軽減 税率 対策 補助 金。 「助成金」や「補助金」を受給した際の勘定科目の仕訳・会計(消費税・課税等の税金)処理について

中小企業庁:軽減税率対策補助金の期限を延長します

軽減 税率 対策 補助 金

中小企業庁は、今年10月の消費税軽減税率制度の実施に向けて、軽減税率に対応するレジの導入等を補助金により支援してきましたが、中小事業者による対応レジの導入を幅広く促進するため、補助金の手続要件を変更します。 1.現行制度における補助対象期間について 軽減税率対策補助金は、2016年3月29日~2019年9月30日までに軽減税率対応レジの設置・支払いが完了したものを本補助金の補助対象としています。 一方、レジの売買契約から支払い完了まで通常、数週間程度を要することから、現行の要件では、9月中に設置できるレジも補助の対象外になるおそれがあります。 また、8月後半以降の売買契約が補助金の対象とならない可能性を考慮し、レジメーカー・販売店が受注を抑制せざるを得ない状況にあります。 こうしたことに対応するため、軽減税率制度の円滑な実施を図り、中小事業者による対応レジの導入を幅広く促進する観点から、現行制度における上記補助対象期間に関する取扱いについて、以下2.及び3.のとおり手続き要件を変更するとともに、レジメーカー・販売店に対して要請を行います。 2.手続要件の変更について 本補助金の公募要領において軽減税率対応レジの「設置・支払いの期限」を提示することに変えて、軽減税率制度が始まる今年10月1日の直前(9月30日)までにレジの導入・改修に関する「契約等の手続きが完了」していることを、本補助金の対象要件とするように各種規定類を改めることとします。 これにより、9月30日以降に設置・支払いが行われるものも本補助金の対象となります。 なお、補助金の申請はレジの設置・支払い後になるため(事後申請)、12月16日の補助金申請期限までに設置・支払いを完了する必要があります。 レジメーカー・販売店への要請 レジメーカー・販売店においては、9月30日までのレジの納入に最大限取り組んでいただくとともに、そうした対応が難しい場合にあっても、以下の対応をとるよう、8月28日のレジメーカーを集めた会合において要請します(詳細は別添参照)。 在庫余力のある対応レジの導入促進• 対象事業者が必要とする対応レジを最適に供給するための取組• 早期納入の追求、納入見通しの報告• 対象事業者が現在使用するレジの応急設定変更• 対応レジを必要としない対応方法の周知• 対象事業者が希望する対応レジを納入するまでの実機による対応 関連資料• 担当 中小企業庁総務課 中小企業政策統括調整官 春日原 担当者:竹尾、増田 電話:03-3501-1511(内線 5151~5) 03-3501-1768(直通) 03-3501-6801(FAX).

次の

キャッシュレス決済端末導入における軽減税率対策と補助金対象の違い

軽減 税率 対策 補助 金

2019年10月から開始する軽減税率の導入と消費税の増税。 これに伴って、レジの入れ替えや消費減が懸念されており、国は様々なサポート制度を実施しています。 軽減税率対策補助金とキャッシュレス消費者還元事業もその一つで、決済端末を導入する場合にはこれらの制度を導入することができます。 ——しかし、似たようなこの2つの制度はどのような違いがあり、どちらを活用するほうが良いのでしょうか? 今回は、中小事業者にとって軽減剤率対策補助金とキャッシュレス消費者還元事業がどのように違うのかということについてわかりやすくご紹介していきます。 2つの制度について そもそも、軽減税率対策補助金とキャッシュレス消費者還元事業はどのような制度なのでしょうか? 軽減税率対策補助金とは? 軽減税率対策補助金とは、2019年10月から開始される軽減税率に事業者の対応を支援する目的でレジ及びクレジットカードなどの決済端末を導入する際の費用を経済産業省が補助する制度です。 これは事業者にとって大きな負担になることが考えられます。 特に飲食店では、店内で食事をするお客様とお持ち帰りされるお客様で税率が異なるためです。 極めつけには店内で飲食をされて、さらに家族や友人のために商品をテイクアウトされた場合は、税率を分けて販売する必要があります。 このような計算を人間がやっていたのでは、必ずミスは発生してしまいます。 するとレジの締め作業が複雑になったり、決算期になって「お客様から税金をもらいすぎていた」あるいは「お客様から税金をもらっていなかった」ということが起こったりする可能性もあるのです。 軽減税率対策補助金は同時にキャッシュレス決済の導入に必要な端末を購入する金額も制度の対象となるため、レジ本体と合わせてキャッシュレス端末の購入を検討している場合はこの制度を活用したほうがお得になります。 キャッシュレス消費者還元事業とは キャッシュレス消費者還元事業は、2019年10月から開始する増税に合わせて消費者の負担を減らすために、またオリンピックに向けてキャッシュレス化を推進するために国が企画した制度です。 本事業に参画する店舗でキャッシュレスの支払い方法を選択することで、ポイントが付与されるため、消費者は事業に参画する店舗で好んで買い物をすることが期待されています。 また、キャッシュレス決済に必要な手数料や端末の導入費用も国や決済事業者によって負担してもらうことができるため、期間中は店舗が負担少なくキャッシュレス決済を導入することが可能なのです。 また、導入してからも集客効果増・決済手数料の負担減という嬉しい特典があるため、軽減税率対策補助金とは異なり長期的なメリットがあると考えることができます。 どちらの制度を利用するのが良いか? さて、それでは具体的にどのような場合にこれらの制度を使うかということになりますが、結論を言うとできる限りキャッシュレス消費者還元事業を利用する方向で考えたほうが良いでしょう。 軽減税率対策補助金を活用して良い場合というのは、例えばレジを導入する場合に決キャッシュレス済端末をセットで契約することができるような場合くらいです。 一方のキャッシュレス消費者還元事業では、全額を国と決済事業者に負担してもらうことができます。 さらに事業に参画していると、お客様は「ポイントが多く付与されるから」と考えて皆さんのお店で買い物をしたいと考えることでしょう。 このように、キャッシュレス消費者還元事業のほうがイニシャルコストのメリットだけでなく、向こう1年間のメリットがあるため、キャッシュレス消費者還元事業制度を導入することをおすすめします。 いち早く導入したい場合は軽減税率対策補助金の利用も 上記ではキャッシュレス消費者還元事業を利用することをおすすめしましたが、本事業は現在人気が高く、審査も必要であるため、審査手続きに時間がかかってしまい、なかなか小規模店舗がすぐに参画できない状況に陥っています。 しかし消費増税は10月1日から開始となっており、時間だけが過ぎていってしまうと時代の波に乗り遅れてしまうことも考えられます。 もちろん軽減税率対策補助金も審査が必要であるため、一定の期間が必要になりますが、現段階ではこちらの制度のほうが審査のスピードは早いかもしれません。 このため、審査が通らなかった場合やいち早く決済端末やレジを導入したいと考えている場合はこちらの制度を利用することも検討しても良いかもしれません。 開業に関するお悩みなら開業の達人まで! 当サイトでは起業・独立・開業を目指している方へお得なサービス実施中です。 スムーズな経営の実現のために御社に合った税理士の紹介や、創業時の融資支援を実施中です。 一度お気軽にお問い合わせください!.

次の

特集

軽減 税率 対策 補助 金

軽減税率対象商品を将来にわたり継続的に販売するために複数税率対応レジ又は区分記載請求書等保存方式に対応した請求書等を発行する券売機を導入又は改修する必要のある事業者が使える補助金です。 軽減税率対象商品を将来にわたり継続的に取扱うために、電子的受発注システムの改修・入替を行う必要がある事業者が使える補助金です。 軽減税率に対応するために必要となる区分記載請求書等保存方式に対応した請求書管理システムの改修・導入を行う必要がある事業者が使える補助金です。 「所得税法等の一部を改正する法律」の成立日 2016年3月29日 から 2019年9月30日までに 補助対象機器等の売買契約やシステムの導入・改修に係る契約を締結しているものが支援対象となります。 なお、A-5型、A-6型、C型においては、 2019年1月1日から 2019年9月30日までに補助対象機器等の売買契約やシステムの導入・改修に係る契約を締結しているものが支援対象となります。 申請受付期限 2019年12月16日までに申請(事後申請)してください。 A型は、レジの種類や複数税率への対応方法(導入/改修)により 合計6種類の申請方式に分かれます。 複数税率対応の機能を有するPOS機能のないレジを対象機器とし、その 導入費用を補助対象とします。 複数税率非対応のレジを、対応レジに 改修する場合の費用を補助対象とします。 複数税率対応した継続的なレジ機能サービスをタブレット、PC、スマートフォンを用いて利用し、レシートプリンタを含む付属機器を組み合わせてレジとして新たに導入するものを補助対象とします。 POSレジシステムを複数税率に対応するように 改修又は導入する場合の費用を補助対象とします。 券売機を区分記載請求書等保存方式に対応するように 改修又は導入する場合の費用を補助対象とします。 消費税軽減税率制度の実施前に、複数税率対応レジ等の 商品マスタ設定をする場合の費用を補助対象とします。 A-2型、A-6型を除く.

次の