キース ヘリング 美術館。 『信州1人旅★中村キース・へリング美術館』小淵沢(山梨県)の旅行記・ブログ by morisotさん【フォートラベル】

キース・ヘリング

キース ヘリング 美術館

1980年代のアメリカ美術を代表するアーティスト、キース・ヘリングが、1990年に31歳という若さでこの世を去ってから25年。 時代が変わり価値観の多様性をみせる現在においてもなお、その作品は世界中で愛され続けています。 80年代アメリカの「光と影」を背景に、キース・ヘリングは10年余りという短い期間に精力的な 創作活動を行いました。 彼は、世相を反映するかのように「未来への希望と夢」を表現しながらも、一方では「人間の持つ狂気」などを表した作品も多く、「光と影」両方の側面の作品を残しています。 日本においても展覧会やワークショップの開催、ポップショップが展開されたこともあり、世代を問わず誰もがどこかでキース・へリングの作品を目にしている、知っている、そんな作品を通して「希望」と「夢」というエネルギーを感受していただくと同時に、キースの考えたことや人生、そして彼が駆け抜けた時代について想いをめぐらせ、キース・へリングの世界観に触れ、キースの魅力を体感していただきます。 本展覧会では、80年代アメリカ現代アートにおいて、シンプルな線で描かれた人間やイヌなど、ユーモア溢れる作品で活躍したキース・ヘリングのコレクションのみを展示・収集する世界で初めての美術館「中村キース・ヘリング美術館」所蔵作品より、版画をはじめ、ドローイング、彫刻、写真作品などをご紹介します。 1980年代を代表するストリートアートの先駆者、キース・ヘリング。 ニューヨークの地下鉄の壁や路上に描かれた作品で注目を浴び、世界中で認められるようになりました。 シンプルな線と色とで構成された彼の絵は日本でも人気があり、キースの作品をプリントしたTシャツがユニクロ等から販売されることもあって広く知られています。 活動の終焉に制作された「レトロスペクト」は、それまでキースが繰り返し描いてきた人間と動物を、彼ならではのポップなイメージとして簡潔に描画で表現しています。 作品の中の一コマ一コマのどれもが動きのある活きた描写となっています。 全4点揃って公開されるのは世界でも非常に稀です。 へリングが幼いころから好きだったディズニー・キャラクターのミッキーマウスをウォーホルと融合させています。 ドル札と共に描かれるアンディ・マウスは、資本主義社会が内包する金銭至上主義に対する皮肉ととらえることができます。 また、キースとウォーホル双方のサインの入った作品は大変貴重です。 制作者は後にエイズ予防啓発運動団体ACT-UPを結成する男性6人組でした。 ピンクの三角形はもともと逆向きで、ナチスの強制収容所で同性愛者に付けられたもの。 1970年代にアメリカでこのマークを掲げて、ロゴが制作されました。 ロゴはゲイ・プライドと解放の象徴ともなっています。 自身も1988年にエイズと診断され、翌年に財団を設立。 児童福祉やエイズ・HIV予防啓発活動に従事しました。 1990年2月16日、ニューヨークのアパートメントでエイズにより死去。 わずか31歳でした。 キース・ヘリング 米国ペンシルヴァニア州出身。 1980年代初頭、ニューヨークの地下鉄構内の黒紙が貼られた広告板にチョークで描く "Subway Drawings" (サブウェイドローイング)という芸術活動を始めました。 そのグラフィティアートは、一躍キースの名を広めることになり、1980年から86年の間には、次々と展覧会が開催され、瞬く間に国際的な評価が高まりました。 ニューヨークのタイムズ・スクエアのビルボードのアニメーションから、舞台デザイン、キースのグッズを販売するポップショップをオープンするなど、制作活動は多岐に及びます。 また世界中で壁画を制作したり、ワークショップなども開催し、社会的なプロジェクトも数多く手がけました。 1988年には東京にもポップショップ東京をオープン。 同年にHIV感染と診断され、翌年にエイズや恵まれない子供たちのための慈善活動を目的とした財団を設立。 1990年31歳でなくなるまで、アート活動を通して児童福祉やエイズ・HIV予防啓発活動に最後まで積極的に関わりました。 操作後、店内レジにてお支払いください。 ・展覧会前売券は、本展会期中のみ有効です。 ・変更、払戻、再発行は出来ません。 ・当館では操作方法等、前売券取扱いに関するお問い合わせは、受付ておりません。 各販売店にお尋ねください。

次の

『信州1人旅★中村キース・へリング美術館』小淵沢(山梨県)の旅行記・ブログ by morisotさん【フォートラベル】

キース ヘリング 美術館

「中村キース・ヘリング美術館」 「中村キース・ヘリング美術館」は山梨県小淵沢にある美術館で、中村和男氏のコレクションであるキース・へリング作品100点以上を鑑賞することができます。 インパクト抜群の建物は、北川原温(きたがわら あつし)氏による設計です。 1980年代に活躍し、31才という若さで急逝したアメリカのアーティスト、キース・ヘリング。 「中村キース・ヘリング美術館」は、そのキース・ヘリング作品のみを展示する世界で唯一の美術館です。 「中村キース・ヘリング美術館」では、毎週日曜日午後2時から作品を鑑賞するツアーも開催されています。 ツアーの所要時間は約45分とのことなので、キース・ヘリングや作品、建築について深く学びたい方は、参加されてみてはいかがでしょうか。 スポンサーリンク 中村キース・ヘリング美術館の「おうちでミュージアム」 「STAY HOME」の今、美術館にはなかなか訪れることはできませんが、「中村キース・ヘリング美術館」の公式YouTubeチャンネルでは、おうち時間でアートが楽しめるイベントが開催されています。 5月5日(火)は「こどもの日」にちなみ、子どもたちを対象とした企画「おうちでミュージアム」のライブ配信が行われます。 生前、子どもたちのために多くのワークショップを開催したキース・ヘリングの遺志を受け継ぎ企画されたイベントは、きっと子どもの創造性を育むきっかけになることでしょう。 最近新たに加わったキース・ヘリングのストリートビュー、どうぞお見逃しなく! まとめ 外出自粛の今、美術館にはなかなか訪れることはできませんが、おうちで手軽に美術鑑賞できる様々なイベントが開催されるのは嬉しいですね。 そして、いつか「中村キース・ヘリング美術館」を訪ねて、八ヶ岳の美しい自然の中で、伝説のアーティスト、キース・ヘリングの作品と静かに向き合えたらいいですね。

次の

中村キース・へリング美術館増改築

キース ヘリング 美術館

Keith Haring 米国出身。 80年代初頭にニューヨークの地下鉄で、黒い紙が貼られた使用されていない広告板を使った通称サブウェイドローイングというグラフィティー・アートを始めました。 そのコミカルで誰もが楽しめる落書きは、地下鉄の通勤客の間で評判となり、一躍キースの名を広めることになりました。 1980年から86年の間には、次々と展覧会が開催され、国際的にも高く評価されました。 ニューヨークのののアニメーションから、舞台デザイン、キースのグッズを販売するポップ・ショップをオープンするなど、制作活動は多岐に及びます。 また世界中で壁画を制作したり、ワークショップなども開催し、社会的なプロジェクトも数多く手がけました。 日本でも展覧会やワークショップの開催や、ポップショップも展開されました。 1988年には感染と診断され、その翌年に財団を設立しました。 建築「中村美術館」 平成19年4月完成 に対し、建築家 北川原温氏がを受賞。 【受賞理由】 北川原温氏は、芸術としての建築を追求してきた気鋭の建築家である。 対象作品は、厳しい甲斐のやと対面する。 唐松やコナラが深く覆う斜面地に建てられている。 歩みを進めるごとに樹々は透け、その建築の彫塑性と絵画性が姿をあらわし、周辺の光景を振りはらって形態の語調が浮かび出てくる。 鋭く抉り取られた入口を入ると、外光から次第に遠ざかり、闇に近づいてゆくかのような長い斜路に至る。 下るにしたがい、上昇する空間性が緊張感を高め、想像力を喚起する。 そして趣向を異とする三つの展示室を巡る。 その巧みな空間の流れ、構成、光の扱いは優れて厳密であり見事というほかはない。 森の中に新たな生命が誕生したように佇む、この独創的な建築は時代を越えて力強く生き続け、訪れる人々に新鮮な感動を与えるであろう。 「光と闇」を主題とする、この建築の卓越した空間演出は、強く人々の心に残像を与え、その余韻が長い。 深遠な空間詩ともいえるこの建築作品は、独特の品格をそなえ、氏がこれまで追求してきた芸術としての建築のひとつの頂点といえる傑出した作品である。

次の