履歴書 スマホで作成。 レジュメ!無料のおすすめ履歴書アプリ5選

スマホで完結!履歴書・職務経歴書作成ツール|anata

履歴書 スマホで作成

カルテットコミュニケーションズは7月2日、スマホのみで履歴書や職務経歴書を作成できる無料のウェブサービス「anata」をした。 サイトにアクセスするだけで、誰でもすぐにサービスを利用することができる。 同サービスは、新型コロナウイルスの影響で有効求人倍率が低下している現状を受け、17歳のエンジニアが求職者に役立ててほしいという思いから開発。 履歴書ごとに固有URLを発行することで、スマホでは扱いにくかったPDFを介さずに応募先企業に送付できる特徴がある。 作成〜送付をスマホで完結 応募先企業にとってもメリットに これまでの履歴書や職務経歴書は、エクセルなどのソフトで作成した後にPDFで出力し、メールに添付して応募先企業に送ることが一般的だった。 このため、PCの保有率が20代でも7割台しかないにも関わらず、就職活動にPCは欠かせず、PCを持たない人は一社ずつ手書きの書類を用意する必要があった。 今回のサービスの特徴は、作成から送付までをスマホで完結できることにある。 履歴書の作成者は、サイト上で氏名や生年月日、住所、連絡先などの必須項目を入力。 証明写真は予めスマホ上に保存しておく必要があるが、サイト上でアップロードも可能になっている。 完成した履歴書には固有URLが発行されるので、応募先企業に伝えることで、相手からも履歴書の情報にアクセスすることができる。 応募先にとっても、大量のメールやPDFの管理から解放されるので、メリットがあると言えるだろう。 スマホだけでなく、PCでアクセスして履歴書を作成することも可能。 作成者も応募先企業も、必要であれば履歴書をPDFとしてダウンロードすることができるので、これまでのやり方から段階的に移行しやすい仕組みになっている。 開発を担当した17歳のエンジニアは 「自分も今後、社会に出るに当たり履歴書を書く機会が増えるかもしれませんが、やはり従来の履歴書は時代に即したものではないと思っております。 自分の学生としての目線で従来の履歴書をアップデートし、一人でも多くの方に便利だと感じていただければ幸いです」 とコメントしている。

次の

スマホアプリで職務経歴書を簡単作成する術【職務経歴書】

履歴書 スマホで作成

1.Webで履歴書を作成しても問題ない会社は少なくない 履歴書は手書きでないといけないと思い込んでいる方は多いですが、近年はパソコンで作成した履歴書でも問題ないとする企業が増えています。 直筆のほうが心がこもっているので意欲をアピールすることができるという意見はもう古い意見だと言えます。 手書きの履歴書かパソコンの履歴書か、どちらが良いかは企業によって異なりますので、自分で判断する必要があります。 「直筆の履歴書送付」と明記されている場合は分かりやすいですが、特に指定が無い場合は迷ってしまいますよね?基本的にはwebからエントリーするようになっていたり、「履歴書はメールで送付」と定められている場合はパソコンで履歴書を作成してOKです。 このようなケースで手書きで履歴書を作成すると、スキャンしてデータを読み込む必要が出てしまいます。 そうした手間が増えるのは企業側も想定していません。 近年、大手企業の多くはwebからエントリーし履歴書を提出する形式をとるようになっているので、パソコンでの履歴書作成を容認しています。 また、IT企業やベンチャー企業に応募する際に、手書きの履歴書を送付してしまうと「まさかパソコンが使えないのか?」とマイナスイメージを抱かせる原因にもなります。 このように、近年は手書きよりもパソコンの履歴書が主流になってきているのです。 2.スマホで履歴書作成ってどうなの? パソコンで履歴書を作成してもよいことは分かりましたが、最近はスマホが普及したことでパソコンを持っていない就活生も多くなりました。 キーボードの使い方が分からない学生もいるそうです。 パソコンを持っていない方は履歴書は作れないのでしょうか?いやいや、そんなことはありません。 アプリやブラウザを利用すれば、スマホで履歴書を作成することも可能なのです。 実際、パソコンを使わずスマホだけで就職活動を乗り切った学生は増えてきています。 スマホで履歴書を作成するメリット スマホで履歴書を作成するメリットは手間がかからないことです。 パソコンで作らなければならないとしたら、パソコンを新たに購入したりコワーキングスペースを利用しパソコンを借りる必要が出てきますので、手間とコストがかかってしまいます。 総務省の出した調査結果によると、20代のスマホの普及率は9割を超えています。 就職活動を行う学生はほぼスマホを持っているため、スマホで履歴書を作れば、ほとんどの人は追加費用が発生せずに履歴書が作成できます。 また、スマホは場所も取りませんから、通学の電車の中や大学の講義の休み時間などちょっとした空き時間を利用して、効率的に履歴書が作れます。 スマホで履歴書を作成するデメリット スマホで履歴書を作成するデメリットは誤字や脱字など記載ミスが発生しやすいことでしょう。 スマホはパソコンに比べ画面が小さいこともあり入力ミスしても気づきにくいです。 必ずプレビュー画面で確認するようにしましょう。 3.履歴書作成できるスマホアプリ 履歴書作成できるスマホアプリを3つご紹介します。 全て無料でインストールできます。 実際に使ってみた感想も記載していますのでぜひ参考にして下さい。 レジュメ レジュメは、あの就職情報誌「タウンワーク」制作しているリクルートジョブズが開発したアプリ。 豊富に有している就職や転職に関する経験やノウハウを生かし、企業側のニーズを満たすようなフォーマットや例文を用意しています。 履歴書記入から写真撮影、印刷まで履歴書作成の全てのステップをスマホひとつで終わらせられます。 住所や学歴は驚くほど簡単に入力することができ、志望動機も様々な例文が用意されており、スムーズに作成が可能です。 履歴書のテンプレートはバイト用・資格重視用・自己PR用の3つから選択できます。 完成した履歴書は、近くのコンビニでサクッと印刷できるので、面接直前でも慌てることがありません。 実際に使ってみた感想ですが、とにかく入力が簡単です。 アプリをインストールし、レジュメのアイコンをクリックしたら「新規作成」を選びます。 ここでまずFacebookと連携するかしないかを選択することになりますが、連携を選択すると氏名・住所・声援月日が自動で入力されます。 さらに生年月日が入力されれば、小学校入学時から最終学歴の卒業までの入学、卒業の年度が自動的に反映されます。 つまり、具体的な学校名だけ入力すればいいのです。 学歴の入学年度と卒業年度は覚えていないことも多く面倒と感じがちな部分ですが、レジュメを使えばこの手間が省けます。 レジュメのレビュー 学歴の入力が非常にやりやすく、また自己アピールなどの邪魔な項目がなかったので非常に使いやすかった。 (20歳・男性) 写真を貼る必要がないことがとても便利だった。 (27歳・男性) 機能がシンプルなのが使いやすかった。 不要な項目を消せないのが使いにくかった。 (19歳・女性) 履歴書メーカー 履歴書メーカーの特徴はPDF形式の履歴書を簡単に作成でき、かつ複数保存できることです。 他の履歴書アプリは一度作成し保存したらひとつのデータしか保存できないものが多いのですが、履歴書メーカーならアプリ内にデータを蓄積していくことが可能です。 就活で複数の職種にまとめて応募したい時などは、志望動機や自己PR欄のみ企業に合わせて入力し保存しておけるのでとても便利ですよね。 完成した履歴書の印刷はローソンやファミリーマートで印刷可能です。 使ってみた感想ですが、作成した後のプレビュー画面で表示される履歴書が見やすかったです。 これならプレビューをしっかり確認しておけば印刷してから入力ミスに気づく事態は避けられそうです。 また、保存時にメモを入れられるのも特徴的です。 ここにタイトルを入力しておけば、複数の履歴書も管理しやすいです。 写真が載せられる仕様になっていないことがデメリットですかね。 また、他のユーザーのレビューを確認すると「アプリが途中で止まってしまい利用できなくなった」というレビューが多く見受けられました…。 履歴書メーカーのレビュー 履歴書がそれぞれ企画ごとに用意されており、どういう種類で作成するかが一目で分かるので非常に使いやすい。 また、入力フォームはやや癖があるものの、どの年代でも見やすい配置、配色となっていて好印象だった。 (24歳・男性) 使いやすかった点は、顔写真の画像データを貼りやすかったこと。 使いにくかった点は、メールアドレスを記入する欄がなかったこと。 (40歳・男性) 【使いやすかった点】サンプルがあり初めての履歴書作成でも困らなかった。 卒業年などを自動計算する機能があり、調べる手間が省けた。 【使いにくかった点】資格・免許の欄が少しわかりにくかった。 (19歳・男性) かんたん履歴書 かんたん履歴書は、一般のほか転職回数が多い方向けやアルバイト用など多彩なフォーマットが用意されているのが特徴です。 また、自己アピール欄の入力項目が「資格スキル」や「IT系開発スキル」や「語学スキル」などに分かれていて多角的に自己アピールができます。 フォーマットは全部で8種類に分かれ、A4版だけでなくA3版も用意されています。 印刷できるコンビニはセブンイレブンだけとなっているので注意してください。 実際に使ってみた感想ですが、入力画面が分かりやすく入力しやすかったです。 4.履歴書作成できるサイト アプリをインストールする必要なく、ブラウザでサイトにアクセスし項目を入力し履歴書を作成するタイプもあります。 ここでは履歴書を作成できる4つのサイトをご紹介します。 電子履歴書 電子履歴書はテンプレートが豊富にあり、完成した履歴書はPDFでダウンロードできます。 会員登録しなくても使えますが、データの保存には会員登録が必要です。 出力する項目を選択出来たり、フォントや余白の設定など細かな調整がききます。 新卒採用、中途採用、アルバイト、パート用があり、それぞれB5版、A4版のフォーマットが別に用意されています。 電子履歴書のレビュー スマートフォンでも利用出来るので、急に内容を修正しなくてはいけない場合でも、対応出来る点は良いです。 使いにくい点は、少し動作がモサモサして重い点です。 (39歳・男性) 使いやすかった点はシンプルでフォーマットを選びやすいことです。 使いにくかった点は出力したとき微妙にずれることがあり微調整の操作が面倒だったことです。 プレビューできるので使い慣れれば問題ありません。 (29歳・女性) スマートフォンから使える点はとても便利だが、とても操作しにくい。 (24歳・男性) りれきしょ君 履歴書に近いフォーマットにそのまま入力する形式です。 シンプルな機能なので手軽に作成したい方におすすめです。 完成したら自分のメールアドレスに送信すれば、PDF化された履歴書が届きます。 スマホで使うと、やや重い場合があるのでご注意ください。 りれきしょ君のレビュー 文字が大きいので見やすい、わかりやすい。 保存、印刷もそのままできる。 (19歳・女性) 印刷や保存機能など、他のツールよりもシンプルで使いやすかったです。 (28歳・男性) 記入する度、自動で上書き保存される。 PDFに出来るので、データを送信することが出来る。 (36歳・女性) しごとナビ 履歴書 履歴書を作成するには会員登録が必要です。 氏名や住所など履歴書に必要な項目を入力していきます。 入力が終わりプレビューを開くと、履歴書の形式で見ることができるようになります。 ネットプリント機能が仕様になっていて、セブンイレブンなどの大手コンビニで印刷できます。 ユーザー登録すると営業電話がかかってくることがあるそうです。 しごとナビ 履歴書のレビュー 学歴を書くときに、退学などをしていたり、入り直したりしているとバランスが取れなくて不便だったです。 (36歳・女性) それぞれ項目が分かれていて、それに沿って記入していくだけなので非常に簡単に作ることが出来るのはとても良かった。 入学年度や卒業年度など忘れやすいが、それも自動計算してくれる点はかなり良いと思います。 (27歳・男性) 履歴書猿人 会員登録なしで利用ができ、フォントを13種類から選べる、生年月日を入れると学歴の入学年度、卒業年度を自動的に計算する機能などがあります。 入力した内容はPDFで保存でき、保存したファイルにはパスワードを設定することができます。 プレビュー機能が無いのが弱点です。 履歴書猿人のレビュー 履歴書のフォーマットを自由に変更出来るので、自分に最適のフォーマットで履歴書を作成出来る点です。 不満点は特に無いです。 (46歳・女性) フォントとか選べるし、色々多岐に渡るように作成できたところ(28歳・女性) 項目へ入力すれば良いので楽、背景はグレーなのが視認性に欠けていて、この部分がデメリットでした。 (34歳・男性) 5.スマホで履歴書を作成し転職活動にかかる手間を軽減しよう 手書きで履歴書を作成していた時は途中で間違えたら一から書き直す必要があるのでかなり記載に気を使いますよね。 対してスマホで履歴書を作れば、間違えたとしてもその部分だけ修正すればいいので簡単です。 字が汚くて手書きは嫌という方もいるでしょう。 自分の書く文字に自信の無い方にとってはスマホの履歴書は救世主的存在です。 入力が簡単で履歴書作成の手間が大きく減ることがスマホ履歴書のメリットです。 空いた時間を企業研究などに使えますので、より就職活動がうまくいきやすくなります。 ただ簡単にできてしまう分、うっかりミスをする可能性が高いのがデメリットです。 必ずプレビュー機能を使い誤字脱字が無いか確認しましょう。 また印刷して確認できるものは一度印刷し、全体としてどんな感じに見えるのか確認しておくのがいいでしょう。 手軽に作れるからといって、履歴書作成に手を抜いていいわけではありません。 履歴書は就活においてかなり重要なファクターです。 記載内容は手書きのものと同様、しっかりとした内容を入力してください。 丁寧な履歴書作成を心掛けスマホ履歴書を活用し、転職活動を成功させましょう。

次の

スマホで完結!履歴書・職務経歴書作成ツール|anata

履歴書 スマホで作成

履歴書は「バイト用」「資格重視用」「自己PR用」の3種類• 入力内容を履歴書(3種類とも)、職務経歴書をフォーマットに直してPDF化• 作成したPDFは、ネットプリント・PrintSmashアプリを通じて全国のコンビニで印刷可能• アプリからさまざまな場所にメール送信可能• スマホのカメラで顔写真を撮影し、好みのサイズに切り抜いて履歴書へ貼り付けできる!• Facebookと連動!名前・生年月日・住所入力の手間が省ける• 学歴は生年月日と在籍年数から自動入力できる!• どんな学歴でも大丈夫!自由に編集可能• 文面例のテンプレートを引用できる 実際にアプリを利用する 開くボタンを押してアプリを起動すると、「Facebook連動」「そのままはじめる」と選択画面が出てきます。 編集画面となります。 履歴書を入力するには、右上の「+」表示されたボタンをタップ。 ここで「履歴書」か「職務経歴書」を選べます。 履歴書をタップします。 ここでもFacebookと連動もしくは、アドレス帳から簡単入力することができます。 プロフィール写真の「+」をタップして、写真を入れ込みましょう。 「撮影する」「既存の写真を選択」とあるので、撮影するをタップします。 好きなアプリケーションで撮影し、右下「選択」ボタンを押します。 これで証明写真の入れ込みが完了しました。 志望動機の項目欄に、参考となる文面例が載っているので見てみましょう。 志望動機の欄まで下にスクロールし、「例文入力」をタップします。 ここで例文を見ることができ、タップするとそのまま引用することが出来ます。 志望動機で悩んでる方はぜひ活用しましょう。 入力し終えたら、履歴書を保存します。 タイトルの入力画面が出てきます。 入力し終えたら「保存する」をタップ。 これで保存完了です。 ペンマークをタップすることで編集できます。 印刷する場合は、「出力」をタップします。 出力画面へと切り替わりました。 ファックスマークをタップします。 フォーマットを選択と出てくるので、今回「バイト用」をタップします。 プレビュー画面が出てきました。 プレビューを押します。 「OK」を選択後、アプリケーションの選択が出てくるので自分の使い易い方をタップし進みます。 ここで、実際の履歴書がどのように印刷されるかチエック可能です。

次の