ある日お姫様になってしまった件についてネタバレ 76。 ある日お姫様になってしまった件についてという漫画にどハマりしてし...

漫画「俺だけレベルアップな件」最新話76話のネタバレと感想!あらすじまとめ

ある日お姫様になってしまった件についてネタバレ 76

弁護士カレシ第20話「 涙のパラリーガル」 辰巳が入院中、沢渡のパラリーガルをすることになった葵。 辰巳には毎日来なくていいと言われてしまい、気になりながらも言われた通りにお見舞いに行かず仕事に励んでました。 てっきり家族もいて不自由はしていないと思っていたんですね。 所長に辰巳は父子家庭で父親が亡くなってからはひとりだと聞き、辰巳の様子が気になって病院に。 すると病室には辰巳の姿はなく、無理を言って退院してしまっていました。 同僚の川田に住所を聞いて駆けつけた葵は辰巳の姿を見て泣いてしまいます。 辰巳は葵になんでも話せって言うけど、辰巳は葵に何にも話さないから。 自分のことを心配して泣く葵を思わず抱きしめた辰巳。 そして沢渡さん。 葵のことが気になり出してる? 弁護士カレシ第21話「頬に触れる手」 辰巳の腕の中で泣きじゃくってしまった葵と、優しく抱きしめて頭を撫でる辰巳。 泣き止んだ葵を部屋に招き入れ、なぜ葵に御見舞いに来なくていいと言ったのかを話します。 ただの嫉妬でした。 沢渡のパラリーガルになって、その話をされるのが嫌だったと。 そしてまた顔を見に来るという葵に、またしてももう来るなと言う辰巳。 今度は、次に来たら手を出さずにはいられないからという理由でした。 葵はまだそこまで自分の気持ちが追いついていないから、そう言われてまた辰巳の部屋に行くことはできないんですね。 沢渡のパラリーガルになってから、忙しいけど定時で帰れることに沢渡が時間管理をちゃんと出来ているからだと思っていた葵。 次の日、出勤すると沢渡が事務所に泊まっていたことを知ります。 ちゃんと仕事するからもっとこき使って欲しいという葵に、沢渡が葵の頬に手を伸ばすとそこに辰巳が入ってきて・・・ ん?まだ自宅療養中のはずですが。 弁護士カレシ第22話「もうごまかせない気持ち」 事務所に入ってきた途端、辰巳の元に駆け寄る葵。 辰巳のクライアントを所長に引き継ぐ場に同席したくてやってきたのでした。 葵が資料を揃えに退出したすきに、復帰したら葵を返してもらうと言う辰巳に、猿渡は自分も葵が欲しくなったと。 宣戦布告ですか? 辰巳の仕事が終わり帰ろうとするとふらついてしまったところを、葵が抱きとめて支えます。 その葵を逆に抱きしめ返す辰巳。 そしてまた葵に沢渡と何を話していたか、自分にはなんでも話せと詰め寄ってきます。 沢渡に宣戦布告されて、触発されてしまったようで。 でもこれじゃあ前の自分と変わらないなと冷静さを取り戻した辰巳は、どうしたら俺だけのものになるんだよと。 すぐに答えられないかった葵ですが、本当はもう辰巳のことを好きになってるってわかってたんですね。 辰巳が帰った後、もう自分は辰巳のもので、辰巳のことが好きなんだと自分の気持ちをはっきりと認めた葵でした。 弁護士カレシ第23話「告白のキス」 辰巳の仕事復帰の日。 所長から告げられたのは、葵に全員のパラリーガルにならないかというものでした。 仕事でだけは自分のものだと思っていた辰巳は不機嫌なまま挨拶まわりに出かけていきます。 出先で沢渡と一緒になった辰巳は、仕事では葵のことを共有してもそれ以外は全部自分のものだと言うのです。 葵はまだ沢渡のことが好きだと思っているから、取られたくなくて必死なんですね。 辰巳が必死だったのは、高校の時すり抜けて行ってしまったように、もう二度と逃したくないと強く思っていたから。 そんな辰巳に、葵は自らキスをし一生懸命に今は辰巳のことが好きだと訴えます。 葵の必死な訴えに、やっと辰巳も葵の気持ちが通じたようで、初めて奪うキスではなく気持ちを伝え合うキスをするふたりなのでした。 まとめ また拗れちゃうのかなと思いましたが、やっとお互い素直に気持ちを認め合いました。 でも葵は仕事が手一杯な上に初彼氏でわーってなりそうだし、辰巳は嬉しくて葵を構い過ぎそうだし。 晴れて両思いになったふたりだけど、そのあたりでまたゴタゴタしそうですね。 次の第6巻は.

次の

年上好き彼女に好かれたくて気づいたら先生になってた(白藍京)

ある日お姫様になってしまった件についてネタバレ 76

ある日、お姫様になってしまった件について26話ネタバレ (あれ?ビクともしない) 抱きかかえられた腕が安定していることに、アタナシアは疑問符を浮かべます。 「僕が下ろしますので」 地上に下ろされた途端、立ち眩みするアタナシア。 「うわっ!」 「大丈夫ですか?」 咄嗟に腕を掴まれます。 「だっ、大丈夫です…」 (ハッ。 思わず敬語が) 「当たり前かもしれませんが、6年前よりとても成長されましたね」 「い…いやあなたほどじゃないよ」 「それでもやはり一目でわかりました」 全身からキラキラと輝きを放つイゼキエルに、アタナシアは困惑します。 (さすが男主人公…。 どっ、どうしたらいいんだろ?この歳になって天使って言い逃れるのはキツくない?) 「もしかして…僕のことをお忘れですか?」 「いや、もちろん覚えて…ます」 「そうでしたか」 パァッと表情が明るくなるイゼキエル。 (どっ、どうしてそんなに嬉しそうなの?) 「コホン。 前に私とここで会ったこと、誰にも言ってない…ですよね?」 「敬語はやめてください。 誰にも言ってませんよ」 「そう。 じゃああの時も今も私と会ったことは秘密にしてね」 「おっしゃらずとも、そのつもりです」 その時、草むらの影で物音がします。 「イゼキエル?そこにいるの?」 (ジェ、ジェニット!?) イゼキエルはアタナシアの手を取ります。 「ご無礼をお許しください」 (えっ?) 「静かな場所へご案内します」 そう言って駆け出すイゼキエル。 (普通にジェニットのところに行けばいいんじゃないの?) 「私はここに置いて、そのまま行った方が…」 (そしたら私も帰るし…) 「そうすれば、また何も言わず消えてしまうでしょう?」 ギクッとするアタナシア。 「どうしよう。 今出発しないと遅れちゃうのに。 イゼキエル?」 イゼキエルを探すジェニットの声が聞こえます。 「ねえ。 やっぱり行った方がいいんじゃ…」 「シッ」 イゼキエルがジェニットを連れてきたのは、一面白の花畑でした。 「一人になりたいときに来る場所です。 秘密の場所みたいなものですね」 「そんな場所に私が来てもいいの…?」 「? ここを気に入っていただけるような気がしたんです」 「…」 (…姫として暮らしてたから、お姫様病にかかったのかな。 ここに来るたびに、私のことを考えてたって風に聞こえるんだけど) 「こうしてまた突然僕の前に現れるとは思わず驚きました」 (私も!これも全部ルーカスのせいよ!前に叩いてから大人しくなったと思ったのに、今回は何の気まぐれ?) 「僕に会いに来てくださったのなら嬉しいですが、おそらくそうではないようですし。 どのような事情かはわかりませんが、お望みであればこのことはこれからも口外いたしません。 なので…」 どこか憂を帯びたイゼキエルに、アタナシアは気まずさから咄嗟に口を開きます。 「さっ、さっきあなたを探してた人と一緒に出かける約束してたみたいだけど、今からでも行った方がいいんじゃ?」 「僕が一緒に行かなくてもたぶん大丈夫でしょう」 (これはホントに困ったな。 もう少ししたらデビュタントで顔合わせるのに、その時にどうしたらいいかもわからないし…) 「実は、6年前アルランタへ出発するまで、一日も欠かさずあなたと初めて出会った場所に行きました。 その後も半年に一度オベリアに帰ってきた時は、いつも。 今日も」 じっとアタナシアを見つめるイゼキエル。 「どうして?」 「そうですね。 本当に一瞬会っただけだったのに」 「!!!」 突如吹き荒れた突風に、アタナシアは乱れる髪を押さえます。 「なぜでしょう」 そっとアタナシアの髪に触れるイゼキエル。 「大丈夫です」 「次は僕が…」 その瞬間。 目の前にいたのはルーカスでした。 「あっ!ちょっと!!人を好き勝手にあっちこっち移動させないでよ!!予告するとかできないの!?」 「俺、今イライラしてんのか?」 「? そ…そう見えるけど?」 「そうか。 俺は今機嫌が悪いみたいだな」 (いや機嫌が悪くなるのは私の方でしょ?) 「どうしてこんなにイライラするんだろうな」 そう言ってアタナシアを睨みつけるルーカスに、アタナシアは愕然とします。 魔法を使ってその場から離れたルーカスと、一人残されたアタナシア。 「何あれ。 何か変なものでも食べたの?」 26話はここで終了です。

次の

弁護士カレシ【第3巻(11話〜15話)】ネタバレ感想

ある日お姫様になってしまった件についてネタバレ 76

ある日お姫様になってしまった件についてという漫画にどハマりしてしまい、最近は韓国で連載されている最新の話の英語版まで読みました。 ネタバレ全然構いませんし、ある姫の情報をとにかく知りたいのです……。 どなたか私にお教えくださる方はいらっしゃいませんか? 私も翻訳が未熟でして,わからない点や間違っている点などもあると思いますがご容赦ください。 ジェニットはそれで更に絶望するのですが,アタナシアからジェニットを託されたイゼキエルと共に,徐々に回復していき,皇族の証の宝石眼を母と同色の緑色に変えて,ジェニット・マグリタとして新しく生きていくことを決心するみたいです。 残念ながらアナスタシウスやアタナシアとは暮らしません。 その後は,外伝でちょこちょこ出てくるぐらいで,本文ではあまり書かれていませんでした。 黒髪黒目で変装しているのは,ジェニットやイゼキエルに自分の正体を悟られないためです。 クロードに復讐するための材料としてジェニットを使うために近づきますが,段々ジェニットに親心が沸いてくるみたいです。 他の方は存じませんが,私の場合は韓国語版小説を購入して翻訳しました。 現在は韓国語以外の小説は発売されて居ないみたいです。 どういう風に戻すかはあまり分かりませんでしたが,それで魔力が安定して,記憶が戻るみたいです。 その後は,兄であるアナスタシウスと対峙したり,ダイアナについてを思い出したり,ジェニットの問題を片付けたりします。 この辺は結構まとめられて書かれていました。 私が知っているのはこれくらいです。 お力になれず本当に申し訳ございません。 他に疑問点ございましたら,知っている範囲で答えさせていただきますので,質問して頂いても大丈夫です。 Google翻訳で原作を読んだ感じなので,どこか翻訳ミスなどがあると思います。 広い目で見ていただければ嬉しいです。 とても嬉しいです。 宜しければもう少し教えて頂いてもよろしいでしょうか? 知っていらっしゃる範囲で大丈夫です。 クロードの、ダイアナとの思い出とはどのようなものでしょうか? アタナシアのデビュタントの時、アタナシアの姿が一瞬ダイアナの姿と重なった描写があったものでとても気になります。 ダイアナとクロードについて、他にもありましたらなんでも良いので教えて頂きたいです。 もう一つお聞きすることをお許し下さい。 小説はネットで読むタイプのものご購入され、読まれましたか?前にある姫の韓国語版コミックの特装版を購入したのですが、韓国で販売されているものより2倍の値段だったので、もし紙のタイプの小説を買った場合もきっと値段がかなりすると思うので……。 質問に答えてくださった上、またお手を煩わせてしまい申し訳ありません。

次の