新型 ヤリス 価格。 ライバルはヴェゼル! 価格はまさかの209万円から!? トヨタ「ヤリスクロス」徹底解説

新型「ヤリス」買うならこれ!試乗でわかったベストグレードや必須装備を徹底解説

新型 ヤリス 価格

・目標値引き総額 20万円 ・本体値引き 16万円 ・オプション値引き 2万円程度 ・納 期 1~3か月 ホンダフィットとはフルモデルチェンジ時期が一緒で、ヤリスとのライバル関係は強くなっています。 このクラスには強力な対抗車種が多く、他にも日産 ノート、 マツダ2などが最大のライバルです。 新型車のヤリスとはいえ、値引きを渋って油断しているとライバルに負けてしまいます。 ヤリスの値引き商談に入る前の準備 1.ライバル車種を 2車以上選定します。 ヤリスのガソリン車を検討している場合、ライバル車は日産マーチ、ホンダフィット(ガソリン車)、マツダ2(ガソリン車)になります。 ヤリスのハイブリッド車を検討している場合、ライバル車は日産ノートe-power、ホンダフィット(ハイブリッド車)、マツダ2(ディーゼル車)になります。 2.それぞれのライバル車種が、近所のどこのディーラーで取り扱っているか確認します。 3.下取り車の年式・グレード・走行距離をチェックします。 本当に欲しいグレードは ハイブリッド車の HYBRID G 1. 5L です。 しかし予算的にかなり厳しいので特別仕様車でも安価な ガソリン車の G1. 5L も魅力的な候補です。 なるべく大幅な値引き勝ち取りたいと思っています。 今回Aさんはこの2グレードの見積りを取得しました。 どんな値引き額が飛び出すのでしょうか?それではAさんが商談で取得した見積書をチェックしましょう。 ヤリス【見積書】ガソリン車 G1. 5L の値引き額は? グレード ヤリス G1. 5L の商談見積書を見てみましょう。 車両本体価格は約176万円で、値引き等を考慮した総支払額は約 218万円!となっています。 Aさんが選択したオプション の内訳 オプション名 価 格 ホワイトパールクリスタルシャイン 33,000円 コンフォートシート 29,700円 ナビ 113,300円 プレミアムコート 56,100円 フレアマット 14,300円 サイドバイザー 18,700円 ナンバーフレーム 4,400円 合計 269,500円 オプションは ガソリン G1. 5L とまったく同じ内容です。 気になる HYBRID G 1. 5L 車の値引き額ですが、ガソリンG1. 5L と同額の値引き合計 8万円と言われました。 HYBRID G 1. 5L の方が車両価格が高いので、値引きもその分もう少し上乗せしてもらいたかったですね。 トヨタヤリスの残価設定クレジット利用時の支払額は? 最近利用が増えている残価設定クレジットを利用した場合の支払額を検討しましょう。 ヤリス 残価設定クレジット利用時の支払額(単位:円) グレード ヤリス G1. 5L ガソリン車 ヤリス HYBRID G 1. 5L 頭金 0円 0円 7,700円 支払回数 36回 60回 60回 初回 50,019円 38,006円 41,721円 2回目以降 40,000円 35,100円 39,400円 分割手数料 175,979円 270,366円 303,021円 最終回支払 719,960円 456,560円 553,800円 残価率 31. 9% 20. 2% 21. 5% 利息 3. 5L と HYBRID G 1. 5L の違いは、60回払いで 4,300円(35,100円と39,400円の差額)です。 頭金はほぼなしで計算しているので月々の支払額は多めになっています。 頭金を入れる予算があれば月々の支払いは楽になります。 実際のヤリスの値引き体験談をマスターが辛口チェック 商談では面倒くさがらずに、に 必 ずライバル車を最低2、3車ぶつけて値引きを引き出すことは必須です。 各メーカーのエースが投入されている、コンパクト車市場ですので、ライバル車種は強豪ぞろいです。 ヤリスにはそんなライバルを多数ぶつけて大幅な値引きを引き出しましょう。 トヨタハイブリッドシステムでコンパクトカーと完全に個性が被るので、どちらを選ぶにしろ大幅な値引を引きを狙いましょう。 ネッツ店でしか扱っていないヤリスに対して アクアはトヨタ4系列ディーラーすべてで扱っているので効率的に競合させることが可能です。 日産ならマーチがライバルです。 ハイブリッド車が欲しいならノートe-POWERもライバルとして競合させましょう。 フィットの室内空間はこのクラスNo. 1なので、ヤリスが劣っているということをトヨタの営業マンにぶつけます。 ヤリスの目標値引きマル秘テクニック 新型ヤリスを少しでも安く買うために、商談にあたり知っておくと有利なことが3つあります。 ヤリスはトヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店のトヨタ4チャンネル(東京都はトヨタモビリティ東京)すべてで販売しているのでうまく競合させることがポイントです。 新しいトヨタモビリティの動きに注目! 2020年から、トヨタ系の4販売会社が統合して「トヨタモビリティ」という1つのディーラーになります。 (東京は一足早く2019年から実施済み) これまでの4系列販売では販売車種が限られており、例えばカローラは「トヨタカローラ店」でしか買えませんでした。 これからはトヨタモビリティで、すべてのトヨタ車を買うことが可能です。 それぞれの期末までに何台新車を「登録」するか、ディーラーは本社から厳しいノルマが課されているのです。 この時期はディーラーでも社外秘の特別な値引きキャンペーンを実施していて、 通常時期よりも特別な値引きが出やすくなります。 ディーラーに行く前に、ネットで車の無料一括査定で今すぐ査定してもらい、愛車の下取り価格が適正かどうか判断できるようにしましょう。

次の

【新型ヤリス超辛口試乗】トヨタの「本気」は世界一のコンパクトカーに届いたか?

新型 ヤリス 価格

トヨタが、コンパクトカー「ヤリス」をベースとしたクロスオーバー「ヤリスクロス」の日本発売を予定しています。 力強い走りを実現するトヨタ新型ヤリスクロスについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 新型ヤリスクロスは、新世代モデルが発表されている「ヤリス」をベースとし、「C-HR」よりコンパクトなグローバルSUVとして設定。 当初2020年3月3日のジュネーブモーターショーでの発表が予定されていましたが、ジュネーブモーターショーが新型コロナウイルスの影響で中止となったことから、公開が延期されていました。 新型ヤリスクロスの設定により、新世代のヤリスはベースモデルのほか、SUVの「ヤリスクロス」、3ドアスポーツの「GRヤリス」と3モデルをラインナップするシリーズとなります。 新設定される新型ヤリスクロスの発売日は日本で2020年8月31日、欧州で2021年夏が予定され、生産は日本向けがトヨタ自動車東日本、欧州向けはフランスのTMMF(トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・フランス)が担当。 フランスでの生産台数は年間15万台以上が見込まれています。 専用のエクステリアデザインを採用し、悪路走行性能を向上• ベースモデルからボディサイズを拡大• パワートレインに新世代の1. 5Lガソリン、ハイブリッドパワートレインを搭載• ハイブリッド4WDモデル「E-Four」を設定• 3分割式リアシート、電動テールゲートを設定• 前後バンパーにはアンダーガードが採用され、サイドを強調してよりワイドな印象とすることによりクロスオーバーとしてのデザイン性を向上。 ホイールアーチや車体下部にはプラスチック素材を採用することで、傷への耐久性もアップ。 足元を引き締めるホイールには18インチが用意され、力強い印象に仕上げられます。 ボディカラーには、ルーフをブラックとした2トーンカラーも用意され、デザインを楽しむことができるようになります。 ホイールベース:2560mm• 最低地上高:175mm• 全長の延長は、フロントオーバーハングに60mm、リアに180mmを追加することでより多くの居住空間が確保されています。 悪路への対応力をアップするために最低地上高を上げながらも、重心高を低く設定することで軽快な走りがつくられています。 装備にはコネクティッドサービスに対応するディスプレイオーディオやカラーヘッドアップディスプレイを採用し、多彩な情報をドライバーに提供。 ラゲッジスペースはベースモデルのヤリスから強化され、2分割式だったリアシートは3分割式に変更。 電動テールゲートがオプション設定されるほか、高さを2段階に調整できるラゲッジボードやベルトで荷物を固定できるようにすることで使いやすさをアップ。 ハイブリッド車にはアウトドアレジャーなどで便利に使うことができるAC100V 1500W電源も装備されます。 直列3気筒1. 8kgm• 【ヤリスクロスハイブリッド】 直列3気筒1. 駆動方式:FF or 4WD• トランスミッション:CVT「Direct Shift-CVT」or 6速MT トヨタ新型ヤリスクロスのパワートレインには、ベースモデルの「ヤリス」からくる新世代の直列3気筒1. 5Lガソリンエンジンが搭載されています。 直列3気筒1Lガソリン• 4kgm• トランスミッション:CVT• 駆動方式:FF ベースモデルの「ヤリス」ではエントリーモデルとしてFF駆動のみの1Lエンジンが設定されていましたが、新型ヤリスクロスではボディサイズが大きくなることから1. 5Lエンジンを採用。 直列3気筒1. 5Lエンジンは、「カムリ」から導入された「ダイナミックフォースエンジン」の排気量を縮小するとともに、ロングストロークやバルブ挟角拡大などの高速燃焼技術を採用し、低燃費と高出力を両立。 5Lハイブリッドシステム あわせて設定される1. 5Lハイブリッドでは、システム全体の高効率化とハイブリッドシステム専用のエンジン設計、リチウムイオンバッテリーや高出力モーターの採用により、ハイブリッドシステム出力を15%アップし、燃費を前世代から20%以上向上。 リアにモーターを搭載するハイブリッド4WD「E-Four」も設定されています。 また、外部給電機能を持つアクセサリーコンセント(1,500W)にも対応し、家庭用と同じコンセントを通じて電化製品を使用できるほか、災害などの非常時には発電機として使用できるようになります。 悪路など負荷の大きい路面での走行性能や耐久性にも優れたトランスミッションとなります。 C-HRでは新燃費規格のWLTCモード値でハイブリッド車が25. 1Lガソリン:20. 5Lガソリン 6速MT&FF:19. 5ハイブリッド FF:36. 「Toyota Safety Sense」は、歩行者検知(昼間・夜間)および自転車運転者検知(昼間)を行い、衝突回避支援または被害軽減に寄与する「プリクラッシュセーフティ」を採用。 右折時の対向直進車や右左折後の横断歩行者も検知対象とし、万が一の交差点事故への対応範囲を拡大。 また、低速時の事故予防をサポートする「低速時加速抑制」機能を採用。 自車の直前にいる歩行者、自転車運転者、車両をミリ波レーダーと単眼カメラで認識し、前方に対象物がある状態で、停車または徐行状態からアクセルペダルが必要以上に強く踏み込まれた場合には、エンジン出力を抑制または弱いブレーキをかけることで加速を抑制し、衝突回避または被害軽減をサポート。 高度駐車支援システム「Advanced Park」も設定され、ハンドルだけでなく、アクセルやブレーキも制御し、駐車に必要な操作を支援。 カメラと超音波センサーによって周辺を監視し、万一の場合は警報とブレーキ制御で接触回避をサポート。 さらに事前に駐車位置を登録することで、白線のない駐車場でも使用を可能とする「メモリ機能」が採用されます。 200万円~300万円• 上位SUVのC-HRは日本で236万7000円からとされていますが、新型ヤリスクロスでは200万円ほどをスタート価格とすることで幅広いユーザーに対応します。 トヨタは、日産「ジューク」やルノー「キャプチャ」、プジョー「2008」などがラインナップされ人気になっている欧州Bセグメントクロスオーバーに新モデルを投入することによりシェアを獲得していきたい考えです。 「ヤリス」の車名の由来は、ギリシャ神話の美の女神「カリス Charites 」の単数形「Charis」からの造語になっています。 日本名「ヴィッツ」の由来は英語の「Vivid」(鮮やか)とドイツ語の「Witz」(機知・発想の転換)を掛け合わせた造語となっていました。 初代は、登場前に販売されていたスターレットの後継車として開発され、コンパクトカーながらデザインや機能性を高めたモデルとすることで大人気になりました。 前モデルは3代目として日本で2010年、海外で2011年にフルモデルチェンジ。 欧州では2012年にヤリスハイブリッドが新設定されていましたが、日本では「アクア」が人気になっていたことから2017年に導入されました。 モータースポーツでのベース車としても使用され、ワンメイクレースのほか、2017年からは世界最高峰ラリーにも「ヤリスWRC」にて参戦。 トヨタの新スポーツブランドとして2017年に発表された「GR」では、ブランド最上位の限定モデル「GRMN」が一番最初に設定された車種にもなりました。 新型トヨタ・ヤリスクロスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

【トヨタ新型ヤリスクロス】新SUV2020年8月31日日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

新型 ヤリス 価格

(トヨタ新型ヤリスハイブリッド) そこで今回カーギークでは 「トヨタ新型ヤリスの最新情報」を改めてまとめてみました。 発売日は2020年2月10日に決定 まずは「発売時期」の最新情報。 トヨタ新型ヤリスはいつフルモデルチェンジするのか? 結論から入ると、 トヨタ新型ヤリスの発売日は2020年2月10日に決定しました。 トヨタ新型ヤリスは2019年10月後半の東京モーターショーで初めて出品され、2019年12月中旬には新型ヤリスの正式な発売日情報など公式に公表されました。 トヨタ的には情報を小出し小出しで新型ヤリスに注目を浴びさせようと目論んでるのか。 ちなみに、引き続きライバルとなるホンダ新型フィットの発売日もほぼ同時期の2020年2月。 当初次期フィットの発売日は2019年11月を予定していたため、新型ヤリスのフルモデルチェンジを何か意識したわけではなく単なる不具合によるもの。 結果的に新型ヤリスとライバルの新型フィットが同時期にガチン コ勝負することになったため、果たしてどっちが勝つのか楽しみ。 既に新型ヤリスのハイパフォーマンスモデルの「ヤリスGR-4」を試乗した自動車ジャーナリストも多くいつ市販してもいい状態っぽい。 新型ヤリスは「TNGA-Bプラットフォーム」を初めて採用! 続いては「プラットフォーム」などの最新情報。 結論から書くと、 トヨタ新型ヤリスに「TNGA-Bプラットフォーム」が初めて採用されます。 これは名前の通り、新型プリウスでも評判が良かったTNGAプラットフォームのBセグメントカー版のシャシー。 ハイブリッドモデルは先代ヴィッツ比で50kg以上軽量化され、ガソリン車は20kgほど軽量化してる。 燃費面以外で走りに貢献してることは言うまでもなさそう。 今後アクアなどヤリスと同車格のコンパクトカーがフルモデルチェンジされる際にも、今回の「TNGA-Bプラットフォーム」が横展開されていく予定。 そのため新型ヤリスの出来いかんがはトヨタ車の大きな指標となりうるはず。 全長…3940mm• 全幅…1695mm• 全高…1500mm• ホイールベース…2550mm 一方、トヨタ新型ヤリスの予想主要諸元がこちら。 新型ヤリスはホイールベースは40mmほど伸長してるものの、全長は先代ヴィッツと比べると5mmほど短縮されてる。 フルモデルチェンジ後は車体サイズが拡幅されると見られていたのもの、サイズ感はほぼ現行ヴィッツ並。 正直、もう全幅1700mmとかにそこまでこだわらなくていいんじゃねーの?と個人的には思っちゃいますが、引き続きフルモデルチェンジ後の新型ヤリスも「海外版」と「国内版」は使い分けられる模様。 新型ヤリスの外観デザインは「黒豆」? 続いては「外観デザイン」の最新情報。 クロアチア人デザイナーが設計したとされるトヨタ新型ヤリスの見た目はどんなもんなのかチェック。 いわゆるキープコンセプトなのか? トヨタ新型ヤリス フロント画像 まずはトヨタ新型ヤリスのフロントマスク。 キープコンセプトと言われるとキープコンセプトっぽいですが、フルモデルチェンジ前後とは雰囲気がガラッと変わってる。 目尻がやや清潭に引き締まり、現行ヴィッツのもっさり感は減少。 さながら最近のマツダ車のような質感の高さも感じさせます。 どことなく新型ヤリスは現行デミオと現行シエンタを組み合わせたような雰囲気。 雰囲気はフォード・フィエスタに近く、輸入車の匂いも。 他にもボンネット中央部分だけ凹まされるなど、前方視界性の改善も図った狙いも読み取れるなど、いろいろと新型ヤリスのデザインは面白い。 ヘッドライトは3眼式LEDランプと一灯式のバイビームが設定。 リアランプも二種類ほど設定。 (トヨタ新型ヤリス サイド画像) まずサイドから新型ヤリスを確認すると、全長が4メートル近くもあるとは思えないフォルム。 新型ヤリスのパッと見は「Aセグメントサイズ」にも思えるほど。 下手するとパッソよりも小さそうにも思える。 それだけ新型ヤリスは無駄なツギハギ感がなく、フォルム全体に一体感があります。 実際、新型ヤリスは全長が短く見えるようにデザインしているとか。 トヨタの設計者曰く、「黒豆」を意識した作りだそう。 他にも「BULLET(弾丸)」「BRISK(活発)」「BOOST(加速)」「BEAUTY(美)」といったイメージを盛り込んだデザインに仕上げてる。 通称が「B-Dash」とか。 新型ヤリスがBセグメントサイズだからなのか?は不明。 (トヨタ新型ヤリス リア画像) 新型ヤリスのリア画像を見ると、レクサス新型UXなどで導入された横一文字のつながったテールランプが採用。 一方、新型ヤリスのお尻はギュッとすぼまってる or 引き締まってるためワイド感を演出してるようで実はそうでもない。 リアフェンダー部分が薄っすらほんのり盛り上がってるのも特徴。 どこかSUV風の雰囲気も。 新型ヤリスのデザインは良い意味で「やっちゃってる感」があります。 ベストカーの最新情報では「今にも走り出しそうな躍動感あふれる」などと表現。 【内装】新型ヤリスの室内空間は狭そう でも逆に言うと、先代ヴィッツのようにレンタカーなど法人需要などを新型ヤリスが掘り起こせるかはやや疑問が残る側面もありそう。 やはりアグレッシブなデザインと引き換えに、新型ヤリスの室内空間はそれなりに狭くなってます。 確かに新型ヤリスのホイールベースはフルモデルチェンジ前の先代ヴィッツより伸長してるものの、外観は前述のように割り振ったデザイン。 実際全長も少し短くなるなど言うまでもないか。 最近のトヨタはカローラスポーツでもそうでしたが、新型ヤリスも後席空間は完全に捨て去ってるのかなという印象。 ハッチゲートも斜めってるため、新型ヤリスの荷室スペースは想像以上に狭いはず。 シートクッションは非常に厚みがあるからこそ余計に… (ベストカー11月26日号 講談社) 一方、トヨタ新型ヤリスの内装デザインがこちら。 マツダ車ほどではないにしても、国産のBセグメントとは思えないほど質感が高い。 ところどころ安っぽさも覗かせますが、少なくともフルモデルチェンジ前の先代ヴィッツより質感が高いことは間違いない。 フルモデルチェンジ後はステアリングホイールは直径5mmほど小径化されたことで、「走り」を売りにした新型ヤリスの思想とマッチ。 強いて言えば、D型ステアリングを採用すればよかったのにと思っちゃいましたが。 トヨタの社長曰く、「チープな気持ちにさせたくない」という狙い自体は成功してそう。 新型ヤリスは全車で「3気筒」化へ! 続いては「エンジン周り」の最新情報。 どうやら新型ヤリスは搭載エンジンが目玉情報。 結論から書くと、 新型ヤリスは全車で「3気筒エンジン化」されます。 具体的には、新型ヤリスの搭載エンジンは 「1. 0L直3エンジン」と「1. 5L直3エンジン」「1. 5L直3ハイブリッド」の3種類になります。 まず「1. 0L直3エンジン」は先代ヴィッツに搭載されていた1KR-FE型エンジンを改良したもの。 これとスーパーCVT-iが組み合わさる。 主にレンタカーなど法人需要に対応。 そのため最廉価モデルと思われるコレには自動ブレーキは標準装備されないか。 72PS/9. 5L直3エンジンはRAV4やUX譲り 続いて「1. 5L直3エンジン(M15A-FKS型)」は新型のダイナミックフォースエンジン。 トヨタ・RAV4やレクサス・UXに搭載されて話題になりましたが、TNGA設計で開発された2. 0L直4エンジン(M20A型)から1気筒を除いたもの。 だから、加速性能の力強さは指折り。 最高出力は130PS。 最大トルクは15. 0kgmを超えると言われており、そこに発進ギア付きのダイレクトCVTが組み合わさる。 摩擦のロスが大幅に低減し、いわゆるラバーバンドフィールドが解消されているとか。 5L直3ガソリンには変速機は試乗評価も高い新型カローラスポーツのiMT制御付きの6速MTも採用されます。 そして、1. 5L直3ダイナミックフォースエンジンをベースとしたハイブリッド車ももちろん設定。 他にも電気式4WD(E-Four)が新たに採用。 バッテリーセル素材を変更することで、先代ヴィッツ比で回生エネルギーの回収量も2倍に進化。 8倍に進化。 新型ヤリスの安全装備は微妙? 続いては「安全装備」の最新情報。 トヨタ新型ヤリスはヴィッツより自動ブレーキが進化しているのか? 結論から書くと、トヨタ新型ヤリスにも「」が標準装備されます。 先代ヴィッツにも自動ブレーキは搭載されていましたが、2015年前後の古いタイプ。 新型ヤリスは夜間の歩行者を認識し、リアの障害物に対しても停止可能。 また「自動駐車機能」が新型ヤリスには設定。 ステアリング操作の支援以外にも、新たにブレーキとアクセルの制御も自動的に行なってくれる。 カメラで周囲の状況も確認してくれてるため、小さいお子さんが横切った場合は自動停車して対応。 まさに一昔前には高級車ブランドにしか設定されてなかった先進的な機能が、新型ヤリスには設定されます。 さすがに標準装備とはいかないものの、新型ヤリスのハイブリッドモデルにのみオプション設定。 「電動パーキングブレーキが新型ヤリスには設定されてないから」というのが理由。 逆に言うと、新型ヤリスの値段はそこまで割高にはなってないのかも。 ここらへんはホンダ次期フィットとの違いと言えそうか。 新型ヤリスの価格やグレードはどうなる? 続いては「価格帯」の最新情報。 トヨタ新型ヤリスの値段はどうなっているのか?• 0X Bパッケージ…約139万円• 0X…約145万円• 0G…約161万円• 5X…約160万円• 5G…約175万円• 5Z…約192万円• ハイブリッドX…約199万円• ハイブリッドG…213万円• ハイブリッドZ…約230万円 以上がトヨタ新型ヤリスの価格帯とグレード構成。 ほぼ筆者の予想通りの値段でした。 ちなみに、1. 5LモデルのMT車は約5万円ほど割安になっており、1. 5Lとハイブリッド車に設定される4WDモデルは約+25~20万円ほどの割高になっております。 フルモデルチェンジ後は廉価グレードが消えてるので相対的に高くなったように見えますが、売れ筋モデル同士で比べると高くて10万円程度の割高に収まってる印象。 むしろ消費増税分の価格や装備面も考えたら、新型ヤリスの値段はお買い得と呼べそう。 5速MTもモデルも先代ヴィッツよりも充実しているため、トヨタ・アクアよりも買う価値はありそう。 一方、自動ブレーキ(トヨタセーフティセンス)が設定されない1. 0X・Bパッケージが主にレンタカー向けのグレードになりそうです。 ヤリスGR-4とはGRMNモデル? 続いては「ヤリスGR-4」の最新情報。 車好きなら最も注目したいのが「ヤリスGR-4」の存在。 (トヨタ新型GRヤリス・ヤリスGR-4) 当初から噂されていたハイパワーモデルですが、既にトヨタは「ヤリスGR-4」の画像を先行公開してます。 いわゆるGRブランドにおける「GRMN」の位置付け。 WRCの技術と経験がフルに生かされてるモデル。 ノーマルのヤリスと比べると、全幅は110mmほど拡幅され、全高は40mmほど低く設計。 その分だけ走りの安定感が増し、スタイルはスポーティーさが増してる。 屋根のルーフにはカーボン素材が採用され、ボンネットとサイドドアがアルミ化されて軽量化。 新型GRヤリスの車体にはスポット溶接が増やされ、ノーマルヤリスよりも剛性感がアップしてる模様です。 足回りも専用サスペンションが仕立てられますが、フロントサスペンションはストラット式、リアサスペンションはダブルウィッシュボーン式。 そしてノーマルのヤリスは5ドアですが、新型ヤリスGR-4は「3ドア」になります。 他にもGRブランド特有の大型直径エアインテークも施されるなど、見た目からも「ゴリゴリのホットハッチ」という点が読み取れます。 250馬力超えの1. 6L直3ターボを搭載? そして、このヤリスGR-4の特徴は「1. 6L直3ターボエンジン(G16E-GTS)」を搭載すること。 もちろん「直3エンジン」と聞くと頼りなさそうですが、ヤリスGR-4に搭載されるターボのスペックは最高出力272PS(200kW)最大トルク370Nm(37. 7kgm)。 当初の予想よりもかなりパワフルに仕上がってました。 また駆動方式はフルタイム4WDを採用。 でも好評だった「トルクベクタリング4WD」が組み合わされる。 ヤリスGR-4という車名の「4」は、まさにこの新型4WDが由来と考察されます。 変速機はCVTと6MTが設定。 新型ヤリスGR-4の走りは加速感と走破性が見事に両立され、非常に高い限界性能を誇りそう。 トヨタセーフティセンスは標準装備されそうですが、当初の噂にあった「高度な自動運転システム」は微妙か。 それでも新型ヤリスGR-4の走りはかなり期待できるはず。 ヤリスGR-4の価格帯は?発売日は? 続いては「発売日や価格帯」の最新情報。 まず確認しておくと、ヤリスGR-4のグレード構成は二種類。 1stエディション・RZ…396万円• 1stエディション・RZハイパフォーマンス…456万円 結論から書くと、トヨタ新型GRヤリスの価格帯がこちら。 当初は330万円と380万円と予想されていたため、思った以上に新型ヤリスGR-4の価格帯は割高でした。 ヤリスGR-4は足回りからエンジンまで完全にフルチューンされてることを踏まえると「ギリギリ許容範囲内」と言えないでしょう。 ヤリスGR-4がいつ発売されるのかと言うと、 2020年7月から先行予約が開始します。 ただし、実際にヤリスGR-4の生産組み立てが愛知県・元町工場で開始するのは、2020年8月から。 そのため実際に ヤリスGR-4が手元に届くのは、2020年9月から10月以降と予想できそう。 ちなみに、ヤリスGR-4を注文する際には10万円の保証金が必要です。 いたずら防止目的。 それでも不成約でも5000円が没収されるだけのようですが。 新型ヤリスは「SUV風モデル」も発売? 最後は「SUVモデル」の最新情報。 結論から書くと、新型ヤリスには「 SUV版(クロスオーバー風のモデル)」が発売すると言われてる。 車名はまだ確定してないものの、「ヤリスクロス」や「ヤリスクロスオーバー」などが有力候補。 前述のヤリスGRも含めてヤリスは派生モデルが多くなりそう。 (ベストカー7月10日号 講談社) 新型ヤリスクロスのデザインは不明ですが、控えめに樹脂製のフェンダーアーチモールをあしらった程度の予想画多い。 ヤリスクロスは車高も多少アップするだけの、いわゆる「なんちゃってSUV」と見られてる。 トヨタアクアクロスオーバーに近い位置付け。 アクアを参考にすると地味に売れており、やホンダ新型フィットも同様にSUV風モデルの販売を予定してます。 実際ヤリスGR-4と違って、新型ヤリスクロスの搭載エンジンやシャシーはノーマルヤリスとまんま同じ。 ただし、一方、ヤリスクロスのデザインは「RAV4」や「レクサスUX」に似るといった情報もあります。 フェンダーアーチモールもスクエア型の勇ましい雰囲気に? そのため新型ヤリスクロスは意外と売れそうな匂いもしますが、正式なお披露目はノーマルヤリスがフルモデルチェンジした一ヶ月後の2020年3月のスイス・ジュネーブモーターショーで出品予定。 日本国内での正式な発売日は2020年6月か7月頃になりそう。

次の