いでしょうが、「フライ」にある意味は「(翼などで)飛ぶ・飛行する」などで、「時間を」と組み合わせると考える時には「跳ぶ・飛ぶように行く」の意味を持つ「リープ」が最適と言えます。 「タイムスリップ」は、年代問わず知っている人が多い言葉です。 どんな意味を持つ言葉なのかを考えた時、「タイムリープ」と同じことになってしまう場合が多いとされています。 では、「タイムスリップ」と「タイムリープ」は何がどう違うのか、ご紹介していきます。 タイムスリップとは? 「タイムスリップ」のスペルは「Time slip」で、意味は「通常の時間の流れから逸脱して過去・未来の世界に移動する」ことだと説明されます。 多くはSF作品やSF要素を含むフィクション作品で用いられる言葉で、「今いる時」から「別の時(過去か未来)」に「瞬間的」に移動することを「タイムスリップ」の言葉で表します。 「スリップ(slip)」には「滑る・滑って転ぶ・落ちる・そっと動く・知らぬ間に過ぎる・さっと消える・忍び込む」などの意味があり、「時間をスリップする」とした時のイメージとしては、「滑るように・落ちるように・知らぬ間に時間を移動していた」といった感じです。 タイムリープとの違いは? 「タイムリープ」は、「時間跳躍」として、「時間を飛ぶように移動する」の意味がありました。 一方の「タイムスリップ」は、「時間を滑る・落ちる・知らぬ間に過ぎる」といった意味になるため、「いつの間にか時間を移動している・滑るように時間を移動した」の意味になります。 「タイムリープ」は「A時点の時からB時点に移動する」ことであり、「タイムスリップ」は「A時点から過去または未来に移動する」ことを意味します。 つまり、「タイムリープはそこへ(飛ぶように)移動」する意味で(現実的な範囲内での)時間を移動しており、「タイムスリップ」には「(自分が存在しない時代も含め)どこに行くか分からない」意味合いを含んで使うことが多いとされます。 「タイムトラベル」もあるけど?どう違うのか! 「タイムトラベル」も、「タイムリープ」と意味を混合されやすい言葉です。 「トラベル」という言葉は、日本でも割と身近にありますが、「タイム」と組み合わさった時にはどういう意味を持つことになるのでしょうか。 「タイムトラベル」と「タイムリープ」の違いを、見てきましょう。 タイムトラベルとは? 「タイムトラベル」のスペルは「Time travel」で、「travel」には「遠方へ旅行する・ある距離を動いて進む・次から次へと移る」などの意味があります。 「タイムトラベル」とした時には「時間旅行」と和訳されることが多く、「タイムマシンを使って過去・未来を自由に移動すること」を表しています。 タイムトリップとは同じ意味? 「タイムトリップ」という言葉もありますが、これは「タイムトラベル」と同じ意味だとする説明も存在します。 「trip(トリップ)」は「トラベル」と同じように「旅行」の意味を持ちますが、「トリップ」の方が「移動距離が短い旅行(短期旅行)」の意味合いになります。 和訳の意味としては、同じ意味で捉えても問題ありません。 タイムリープとの違いは? 「タイムトラベル」には、意味に関して「タイムリープ」とは異なる特徴がありました。 それは、「タイムマシンを使って」と「過去・未来を自由に移動する」ということです。 「タイムトラベル」は「時間旅行」と言うように、あくまで故意に「タイムマシン」を使って「過去・未来を自由に移動する」ことを表します。 「タイムリープ」も「時をかける少女」の話では「故意に移動」しているようですが、「タイムマシン」という要素がありません。 「タイムリープ」は「早くその時へ移動する(飛ぶように行く)」の意味合いが込められており、その身1つで移動します。 「タイムトラベル」は「乗り物(タイムマシン)」に乗って、「(未来か過去を選んで)移動する」します。 SFで聞く「タイムワープ」とは似てる?似てない? 「タイムワープ」という言葉は、「タイムトラベル・タイムスリップ」よりは使用されることが少ないとされますが、SF作品においては登場することがある言葉です。 字面的には「タイムリープ」と最も似ていますが、何がどう違うのかを見ておきましょう。 タイムワープとは? 「タイムワープ」の意味を読み取るにあたり、ポイントとなるのは「ワープ」の部分です。 「warp(ワープ)」の意味は「歪み(ゆがみ・ひずみ)」と「捻れ(ねじれ)」で、「歪み曲がる」の意味を表す時に使用します。 「時間が歪み曲がる」という意味になりますが、その状態をイメージすると「タイムリープ」や「タイムトラベル・タイムスリップ」とは違う意味合いを含むことがわかるでしょう。 「時間」という「空間的なもの」が崩れた形になり、それを利用して別の場所へ一瞬のうちに移ることが「タイムワープ」です。 「過去・未来の時間的移動」というよりは、時空の歪みを使った「瞬間移動」のようなことになります。 タイムリープとの違いは? 「タイムワープ」は「時間の歪曲(わいきょく)」という意味であり、「移動する」の意味が言葉として含まれていません。 つまり、「タイムワープ」というのは「時空の歪みを使って一瞬のうちに目的地へ移動する」ことを言います。 「タイムリープ」は「飛ぶように行く」の意味なので、イメージとしても違いが現れることでしょう。 ただし、造語・和製英語なので英語圏では通用しません。 英語としては、「タイムスリップ」や「タイムトラベル」を使うと良いでしょう。 似た言葉として、「タイムスリップ・タイムトラベル・タイムワープ」がありましたが、これらは「時間の移動方法・移動する感覚」に違いがあります。 その違いというのは、「タイムリープ(時間を飛ぶように移動する)」「タイムスリップ(時間を滑るようにいつの間にか移動している)」「タイムトラベル(時間をタイムマシンで移動する)」「タイムワープ(時間を時空の歪みを使って瞬時に移動する)」といった感じです。 移動の仕方、移動の感覚に応じて、「タイムリープ」と似た表現たちを使い分けましょう。

次の

発達障害とタイムスリップ現象、フラッシュバック現象

タイム スリップ 現象

2017年現在、4WDモデルといえば、フルタイム4WD AWD ばかりとなっていますが、かつての4WDは、路面状況に応じてドライバーが切り替えるパートタイム4WDが主流でした。 基本的に、舗装路を走る時は2WDとして使用し、悪路等スタックしやすい路面で飛び道具的に使うのが4WDモードでした。 なぜこうした切り替えを行う必要があったかというと、そこに「タイトコーナーブレーキング現象」という問題が出てくるのです。 現在のフルタイム4WDは、ほとんどがフロントのエンジンからの駆動力をリアに伝えるためのドライブシャフトとセンターデフがボディ中央に配されています。 ところが、初期の4WDは、前後の駆動差を吸収するセンターデフがなく、さらに前後駆動力が50:50になるよう直結の設定にされていたので、急旋回時や車庫入れなどのときに前後のタイヤに回転差が生じていました。 そのため、駆動系には異音や振動が発生すると同時に、タイヤを止めるような力が働きます。 この状態を「タイトコーナーブレーキング現象」と呼んでいます。 これはドライバーにとって危険であり、タイヤや駆動パーツにも大きな負荷がかかります。 これを解消するために用いられたのが、センターデフ 差動装置 であり、前後の回転差を吸収させる機構となっています。 しかし、デフはどれかひとつの車輪が空転すると、他の車輪にトルクが配分されないという欠点があります。 もちろん、パートタイム式であれば直結モードにして悪路を脱出するようにするわけですが、フルタイム4WD化の波が進む中、各社これを解決するためにさまざまな技術を開発していったのです。 2017年現在、SUVなどでは多くのモデルがフルタイム4WDモデルとしています。 しかしなかには前述のセンターデフを持たないものも存在するようになっています。 フルタイム4WDモデルの多くは、実際常に4輪にトルクが伝わっているわけではありません。 高速巡航時や舗装路を走行する際などは、ほぼ前輪2輪のみで走行し、滑りやすい路面などをセンサーが検知。 車両の挙動が不安定になるとクルマが判断した際に、トルク配分最適化を行い、ドライバーにとって自然かつ安全なドライビングフィールを提供する、そんな制御が奢られています。 この電子制御技術は、本当の悪路を走る際には、かつてのパートタイム式のデフロック=直結モードも、ボタンで行えるようになっています。 現在、多くの方がSUVモデルなどで高度なAWD制御を享受できる環境となっています。 それだけが進化してきたという証左でもありますね。 こうした4輪駆動モデルは、もっともハードな使用環境…つまり軍事用途のニーズから始まり、進化をしてきた側面もあります。 代表的なものが、米バンタム社が1941年に開発した「ジープ」でしょう(生産はウィリス社、フォード社)。 第二次大戦後、三菱がウィリス社との提携でノックダウン生産を行い、トヨタ ランドクルーザーをはじめとした後の多くのモデルに影響を与えていったこと、そしてこの時代からタイトコーナーブレーキング現象は存在していたのはいうまでもありません。 現在、各社素晴らしい4WDモデルを発表していますが、そこにいたるまでの先人の苦労に思いを馳せるのも、興味深いものではないでしょうか。

次の

タイムスリップの実例!タイムトラベラーとその可能性に迫る

タイム スリップ 現象

スポンサーリンク ジョン・タイター 2000年、ネット掲示板への書き込みという形で現れたジョン・タイターは、「2038年問題」解決のために現代に現れたそうです。 さらに、2004年以降の様々な出来事を予言し、タイムスリップの方法について話し、タイムマシンの資料まで残しました。 ルドルフ・フェンツ 1950年6月、ニューヨークでルドルフ・フェンツという男性がタクシーに轢かれて死亡しました。 彼は推定30歳前後、19世紀頃のレトロな服装をしていた上、ポケットからは1876年の日付が入った彼宛ての手紙、財布からは当時の紙幣が出てきたというのです。 事件を担当した警察官が19世紀の行方不明者リストを確認したところ、1876年に行方不明になった「ルドルフ・フェンツ」という男性が存在したそうです。 スポンサーリンク エレノア・ジュールダンとシャーロット・アン・モーバリー 1901年8月、フランスのヴェルサイユ宮殿の、小トリアノン宮殿を訪問したエレノア・ジュールダンとシャーロット・アン・モーバリーの二人は、フランス革命時代にタイムスリップして、マリー・アントワネットを見たと証言したそうです。 ロバート・ヴィクター・ゴダード 1935年、イギリスの空軍中将ロバート・ヴィクター・ゴダード卿は、複葉機を操縦してスコットランドからイングランドに帰る途中、以前使われていた飛行場を視察するためエジンバラの近くまで行きました。 使われていない飛行場では雑草が生い茂り、牛などの家畜が草を食べている様子を確認したゴダード氏は、帰り道の途中で嵐に遭遇したそうです。 嵐の強風に煽られ、墜落しそうになった複葉機をコントロールし、上空に舞い上がった彼は、位置を確認するため先ほど視察した飛行場に引き返したといいます。 しかし、そこで彼は綺麗な飛行場に複数の飛行機が待機していて、揃いの作業服を着た整備士たちがゴダード氏の飛行機に気付くことなく働いている様子を目撃したそうです。 スポンサーリンク 時間移動ホテル 1979年10月、イギリスに住んでいるギズビー夫妻は友人であるシンプソン夫妻を誘い、休暇を過ごすためにフランスを抜けてスペインに向かって車を走らせていました。 夜になり、高速道路を下りた彼らはモンテリマールの近くにあった古風なホテルで車を停めました。 早速チェックインしたホテルには電話もエレベーターも無く、部屋も綺麗に片付いているものの、簡素で古臭い印象を受ける内装でした。 翌朝、四人がホテルの食堂で朝食中、地元の警察官が二人入ってきたのですが、彼らの制服や帽子、肩マントはとても古めかしい印象だったそうです。 後日、これらの制服は1905年以前に使用されていたものだと分かりました。 さらに、付近の高速道路までの道順について警察官に尋ねたところ、彼らは「高速道路」という言葉を理解できていないようでした。 奇妙な感じを抱きながらも宿泊料金の精算を頼むと、請求額が当時の相場の10分の1以下という安さでした。 スペインで二週間の休暇を終えてイギリスへ帰る途中、四人はもう一度同じホテルに泊まろうと考え、探し回ったのですが、結局そのホテルは発見できなかったそうです。 しかも、帰国後に旅行中に撮影した写真を現像すると、例のホテルを撮った写真だけが無かったそうです。 スポンサーリンク 未来の自分と会った男 2006年8月30日、36歳のスウェーデン男性ホーカン・ノードクヴィスト氏が帰宅すると、キッチンの床が水浸しになっていました。 水道管から水漏れしていると考え、シンク下の扉を開け、水道管に手を伸ばした彼は、水道管に手が届かないので仕方なく中を這うように奥まで進んだそうです。 暗いトンネルを長い間移動し、シンクの下がこれほど奥まであるのかと思った時、出口に辿り着いたのですが、そこは2042年の未来の世界で、ホーカン氏は72歳の自分と遭遇したと言います。 会話をしてみると「未来の自分」はホーカン氏以外には知るはずの無い幼少期の体験談などを知っていました。 しかも、二人の右腕には全く同じ形のタトゥーが入っていて、彼がスマホで撮影した未来の自分とのツーショット動画にも同じタトゥーが確認できたそうです。 タイムスリップの可能性について 物理学者のスティーヴン・ホーキング博士は、宇宙に存在している「ワームホール」と呼ばれる、時間や場所を超えてふたつの空間をつなぐトンネルを通過できれば、理論上ではタイムスリップは実現可能だと言います。 しかし、実際のワームホールは原子より小さいサイズのため、まずは人間が通れる大きさにまで拡大しなくてはならないそうです。 スポンサーリンク タイムスリップの問題点 タイムスリップが可能になった場合、大きな問題となる二つのポイントについて紹介します。 タイム・パラドックスの問題 タイム・パラドックスとは、時間を遡って過去の出来事を改変した結果、因果律が崩壊して発生する矛盾の問題です。 原因の後に結果が生じる法則が自然界には存在し、これを因果律と言うのですが、ホーキング博士によると、この因果律が崩壊した場合、最悪 宇宙全体が消滅するそうです。 フィードバックの問題 フィードバックとは、ワームホールを拡大すると中に自然放射線が入り、繰り返し増幅され続ける現象のことです。 ホーキング博士によると、フィードバックが発生したワームホールは維持できず、破壊されてしまうそうです。

次の