ノート パソコン キーボード 外し 方。 ノートパソコンのキーボード ゴミが入って外すことに 掃除は大変かも

ノートパソコンのキーの外し方。パソコンのキーボードを掃除...

ノート パソコン キーボード 外し 方

bluetooth接続は、bluetooth機能が搭載された機器同士でのみ行うことができます。 ですので、まずはノートパソコンと外付けのキーボードともにbluetooth機能が搭載されているかどうかを確認してください。 ともにbluetooth機能が搭載されていれば、Windows8の場合、以下の手順で外付けのキーボードをノートパソコンに接続します。 設定 外付けのキーボードが反応しない、または認識しない場合は以下の方法でどこに問題があるか調べてみましょう。 ノートパソコンとキーボードがきちんと接続されていなかった場合、キーボードが反応しない・認識しないといった不具合が起こります。 無線のキーボードの場合、キーボード本体にも電源が必要となるのでバッテリーについてはこまめに確認しましょう。 ノートパソコン本体に問題があることが考えられますので、困った場合は修理に出すなどの手段も考えたほうが良いでしょう。 再度デバイスソフトウェアをインストールし直す事で改善します。 商品紹介 快適なタイピングとすぐれた耐久性の有線キーボード、手首への負担が少ない薄型形状、機能拡張Fキーとテンキー付きのフルサイズレイアウト、耐水設計、簡単USB接続 Amazonより 快適なタイピング経験を提供する、耐久性の高いUSBキーボード。 キーボードをパソコンのUSBポートに接続するだけで、すぐに使用することができます。 キーボードを液体に浸さないでください。 商品の説明 色:ブラック 標準日本語配列のスタンダードUSBキーボード。 対応OS:Windows10・8. レシーバーをパソコンのUSBポートに挿すだけで、すぐにキーボードを使用することができます。 ソフトウェアは不要です。 また、長時間の使用でもキートップの文字が消えにくい特殊コーティングが施されています。 キーボードのグローバルリーダー、ロジクール社による3年間の無償保障もついています。 液体には浸けないでください。 商品の説明 レノボ・ジャパン ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード - 日本語 0B47181 トラックポイントを搭載したワイヤレスモデルのキーボード ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボードは日本のお客様のご要望により製品化をした、 トラックポイントを搭載したワイヤレスモデルのキーボードです。 シザー・リフト・キー・メカニズムの採用で優れた人間工学と使いやすさを実現し、 また、キーとキーの間のスペースにゆとりがあるので、日々の入力とその精度に最大限の効果の発揮します。 またキーの中心を外れてキー入力した場合でも、底つき感を和らげるソフトランディング設計で、 長時間のキーボード入力でも疲れにくい設計になっています。 さらに、人間工学に基づいた心地良いと感じるキーを押した時の反発などの感覚はそのまま維持しています。

次の

パソコンのキーボードのキーが外れた!付け方の手順と修理の応急処置は?

ノート パソコン キーボード 外し 方

キーボードの掃除について キーボードはトイレの便座よりも汚いものである! ご存知の方も多いと思いますが、普段使うキーボードは予想以上に汚いものなのです。 とある記事では、なんとキーボードのキータッチは、トイレの便座の5倍以上もの菌が存在する!なんて見出しも踊っているほどなのです。 普段、パソコンでお仕事をされている方々からすると、なんとも気持ちの悪い話ですよね。 もちろん、すべての方のパソコンやキーボードのキータッチがそうであるとは限りません。 しかし、人の手が触れるものですので無菌状態である、清潔であるとは言い難いものです。 これを解決するためにも、普段から手を汚した状態で操作をすることを避けたり、飲食をしながら操作することを避けることが無難だと言えます。 キーボードの汚れは内側にも入り込みやすい! キーボードが汚いというと、キートップだけを拭いたりすればいいと思われる方もいます。 しかし、それだけでは汚れは綺麗になりません。 なぜなら、キーボードのキートップはタイピングがしやすいよう、フロートした状態になっています。 そのため、隙間も多く汚れやほこりが入り込みやすい構造になっているのです。 そのため、表面だけを拭いたり、エアーダスターを使ってホコリを取り除いたとしても、汚れは完全に除去することができません。 もし完全にきれいな状態を保ちたいのであれば、一度キートップを外して、徹底的に掃除をする必要があります。 しかし、キートップを外すとなるとそれ相応の知識と、道具も必要となります。 マイナスドライバーは、精密ドライバーという細いタイプのドライバーを選びましょう。 なぜなら、キートップの隙間は非常に狭く、一般的な大きいマイナスドライバーでは隙間に入らないばかりか、最悪の場合プラスチックでできた部品を壊しかねません。 できるだけ細いタイプのマイナスドライバーを用意しておくのがよいでしょう。 ちなみに、マイナスドライバーは100均などでも販売されています。 工具コーナーなどに置いていることがほとんどです。 あまりお金をかけたくないという方は、ぜひ100均で揃えてみるとよいでしょう。 また余談ですが、普段から節約にいそしんでいる方はパソコンの設定も見直してみることで節約につなげることができます。 次の記事では、パソコンの電気代についてをまとめてみます。 スリープ機能やデスクトップを変えるだけで、消費電力量も変わります。 ぜひ、興味のある方は参考にしてみてくださいね。 マイナスドライバーがある方は、こちらを用意する必要はありませんが、より正確にキートップを外したいという方はこちらを用意するのがよいでしょう。 キーボードの構造がよくわからない方、初めてキートップを外してみるという方におすすめです。 それでは一体、この専用キートップ引き抜き工具とはどんなものなのかを説明します。 細いワイヤーなどが付いているこちらの工具は、狭いキートップ隙間に入り込み、がっちりとキートップをキャッチします。 あとは上に引き抜くだけで簡単にキートップが外せるという代物です。 名称は工具ではありますが、基本的に1,000円以内で購入できるためコスパ面で見ても優秀です。 プラスチックでできているような、繊細なキートップを傷つけずに外すことができるため、定期的にお掃除をしたい方は1つ用意しておいても無駄にはなりません。 インターネットなら色々な種類のものが手軽に購入できます。 小さいキートップは、意外とすぐにポロポロとれるものです。 しかし、スペースキーやシフトキー、エンターキーなどの大きなキートップは、少し外すのにコツが必要な場合があります。 なぜこのような大きなキートップが外しづらいのかというと、大きいサイズであるぶん固定の仕方も少々複雑になっているケースが多いためです。 ほかのキートップと同じ要領で外してしまうと、最悪の場合固定している部品を破損してしまうおそれもあります。 外すときは特に慎重かつ丁寧に外すよう心がけましょう。 また、スペースキー、シフトキー、エンターキーは、それぞれ外し方を覚えておくのも大切です。 外したはいいが、今度ははめられなくなった!という時、どういう方向・角度で外したかを覚えておけば、はめやすくなるためです。 キートップによっては、外し方の方向が必ずしも真上であるとは限らないものもあります。 そのため、力任せに外すとツメや部品を破損しかねません。 外せないものは、無理やり外さずに残しておくという選択もしておきましょう。 ちなみに、精密マイナスドライバーを使っても外れないという時は、専用キートップ引き抜き工具を使うとすんなり外れるということもあります。 できるだけ、専用キートップ引き抜き工具を用意して外すのがおすすめです。 また、マイナスドライバーをひっかけるタイミングで、内側の見えない部品を破損させてしまうということもありますので、慣れていない方は無理せず専用キートップ引き抜き工具を使いましょう。 これはノートパソコンのキーボードで使われている方式のことで、ノートパソコンのキーボードに使われているパンタグラフという部品は、薄型であるメリットはありますが、一度壊れると自分では修理することが難しいためです。 力任せにおもいっきり外したりはめたりすると、部品が破損してしまい、最悪の場合新たに別でキーボードを用意しないといけない!という恐れもあります。 デスクトップ型なら良いですが、ノートパソコンタイプはそうもいきませんよね。 もちろん、外し方に慣れている人ならパンタグラフ式を用いているノートパソコンのキートップを外すこともできます。 しかし、初心者が手を出すと後悔することにもつながりません。 ノートパソコンのキートップは、無理やり外すのではなく、別の方法で掃除をしていくのがおすすめです。 デスクトップ用のキーボードなら、割と簡単な外し方ができます。 ただし、デスクトップ用のメカニカルキーボードの場合、金具が内側に付属している場合がほとんどですので、無理やり外すと金具を壊しかねません。 小さめのキートップは基本的にまっすぐ上に引き抜くことで簡単な外し方ができます。 しかし、シフトキーやスペースキー、エンターキーのような大き目のデスクトップキーボードのキートップは、大き目の金具がついている場合もあるので、外し方としてはゆっくりと上に向かって慎重に引き抜いていきましょう。 ちなみに、デスクトップと異なりノートパソコンに用いられているパンタグラフ式キーボードはキートップを外して洗浄するのではなく、拭き取り掃除をメインに行っていきます。 綿棒などを使って細かい部分を拭き取り洗浄していきましょう。 アルコールを使うと塗装がはがれることもあるので、電解水などを使うとよいでしょう。 汚れがひどい時には、中性洗剤(食器洗い洗剤など)を薄めて使います。 あまり入れると、泡が立ちすぎてすすぎが大変ですので、少量入れて使いましょう。 キートップ裏面の細かい部分は、汚れが落ちづらいので綿棒を使って丁寧に汚れを拭き取ったり書き出していったりするとよいです。 部品が細かい部分については、通常の綿棒に比べて細くできている赤ちゃん用のベビー綿棒を使うと細かい部分まできれいにすることができます。 洗浄を終えたら、しっかり水ですすいで乾燥させます。 裏面が乾きづらい場合は、ベビー綿棒で水分を拭き取っていきましょう。 洗浄後、キートップがなかなか乾かないということもあるので、別のキーボードを用意しておくと便利です。 まずは、綿ぼこりやお菓子などのカスを取り除いていきましょう。 エアーダスターでも取り除けない場合には、市販のパソコン用ブラシを使って丁寧に取り除いていくのもおすすめです。 また、デスク用の小さめの掃除機を使うのも良いでしょう。 この時、メンブレン式キーボードはキートップ下にもう1枚板が付属しています。 その板を丁寧に外して、もう一段下の部分も掃除します。 板の下には、丸いゴム製の部品がいくつも配置してあるので、このゴム部品も水洗いしてよく乾燥させましょう。 このゴム部品が弱っている部分のキーは、他のキートップに比べてタイピングした時の戻りがおかしかったり、うまく入力ができないということもあります。 もし、破損や劣化を確認したら、それは寿命のサインであるというケースもあります。 あまりひどい時には、買換えることも検討しましょう。 キーボードは水洗いはできませんので、柔らかい布や綿棒にアルコールをつけて掃除しましょう。 むりやり力を入れて掃除をすると、部品を壊してしまったり、傷てしまうこともあるので、力を入れずに行います。 最近は、100均などでもパソコン用掃除グッズが簡単に手に入るようになっていますので、そういったグッズも利用してみると便利です。 また、普段からこまめに掃除をしておくと割とキーボード内部の汚れも少なくすみます。 なるべくキートップを外してまでは掃除をしたくないという方は、スライムでできたお掃除グッズを使ってみると、細かい部分の汚れを一掃することができておすすめです。 インターネットをはじめ、ホームセンター、家電量販店などで販売されていますので、ぜひチェックしてみましょう。 キートップを外してキーボードを綺麗に掃除しよう! パソコンを使って仕事をする人は、毎日手で触れるキーボード、なるべく清潔に保ちたいですよね。 普段からこまめに掃除をしておくと、いざ掃除をするとなった時、びっくりするぐらいの汚れを見ずに過ごすことができます。 そして、数か月に1度くらいはキートップを外してお掃除をしてみてはいかがでしょうか。

次の

キーボードの分解・清掃・組み立て

ノート パソコン キーボード 外し 方

キーボードの分解・清掃・組み立て Last update 2018-05-03 18:35 数日前からWindowsで使用しているエレコムのパンタグラフ式キーボードの「N」が反応しなくなってきたので、分解して掃除をしてみました。 以前からパンタグラフ式キーボードの「キートップ」が外れて元に戻せず、そのたびに買い直していたのですが、今回は掃除し、さらに組み立ててみました。 意外と簡単に分解・組み立てできるようです。 Sponsored Link 目次• パンタグラフ式キーボードとは キーボードにはいくつかタイプがあるのですが、ノートパソコンで最も使われているのが「パンタグラフ式キーボード」と呼ばれるもので、非常に薄く、押し込む量が少なくてすむのが特徴です。 バネの役割をする部品が、電車のパンタグラフに似ているので、パンタグラフキーボードと呼ばれています。 ノートパソコンだけでなく、デスクトップのキーボードとしても使われています。 私は1990年頃からワープロやパソコンを使用していて、いろいろなタイプのキーボードを使ってきましたが、今のところこの「パンタグラフキーボード」が一番使いやすくて気に入っています。 デメリット ただしデメリットもあり、分解してしまうと組み立てが難しい点。 (実際は簡単なんですけどね) 今までパンタグラフキーボードを購入してきましたが、落とした拍子にキートップが外れてしまい、組み立て方がわからなくてそのたびに買い直していたのですが、今回、思い切って組み立ててみました。 キーボードを分解する 必要な道具 なくても出来ますが、以下のものがあると便利。 ブロアー• ラジオペンチ• ピンセット• マイナスドライバー キーボードの分解(キートップを外す)は意外と簡単。 マイナスドライバーのような薄い棒状のようなものを、キートップの隙間に入れて、ひねります。 外れにくい場合はピンセットでひねるように外すと外しやすいです。 あまり思いっきり無理に力を入れると、 パンタグラフやキートップの出っ張りが折れてしまうことがあるので気をつけてください。 パキッという音がしてキートップが外れました。 このようにキートップ側にパンタグラフの部品がくっついたままのこともありますが、簡単に外すことが出来ます。 キーボード本体側に残った部品も外します。 このとき部品の向きを覚えておきます。 (まぁ、あとで写真で詳しく紹介しますが) キーボードの掃除 キーボードを分解すると、意外とホコリがたまっていることがわかります。 クリックすると拡大 キーボードを押しても反応しない原因は、大抵がこのホコリと特に髪の毛が原因です。 押してもへこまない、なんて場合は、かなり大きなゴミが挟まっていることが多いです。 なお、マウスのホイールがうまく反応しないのも、こうした細かいホコリが原因です。 参照: キーボードの掃除には綿棒が適していますが、実際に使ってみるとあまりゴミがとれないです。 なので私はカメラのレンズ掃除に使われる、と呼ばれる製品で空気を吹き付けて掃除しています。 キーボードの組み立て さて、いよいよ一番難易度が高い組み立て作業を説明します。 分解したキーボードはあらかじめパンタグラフを組み立てておきます。 パンタグラフの部品 パンタグラフを構成している部品は2つの部品です。 この向きで組み合わせます。 小さい部品の方の中央部に軸となる出っ張りがあるので、これを大きい方の内側にある溝に入れます。 写真で見ると「こうなっていたのか~」という感じですが、実際には小さくて全然見えないので、なんとな~くはめ込むという感じで行ってください。 動画で見るとわかると思いますが、意外と簡単にはめ込むことが出来ます。 拡大して確認してみると、穴に入れていると言うよりは、溝にはめ込んでいるという感じのようです。 また大きい部品(外側)の下側には台のような部分があり、小さい部品(内側の部品)がその台に乗っかるような仕組みになっています。 点線が大きな部品の端です。 組み立て パンタグラフをくみ上げたら、小さな突起をキーボード本体に押し込んではめ込みます。 このようにピンセットなどで上から押してやると、パチンと音がして意外と簡単にはめ込むことが出来ます。 拡大するとこんな感じ。 この画像ではわかりやすいようにパンタグラフの大きい部品の方は外してあります。 溝にはまっているという感じのようですね。 上の出っ張りをはめ込みます。 こちら側は上から押すような感じで。 やはりパチンと音がします。 ここからキートップってどうやってはめるんだろう・・・と思ったのですが、実はパンタグラフの上に乗せて、上から押すだけ。 指で押してやると、パンチと音がして簡単にはめることが出来ます。 無事、組み立てることが出来ました。 まとめ 今回はパンタグラフまで外して掃除しましたが、実際にはパンタグラフはキーボード本体に残したままでも清掃できます。 以下の動画では、パンタグラフはそのままに次々とキートップを外して掃除している様子です。 キートップをはめ込むときはパズルのようで意外と楽しいです。 ビデオを撮影しながらだったので、ちょっと手際が悪かったのですが、意外とはじめてチャレンジしても簡単に分解・組み立てができると思います。 パンタグラフも意外と剛性が高いのか、折れたりすることはありませんでした。 ただ、あまり強引に押し込んだりすると折れたり割れたりしまうようなので、なかなかはまらないときは入れる場所がずれているのかもしれません。 関連ページ• 最終更新日 2018-05-03 18:35 Sponsord Link.

次の