ホタルノヒカリ キャスト。 ホタルノヒカリのドラマネタバレをご紹介!干物女の生態とは?

【徹底検証】ホタルノヒカリ2007の無料フル動画サイト一覧!pandoraとdailymotionも

ホタルノヒカリ キャスト

恋を半ば諦め、家でぐうたらな生活を送る主人公・雨宮蛍 あめみやほたる を演じたのは綾瀬はるかです。 蛍が格安で借りた一軒家に、上司の高野部長が引っ越してきたことから不思議な同棲生活が始まりました。 シーズン1では手嶋マコトに恋をし結ばれますが、シーズン2では部長と結ばれプロポーズを受けました。 綾瀬はるか自身の柔らかく天然なキャラクターと、本作で演じた干物女・蛍は見事にマッチし、『ホタルノヒカリ』は彼女の初期の代表作に。 しかし、その後NHK大河ドラマ『八重の桜』では男勝りな主人公・新島八重を演じ、2016年から放送された大河ファンタジードラマ『精霊の守り人』では短槍使いの用心棒・バルサに扮しました。 はまり役と言われた『ホタルノヒカリ』の蛍のイメージにとらわれず、殺陣やアクションにも挑戦できる女優として成長したことで、幅広い作品に出演するようになった綾瀬はるか。 2019年には2度目の大河ドラマとなる「いだてん」に、主人公を支える妻・春野スヤ役で出演しています。 蛍の会社の上司・高野部長は藤木直人が演じました。 妻と別居中だった部長が実家に戻ると、そこには部長の父から家を借りたという部下の雨宮蛍がいたのです。 キレイ好きで几帳面な部長は、正反対の性格の蛍と一緒に生活することで徐々に彼女に惹かれていきます。 シーズン1では蛍の恋を応援しましたが、シーズン2では無事結ばれプロポーズしました。 演じた藤木直人は、1995年に公開された映画『花より男子』の花沢類役で俳優デビューしました。 以来、ドラマ、映画、舞台にと、数々の作品に出演。 さらに俳優としてだけでなく、トーク番組『おしゃれイズム』のパーソナリティーを長年務めたり、音楽活動もしたりとマルチに活躍中です。 蛍の会社の上司で、頼れる先輩でもある山田早智子を演じたのは板谷由夏です。 早智子は仕事だけでなく恋愛も積極的、いわゆる干物女とは真逆のデキル女。 蛍と部長の関係を知る、数少ない人物でした。 シーズン1では企画部のディレクターでしたが、シーズン2ではチーフプランナーを経て、営業企画部部長まで昇進しています。 板谷由夏はもともとファッション雑誌の専属モデルでしたが、映画『NANA』の監督で知られる大谷健太郎に見いだされ、女優へと転身。 福山雅治が主演を務めた月9『パーフェクトラブ! 』出演を皮切りに、女優として知名度をあげていきました。 2007年にスタイリストである古田ひろひこと結婚。 2人の男児を出産し、現在は2児の母です。 2019年現在は女優業の他にも、報道番組のキャスターを務めるなど、多岐にわたって活躍しています。 蛍の会社の経理部次長で、高野の大学時代からの友人・二ツ木昭司を演じたのは安田顕です。 シーズン2では山田早智子と恋人になり、度々、高野に結婚の相談をしていました。 安田顕は大学時代に演劇研究会に入り演劇の世界に魅せられたことで、平行して劇団員としても活動を始めます。 その後1993年に芸能プロダクション・CREATIVE OFFICE CUEに加入し、本格的に芸能活動を開始。 大学時代の後輩でもある俳優の大泉洋がレギュラーを務めていた、北海道のバラエティ番組にスーツアクターとして出演するようになったことをきっかけに、その名が広く知られるようになっていきました。 現在はNHK大河ドラマ、連続テレビ小説を始め、様々な作品に出演する個性派俳優として活躍しています。 蛍が働く会社のインテリア事業部企画ディレクターで、みんなの兄貴的存在の神宮司要を演じたのは武田真治です。 広島弁が特徴で、優華のことを想っていますがなかなか気持ちを伝えられませんでした。 演じた武田真治は1989年、高校生の時に出場した「ジュノンボーイ」でグランプリに選ばれ芸能界入り。 「フェミ男」ブームにのって人気を獲得し、1990年に放送されたドラマ『なかよし』で俳優デビューを果たします。 元々、俳優を目指していた訳ではなく、サックスプレイヤーになることが自身の夢だったため、プロサックスプレイヤーとしても活動しています。 』では度々演奏を披露していました。 蛍が働く会社の同期で営業アシスタントの曽野美奈子を演じたのは浅見れいなです。 美奈子はお調子者キャラで周囲の人物と分け隔てなく接することが得意ですが、それが原因であまりモテません。 公式ホームページで配信されたスピンオフミニドラマ『メンズホタルノヒカリ』では、トラブルの中心になることもありました。 演じた浅見れいなは、グラビアアイドルとして芸能活動を始め、後にファッション雑誌「SEVENTEEN」のモデルとして人気を得ていきます。 同誌のモデルを卒業した後、ドラマや映画、バラエティー番組など幅広く活躍。 2019年現在は女優業をこなしながら、原点に戻ってモデル業にも力を入れており、人気ファッション誌「InRed」や「オトナミューズ」などで活躍中です。 ここ1、2年あまりテレビで見かけないような気がするのは、モデルとしての仕事にウエイトを置いているからでしょう。 蛍の会社で働くインテリア事業部デザイナー、三枝優華を演じるのは国仲涼子です。 優華は誰もが憧れるようなステキ女子。 干物女の蛍とは対照的な存在でした。 神宮司要に好意を寄せられているも、優華は手嶋マコトのことが好きでした。 しかし自分の気持ちを抑え、蛍とマコトの恋を応援するようになります。 演じた国仲涼子は、アルバイト中にスカウトされ芸能活動を開始。 2001年に放送された朝ドラ『ちゅらさん』でヒロイン・恵里役を演じ、大ブレイクを果たしました。 同作品で、数々の新人賞を受賞しています。 プライベートでは、2014年に放送されたドラマ『ハングリー! 』で共演した向井理と結婚。 2015年に第1子をもうけました。 その後女優として復帰しますが、2017年9月に第2子の妊娠を発表。 公私ともに順調といった様子ですね。 蛍が働く会社の若手デザイナー・手嶋マコトを演じたのは加藤和樹です。 マコトは、若手ですがデザイナーとしての実力は確か。 しかしシャイで素直な性格のため、蛍が干物女だということは知りません。 蛍と部長が同棲を解消したあと、蛍と共に住むようになりました。 演じた加藤和樹は、2002年のジュノンボーイにて最終選考者に残ったことで芸能界入り。 2008年にテニミュことミュージカル『テニスの王子様』で跡部景吾を演じ、一躍脚光を浴びます。 『ホタルノヒカリ』でゴールデンタイムの全国ネット連続ドラマ初レギュラー出演を果たし、徐々に知名度を上げていきました。 またこの頃、俳優活動と並行して歌手活動を開始。 2008年には日本武道館で単独ライブを行うまでに。 2019年現在は舞台を中心に俳優として活動しながら、15枚目のシングルをリリースするなど歌手としても活動中です。 蛍の会社の第1企画部プランナーで、シーズン2で蛍に思いを寄せる瀬乃和馬を演じたのは向井理です。 はじめは蛍のことを気に留めていなかった瀬乃ですが、徐々に何でも話せる仲になったことから蛍に告白します。 蛍は部長と瀬乃の間で揺れていました。 演じた向井理は、学生時代にバーテンダーとして働いていた頃、雑誌に街角のイケメンとして紹介され、それを見た現所属事務所のマネージャーにスカウトされて芸能界入り。 はじめはCMや雑誌での活動がメインでしたが、徐々に俳優としても頭角を現していきます。 2010年に放送された、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』ではヒロインの夫・村井茂役を熱演。 この頃から主演作が増えるようになり、2010年以降15作以上のドラマで主演を務めました。 先に紹介したように、ドラマの共演がきっかけで女優の国仲涼子と結婚。 2017年に第2子が生まれ、現在は2児の父です。 蛍の会社の後輩で、第1企画部アシスタントプランナーの桜木美香役を演じたのは臼田あさ美です。 美香の仕事のミスを蛍がカバーしたことから先輩として慕っていた美香ですが、瀬乃が蛍を好きだと分かると、蛍のことをライバル視するようになりました。 演じた臼田あさ美は、中学生の時、渋谷109前でスカウトされ読者モデルとしてデビュー。 2008年までは雑誌の専属モデルとして活動していました。 2003年にはドラマ『ひと夏のパパへ』に出演し、女優としての活動も開始。 同時にバラエティ番組「メレンゲの気持ち」では司会にも挑戦しました。 2017年1月に、ロックバンド・OKAMOTO'Sのドラマー・オカモトレイジとの結婚を発表しました。 2018年に第1子を出産し、現在は1児の母です。 高野の大学時代の恋人であり、幼い娘を育てる未亡人・浅田小夏を演じたのは木村多江です。 シーズン2で、店を閉めるにあたって、高野に相談するようになります。 演じた木村多江は、高校時代に見た樹木希林のドラマ『台所の聖女』に感銘を受け、本格的に女優を目指すようになり、大学在学中より舞台女優として活動を始めました。 1999年に公開された映画『リング~最終章~』と『らせん』で貞子を演じ、注目されて以降は、『救命病棟24時』『白い巨塔』など数々の話題作に出演する女優になりました。 2008年に公開された初主演映画『ぐるりのこと。 』では、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞などの賞を総なめにし、2019年現在も演技派女優として活躍中です。 浅田小夏の娘で、おちゃめな少女・浅田千夏を演じたのは当時子役だった石井萌々果です。 高野のことを「パパ」と呼んでいた千夏ですが、小夏に指摘されてからは「部長さん」と呼ぶようになります。 演じた石井萌々果は、0歳7か月で「セントラル赤ちゃんタレント」に所属し、赤ちゃんモデルとして活動を始めました。 そんな中、2009年に放送された『マイガール』では相葉雅紀演じる主人公の娘・笠間コハルを熱演。 「第13回日刊スポーツ・ドラマグランプリ」の秋ドラマ選考助演女優賞を受賞し注目されました。 2014年からはアイドルグループ「Pocchimo」のメンバーとして歌手活動をしていましたが、2019年現在はグループを卒業しています。 出演本数は多くありませんが、女優としての活動は現在も続けているようです。

次の

映画ホタルノヒカリがテレビで!あらすじとネタバレは?「手越祐也が松雪泰子の弟役で登場」

ホタルノヒカリ キャスト

会社では小綺麗な服に身を包み仕事もテキパキとこなすOL、しかし家に帰ると一転、散らかし放題でジャージにちょんまげ頭でぐうたらする「干物女」を綾瀬はるかが演じた、ひらうちさとるの漫画原作の人気ドラマ『ホタルノヒカリ』。 外ではバリバリ働いても、家では思い切り気を抜きだらしなく過ごす干物女の生活スタイルが世の女性の共感を呼び、2007年のパート1の平均視聴率は13. さらに続編を望む声から、翌2011年には映画化が実現。 1ヶ月以上に渡る海外ロケを敢行し、イタリア・ローマを舞台にした蛍とぶちょおのハネムーン騒動が描かれました。 恋愛するより家で寝ていたい干物女・雨宮蛍を演じるのは綾瀬はるか。 イタリアに行ってもホテルの部屋では日本と変わらぬ干物っぷりを見せてくれます。 綾瀬はるかは1985年3月24日生まれ、広島出身の女優。 2000年にデビューして以来、これまでに数々の映画やドラマで主演を務めています。 ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』で役のために坊主になる体当たりな演技で話題をさらい、代表作となった『ホタルノヒカリ』から大河ドラマ『八重の桜』まで幅広い演技で観客を魅了しています。 また2017年10月スタートのドラマ『奥様は、取り扱い注意』、2018年2月公開予定の映画『今夜、ロマンス劇場で』などの主演作品が控えており、30歳を過ぎてもその活躍の勢いはとどまることを知りません。 結婚して2年がたった高野夫妻。 蛍とぶちょおは相変わらず縁側のある家で仲睦まじく暮らしています。 正月にぶちょおは蛍をローマへの新婚旅行に誘いますが、面倒臭がりの蛍はなかなか準備ができず、ついに夏になってしまいます。 しかし二ツ木夫妻から、映画『ローマの休日』の観光スポット巡りがぶちょおの夢だと吹き込まれた蛍は、いよいよ重い腰を上げぶちょおとのイタリア・ローマのハネムーンへと旅立ちます。 張り切ってぶちょおを観光案内し仕事の時のようなしっかり者の面を見せる蛍でしたが、ローマの休日の観光スポット巡りがぶちょおの夢ではないと知った蛍は一気にやる気を失い、思い切りくつろげる我が家に帰りたくなってしまいます。 結局、昨晩ぶちょおは取引先のイタリア人に懇願され、死んだ妻の代わりにと一晩中踊っていたのでした。 また、干物男の持っていた怪しい白い粉の正体は白玉粉。 昔は白玉団子を作ってくれた優しい姉だったと言います。 蛍はチヴィタへと向かう道中で、莉央から悲しい過去の告白を聞いていました。 自分が面倒臭がって行かなかった旅行先で、夫と一人娘が事故で死んでしまったのだと。 蛍から事情を聞いたぶちょおは、一緒になって莉央の家族写真が舞い散った湖から一枚一枚拾い上げます。 莉央は写真を見て、事故後ずっと我慢していた涙を初めて流します。 つられて蛍も妙な顔になってもらい泣き。 励ますのか泣くのかはっきりしろと莉央に怒られ、2人は号泣するのでした。

次の

【徹底検証】ホタルノヒカリ2007の無料フル動画サイト一覧!pandoraとdailymotionも

ホタルノヒカリ キャスト

ぶちょおとの結婚が現実味を帯びてきた最近の。 「結婚するためには、我慢が必要」とテレビで話す落語家に触発され 新しい目標「我慢美女」を掲げる。 そんなホタル、ぶちょおから、小夏と一緒に沖縄料理屋に誘われる。 しかし、その翌日… なんと!ホタルの顔に大量のじんましんが… 病院では「心因性じんましん」と診断されるが 「我慢できなきゃ結婚できない」と、じんましんを必死に耐えていた。 そんな折、と山田姐さんは 「ホタルのストレスはチューもしてないことに違いない!」 とぶちょおをたきつけていた。 悩みながらもホタルのためにチュー を決意したぶちょお。 ところが当のホタルは…。 結婚に一番必要なのは 結婚力 キャストロールの順番に意味があることをご存知ですか? 大抵はこんな順番で並んでいます。 n番手 キャストロールにおいて、序盤に表示される役。 たいてい2〜5番目の役を指すのに使用される。 これらの役者の重要度は並び順な事が多い。 中軸 キャストロールにおいて、中盤に表示される役で、 基本的にトメGに比べると重要度は低い。 トメ前 キャストロールにおいて、最後から2番目に表示される役で、 殆どの場合において、物語の鍵を握る役に相当する。 トメには劣るが、ドラマによってはトメと同等の影響力を持つ。 トメ キャストロールにおいて、最後に表示される役で、 殆どの場合において、物語の鍵を握る役に相当する。

次の