ブラームス 悲劇 的 序曲。 ブラームスのおすすめ名曲13選を彼の生涯や逸話とあわせてご紹介 | VOKKA [ヴォッカ]

ブラームス:悲劇的序曲 Op.81

ブラームス 悲劇 的 序曲

ブラームス 悲劇的序曲 作品81 曲目紹介 ブラームス 悲劇的序曲 作品81 ブラームスは同じジャンルで対照的な作品を作曲する傾向があったようで、着想から20年かけて重厚な交響曲第1番を完成させた1876年の翌年1877年には明るく伸びやかな交響曲第2番を完成させている。 交響曲第2番の完成から2年後の1879年、ドイツ(現ポーランド)のブレスラウ大学からの名誉博士号授与の申し出に応えて作曲された陽気な「大学祝典序曲」と並行して作曲されたのがこの「悲劇的序曲」である。 ブラームスはカール・ライネッケへの書簡の中で、これら二つの序曲について、ギリシャやローマの劇場にある喜劇と悲劇のマスクのように「一方は泣き、もう一方は笑う」 "one of them weeps, the other one laughs" と述べており、具体的な悲劇を想定したものではないようである。 このことは、名誉博士号の推薦人の一人であったブレスラウ音楽協会の友人ベルンハルト・ショルツに宛てた書簡において、この序曲のことを「劇的もしくは悲劇的もしくは悲劇序曲」 "'Dramatic' or 'Tragic' or 'Tragedy Overture'" と呼んでいるようにタイトルを決めかねていることからも窺える。 この序曲は交響曲の第1楽章としてそのまま採用できるような形態を取っており、曲の長さは四つの交響曲の第1楽章より短いものの、編成はピッコロとテューバを含む交響曲と同等以上の規模で、内容もブラームスの交響曲を凝縮したような充実したものである。 構成は自由なソナタ形式であり、第1主題の再現が展開部と一体化した形になっている。 全合奏による劇的な二つの和音で始まり、曲の雰囲気を支配する上昇形と下降形のフレーズによる第1主題が提示された後、長い推移主題を経てメロディアスな第2主題が提示される。 第2主題から提示部の終わりにかけては1860年頃の初期のスケッチが残されているようである。 展開部ではテンポを半分に落とし、第1主題が変容した葬送行進曲の様相を呈す。 再現部では当初のテンポに回帰するが第2主題の再現までは抑制的に進み、その後提示部通りに再現されクライマックスを築き、最後一瞬穏やかな旋律が現れたのち、劇的に曲を閉じる。

次の

ブラームス 悲劇的序曲 作品81

ブラームス 悲劇 的 序曲

ケンペ生誕110年記念企画。 ベルリン・フィルとの名盤、ケンペ第1回目の交響曲全曲録音を番号順に収録。 新規で本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから最新復刻。 新規解説付。 世界初SACD化! 待望のリリース ベルリン・フィルと1955年に第2番、翌年に第4番を、そしてステレオ録音で1959年と翌60年に第1番、第3番他を収録し全集として完成したケンペ壮年期の名盤を最新復刻。 かつての重厚なベルリン・フィルのサウンドと、ケンペらしい推進力と機知に富んだ旧EMIレーベルの名演が最良の音質で蘇ります。 尚、同時期収録のモノラル音源である「ハイドン変奏曲」は、後日別収録予定です。 全て世界初SACD化。 今回、あらためて現況での最高音質を目指し最新の復刻を新規で行いました。 新規解説付。 永久保存盤です。 1,000セット限定のシリアル・ナンバー付。 ケンペによるブラームスの交響曲全集の録音は2つあり、晩年のミュンヘン・フィルとのBASF原盤の全集も有名ですが 2020年3月にタワー企画盤SACDハイブリッド<ATKSA1003>で復刻済 、1955年から60年までにセッション収録された今回のベルリン・フィル盤も、録音史に残る名盤です。 第2番と第4番はモノラル録音であることもあってか、CD時代では全集としてEMIレーベルでの再発は少ない状況でした 流通が多かったのはTESTAMENT盤。 しかしながら、後の盤と比較してもケンペらしい機敏性と曲の構造を熟知した上での的確な指揮、そして北ドイツのローカル色がまだ残っていたベルリン・フィルの重厚な響きが融合した見事な演奏であるため、現在でも非常に高く評価されている音源です。 今回の復刻はオリジナルのアナログ・マスターテープからの久しぶりのデジタル化となりますが、本国のテープのコンディションは良い状態でした。 そのため、従来の盤とは見違えるほどの音で再現できています。 とりわけモノラル録音の2曲の音質とバランスが素晴らしく、日本においてはモノラル録音の高音質化はこれまで需要が高くない状況とはいえ、今回の第2番と第4番では、高音質化の効果が非常に高いことが認識できます。 何より、続けて聴いても違和感が少ないと感じるのではないでしょうか。 尚、ケンペとベルリン・フィルとのブラームス録音には、他に「ハイドン変奏曲」があります。 この曲は初出時、バッハの管弦楽組曲第3番とのカップリングで発売されました。 今回の復刻ではこの曲も収録予定でしたが、コロナ影響によりマスターが届かないという事態となりましたため、止む無く次回以降、別の盤に収録する方向としております。 そのためか、今回の音質は緻密さと幅広いレンジ感、近接感をより獲得しており、リアルになった音質で最上の演奏をお楽しみいただけます。 一部にはノイズ等も散見されますが、今回もオリジナルを尊重し、バランスを含め、あくまで最小限の範囲で音楽的なマスタリングを目指しました。 尚、箱のジャケット・デザインは英国盤を、デジパックには一部を除いてドイツ盤のものを採用し、解説書には広瀬大介氏による新規文章を掲載しています。 このシリーズでは、SACD層では伸びのある高域と柔らかなニュアンスと共に高い解像度と豊かな音場を、CD層はまとまったしっかりとした音と共に押し出される実在感ある音色を目指しています。 CD自体のポテンシャルも高く、むしろ両方の良さを堪能できるSACDハイブリッド盤としてもお楽しみください。 今回のDefinition Series第29弾は、ケンペの名盤、計2タイトルを発売いたします。 交響曲 第1番 ハ短調 作品68、 2. 悲劇的序曲 作品81 <DISC2> 3. 交響曲 第2番 ニ長調 作品73 モノラル録音 4. 交響曲 第3番 ヘ長調 作品90 <DISC3> 5. 交響曲 第4番 ホ短調 作品98 モノラル録音 【演奏】 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ルドルフ・ケンペ 指揮 【録音】 20-30 I. 1955 2 、 1,3,5 XII. 1956 4 、 2,3,5 I. 1959 1 、19-23 I. 旧EMI音源.

次の

悲劇的序曲: ブラームスの辞書

ブラームス 悲劇 的 序曲

「Tragische Ouverture」の訳語だ。 作品81を背負って1880年12月26日に初演された。 場所は楽友協会大ホール。 演奏はハンス・リヒター指揮のウィーンフィルだ。 1880年夏にイシュルで完成したものが、その年のシーズンにさっそく初演される。 しかもこの場所このメンツである。 当時の音楽界におけるブラームスの磐石な位置付けが透けて見える。 出版はもちろんジムロックだ。 ここから作品の解説や感想、あるいはおすすめCDネタに走らないのが、ブログ「ブラームスの辞書」の特色である。 1870年10月19日ドヴォルザークは29歳で初めてのオペラ「アルフレッド」を完成させた。 ブラームスと出会う前だし、スラブ舞曲によって世に出る前だ。 だから完成はさせたが、すぐに演奏はされなかった。 初演はドヴォルザーク没後の1938年を待たねばならない。 この作品の序曲は1912年にジムロック社から出版された。 「劇的序曲」(Dramatika Ouvertura)である。 ところがこのタイトルはジムロック社による操作である可能性が高い。 原題は「Tragicka Ouvertura」つまり「悲劇的序曲」だったのだ。 ドヴォルザークのオペラが先に有名になり、この序曲もろとも出版されていたらと考える。 序曲のタイトルは素直に「悲劇的序曲」とされただろう。 そこから10年後、大学祝典序曲と一対をなす序曲をブラームスが完成させていたとしても、「悲劇的序曲」というタイトルは選ばれなかったと思う。 1912年ドヴォルザークの序曲を出版する段になって困ったのはジムロック社だ。 オリジナル通りのタイトルにすればブラームスの作品81と紛らわしくなる。 だからドヴォルザークのほうを「劇的序曲」として出版したのだ。 1874年オーストリア国家奨学金の審査員としてドヴォルザークの存在を知ったブラームスが、ジムロックに紹介して世に出したことは有名だ。 ブラームスのことだから毎年応募してくるドヴォルザーク作品を熟読していたに決まっている。 けれども1870年にひっそりと完成していたドヴォルザーク最初のオペラなど、ブラームスはもちろんジムロックも見落としていたということだ。

次の