アブ ノーマ リティ 一覧。 Lobotomy Corporation(ロボトミーコーポレーション)のアブノーマリティまとめ (9/12)

カテゴリ:Abnormalities

アブ ノーマ リティ 一覧

このゲームにおけるメイン要素。 このアブノーマリティに作業をすることによって生産されるエネルギーを集めるのが管理人 プレイヤー の使命となる。 彼らは Lobotomyという企業によって確保、収容されて始めて作業を行うことができる。 管理日数を重ねていく毎に収容されるアブノーマリティが多くなっていき、その分管理も忙しく、全体的な難易度も上昇する。 ゲーム内では数多くのアブノーマリティを収容することができるが、それぞれが非常に個性豊かで、会社で働く職員に肉体的、精神的ダメージ与えることはもちろん、そのまま 殺害してしまったり、 パニックに陥らせたり、 脱走したり、 変異させてしまったり、 操ったり、 捕食したりと、様々な手段を用いて企業に損害を与えてくる。 その一方で、エネルギー生産以外にも職員を 癒したり、 強化したり、 脱走したアブノーマリティの鎮圧を手伝ってくれたりと、施設に恩恵をもたらすものも存在する。 アブノーマリティ毎に作業に好みが存在しており、上記の行動や特殊能力は、彼らが嫌いとする作業を実行することが原因、理由となって発動することが多い、• しかし、作業結果が良い(=そのアブノーマリティの好きな作業をする)ことによって特殊能力が発動したり脱走したり、果てには選択した作業や職員のステータスなどの条件によって職員を即死させる奴らもいるため、初見で作業するときはとても疑心暗鬼になりやすい。 まあそういうのがこのゲームなのだが ツール型アブノーマリティ• 普通のアブノーマリティとは違った、ツール型アブノーマリティーという種類がある。 この種類の特徴としては、• 道具として利用できる• クリフォトカウンターが存在しない• 作業命令ができないが、代わりに使用命令ができる• そのためE-Boxもなく、PE-Boxによる情報開示ができない• 観測レベルは総使用回数、総使用時間によって解放される• EGOが存在しない• 一部門につき一つ、部門の中で一番最後に追加される といったものが挙げられる。 危険度が低い階級であっても、即死条件もかなり引っかかりやすい。 というか、ZAYINのくせに滅茶苦茶なやつや、逆にHEくらいなのに凄く使いやすいパターンもある HE• 5段階の中で中間の危険度に位置する階級。 作業におけるダメージ、脱走した際の鎮圧難易度、管理方法の面倒さなど、ZAYINやTETHなどに比べて全体的に強化されている。 職員を即死させるアブノーマリティが少し多いのが初見では厳しいところか。 しかし、HEとは思えないほど管理方法が易しかったり、または絶対に収容したくないくらい面倒な奴らもいたりと、同じ階級でも管理難易度に大きな差があるのも特徴。 Oも実用的なのがちらほら見受けられる。 特にパニック中の職員を楽に鎮圧できるwhite属性武器が中盤では嬉しい。 微妙なものからHEにしては極めて優秀なもの、強力だがデメリットが厳しいものまで様々である。 ちなみに読み方「ヒー」ではなく「へー」。 ALEPH• 五段階の中で最も危険な段階に位置する階級。 にも関わらずひょっこりと現れては猛威を振るい、初心者~中級者管理人をリスタートに追い込む。 しかもなんと弾丸研究、ラビットチーム、セフィラ同期などの研究がままならない10日目~でも普通に抽選対象に入ってくるから恐ろしい。 とんでもない数のE-BOX、高い作業ダメージ、(一部除き)非常に面倒くさい管理方法と、管理難度も他とは頭一つ抜け出ている。 しかも現在実装されているものは全員脱走することができる。 脱走してもうまくエージェントと接触しないよう移動させれば、一応回避はできるが、そもそもそれが通用しない奴もいる。 演出面も非常に派手なものが多く、画面を乗っ取ったり、特殊な操作があったり、最終的には 時間やメニューに対する操作を制限されたりと、画面越しの精神攻撃も非常にキツいものになっている。

次の

Standard Training

アブ ノーマ リティ 一覧

すべてのアブノーマリティは存在の理由がないかもしれない、 しかし存在する意志はあります。 Every Abnormality may not have [a] reason to exist, but have [has an] intention to exist. - のフレーバーテキスト アブノーマリティは、その名前が示すように、従来の手法や現代科学では説明不能な異常存在であり、世界中で様々なアブノーマリティが発見されています。 また、それは同時に桁外れのエンケファリン(エネルギー源)を放出します。 文字や数字で分類され、見た目や能力から連想される名称がつけられ、そのは様々です。 多種多様なアブノーマリティがエンケファリン抽出のため、Lobotomy Corporation に送られてきます。 また、それらエンケファリンは、施設へのエネルギー供給や 説明されていないパワーなるものに使用されます。 危険度順に並べられ()、与えるダメージ属性により色で分類されます()。 収容室が割り当てられず、作業によるエネルギー生成が行われない存在が施設に発生します。 それらはと呼称され、クリフォトカウンター暴走と共に発生します。 根源分類 1つ目のアルファベットは、アブノーマリティの 根源分類です。 F : T : O : D : タイプ分類 2つ目の数字は、 タイプ分類です。 01 : 02 : 03 : 04 : 05 : 06 : 07 : 09 : シリアルナンバー 3つ目の数字は、 シリアルナンバーです。 危険レベル 最後のアルファベットは、です。 Z: T: H: W: A: 備考 アブノーマリティは のさまざまなSCPオブジェクトに彼らはとても似ており、公式サイトにはSCPシリーズや、 などからインスピレーションを受けたという記載があります。 アブノーマリティリスト No. Enc. Enc. Port Name 日本語MOD 分類番号 攻撃タイプ 危険レベル 作業成功率 気分減少 基礎気分値.

次の

Lobotomy Corporation攻略 Wiki

アブ ノーマ リティ 一覧

すべてのアブノーマリティは存在の理由がないかもしれない、 しかし存在する意志はあります。 Every Abnormality may not have [a] reason to exist, but have [has an] intention to exist. - のフレーバーテキスト アブノーマリティは、その名前が示すように、従来の手法や現代科学では説明不能な異常存在であり、世界中で様々なアブノーマリティが発見されています。 また、それは同時に桁外れのエンケファリン(エネルギー源)を放出します。 文字や数字で分類され、見た目や能力から連想される名称がつけられ、そのは様々です。 多種多様なアブノーマリティがエンケファリン抽出のため、Lobotomy Corporation に送られてきます。 また、それらエンケファリンは、施設へのエネルギー供給や 説明されていないパワーなるものに使用されます。 危険度順に並べられ()、与えるダメージ属性により色で分類されます()。 収容室が割り当てられず、作業によるエネルギー生成が行われない存在が施設に発生します。 それらはと呼称され、クリフォトカウンター暴走と共に発生します。 根源分類 1つ目のアルファベットは、アブノーマリティの 根源分類です。 F : T : O : D : タイプ分類 2つ目の数字は、 タイプ分類です。 01 : 02 : 03 : 04 : 05 : 06 : 07 : 09 : シリアルナンバー 3つ目の数字は、 シリアルナンバーです。 危険レベル 最後のアルファベットは、です。 Z: T: H: W: A: 備考 アブノーマリティは のさまざまなSCPオブジェクトに彼らはとても似ており、公式サイトにはSCPシリーズや、 などからインスピレーションを受けたという記載があります。 アブノーマリティリスト No. Enc. Enc. Port Name 日本語MOD 分類番号 攻撃タイプ 危険レベル 作業成功率 気分減少 基礎気分値.

次の