シシドカフカ 本名。 シシド・カフカの本名、身長、体重は?国籍、父母は?

シシドカフカの眉毛は太い?書道がヤバイ?本名を知りたい?大学もスゴイ!|ニュースポ24

シシドカフカ 本名

シシド・カフカ 本名:宍戸佑名(ししど ゆうな) 生年月日:1985年6月23日 年齢:33歳(2019年4月時点) 身長:175cm 体重:53kg 出身地:メキシコ 国籍:日本 まず『シシド・カフカ』というのは芸名で、本名は 宍戸佑名(ししど ゆうな)さんというそうです。 芸名の由来はチェコ語でコクマルガラスというカラスの一種のことを指す『カフカ』と、本名の『宍戸』を合わせたものだそうです。 名付け親はコピーライターの渡辺潤平氏で、本人がいつも黒い服を着ていたことから、 カラスをイメージしてつけたのだとか。 当時からシシド・カフカさんは黒を基調とした洋服を着ていたことから『カラス』をイメージしたそうですが、まさにピッタリですね! 気になる ハーフ説や 国籍ですが、本名からも分かるようにシシド・カフカさんは実は 日本人。 国籍も日本だそうです。 日本人離れした容姿とスタイルを持っているため意外ですが、 ご両親はどちらも日本人。 そのためシシドカフカさんは ハーフでもなく、純日本人とのことでした。 しかし出身地については メキシコだとのこと。 次の項目で詳しく見ていきましょう。 シシドカフカの出身地はメキシコ! シシド・カフカさんは純日本人ですが、 出身地はメキシコです。 1985年にメキシコで生まれた後、すぐに日本に移住し、 小学校時代までは日本で過ごしたのだそうです。 その後12歳の時に父親の仕事の都合で アルゼンチンに移住し、現地の中学校に通っていました。 2年間をアルゼンチンで過ごした後、日本に帰国。 以後は日本の高校・大学に進学し、バンドに打ち込みながら19歳のころからプロドラマー、モデルとしての活動を開始しました。 メキシコ、アルゼンチン、日本と3ヵ国をまたぐ帰国子女だったようですね。 しかしメキシコにいたのは生まれてから数年で、アルゼンチンにいたのも2年間ほど。 日本で過ごした時間のほうが圧倒的に長いようですね。 シシドカフカの両親について。 職業は芸能人? 最後に シシド・カフカさんのご両親について。 前述の通りシシド・カフカさんの ご両親はどちらも日本人です。 シシド・カフカさんさんの整った容姿やスタイルから、『両親は芸能人?』と噂されたこともありますが、どうやら一般の方のようです。 そのため名前や顔写真などの情報は見つかりませんでした。 しかしメキシコやアルゼンチンなど世界各国を飛び回っているということは、恐らく 外資系の企業に勤めている可能性が高いとされています。 しかも一般平社員ではなく、かなりの重役ではないかという噂。 というのも、シシド・カフカさんのご両親はかなり裕福な方だといわれているのです。 その根拠はまず、 シシド・カフカさんのドラムに関すること。 シシド・カフカさんがドラムを始めたのは、14歳の時。 ご両親が自宅用のサイレントドラムをプレゼントしたのだそうですが、ドラムのトレーナーとして雇ったはバンドネオン奏者アストル・ピアソラの孫であり、自身も人気ジャズ・バンドのプロドラマーであるダニエル・ピピ・ピアソラという方。 アストル・ピアソラ氏はタンゴやクラシック、ジャズ音楽の巨匠的なぞんざいで、アルゼンチンを代表する音楽家の一人。 孫であるダニエル・ピピ・ピアソラ氏も当然、ジャズドラマーとして世界中的に活躍されている方です。 そんな著名なドラマーが週に1回のペースでドラムを教えに来てくれ、スティックの握り方から始からしっかりと伝授されたそうです。 有名ミュージシャンとコネクションがある時点で、すでにご両親が只者ではない感じが伝わってきますね。 さらにシシド・カフカさんは、限られた ごく一部のセレブしか出席できない、ベルサイユ宮殿のアフターパーティに出席したことがあるそうです。 このパーティは厳選100名ほどしか出席枠がなく、 語学や年齢、容姿、家柄など様々な条件を満たしていないと参加することができません。 シシド・カフカさん以外にこのパーティに出席したのは、モデルの森星さん。 森星さんといえ、ば世界的なデザイナーである森英恵さんを祖母に持つ超セレブ。 そんな方と肩を並べてパーティに出席するなんて、ご両親はとんでもない大物である事は間違いないでしょう。 公表されていないだけで、超有名企業の重役や会長クラスなのかもしれません。 まとめ 以上、 シシドカフカさんはハーフなのか?本名や国籍、出身地やご両親についてご紹介しました。 日本人離れした容姿とスタイルを持っているシシド・カフカさんですが、意外なことにハーフなどではなく、純日本人であることがわかりました。 出身地はメキシコということですが、幼少期からアルゼンチンや日本など各地を転々としていたようです。 ご両親については公表されていませんが、外資系企業の超大物である可能性が高そうです。 抜群の容姿やスタイル、ドラマーとしての腕を武器にこれからも活躍していってほしいですね!.

次の

シシド・カフカってハーフ?本名や年齢や大学は?栗山千明とは姉妹?

シシドカフカ 本名

名前:シシド・カフカ• 本名:宍戸佑名(ししど ゆうな)• 生年月日:1985年6月23日• 星座:かに座• 血液型:B型• 身長:175㎝• 体重:未公開• 出身地:メキシコ• 事務所:avex trax• 憧れの歌手:山口百恵• 最終学歴:東京工芸大学芸術学部写真学科卒 シシド・カフカさんの本名は、宍戸佑名さんです。 この「カフカ(kavka 」チェコ語で「コクマルガラス(烏の一種)」という意味があります。 「本人が黒い服を着ていたことから烏のイメージで付けた名前」コピーライターの渡辺潤平さんが名付け親です。 シシド・カフカさんはれっきとした日本人です。 メキシコで生まれて、小学生時代は日本育ち、12歳から父親の仕事の都合でアルゼンチンで暮らします。 日本の文化よりも異国の文化、感覚的なところ、感性も日本人離れした鋭さはこういった環境からくるのでしょう。 しかし、シシド・カフカさんはアルゼンチンへの渡米で言葉が通じず辛い思いも経験しています。 シシド・カフカとドラマーとの出会い — 2018年 5月月30日午前2時36分PDT シシド・カフカさんといえば、ドラマーとしても有名です。 ドラマーになろうと思ったのは、小学校4年生の頃だそうです。 姉と見た音楽番組で、ドラマーだけが一度も映らなかった、派手はリアクションも見る人しか見ていない、ライトも当たらずテレビにも映りもしていない陰の存在であるのに「音の基盤」を作っている「ドラマーの存在」に惚れ込みました。 「主役になりきれなくても、本当は目立ちたい」そんな願望を叶えてくれそうに思いドラマーになろうと思ったそうです。 そして、ご両親から14歳の誕生日にプレゼントされた「サイレントドラム」で、ここからドラマーとしての一歩がスタートしました。 ご両親が、シシド・カフカさんのために呼んだドラムのトレーナーは、何と「ダニエル・ピピ・ピアソラ」です。 週1回のレッスン、スティックの握り方から一から伝授されました。 初めての曲は、アルゼンチン人らしいタンゴです。 同時に高身長を生かして同時にモデルとしても活躍されています。 しかし、シシド・カフカさんは芸能界デビューまで、かなり苦労も経験しています。 2005年 20歳の頃、大島賢治(ドラマー)と平出悟(音楽プロデューサー)から「一緒に音楽をやらないか」と誘われました。 二人が開いたロックボーカリストオーデションに友達の付き添いで来て参加したことがきっかけでした。 ドラマーではなく、ハンドマイクのみでボーカリストとして5年間ライブを精力的に行うが、デビューには届きませんでした。 2011年 「ドラムを叩きながら歌ってみれば?」二人のアドバイスを受けて、実際試してみました。 するとしっくりきたため「これで私は、大丈夫、行ける」現在の「歌いながらドラムを叩く」スタイルになりました。 これが評判を呼び業界の目にとまり念願のデビューとなりました。 2012年 インペリアルレコードで「デイリードリームライダー」で配信デビュー 以降、CM、女優と外見の美形を生かし芸能界に進出! 音楽活動を通し2012年から現在まで活躍中! シシド・カフカの出演する映画・テレビドラマ・CM シシド・カフカさんは、ドラマーで音楽活動を中心に芸能界で活躍していらっしゃいます。 でも、長身175㎝、そして日本人女性としても魅力的なスレンダー美人です。 モデルとしても十分素質がありますし、花がありますので、映画、テレビドラマ、CMなどの出演依頼も多くあることでしょう。 そこで、シシド・カフカさんの出演されている映画、テレビドラマ、CMをピックアップしてみました。 シシド・カフカの出演する映画一覧 愛を歌うより俺に溺れろ! Zアイランド TOO YOUNG TO DIE! 音楽を通して、生者と死者との心の交流、音楽を通してのドラマがこのストーリーにはあります。 寂しさと切なさ、「音楽禁止」の生活は、今の現代にとって影響が大きく、心の扉を締める結果へとつながりますね。 作品の中で何を伝えたかったのかを、とても丁寧に描かれた作品となっています。 シシド・カフカさんも作品の中でロス・チャチャラコス女性メンバーの声優にチャレンジしています。 とても心の温まる作品映画です。 シシド・カフカの出演するテレビドラマ一覧• ファーストクラス season2 フジテレビ• 視覚探偵日暮旅人 日本テレビ• 連続テレビ小説「ひよっこ」 NHK• カンナさーん! TBS• そこにさんのお姉さん役で出演されているシシド・カフカさん。 とても迫力のある二人のシーンは目に焼き付きますね。 女同士のプライドを賭けた騙し合いといった、スリリングなストーリーを展開します。 主人公である沢尻エリカさんを中心に、モデル、ファッションセンスや「負けられない」という気持ちを全員がどの場面で一番の見せ場とするのかが、キーワードとなりますね。 とても面白いドラマです。 ロングヘアーの前髪がパッツンとした特徴の濃いヘアースタイルがトレンドマークだったのですが、ショートヘアーに変身した新しいシシド・カフカさんの登場です。 とても斬新なイメージと魅力というのでしょうか、もともとモデル体型のカッコよさを持ったスタイルの良さなので、大きな花が咲いた感じでした。 インパクトのあるシシド・カフカさん、素敵です!「ヨイデリヨーグルト! お口から体のこと」健康を考えるヨーグルト!覚えやすいネーミングですね! シシド・カフカまとめ シシド・カフカさんは、ドラマーとして、一途で熱心な方です。 芸能界へデビューをするチャンスを地道に模索しながら、「ドラムを叩きながら歌う」というスタイルにたどり着いた途端、扉が両開きに開いて、デビューと同時に泳ぎ出した魚のイメージですね。 背がスラッと高く、モデルとしても迫力あるオーラの持っていますね。 女優としても存在感があるので目立ちます! しかし、ドラマーとしてのシシド・カフカさんの激しい姿は、情熱というか引き付ける何かがありますね。 ドラムを叩くシシド・カフカさんは「裸足」です。 その理由は「どんな靴を履いていても、靴の厚みと重みで自分の置きたいところでキックを踏む計算ができなくなるから」だそうです。 最高の演奏をするためのこだわりを持っているのです!ですから常にいつでも、ドラムを叩くときは真剣で激しい一途なこの姿が、シシド・カフカさんの魅力につながり音楽に伝わり心に響きます。 ライブを通じてパワー溢れる迫力がシシド・カフカさんを輝かせているんですね! シシド・カフカさんは素敵なドラマーです!!.

次の

シシドカフカの本名の由来や年齢は?両親・父親の職業をチェック!

シシドカフカ 本名

シシド・カフカの本名、身長、体重は?国籍、父母は? シシド・カフカの本名、国籍、父母は? シシド・カフカは歌手であり、ドラマーでもあり、そして日本人離れした容姿でモデルもしている、メキシコ生まれの女性です。 その容姿と、シシド・カフカという名前から、外国人かと思いますが、実はシシド・カフカの本名は、宍戸佑名(ししどゆうな)。 父母も日本人なので、れっきとした日本人なのです。 メキシコで生まれて日本で育ち、父親の仕事の関係で、12歳の時にアルゼンチンへ渡っています。 この芸名にこの容姿ですが、シシド・カフカは国籍も日本。 カフカというのは、チェコ語でコクマルガラスの意味。 いつも黒い服を着ているイメージから、カラスのイメージにつながって、この芸名になっているのだそうです。 シシド・カフカの身長、体重は? シシド・カフカは、ドラマーで歌手でもありますが、いつから音楽に触れているのでしょうか?シシド・カフカは、最初、5歳の頃に音楽に触れる経験をしていますが、長続きはしなかったようです。 しかし、14歳の時に、父母からサイレントドラムをプレゼントされてからドラムにはまったシシド・カフカ。 サポートミュージシャンとして活躍した後、ドラムをしながら歌えば?という提案を受けて、試してみたところ、それが見事にはまり、スカウトされてメジャーデビューに結びついたというエピソードからも、ドラムの腕前はかなり高いといえるでしょう。 最近では、その容姿を生かして、モデル以外にも女優としてドラマにも出演し、流暢な英語で視聴者を驚かせました。 共演の女優陣に引けを取らないと評判になっていた、シシド・カフカの演技の評価。 ここまで来ると、なんでもできるイメージがついてきます。 音楽活動やモデル、演技の経験が、それぞれに良い影響を与えているのかもしれません。 シシド・カフカ、大ブレークを目指し飛躍を誓う デビュー4年目、満を持して新曲を発表 シシド・カフカにとって、2016年は飛躍の年になるでしょうか。 2012年にデビューして、4年目になる今年は、織田哲郎がプロデュースした新曲「crying」が、NHKBSプレミアム「はぶらし/女友だち」の主題歌に決まり、配信もスタートします。 この「crying」では、織田哲郎のアドバイスを得て、作詞にも挑戦したシシド・カフカ。 アルゼンチンで経験した言葉の壁や、人間関係の悩み、苦しみなどを、素直の歌詞で表現した自信作になっています。 シシド・カフカは、この新曲を出したことで、気持ちも新たに「飛躍の年にしたい」と語っていて、今年の年賀状にしたためた一文字は「躍」。 ニューアルバムが春には発売され、5月7日からは、過去最大規模のツアーライブを予定していることから、シシド・カフカにとって、飛躍の年になることは間違いないでしょう。 故郷・アルゼンチンへ凱旋ライブを目標.

次の