四日市 中央 工業 サッカー。 四日市中央工業高校(三重)

四日市中央工業高校・選手リスト

四日市 中央 工業 サッカー

名将樋口監督にとって引退前の最後の全国高校サッカー選手権大会となる第97回大会で、見事本戦出場を果たした 三重県代表四日市中央工高サッカー部 について、2019注目選手やスタメン予想、出身中学(中学時代所属クラブ)もわかるメンバープロフィールなどをご紹介していきます。 各選手の 戦力PRポイントもあわせて掲載していますので観戦の際に参考にしていただきたいです。 J1松本に入団内定している DF山本選手をはじめ、U-17日本代表のMF和田選手、森選手、田口選手など2年生に豊富なタレント陣を揃え全国でも十分に上位を狙えるチームとなってきました。 そんな四日市中央工高サッカー部の気になる2019主力メンバーや注目選手などについて詳しく見ていきましょう! Sponsored Link 三重県代表四日市中央工高サッカー部とは?名将引退 三重県代表四日市中央工高(工業高校)はは三重県四日市市にある公立の共学校です。 サッカー部の創部は1963年と古く50年以上の歴史がある伝統の部です。 部員数は122名。 主な全国大会の最高成績は、あのレフティーモンスターと呼ばれた 小倉選手を擁した1991年の第70回高校サッカー選手権大会で見事全国制覇を成し遂げています。 (帝京高校との両校同時優勝) インターハイでも1983年、1984年と2年連続で優勝を飾っている名門強豪校です。 2019年には名将樋口監督もついに引退します。 指揮官の最後に大きな結果を残すことが出来るのか注目されています。 なお、高校OBの選手には、先述の小倉隆史さん(元名古屋など)、中西永輔さん(元市原ほか)、浅野拓磨選手(ハノーファー)などなど多数います。 Sponsored Link まとめ J1内定の山本選手もいる三重県代表四日市中央工高サッカー部の2019主力メンバーやスタメン予想などご紹介してきました。 名将と言われた樋口監督も2019年に引退します。 勇退する指揮官に日本一という大きな結果を届けられるのか注目が集まります。 第97回全国高校サッカー選手権大会では1回戦で秋田県代表の秋田商業高校と対戦します。 大きな目標に向かう大事な一戦となりますね。 是非注目して観戦したいと思います。 チームの最新情報は入り次第随時更新していきます。 1追記 秋田商業との初戦は残念ながら0-2で敗れました。 今後の活躍に期待しましょう! 詳しい試合結果はです。 (JFAホームページが開きます) 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

四中工サッカー部のメンバー2019

四日市 中央 工業 サッカー

3年ぶりに全国高校サッカー選手権への出場を決めた三重県立四日市中央工業高校サッカー部(以下、四中工)。 四中工は1991年の選手権で両校優勝を決め、2011年には準優勝にも輝いた名門だ。 これまで、浅野拓磨選手(独・ハノーバー)ら多くのトッププレーヤーを排出している。 今回、四中工のユニフォームサプライヤーであるumbroが、全国制覇を果たすために新兵器スパイク「ACCERATOR」を練習グランドに用意した。 ACCERATORは、日本人のために企画されたスパイクで、足幅が広い足にもフィットするように設計されている。 ・日本人好みのポイントを実現・・・何度もテストして生み出された絶妙な高さのポイントが、ピッチに確実に突き刺さってから抜けやすい構造になっている。 ・最高のホールド感を堪能・・・マイクロファイバー素材により中ズレが起きにくく、どのような動きにも対応ができる。 紐を解いて足を入れてから立ち上がり、再び座ってから紐を結び、前後左右に軽く動いてからリフティングやパス交換を開始した。 今回、ACCERATORを履いてプレーした選手達。 左から、荒堀塔矢選手、中村健人選手、山本龍平選手、矢田聖真選手、森島秀選手。 強く踏み込めるのもポイントとなります。 中村:スパイクは軽さとポイントの高さを重視しています。 僕はFWなので、ポイントがしっかり刺さってスムーズに動けるものが良いですね。 山本:自分はセットプレーで競り合うことが多く、スパイクの裏を見てから使用するものを決めています。 しっかり踏み込めて、滑りにくいものが好きです。 矢田:ポイントが刺さり過ぎないで、ボールを蹴りやすいスパイクが良いですよね。 デザインから入り、フィット感を重視しています。 森島:自分の持ち味であるアジリティーを発揮するために、滑らないで強く踏み込めるものが好きですね。 その後、パス回しをし、ゴールとGKを配置して実戦さながらのゲームが行われた。 試合に出るためには、激しいポジション争いに打ち勝たなければならない。 選手達は必死に体をバチバチぶつけ合い、1プレー1プレーに集中していた。 白熱したゲーム後に、何度も猛ダッシュ・ドリブルをして全体練習は終了した。 横だけでなく縦も丁度良い長さで、フィット感が最高でした。 カカトのホールド感がしっかりしていて、ポイントの刺さり具合が絶妙だと思います。 中村:カンガルー革が凄く好きで、横ズレもなく動きやすかったです。 ポイントが確実に刺さり、素足に近い感覚で蹴っているように感じました。 ACCERATORの色がユニフォームと合っているので、かなり気に入ってます。 山本:通常、スパイクを履き始めた時に足が痛くてなるんですが、ACCERATORはフィット感が凄く良いのですぐに馴染みました。 ターンする時にズレがなく、ボールを蹴る時にしっかりと踏み込めるので良いですね。 ユニフォームのデザインに合っているので愛着が湧きます。 矢田:ポイントが引っかからないので走りやすく、強いボールを蹴ることができました。 トラップをした時にボールが吸い付いたので、ACCERATORであれば戦うことができますね。 森島:良い感じでフィットしますし、激しく動いていても滑らなく、しっかりと踏み込んで止まることができますね。 トラップをする時にしっかりと吸収してくれるので助かります。 ACCERATORを履くと、四中工との一体感を感じます。 このようなスパイクは、他にないですからね。 新兵器スパイクを手にしたことで、戦いの準備は整った。 ACCERATORを履いて全国制覇を目指す、四中工の戦いに注目したい。 [関連記事].

次の

四日市中央工業高校

四日市 中央 工業 サッカー

名将樋口監督にとって引退前の最後の全国高校サッカー選手権大会となる第97回大会で、見事本戦出場を果たした 三重県代表四日市中央工高サッカー部 について、2019注目選手やスタメン予想、出身中学(中学時代所属クラブ)もわかるメンバープロフィールなどをご紹介していきます。 各選手の 戦力PRポイントもあわせて掲載していますので観戦の際に参考にしていただきたいです。 J1松本に入団内定している DF山本選手をはじめ、U-17日本代表のMF和田選手、森選手、田口選手など2年生に豊富なタレント陣を揃え全国でも十分に上位を狙えるチームとなってきました。 そんな四日市中央工高サッカー部の気になる2019主力メンバーや注目選手などについて詳しく見ていきましょう! Sponsored Link 三重県代表四日市中央工高サッカー部とは?名将引退 三重県代表四日市中央工高(工業高校)はは三重県四日市市にある公立の共学校です。 サッカー部の創部は1963年と古く50年以上の歴史がある伝統の部です。 部員数は122名。 主な全国大会の最高成績は、あのレフティーモンスターと呼ばれた 小倉選手を擁した1991年の第70回高校サッカー選手権大会で見事全国制覇を成し遂げています。 (帝京高校との両校同時優勝) インターハイでも1983年、1984年と2年連続で優勝を飾っている名門強豪校です。 2019年には名将樋口監督もついに引退します。 指揮官の最後に大きな結果を残すことが出来るのか注目されています。 なお、高校OBの選手には、先述の小倉隆史さん(元名古屋など)、中西永輔さん(元市原ほか)、浅野拓磨選手(ハノーファー)などなど多数います。 Sponsored Link まとめ J1内定の山本選手もいる三重県代表四日市中央工高サッカー部の2019主力メンバーやスタメン予想などご紹介してきました。 名将と言われた樋口監督も2019年に引退します。 勇退する指揮官に日本一という大きな結果を届けられるのか注目が集まります。 第97回全国高校サッカー選手権大会では1回戦で秋田県代表の秋田商業高校と対戦します。 大きな目標に向かう大事な一戦となりますね。 是非注目して観戦したいと思います。 チームの最新情報は入り次第随時更新していきます。 1追記 秋田商業との初戦は残念ながら0-2で敗れました。 今後の活躍に期待しましょう! 詳しい試合結果はです。 (JFAホームページが開きます) 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の