やまがたすみこ。 「赤いツツジ ~ ホリデイ / やまがたすみこ」CRIMSON SYSのブログ | CRIMSON

・・・ 独言<つぶやき> ・・・

やまがたすみこ

人物 [ ]• 出身、幼少時代はに在住。 作詞作曲者としての名義は 山県すみ子。 モモ名義の録音もある。 小学校6年生の頃から作詞作曲を始め、1年生在学中のに系の『』に出場して中学生の時の自作曲「夏になったら」を歌い優勝。 これをきっかけにからスカウトされ、芸能事務所のバードコーポレーションに所属。 翌2月に自作曲を歌ったファーストシングル「風に吹かれていこう/あの人が好きなのに」で日本コロムビアよりデビュー。 12月に発売されたシングル「のテーマ/白い船白い鳥」(詞、曲)では1960年生まれとある。 の番組のテーマ曲で、毎週やまがたすみこの歌声が流れていた。 ファーストアルバム『やまがたすみこフォークアルバム第一集 風、空、そして愛』(1973年3月)は自作曲のほかに森山良子などの曲をカヴァーし風のカレッジフォークのスタイルを取っていたが、その後次第に当時「」と呼ばれていたジャンルに移り、の『FLYING』では自作曲が減り、代わって、、、、らが参加している。 テレビ媒体では、TBS系TVドラマ『おさななじみ』のテーマ曲「あの日のことは」(1973年)、アニメーション「」のテーマ曲「虹になりたい」「森へおいで」()で知られている。 『おさななじみ』にはギターを持つやまがたすみこが登場して居間や窓辺で「夏になったら」「風に吹かれていこう」「あの日のことは」などの曲を歌う場面もあり、と「この広い野原いっぱい」を合唱する場面もあり、単なるフォーク歌手というよりも一種美少女アイドル寄りの時期もあった。 また、には、の学校放送番組で、歌のお姉さんとして出演したことがある。 1978年に結婚、その後はメジャーな舞台には立たなくなったが、ライヴやスタジオワークで健在振りを示し、数多くのCM音楽や企業CIのジングルでその声を聴くことができる。 、 「ありがとうあなた」などのCMソング、さらに味の素、Benesse、NTT、をはじめとするCMでの音声CIが多数ある。 ・冒頭のキユーピーのCMソングを歌ったのもやまがたである。 またなどレコーディングでのバックコーラスでの参加も多い。 には、「住友館」のテーマ曲「空に会おうよ」(作曲・編曲:、作詞:)を モモと言う名前で歌い、NHKの番組『』で誕生した「風を見たよ」「海のおくりもの」(テーマソング)を歌い、同局の『みんなのうた』にも登場した。 さらにのローカルテレビ局のテーマソング()『』や音楽教室に通う生徒向けの教材、の幼児向け音楽商品のなど。 ディスコグラフィ [ ] シングル [ ] 発売日 レコード番号 タイトル B面曲 1973年2月10日 LL-10209-J 風に吹かれて行こう あの人が好きなのに 1973年6月10日 LL-10218-J 夏になったら 明日あなたに 1973年8月10日 LL-10224-J あの日のことは そしたら空は 1973年12月10日 CD-208 白い船白い鳥 日立ミュージック・イン・ハイフォニックのテーマ 1974年2月10日 CD-211 風を見たよ 私の子守唄 1974年5月1日 CD-218 二つの心 むらさき色の風 1974年9月1日 CD-230 海のおくりもの 初恋橋 1975年7月1日 CD-250-A チューニング・ラブ さりげない二人 1976年7月1日 LK-17-A 夏の光に 白い桟橋 1977年7月1日 LK-40-A ムーンライト・ジルバ プラスティック・ラブ 1978年1月1日 LK-60-A イニシャルはK 渚のエピローグ 1978年8月1日 LK-78-A SF 秋を感じた日 アルバム [ ] 番号 タイトル 発売日 規格品番 収録曲 1 風・空・そして愛 やまがたすみこフォーク・アルバム 第1集 1973年3月25日 CD-7149-A• 風に吹かれて行こう• 赤い花白い花• しあわせの足音• 秋でもないのに• 今日の日はさようなら• 暗い砂浜• この広い野原いっぱい• 真夜中のギター• そしたら空は• ぽかんとひとり日曜日• ママレード色の恋• あの人が好きなのに 2 あの日のことは… やまがたすみこフォーク・アルバム 第2集 1973年9月25日• あの日のことは• 青空のない街で• 素晴らしい世界• 明日あなたに• あなたの好きな花• まつり• 夏になったら• 翼を下さい• あのひと• 白い花• 私の子守唄 3 Melodies Come From My Heart やまがたすみこフォーク・アルバム 第3集 1974年5月25日• 二つの心• 六月雨• ふるさと• あて名のない手紙• 今、あなたのそばへ• むらさき色の風• 風を見たよ• ひとり• 春のおとずれ• 小さなマスコット• ため息 4 虹 1974年11月25日 CD-7122-A• 虹 Part I• 帰り道• スケッチ• 白いノート• ブルー・ムーン• 思い出坂• ホリディ• 白いピアノ• 紙芝居• 春動 あしおと• 虹 Part II 5 オルゴール 1975年8月25日 CD-7144-A• 愛しい貴方へ• 曇り空• ラメンテーション• 幸福駅• 日がな一日• 独言(つぶやき)• 優しい夜• さりげない二人• 私の旅• オルゴール 6 サマー・シェイド 1976年7月25日 LQ-7014-A• ステキなゲーム• 白い桟橋• 琥珀色のスウィング• 雨の日曜日• 青い径• 貸し切りハイウェー• カットグラスの映像• 夏の光に• 11月の風 7 SUMIKO LIVE 1976年12月25日• むらさき色の風• 風に吹かれて行こう~夏になったら~ふるさと• ホリディ• 愛の終りはいつも~ため息• あの時君は若かった(鈴木慶一と)• ラブ・イズ・ブラインド• ブルー・ムーン• 夏の光に• 青い径• 11月の風• 帰り道 8 FLYING 1977年7月25日• FLYING• ペパーミント・モーニング• あなたにテレポート• TODAY• 黄昏遊泳• 私春記• ムーンライト・ジルバ• 夢色グライダー• GOOD-BYE・グラフィティ• 夜を渡って• クリスタル・ホテル 9 エメラルド・シャワー 1978年2月25日 LX-7036-A• ほろ酔いイヴ• にせドン・ファン• 雨上がりのサンバ• フォー・エバー• 小さなヴァカンス• あの日のように微笑んで• イニシャルはK• 渚のエピローグ• 今からひとり• マイ・ハート 10 歌が降りてくる 2003年• 歌が降りてくる• Army Dreamers• ブナの木は揺れていた• 教えないで詩人の予言を• ぼんやり犬• シジュウカラと私 のこれから• ランボーの足跡• ミーシャは撃たれてしまった• Spiral Wishes• Correspondent 11 歌が降りてくる 2010(新装盤) 2010年6月13日• 歌が降りてくる• Army Dreamers• ブナの木は揺れていた• 教えないで詩人の予言を• ぼんやり犬• シジュウカラと私 のこれから• ランボーの足跡• ミーシャは撃たれてしまった• Spiral Wishes• Correspondent• 夏の光に• 睡蓮 12 やまがたすみこ CM WORKS 2012年10月24日• ナショナル「カークーラー」73• カルピス「夏・乗馬」• 日本生命「ありがとうあなた」• 雪印スライスチーズ「季節を巻こう」• 丸八真綿「大きなカラダ小さなカラダ」• TV信州「みつめあえばそこに」• 日本コカコーラ リフト、オレンジ• 雪印アカディー• お菓子の香梅「企業」篇• イワキ平安閣• 磐田市の歌• 日本生命おおきく歩こう「あなたと歩けば」• 日本生命 PR映画「新しい風が吹いてきた」• 雪印エルム「燃える想い」• 丸井「好きで、いっしょで」• 明星食品明星ラーメン紀行• 西武「うれしいねサッちゃん」• ミツカン酢 サワードリンク• 小林製薬モリ・ハナエ「蝶」• 味の素 CI• 味の素 CI• Benesse CI• NTT CI• 東京電力 企業「胸の振子」• 理研 ふえるワカメちゃん• JRA エリザベス女王杯• 明治製菓イソジン「ただいまのあとは」• 久光製薬ヒサミツ CI• 資生堂レシェンテ「オランジェ・デ・キドル」• 西友「味な週末」• 第二電電DDIセルラー「屋形船」都々逸• 資生堂SHE'S洗顔ウォーター「洗う泡」• JAカード「咲かせよう」• AGF'97冬「いつもありがとう」• キリンビバレッジKIRIN午後の紅茶'99春• カルピス ホット ギフト• ハウスシチューミックス「お帰りなさい」• 伊勢丹「も・め・ん・と・木」• 空に会おうよ• 空に会おうよ• 日曜日の朝は• 幸せ色のふうせん• スープはママの I love you• ユニデン愛唱歌• このまちが好き人が好き• ただいまのあとは• ハナの春• 夢にむかって• いつしか愛は• 虹になりたい• 森へおいで• いつか大人に• THE TORCH• 深い森と共に ベスト盤 [ ] 番号 タイトル 発売日 規格品番 収録曲 1 すみこ・ふぁいる 1976年11月25日• 風を見たよ• 二つの心• むらさき色の風• 夏になったら• 私の子守唄• あの日のことは• 想い出まくら• チューニング・ラブ• 風に吹かれて行こう• 独言(つぶやき)• 神田川• ホリディ• 曇り空• 帰り道 2 すみこ・ふぁいる VOL. II 1978年11月25日 LX-7052-A• にせドン・ファン• ペパーミント・モーニング• イニシャルはK• 今からひとり• ちょっとだけ・ちょっとだけ• TODAY• 秋を感じた日• 雨の日曜日• 夏の光に• 青い径• ムーンライト・ジルバ• 雨上がりのサンバ• 風に吹かれて行こう• あの人が好きなのに• 夏になったら• 明日あなたに• あの日のことは• そしたら空は• 白い船白い鳥• 風を見たよ• 私の子守唄• 二つの心• むらさき色の風• 海のおくりもの• 初恋橋• 秋でもないのに• この広い野原いっぱい• 素晴しい世界• 白い花• ふるさと• 春のおとずれ Disc2• チューニング・ラブ• さりげない二人• 夏の光に• 白い桟橋• ムーンライト・ジルバ• プラスティック・ラブ• イニシャルはK• 渚のエピローグ• 秋を感じた日• ちょっとだけ・ちょっとだけ• 神田川• 想い出まくら• あの日にかえりたい• くいしんぼうのカレンダー• SPIRIT OF PLACE 4 Light Mellow やまがたすみこ 2014年10月29日• ほろ酔いイヴ• あの日のように微笑んで• 夏の光に• プラスティック・ラブ• 曇り空• 雨の日曜日• ラメンテーション• 雨あがりのサンバ• 秋を感じた日• 小さなヴァカンス• TODAY• カットグラスの映像• 私の旅• 夢色グライダー• ムーンライト・ジルバ• 思い出さないで• あの日にかえりたい テレビドラマ [ ]• 『』(1973年、) アニメーション主題歌 [ ]• 南の虹のルーシー「虹になりたい」「森へおいで」「いつか大人に」(1982)• ゆき「ハナの春」「ゆき」「夢にむかって」「いつしか愛は」(1981) テーマソング [ ]• 沖縄海洋博テーマ曲「風を見たよ」「海のおくりもの」(1975)• つくば科学万博「住友館」テーマ曲「空に会おうよ」(作曲・編曲:坂本龍一、作詞:矢野顕子 1985)• 諏訪を美しくする会キャンペーン・ソング 「このまちが好き人が好き」 CM・企業CI [ ]• (現・) イソジン 「ただいまのあとは」• 「ジェシー入浴」篇 大きなカラダ小さなカラダ• (社歌)『みつめあえばそこに』• ふえるワカメちゃん• エリザベス女王杯• 企業 「胸の振子」• サッポロ一番 「ごくらく麺」• 「屋形船」• 「咲かせよう」• ホット ギフト• アリエール ピュアクリーン 「おかえり」• PCクリニカ 「診察ドキュメント」• グリーンファースト• ハウスシチューミックス 「お帰りなさい」• 「愛のキャッチボール」• 「日曜日のキユーピー」 コーラス参加 [ ]• 「福山エンヂニヤリング」サウンドトラック The Golden Oldies「浅草キッド」 その他 [ ]• ヤマハ音楽教室教材 グループレッスン コース おんがくなかよし2,6ヶ月用 CD 歌唱• ヤマハ音楽教室教材 グループレッスン コース 3 VHS,CD 歌唱 先代: やまがたすみこ 望月康江 第初代:4月 - 3月 次代:.

次の

ヤフオク!

やまがたすみこ

やまがたすみこ ママレード色の恋1974年 横丁の名探偵 > > ママレード色の恋1974年 やまがたすみこ 1974年2月に発売された5枚目のシングルです。 A面 風を見たよ 《初出》 作詞 土方公子 作曲 山田英夫 編曲 石川鷹彦 NHK「あなたのメロディー」より。 一般の人からの公募曲です。 B面 私の子守唄 「うたってゴー」は1974年4月から1996年3月にかけてNHK教育テレビで放送された、小学校1、2年生向けの音楽番組です。 わたしがあのこうやってステージに立って歌うようになってから3年経つんですけれども、先月やっと19歳になりまして。 16の頃からやってたわけなんですけれどもね。 あの3年の間にいろんなことやりまして、おさななじみというTBSのドラマに出たこともあったんですけれども。 えーレギュラーのテレビの仕事というのはその他にも偉大なものがありまして。 というのは去年の4月から今年の3月にかけてNHKでレギュラーを持っていたんです。 というのはなぜ大変かというと普通の人が滅多に出ない教育テレビの方に出てたんですね。 小学校2年生の音楽番組うたってゴーっていうのに出てたんです。 その中であの子どもの詞に曲をつけてピアノを弾いて歌ってたんですけれもどね。 そんなわけか最近ちっちゃな子どものファンの人が増えましてね。 この間手紙をいただいたんですけど、それを読んですごいびっくりしまして。 すみちゃん おげんきですか わたしもげんきです。 すみちゃんは いつもぴあのをひきながら おうたをうたっていて とてもおじょうずですね。 まるでかしゅみたいですね 今日はあの歌手になったつもりでやりたいと思ってたんですけれども。 えー5枚目のアルバムの中から聴いていただきたい歌があります。 とてもすきな歌でわたしも一番気に入ってるんですけれども、多分みなさんも一番気に入っている歌だと思います。 よかったら聴いてみてください。 オルゴールというLPに入っています独言つぶやき。 聴いてください。 A面 二つの心 《初出》 作詞 三森たかし 作曲 山県すみこ 編曲 石川鷹彦 最もヒットする可能性の高かったシングル曲だったと思います。 メロディは申し分なく、しかも一般的で。 でも結局ヒットしなかったことが全てを物語っているのかも。 レコードは2番までですが、のところで実は3番まであったことを知りました。 20年以上も気がつかなかった自分って一体……。 別のテイクでは3番まで歌われたのか、あるいはレコード化されたテイクでも実は3番まで歌われながらミキシングでカットされたのかはわかりませんけど、もし3番まであるテイクが残っているなら聞きたいものです。 ビートルズでは別テイク、異ミックスなどが海賊版としてよく流出してます。 海賊版でもよいです。 無理無理。 笑 但し3番の歌詞をよくよく読んでみると……長ければ良いってわけではないので、割愛したのはもしかして正解だったかも、という気もします。 B面 むらさき色の風 《初出》 作詞・作曲 山県すみこ 編曲 石川鷹彦.

次の

ヤフオク!

やまがたすみこ

やまがたすみこ ママレード色の恋2002年 横丁の名探偵 > > ママレード色の恋2002年 やまがたすみこ 浅草マルベル堂といえばプロマイドの老舗です。 なんとやまがたすみこさんのプロマイドがマルベル堂でまだ売られているということを知りました。 しかしマルベル堂の営業時間中に浅草まで行く機会がなかなかなく、ようやく仕事初めの後に行って注文、後日郵送されてきました。 全て白黒で13種類、いずれもデビュー間もない頃に撮影されたものだと思われます。 2006. 21リニューアル に発売されたCD「SUMIKO LIVE」のオンデマンドによる復刻です。 ジャケットは元盤と若干異なります。 1 むらさき色の風 2 風に吹かれて行こう 〜夏になったら 〜ふるさと 3 ホリデイ 4 愛の終わりはいつも 〜ため息 5 あの時君は若かった 6 ラブ・イズ・ブラインド 7 ブルー・ムーン 8 夏の光に 9 青い径 10 11月の風 11 帰り道 もったいないので未開封です。 に発売されたCD「FLYING」の復刻です。 2002年3月に発売されました。 廃盤復刻計画(注1)により復刻されたものです。 全部で700枚以上のリクエストがあれば復刻するということでその第1弾に選ばれました。 今後につながることを期待してファンの方は10枚、20枚単位でリクエスト(と購入)をされました。 私も10枚まではいきませんが、複数枚購入しました。 廃盤復刻計画の楚良さんから「廃盤復刻計画より推薦文のお願い」をいただき、私が書いたのが下記の通りです。 やまがたすみこ。 なんとも懐かしく、なんとも甘酸っぱい響きを持った名前です。 十六歳でデビューし、五年間の活動を経た後、結婚と同時に休業。 あまりにも短い期間ながら多くの熱狂的なファンを獲得し、伝説的な存在となりました。 十六歳〜と言えば人生で一番多感な時期と重なり、年齢と共にアーティストとしての質は大きく変貌し、語るべきことはあまりに多いです。 今回復刻盤に挙げられた「FLYING」について言えば、少女を卒業して、大人の女性の仲間入りを果たした頃のアルバムです。 一曲を除いてソング・ライター「山県すみ子」を封印してシンガーに徹しました。 松本隆、鈴木茂というビッグ・ネームを迎えたこともあり、この試みはある意味で大成功だったと言えます。 特にシングル・カットされた「ムーンライト・ジルバ」は秀逸で聞いていると夢の中でふわふわ空を飛んでいるような、あるいは時の流れに魂を引きずり込まれそうな感じがしてきます。 私の推薦文がどれほどお役に立てたかは甚だ疑問ですけど、めでたく復刻まで漕ぎ着けました。 購入特典で、生写真がついていました。 何種類かの中からランダムでセレクトされたようです。 2004年に発売された写真集『』内の写真と同一カット、あるいは異カットだと思います。 注1 廃盤復刻計画は残念ながら2007年に終了しました。 2002年8月に発売されました。 ちなみに「山形すみこ vo 」とクレジットされてます……。 4 散歩の革命 作詞 やまがたすみこ+井上鑑 作曲・編曲 井上鑑 2002年10月18日、代々木上原・ムジカーザでやまがたすみこコンサート2002が行われました。 今回のチケットぴあでの発売ということで全国で争奪戦が繰り広げられたようですが、なんとか入手できました。 <<第1部>> Come Home To Me Now 夏の光に 帰り道 散歩の革命 ぼんやり犬 Rose Are Waiting The King Fisher <<第2部>> Today Big Yellow Taxi See The Voices Falling Down Spiral Wishes Army Dreamers Correspondent 教えないで詩人の予言を <<アンコール>> ミーシャは撃たれてしまった 今回は2001年のライブと比べると短くコンパクトにまとまっている感じですが、その分中身は濃厚でかなり良かったと思います。 一番前の席の通路側に座っていたおかげで退場の際にすみこさんのスカートが私の足を掠めていったことと、A嬢さんにお会いできたことが 笑 深く記憶に刻まれました。 演奏は井上艦さん Key Board 、金子飛鳥さん Violin 、古川昌義さん Guitars 、笠原あやのさん Violoncello の方々。 2006. 21リニューアル 2002年11月に発売された、坂本龍一のCM曲集です。 非売品だった「空に会おうよ」が収録されています。

次の