アルカロイド 歌詞 あんスタ。 あんスタmusicの方をプレイしています第四章の最後の方を、読んでいて曲は...

あんスタmusicの方をプレイしています第四章の最後の方を、読んでいて曲は...

アルカロイド 歌詞 あんスタ

・燐音は、以前は普通にアイドルをしていたが、業界の流れ(世の中の流行り)に乗れずに売れなくなっていた。 ・ESが設立され、コズプロでCrazy:Bというユニットを組むことになる。 ・茨の目論見で、Crazy:Bは不良的に活動し、他ユニットがアイドルとして続けていく上で弱点やほころびになりかねない部分を攻撃し、攻撃された各ユニットが弱い部分への対応を覚えてより強い体勢になるよう、抗体を作る「ワクチン」のような役割となるよう促される。 ・その指示に乗るふりをしつつ、アイドルとして切り捨てられそうな立場のなか、過剰に他ユニットを攻撃をし、反感を買いながらも自分たちCrazy:Bが存続をかけ大舞台に立つための活動資金を上手いこと集める。 ・でもそろそろさすがに潮時かなというところで、Crazy:Bじゃなくて全部自分の考えでやりました~的に暴露して引退しようとする。 ・実は、燐音が攻撃してきたユニットは、実際にファン達から色々な心配をさりたり、ファンへ不安を与えている状況だった。 結果、攻撃することで実際にその絆が強くなり(ということに最後になった)、攻撃したことへは見えない部分でのフォローもしていた。 また問題になってしまったことも、ユニット達が格好よくハッピーエンドに納めてくれると信じていた。 ・攻撃しなかったユニットは、実は情がわいて攻撃できなかった。 ・Crazy:Bの他3人が生き残れるための道筋や資金を残していた。 ・一彩のいるアルカロイドのことも実はアイドルとしての存続を守ろうとしていた。 ・小さい頃から燐音が自分を守ってくれていたように、一彩も燐音を守る!と、故郷に帰ろうとしていた燐音を引き留める道を考える。 ・たくさんの先輩ユニットが協力してくれて、たくさんの批判や色々な考え方があるけれど、とにかくアイドルとしての燐音をこのままで終わらせるかい!ということで、燐音は引き留められ、ESに残ることを決める。 なので、燐音の攻撃は「各ユニットが多少のことで揺るがないようにするという茨の算段(他にも意図があった気がする)にしっかりと乗りつつ、Crazy:Bの他の3人がアイドルとして生き残るための資金や知名度を集め、今のアイドル、ファンに現状について問題提起するめにユニットを攻撃した」 というところでしょうか。 時系列やニュアンスなど、違うことがあったらすみません。 良いお話になっているんですけれど、さすがに流星隊にしたことはちょっと…と思います。 燐音くんの本質、嫌いじゃないんですがあそこだけはなんとも。

次の

あんスタ あんさんぶるスターズ 天城燐音

アルカロイド 歌詞 あんスタ

・燐音は、以前は普通にアイドルをしていたが、業界の流れ(世の中の流行り)に乗れずに売れなくなっていた。 ・ESが設立され、コズプロでCrazy:Bというユニットを組むことになる。 ・茨の目論見で、Crazy:Bは不良的に活動し、他ユニットがアイドルとして続けていく上で弱点やほころびになりかねない部分を攻撃し、攻撃された各ユニットが弱い部分への対応を覚えてより強い体勢になるよう、抗体を作る「ワクチン」のような役割となるよう促される。 ・その指示に乗るふりをしつつ、アイドルとして切り捨てられそうな立場のなか、過剰に他ユニットを攻撃をし、反感を買いながらも自分たちCrazy:Bが存続をかけ大舞台に立つための活動資金を上手いこと集める。 ・でもそろそろさすがに潮時かなというところで、Crazy:Bじゃなくて全部自分の考えでやりました~的に暴露して引退しようとする。 ・実は、燐音が攻撃してきたユニットは、実際にファン達から色々な心配をさりたり、ファンへ不安を与えている状況だった。 結果、攻撃することで実際にその絆が強くなり(ということに最後になった)、攻撃したことへは見えない部分でのフォローもしていた。 また問題になってしまったことも、ユニット達が格好よくハッピーエンドに納めてくれると信じていた。 ・攻撃しなかったユニットは、実は情がわいて攻撃できなかった。 ・Crazy:Bの他3人が生き残れるための道筋や資金を残していた。 ・一彩のいるアルカロイドのことも実はアイドルとしての存続を守ろうとしていた。 ・小さい頃から燐音が自分を守ってくれていたように、一彩も燐音を守る!と、故郷に帰ろうとしていた燐音を引き留める道を考える。 ・たくさんの先輩ユニットが協力してくれて、たくさんの批判や色々な考え方があるけれど、とにかくアイドルとしての燐音をこのままで終わらせるかい!ということで、燐音は引き留められ、ESに残ることを決める。 なので、燐音の攻撃は「各ユニットが多少のことで揺るがないようにするという茨の算段(他にも意図があった気がする)にしっかりと乗りつつ、Crazy:Bの他の3人がアイドルとして生き残るための資金や知名度を集め、今のアイドル、ファンに現状について問題提起するめにユニットを攻撃した」 というところでしょうか。 時系列やニュアンスなど、違うことがあったらすみません。 良いお話になっているんですけれど、さすがに流星隊にしたことはちょっと…と思います。 燐音くんの本質、嫌いじゃないんですがあそこだけはなんとも。

次の

あんスタ あんさんぶるスターズ 天城燐音

アルカロイド 歌詞 あんスタ

・燐音は、以前は普通にアイドルをしていたが、業界の流れ(世の中の流行り)に乗れずに売れなくなっていた。 ・ESが設立され、コズプロでCrazy:Bというユニットを組むことになる。 ・茨の目論見で、Crazy:Bは不良的に活動し、他ユニットがアイドルとして続けていく上で弱点やほころびになりかねない部分を攻撃し、攻撃された各ユニットが弱い部分への対応を覚えてより強い体勢になるよう、抗体を作る「ワクチン」のような役割となるよう促される。 ・その指示に乗るふりをしつつ、アイドルとして切り捨てられそうな立場のなか、過剰に他ユニットを攻撃をし、反感を買いながらも自分たちCrazy:Bが存続をかけ大舞台に立つための活動資金を上手いこと集める。 ・でもそろそろさすがに潮時かなというところで、Crazy:Bじゃなくて全部自分の考えでやりました~的に暴露して引退しようとする。 ・実は、燐音が攻撃してきたユニットは、実際にファン達から色々な心配をさりたり、ファンへ不安を与えている状況だった。 結果、攻撃することで実際にその絆が強くなり(ということに最後になった)、攻撃したことへは見えない部分でのフォローもしていた。 また問題になってしまったことも、ユニット達が格好よくハッピーエンドに納めてくれると信じていた。 ・攻撃しなかったユニットは、実は情がわいて攻撃できなかった。 ・Crazy:Bの他3人が生き残れるための道筋や資金を残していた。 ・一彩のいるアルカロイドのことも実はアイドルとしての存続を守ろうとしていた。 ・小さい頃から燐音が自分を守ってくれていたように、一彩も燐音を守る!と、故郷に帰ろうとしていた燐音を引き留める道を考える。 ・たくさんの先輩ユニットが協力してくれて、たくさんの批判や色々な考え方があるけれど、とにかくアイドルとしての燐音をこのままで終わらせるかい!ということで、燐音は引き留められ、ESに残ることを決める。 なので、燐音の攻撃は「各ユニットが多少のことで揺るがないようにするという茨の算段(他にも意図があった気がする)にしっかりと乗りつつ、Crazy:Bの他の3人がアイドルとして生き残るための資金や知名度を集め、今のアイドル、ファンに現状について問題提起するめにユニットを攻撃した」 というところでしょうか。 時系列やニュアンスなど、違うことがあったらすみません。 良いお話になっているんですけれど、さすがに流星隊にしたことはちょっと…と思います。 燐音くんの本質、嫌いじゃないんですがあそこだけはなんとも。

次の