みそ っ かす 意味。 糠に釘

みそ(味噌)

みそ っ かす 意味

这到底是什么原因呢? 味噌 は大豆を蒸して付き砕き、麹と塩を混ぜて発酵させたもので、麹の種類により、米味噌、麦味噌、豆味噌などの種類がある。 中国の大豆塩蔵食品の「醤(しょう・ひしお)」が日本に 伝わった後、醤になる前の熟成途中のものが味噌という食品に発展していったようだ。 そのため、「未だ醤にならざるもの」という未醤(みしょう)という言葉が転じて「みそ」という言葉となったとか。 味噌は平安時代( 784 ~ 12 世紀末頃)には貴重品であったが、鎌倉時代( 12 世紀末頃~ 1333 )に入ると、味噌をすりつぶして水に溶かして飲むようになり、室町時代( 1336 ~ 1573 )にはこうしてできた味噌汁が庶民にまで常食されるようになった。 味噌是将大豆蒸熟捣碎,拌上种曲和盐发酵而成的食物。 根据添加种曲的不同,味噌可以分为米味噌、麦味噌和豆味噌等不同种类。 味噌は昔、どの家でも手作りしていた。 それを示す言葉が「手前味噌」だ。 これは、「それぞれ自由につくった味噌」という意味で、自分で作った味噌の味を自慢することから、自慢することを「手前味噌」というようになった 注1。 同様に、「これが味噌なんです」とは「これがポイントなんです」というような意味であり、自慢・得意とすることを指す言葉だ。 また、「味噌を付ける」という言葉があり、これは失敗して評判を落とすこと、面目を失うことを意味する。 なぜ味噌かというと、かつては火傷(やけど)には味噌をつけるとよいとされており、失敗(=ケガ)には味噌ということから、失敗することを「味噌をつける」と表現するようになった。 さらに、「味噌っかす」は、味噌を濾したときにできるカス、すなわち一人前とみなされない人のことで、「味噌も糞(くそ)も一緒 注2」は、良いものも悪いものも区別しないで何もかも一緒にすることだ。 こうした味噌を使った多くの言葉こそが、味噌がいかに日本人の生活に深く関わってきたかを証拠づけるものであり、味噌に比べて製造方法が複雑なために家で作られることは稀だった醤油は、言語表現の豊かさにおいて、味噌に全く太刀打ち 注3できないのだろう。 正是因为有了这么多与味噌相关的词汇,印证了味噌与日本人的生活息息相关。 也因此,和味噌相比,制作方法复杂,很少能在家中自己制作的酱油,在语言表达的丰富性方面,完全不能和味噌相提并论 注3。 注2 :俗語では「くそみそに言う」のようにも使い、さんざんにけなすという意味。 「みそくそ」という地域もある 在俗语中也用作 「くそみそに言う (乱说一气) 」 ,比喻把人贬得一文不值。 而且,日本还有 「みそくそ」 这个地区。

次の

みそと酒粕の漬け床で簡単おいしい漬物ができる

みそ っ かす 意味

犯す・侵す・冒すの意味と違い 「おかす」と読む漢字には、「犯す」「侵す」「冒す」の3つがあります。 これらは皆同じ語源の言葉ですが、一般的な意味合いは異なっています。 では、具体的にはそれぞれどういった使い方をされるのでしょうか。 個々の詳しい違いなどが知りたいところです。 今回は、「犯す」「侵す」「冒す」の意味と違いについて解説していきましょう。 犯すとは 「犯す」の意味合いは、3つあります。 1つは「ルールに反した行動をする」というもので、法律や規則、倫理などを違える行為に及ぶことを言います。 この場合は、「法を犯す」「過ちを犯した」のように使われます。 もう1つは、「女性に対し、力づくで肉体的な行為に及ぶこと」というもので、「暴漢に犯された」のように使います。 そしてもう1つは、「権威あるものに逆らう」という意味合いで、こちらは「上(かみ)を犯す」のように使われます。 このうち主に使われるのは、最初の2つの意味合いとなっています。 「犯す」の「犯」という字は、「犬」と「はびこる」を表す象形から成っています。 その意味は「野犬が村にはびこる」というもので、そこから「おかす」を表す漢字として成り立ちました。 「侵す」などとの違いについては、以下で見ていきましょう。 侵すとは 「侵す」の意味も、3つあります。 1つは「他者の権利などを損なう行為をする」というもので、「所有権を侵す」「表現の自由を侵す行為」のように使われます。 2つ目は「許可なく他国の領域に入り込む」という意味合いで、「国境を侵す」「領空を侵す」等のように使われます。 そして 3つ目は、「ものごとに害を与える」「病気にむしばまれる」というもので、こちらは「作物を霜に侵される」「癌に侵された体」のように使われます。 「侵」という字は、「ほうきで次第にはきすすむ人」を表しており、そこから「次第に入り込む」「おかす」を意味するようになりました。 「侵す」と「犯す」は、語源は同じですが使われ方は違います。 「侵す」は「侵害」や「侵入」「侵略」を表しており、「法律をやぶる」などの意味合いでは使われません。 冒すとは 「冒す」の意味合いも、3つあります。 1つは「苦難を承知で行動する」というもので、「危険を冒す」のように使われます。 もう1つは「聖域や尊厳を傷つける」または「病気などが心身をそこなう」というもので、こちらは「冒すべからざる神聖な区域」「結核に冒される」などのように使われます。 そしてもう1つは、「他家の姓を名乗る」という意味合いで、こちらは「養家の姓を冒す」のように使われます。 「冒」の字は、「目を覆う」などの象形から成り、「突き進む」「押し切って進む」を意味しています。 「冒す」もまた、「犯す」と語源は同じです。 しかし、使われ方にはやはり違いがあります。 「冒す」は主に「冒険」の意味で使われ、「犯罪を行う」などの意味では使われません。 「侵す」のように「そこなう」という意味もありますが、「冒険」の意味を持つのは「冒す」だけとなっています。

次の

「おみそ」ってご存知ですか?

みそ っ かす 意味

昔の遊びには「おみそ」という素晴らしい制度がありました。 地方によっては「おまめ」などという呼び方もあるようです。 これは仲間に特に小さな子が含まれていた場合、その子は遊びに参加させてあげるのですが、鬼ごっこならつかまえられても鬼にならなくてもよい、ドッジボールならボールに当たっても外野に出なくてよい、などなどの特典が与えられるというものです。 それでは面白くないだろうというのは大人の考えで、小さい子は、そういう形で大きい子に混じって遊べるだけで充分楽しいのです。 また、学年が上がって「おみそ」扱いされなくなった時の喜びもひとしおでした。 考えてみれば、「おみそ」というのは、そのゲームにおける義務抜きでプレイに参加することにより、大きい子から遊びのルールを教えて貰う手段なのであり、非常に合理的な方法だったと思うのです。 小さい子は、「おみそ」として参加することによってルールを覚えます。 必ずしもその遊びのルールだけではありません。 自分のワガママがどこまで許されるのか、どういうことをすればみんなが怒るのか、いわば「社会のルール」のようなものの雛形を、そうやって学んでゆくのです。 相手は自分より大きい子なので、ワガママを通そうとしても絶対にできませんから、これほど効果的な社会学習はないでしょう。 一方、大きい子もそれによって学ぶものが多々あります。 自分より弱い者をいたわること、責任感を持つこと、などは、小さい子を交えて遊ぶことによって大いに身につきます。 昔もいじめっ子はいましたが、それなりに責任感があって、いざという時には小さな子たちをかばったものでした。 言ってみれば侠客のような心意気があったようです。 その点、今のいじめっ子とはまるで違っていたように思います。 今日びのいじめっ子は、ただただ自分の鬱憤を弱い者にぶつけているだけで、なんの心意気も感じられません。 昔の任侠と今の暴力団の差以上のものがあるように見えます。 子供たちがあまり外で遊ばなくなったこと、なかんずく年齢の違う子供と遊ばなくなったことが、最近の子供たちの心の荒廃と深く関係しているように思えてなりません。 子供にとって、親よりも教師よりも、年齢の近い近所のお兄ちゃんやお姉ちゃんから学ぶことの方が大きい場合がままあります。 大人にできることは、そういうことができる環境を調えてあげることくらいではないでしょうか。 地域の児童館などで細々ながらそういった試みがなされていますが、大人の職員による監督のもとでといった感が強くて、今ひとつすっきりしません。 監督なんかしなくてもよいと思いますが、そうすると今度は、何か事故があった時の責任はどうなるのかというような話になり、途端に生臭くなります。 子供が遊んでいて怪我をするのは当たり前のことで、別に誰の責任でもありません。 怪我を繰り返しながら、血を流すことの痛み、自分の運動神経の限界といったことがらを悟ってゆくのです。 怪我をしなかった子供は、他人の血に対しても無関心になるでしょう。 また、親が誰かの責任ばかり言い立てれば、怪我をしたことは自分の不注意や無茶のせいではないと思ってしまい、無責任な人間が拡大再生産されてしまいます。 青森 みそっこ、 みそっかす 岩手 あめっこ 宮城 ままこ、 あぶらっこ 山形 あぶらすっこ、 あぶらしっこ 福島 みそっかす、 あぶらっこ 栃木 あぶらむし 茨城 みそっかす 千葉 まめ、 おまめ、 おみそ 群馬 おみそ、げっぴ、げび 埼玉 みそ、 おみそ、 みそっかす、 まめ 東京 おみそ、 みそっかす、 おまめ、 みそ、 まめ、 おみそっ! 神奈川 みそっかす、 みそ、 おみそ 静岡 おみそ、 みそっかす、 みそっこ、おとうふ 愛知 たらこ、ちょうちょ、とうふ 三重 はえのごべ、はいねこ 京都 うどんこ 大阪 ごまめ、こまめ 兵庫 ごまめ 岡山 たまご、 ままこ 香川 みず 愛媛 あぶらむし、べべこ 福岡 ままこ、 あぶらむし、かてかてまんじゅ 長崎 おみそ、みそっかす 引用 (抜粋).

次の