天下 の 台所。 江戸時代

天下の台所

天下 の 台所

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年11月) 天下の台所(てんかのだいどころ)とは、に、の中心地であった大阪を指した異名として使われる用語。 全国のが大阪になどを設け、生活物資の多くが一旦生産地より大阪に集められて再度全国の消費地に送られたからであると言われている。 当時、家の中で家財道具をはじめ物品が数多く存在した場所はであった、故に日本を家と考えた場合、多くの物資で溢れかえっていた大阪の様を捉えて「台所」に相当すると考えられていた。 では、13年()にによる廃止論に異論を唱えたの意見書(「諸色取締方之儀ニ付奉伺候書付」)の中に「大坂表之義は諸国取引第一之場所」「世俗諸国之台所と相唱」という文面が見られる。 このため、これを「天下の台所」の由来とする見方が広くなされている。 ただ、正確な用語としては、大阪市史料調査会主任調査員の野高宏之によると、江戸時代の文献に大坂を「 諸国之台所」「 日本の賄い所」と評する記述は存在するが、「天下之台所」と直接記述した文献は存在せず、にが『 第二』等の叙述中で用いた用語が、一般に広まっていく過程で、江戸時代から存在した言葉とされた事が分かっている。 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

こうして、大坂は「天下の台所」になった!?: 今日は何の日?徒然日記

天下 の 台所

「なにわの伝統野菜」とは 100年以上前から大阪市内で栽培され、大阪の農業と食文化を支えてきた歴史、伝統をもつ野菜を2005年2月から「大阪市なにわの伝統野菜」として、現在18品目認証しています。 前回ご紹介したときは17品目の認証でしたが、 2017年4月に、なにわの伝統野菜の18品目として、新たに 「難波葱」が仲間入りしました。 認証の基準は <「なにわの伝統野菜」の基準> 1 概ね100年前から大阪府内で栽培されてきた野菜 2 苗、種子等の来歴が明らかで、大阪独自の品目、品種であり、栽培に供する苗、種子等の確保が可能な野菜 3 府内で生産されている野菜 の3つで、各地域で活発に伝統野菜のPRにも取り組まれ始めました。 「なにわの伝統野菜」の一部をご紹介 難波葱(なんばねぎ) 大阪市難波周辺で江戸時代からさかんに栽培されていたことから「難波葱」と呼ばれています。 口碑によれば和銅4年(西暦711年)頃に難波から京都の九条地区に伝わり、改良されて九条ねぎになったと言われ、また、鴨肉とねぎが入ったうどんを「鴨なんば」と呼ぶのは、難波葱に由来するとも言われています。 葉の繊維がやわらかく、強いぬめりと濃厚な甘みが特徴で、株立(分けつ)が多いという性質は、明治時代の文献にも紹介されています。 YACYBERにも、難波葱を約50 年前より世代を経て育てている 稲田ファームさんが登録中です。 金時人参(きんときにんじん) 江戸時代から昭和初期にかけて大阪市浪速区付近の特産であり、「大阪人参」と呼ばれていました。 根の長さは約30センチメートルで深紅色、肉質は柔らかく甘味と香気が強いです。 大阪しろな 江戸時代から栽培が始まり、大阪市の天満橋付近で栽培が盛んだったため、「 天満菜 てんまな 」とも呼ばれます。 早生種、中生種、晩生種がありますが、いずれも葉柄(ようへい)が鮮明な白色で平軸です。 服部越瓜(はっとりしろうり) 高槻市の塚脇地区で江戸時代から栽培されています。 果実は淡緑白色で淡く白い縞があり、30センチメートル程度まで大きくなります。 糟漬けにすると食感がよく、現在でも「富田漬」等の名称で販売されています。 「なにわの伝統野菜」の今後 「伝統野菜」は、安定した生産・供給のために品種改良された野菜とは異なり、地域・季節・食べ方が限定されています。 その性質から大量生産・大量消費は難しいですが、逆に上手くPRすることで地域や農家の振興には大きな役割を担うことが期待されています。 そのためには種を守り続けていく生産者、食べ方を提案する料理研究家や加工開発者、歴史的意義やその美味しさをPRする販売・流通業者など、分野の垣根を越えた連携が必要になってきます。 生産・加工・流通・販売・消費など、あらゆる人が手を取り合って地域の伝統を守り発展させていく、その媒体として「伝統野菜」は大きな可能性を秘めています。 , ,• , , , ,.

次の

江戸時代

天下 の 台所

近世大坂の都市としての基盤をつくったのは、豊臣秀吉である。 天下は豊臣から徳川の世と変わり、政治の中心は江戸へと移った。 戦国時代以来の政治上経済・文化の中心であった上方 かみがた で、全国支配の拠点となるはずだった大坂城は、江戸時代に入って大きくその役割を変えることとなる。 その役割とは、西国大名の監視と経済の拠点となることであった。 江戸幕府が伏見城を廃城にしてまでも大坂を直轄地にし、大坂城を再建させたのは、そうした役目を大坂に期待したからである。 天下人の城下町 賤ヶ岳 しずがたけ の戦いで柴田勝家に勝った秀吉は、名実ともに織田信長の後継者となった。 秀吉は天下統一の拠点を、石山本願寺の寺内町があったところに置いた。 淀川で京に通じ瀬戸内海で西国とつながる大坂には、築城のための物資が多数運ばれた。 当時、日本にキリスト教布教に訪れていたポルトガル人宣教師ルイス・フロイスは、各種の石を見て「千艘以上の石船が、順序を正して入港するを家内より目撃せり」と驚嘆をもって記している。 天正一一年(一五八三)八月から始まった大坂城築城は、三か月後には天守の土台が築かれ、一三年春に本丸が完成する。 その後も二の丸、三の丸と拡張し、巨大な城へと発展した。 商業が盛んになるきっかけは何であったか。 それは築城のために集まった諸大名らが、やがて邸宅を新築していったことで、人口の集中する大坂に米蔵を設け、本国からの米を輸送して貯蔵し、売買をしたことにある。 大坂の生まれ変わり 秀吉のつくった大坂は、慶長二〇年(一六一五)の大坂夏の陣によって、豊臣氏の滅亡とともに灰燼 かいじん に帰してしまう。 徳川将軍家が焼け野原になった大坂で最初に進めたことは、町の復興であった。 その任に就いたのが、徳川家康の外孫にあたる伊勢亀山城主松平忠明であった。 忠明は、戦火を避けて疎開していた東天満、船場、西船場の町人たちを呼び戻し、伏見にいた八〇余町の商人らを、大坂城旧三の丸跡地に集団移住させて市街地化を図った。 戦災復興がほぼ終わった元和五年(一六一九)、幕府は大坂を直轄地にし、翌年から西国の大名を動員、大規模な大坂城再建工事に着手した。 一〇年の歳月を要して動員された大名の数は、延べ一六三家。 人員は延べ四七万人あまり、工事期間中、大坂にはおよそ一五万前後の人がいたという。 再建された大坂城は、軍事的な役割は少なくなり、西国大名の監視が大きな役目となった。 また、城下町には堀川(運河)が巡らされ、八百八橋の異名をとる「水の都」として大きく発展する。 全長一六㎞といわれる堀川は、淀川舟運によって入ってくる物資輸送の水路として大きな役割を果たした。 天下普請 てんかぷしん によって再建された大坂城は、幕府の権威を象徴する城として新たに出発したが、武士の数一万人程度に対して、町人の数三〇万人という数字が、町人の町として新しく生まれ変わったことを示していよう。 天下の台所 江戸時代の経済は米が基準で、大坂でも流通取引高のもっとも多い品目のひとつは、米である。 大名は領内から取り立てた年貢米を大坂に積み出し、これを売って換金し、必要な支出にあてていた。 この米を保管して売買するところを蔵屋敷と呼び、大坂の繁栄は、この蔵屋敷の蔵物の売買によって支えられていた。 大坂に集まるのは米ばかりとは限らない。 正徳四年(一七一四)の資料では、「米・麦・塩・砂糖・油・木綿・薬・鉄・鋼・煙草・干解」など一一九品目にのぼる。 大坂から出された品物は、「書物・具足・刀・甲・硯・墨・金銀箔・白木棉・障子・鍋釜・草履・碁盤」などがあり、武具から家具、家庭用品にまで至っている。 中之島を中心に、土佐堀川、江戸堀川などの川べりに設けられた西国大名らの蔵屋敷に、瀬戸内海航路をうまく利用した大量の物資が集中した。 そこで、問屋、仲買、両替など商品流通、金融にかかわる特権商人の経済活動が盛んになり、大坂は「天下の台所」と呼ばれるようになり、諸国からの物流取り引きの中心となった。 堂島米市場 大坂の三大市場とは、天満青物市場・雑喉場 ざこば 魚市場・堂島米市場をいう。 正徳年間(一七一一~一六)の記録では大坂の問屋は五六五五人、仲買は八七六五人、その業種は商業・交通・金融を中心に多彩なメンバーであり、大坂が全国の物資集散地であることを如実に示している。 三大市場に関係する問屋も、青物屋仲間、八百屋問屋、生魚問屋、北国干魚問屋などがあった。 堂島の米市場は、淀屋の米市に始まる。 江戸や京都などにも米市場はあったが、堂島の米市場を基準に相場が決定された。 全国的な商品流通機構の中心であることから、取り引き手段は必然的に貨幣金融機関の発達を促進させた。 両替商の多さがそれを物語っている。 そのうち本両替と称する両替商は、金銭売買・貸付・手形振出・為替・預金など現在の銀行業務と変わらぬ機能をもった。 このうち資金の豊富な鴻池屋、天王寺屋、助松屋、泉屋などを米の買い上げなどに参加させ、幕府は米相場の安定にかかわらせた。 また、藩を相手に大名貸しなども行なわれ、その経済力は全国に鳴り響いた。

次の