ぷらら v6 エクスプレス。 「ぷららv6エクスプレスの順次ご提供」というメールが届いたのですが、何か対応が必要でしょうか?

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

ぷらら v6 エクスプレス

最大の要因として、ユーザーが多すぎて混雑すると、渋滞状態になりネットが遅くなるんだ。 インターネットの速度がいつもより遅いと感じたことはありますか?いつもはサクサク動いてるのに・・・なんてことはよくあります。 これには原因があり、通信速度は利用している回線の品質で決まるものではありません。 同じ回線を利用している ユーザー数によって影響されます。 例えるなら道路 一直線の道路をイメージしてください。 そこを車で走るとなると、混んでいなければサクサク進みますよね。 当然、車が多くなれば 渋滞になります。 インターネットも同じなのです。 これは時間帯によっても影響を受けます。 日中は動作が軽いのに対し、夜間帯。 特に20時以降はインターネットの利用者数が非常に多くなる時間帯です。 当然、 渋滞が起きてしまうので速度が遅くなってしまうことが多々あるんです。 渋滞を解消するには接続方式を変える そのとおり。 そこで、道路を新たに新設した。 それがIPv6だ。 こういった現状は、年々光回線の普及率も上がっているので、各インターネット提供会社も充分承知の上です。 そこで、NTTは新しい接続方式を開発しました。 もう一本、新しい道路を作ったのです。 PPPoE方式とは? PPPoE方式とは、従来の接続方式の名称です。 インターネットに接続するために必要なのは、NTTが提供する光回線、そして各プロバイダー会社が提供するプロバイダーが必要です。 その光回線とプロバイダーを繋ぐ為に、 IPv4という接続口を使っています。 この場合、帯域が1Gbpsと決められており、これは道路に例えるとあまりに細いのです。 もちろん、 渋滞が起きやすく速度が遅くなりやすい傾向にあります。 IPoE方式とは? PPPoE方式に対し、新しく開発されたのがこの IPoE方式です。 IPoE方式では、 IPv6という全く別の接続口が使われるのです。 帯域は100Gbpsあり、PPPoE方式と比較すると100倍になり、現在でも利用者が多くはない為、渋滞が起きにくく通信速度が安定します。 要するに、このIPoE方式へ移行すれば、利用者数や時間帯を気にすることなく、快適にインターネットを利用することが可能となるのです。 デメリットもしっかり確認 実際IPv6に切り替えるだけでネットは速くなる。 ただし、デメリットもある。 そして、ぷららv6エクスプレスの強みは、このデメリットを解消していることなんだ。 ここまで紹介した内容を見ると、IPoE方式へ移行にあたりメリットしかないように思えますが、当然デメリットも存在します。 それは、IPoE方式に切り替えることで 一部のWebサイトが見れなくなる可能性があること。 接続方式が変わるということは、WEBサイトへのアクセス方式も変わってしまうということなのです。 ここで、ぷららv6エクスプレスの登場です。 ぷららv6エクスプレスはIPv4にもIPv6にも対応しているのです。 ぷらら光ならIPv4にもIPv6にも対応可能 ぷららv6エクスプレス 先述した通り、通信速度が解消されるのは嬉しいですが、WEBサイトが一部見れなくなるのは困ってしまいます。 そこで、この課題を解消するために IPv4 over IPv6という接続方法が存在します。 この接続方式を利用すれば、IPv4のサイトも閲覧可能ですし、渋滞しないIPv6の接続口が利用可能の為、通信速度が遅くなることはありません。 この接続方式をぷららが提供しているのが ぷららv6エクスプレスなのです。 申込は不要 ぷらら光を利用する場合、別途この ぷららv6エクスプレスに申し込みする必要はありません。 2018年3月1日以降に、ぷらら光を申し込みの人は標準機能で提供しています。 それより以前に申し込んでいる人は、準備が整い次第、順次自動的提供する仕様なので、どのみち 連絡等は一切不要です。 料金は発生しない このIPv4にもIPv6にも対応可能な素晴らしい接続方式 ぷららv6エクスプレスですが、なんと 料金は一切発生しません。 無料です。 もちろん、 初期費用も一切かかりません。 ファミリータイプ、マンションタイプ、それぞれで申し込んだ従来の月額料金で利用可能なのです。

次の

ぷららv6エクスプレス対応 Wi

ぷらら v6 エクスプレス

写真のホームゲートウェイはIPv6に対応するNTTのPR-500KI。 PR-500KIの設定画面。 パソコンのブラウザーからPR-500KIの設定画面にアクセス 192. 168. 1 できます。 IPv6サービスを契約中は、接続先設定(IPv4 PPPoE)画面の「編集」ボタンが無効(グレーアウト)になり、操作できません。 IPv4はPPPoE方式では「未接続」、IPoE IPv4 over IPv6 方式で接続します。 インターネット開通時はPPPoE方式なので「接続中」でした。 IPv6サービスの開始後は「未接続」になります。 切り替え作業はすべて回線事業者側で行います。 IPv6サービスを解約しない限り、接続先設定(IPv4 PPPoE)は「編集」できません。 2019年6月26日、DTI光は「OCNバーチャルコネクト」サービスの提供を開始。 上記は以前の「v6プラス」の内容になります。 IPv6対応のWi-FiルーターからIPv4 over IPv6 事業者変更後は以下の通り• 回線事業者(光コラボ):• VNE事業者( IPoE接続事業者):NTTコミュニケーションズ• ただし、ホームゲートウェイだけでは、IPv4は PPPoE方式になります。 これではIPv6接続サービスのメリットが十分に生かせません。 IPv4もIPv6と同じ IPoE方式で接続するには、ホームゲートウェイとは別にIPv6対応のルーターが必要です。 IPv4サイトにアクセスできない? 事業者変更による解約後、新事業者からインターネットに接続すると、ホームページページが閲覧できない? このとき、Googleのサービス(検索、Gmail、You Tubeなど)に繋がれば、IPv6接続はできています。 これはIPv4向けのサイトが閲覧できない状態です。 ほとんどのサイトはIPv6接続では閲覧ができません。 IPv4サイトに接続するには、接続先設定を変更します。 168. 接続先設定(IPv4 PPPoE)画面、状態が「未接続」ならば「 接続中」に切り替えます。 手順は 接続可をチェック後、操作「編集」ボタンから新事業者のユーザーIDとパスワードを設定。 何か変ですね? OCNバーチャルコネクトは対応ルーターが必要 IPv4 PPPoEの接続でも問題はありませんが、光コラボのIPv6サービスはIPoE IPv4 over IPv6 が利用できます。 「IPv4 over IPv6」とは、 IPv4向けのサイトもIPv6接続から閲覧できる技術です。 限られたIPv6サイトのためだけにIPv6接続をしても、通信の高速化は期待できません。 ぷらら光エクスプレスでは「IPv4 over IPv6(OCNバーチャルコネクト)」を利用するには、ルーターが別に必要です。 ホームゲートウェイを利用中の場合は、ルーター機能を無効にして、新たにOCNバーチャルコネクト対応ルーターを接続させなければなりません。 再びIPv4 PPPoEを無効にする ホームゲートウェイにIPv6 OCNバーチャルコネクト 対応ルーターを接続する場合は、IPv4 PPPoEを解除しなければなりません。 状態「 接続中」を「 未接続」に切り替えます。 表示された情報のゲートウェイ名の変化でわかります。 「ぷらら光」ぷららv6エクスプレス(OCNバーチャルコネクト) の場合 ゲートウェイが「ap. plala. jp」の場合はIPv4 PPPoE 接続 ぷらら光は、2019年12月1日以降の申し込みから ホームゲートウェイ(HGW)によるIPv4 over IPv6接続が可能に 新規契約者限定ですが、ぷらら光はホームゲートウェイだけでもIPv4 over IPv6接続が可能になりました。 従来通りWi-FiルーターをLANケーブル接続し、併用することも可能です。 2019年11月30日以前に申し込みした場合は 本記事で紹介した通り、IPv6 OCNバーチャルコネクト 対応ルーターが必要になります。 ぷらら光「マイページ」に 手続きが表示されても、設定を変更することはできません。 出典: ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続利用について plalaマイページに ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続利用についての 注意事項が追加されました。 ホームゲートウェイ(HGW)の型番が300番台以降である必要があります。 ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続を利用した場合、IPoE方式接続となり、PPPoE方式による接続はできません。 現在、対応ルーターでIPoE接続している場合は、ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続を「ON」にすることで、通信ができなくなる場合があります(対応ルーターでIPoE接続中にホームゲートウェイ(HGW)へIPoE接続を可能にするためのソフトウェアが配信されると通信ができなくなります)。 ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続を「ON」に変更する場合は、事前にホームゲートウェイ(HGW)からPPPoE接続を行い、対応ルーターを AP(ブリッジ)モードに変更するか、配線から切り離してください。 万一、対応ルーターでIPoE接続中にソフトウェアが配信され、通信ができなくなってしまった場合は、対応ルーターを再起動してください。 再起動しても改善しない場合は、対応ルーターを初期化(工場出荷時の状態に戻す)するか、動作モードを手動でAP(ブリッジ)モードに設定してください。 IPoE方式による接続の場合、以下のサービスはご利用いただけません。 <IPoE方式接続で利用できないサービス>• SMTP(25番ポート)からのメール送信• 外部へのサーバー公開• PPPoE接続とIPoE接続の通信速度比較 検索 事業者変更後(ぷらら光)の通信速度をGoogle検索ページから測定。 ホームゲートウェイを切り替え、IPv4 PPPoE 接続とIPv6 IPoE 接続で比較してみました。 画像はIPv6の平均的な速度。 速度テストはタイミング次第で数値が大きく変わります。 比較は難しく、IPv4の速度と大した違いはみられません。 元々、「通信が混み合う」認識はありませんでした。 現状に不満がある場合は、通信速度が改善されるかもしれません。 \ アップデートで速くなった!/ 最後に NTTコミュニケーションズ オフィシャルサイトより OCNバーチャルコネクトサービスのIPv4 over IPv6接続に対応したホームゲートウェイ及びブロードバンドルーターが確認できます。 を見ると、ホームゲートウェイ「PR-500シリーズ」があります。 それでも対応できないケースがあるみたいです。 22是正 DTI光のIPv6接続サービスは現在、「v6プラス」から「OCNバーチャルコネクト」に変更しています。 以降は「OCNバーチャルコネクト」を提供しているようです。 通信技術&サービスは目まぐるしく変化します。 過去の情報が氾濫して、どれが正確で最新の情報なのか、判断が難しいです。 本記事は、2019年8月、DTI光(v6プラス)からぷらら光(OCNバーチャルコネクト)への変更、実体験です。 利用するVNE事業者や通信方式または契約時期で、記事の内容と異なる場合があります。 IPv6 IPoE IPv4 over IPv6 接続は、できればホームゲートウェイ1台で済ませたいですね。 もう一度、事業者変更するか?.

次の

ぷらら光

ぷらら v6 エクスプレス

フレッツ光回線を使って様々な通信サービスが提供されていますが、「どのプロバイダーを選んでも同じ」ではありません。 プロバイダー選びのポイントは「IPv6ハイブリッド・サービス対応」です。 「IPv6ハイブリッド・サービス」には「v6プラス」や「Transix」があります。 「v6プラス対応」「Transix対応」のプロバイダーを選ぶことで、非対応プロバイダーよりも高速なネット環境となります。 しかも、費用はどちらも同じです。 同じ費用なら速い「v6プラス対応」「Transix対応」のプロバイダーを選ぶべきです。 この記事では、現在の「IPv6ハイブリッド・サービス」対応プロバイダーをまとめ、プロバイダー別の特徴やIPv6ハイブリッド・サービスの導入方法をご紹介しています。 \ 15,000円キャッシュバック!/ Transix対応ルーターもずっと無料 ぷららの高速通信サービス「ぷららV6エクスプレス」 フレッツ光の必需品「高速ハイブリッド通信」 スマホの普及と動画・映像・音楽配信サービスの普及によって、現在のフレッツ光は従来の「IPv4 PPPoE 通信方式」では夜間の混雑時間帯での速度低下がみられています。 このフレッツ光の 特に夜間の速度低下の問題を解決し、高速・快適な通信のために必要なのが「IPv6 IPoE 通信方式」を使った 「高速ハイブリッド通信方式」です。 ぷららの「V6エクスプレス」サービス ぷららでは、このフレッツ光に必須ともいえる高速ハイブリッド通信サービスを「ぷららV6エクスプレス」というサービスで提供しています。 「iPV6 IPoE 」通信と「IPv4 over IPv6」の技術を組み合わせた、フレッツ光の夜間の混雑を迂回し速度低下を回避できる通信サービスです。 ぷららではこの 「ぷららV6エクスプレス」を標準サービスとして無料で提供しています。 「Transix」から「OCNバーチャルコネクト」へ ぷららではかつては「高速ハイブリッド通信方式」のひとつである「Transix方式」を提供していました。 「Transix」はIIJ系列のインターネットマルチフィード社が開発しOEM提供している高速ハイブリッド通信方式です。 しかし、2019年6月からは「ぷららV6エクスプレス」の内容がかわり、NTTコミュニケーションズが開発しOEM提供する 「OCNバーチャルコネクト」に変更されました。 高速ハイブリッド通信がすべてセットの「ぷらら」 ぷららではフレッツ光コラボとして「ぷらら光」と「ドコモ光 for plala」という2つのサービスを提供しています。 ぷらら光 「ぷらら光」の特徴は 「契約期間の縛りがない」という契約形態と、つねに 高額キャッシュバックを提供している点です。 また「ひかりTV 2ねん割 」とのセットで利用するなら、月額料金が毎月1,600円割引される点も特徴です。 ドコモ光 for plala 「ドコモ光 for plala」はぷららがプロバイダーとなって提供する「ドコモ光」サービスで、もちろんスマホとのセット割引 「ドコモ光セット割」の対象です。 しかもドコモ光の中では もっとも良い条件のキャッシュバック特典を提供しています。 「OCNバーチャルコネクト」対応ルーター無料レンタル 「ぷらら光」でも「ドコモ光 for plala」でも、「OCNバーチャルコネクト」は無料、そして「OCNバーチャルコネクト」に対応した Wi-Fiルーターも無料レンタルしてくれます。 \ 全員に15,000円キャッシュバック/ 対応ルーターもずっと無料 IPv6ハイブリッド・サービス IPv6ハイブリッド・サービスとは 「IPv6ハイブリッド・サービス」とは、現在主流の「IPv4通信」を 速度的に有利な「IPv6通信」になりすますことで、フレッツ光を高速で利用できるサービスの技術総称です。 具体的に提供されているサービスとして普及しているもにに「v6プラス」や「Transix」があります。 最も普及しているサービスは「v6プラス」ですが、最近急激に「Transix」も普及してきました。 そしてぷららが採用している「OCNバーチャルコネクト」は「v6プラス」とほぼ同様の仕組みで、対応ルーターも増えてきています。 「IPv6ハイブリッド・サービス」は「IPv4 over IPv6」とも言われます。 IPv6ハイブリッドサービスはv6プラスやTransixの技術総称 IPv6ハイブリッドはなぜ速い? 現在主流の通信方式はIPv4通信で、世界中の多くのサイトはIPv4通信で接続します。 インターネットの普及により、プロバイダーがインターネットに接続認証する「PPPoE認証」地点が非常に混雑しており、結果としてIPv4 PPPoE認証 は遅くなっています。 IPv6通信の認証技術「IPoE認証」はこの混雑している「IPv4 PPPoE 認証」を通らないので、混雑を迂回することで速度低下を逃れ、高速通信ができます。 ならば、現在主流の「IPv4通信」も高速通信可能な「IPv6通信」になりすませば、混雑を回避して高速通信ができる、という仕組みが「IPv6ハイブリッド・サービス」です。 現在主流のIPv4通信を高速通信「IPv6通信」になりすますことで高速通信ができる 「v6プラス」「Transix」とは IPv4通信をIPv6通信になりすますことで高速通信がきるようにする「IPv6ハイブリッド・サービス」を、実際のサービスとして提供されているものに「v6プラス」や「Transix DS-Lite 」があります。 どのサービスも基本的な仕組みは同じで「IPv4通信をIPv6通信に成りすます」です。 「DS-Lite」という名前も聞かれますが、「DS-Lite」とは「成りすまし技術の規格名称」であり、それをサービス商品としたのが「Transix」になります。 v6プラスやTransixはIPv6ハイブリッド・サービスの具体的商品名称 「IPv6ハイブリッド・サービス」のまとめ 「IPv6ハイブリッド・サービス」は、混雑により遅くなっているIPv4通信を混雑の少ない高速なIPv6通信になりすますことでフレッツ光回線を高速通信できるようにする技術の総称名です。 具体的なサービス名称として「v6プラス」や「Transix」などがあります。 「IPv6ハイブリッド・サービス」のくわしい説明はこちらの記事を参考にしてください。 また、「IPv6ハイブリッド・サービス」を利用することで得られるメリットについては、こちらの記事を参考にしてください。 「ぷららV6エクスプレス OCNバーチャルコネクト の使い方 「ぷららV6エクスプレス」はOCNバーチャルコネクトを採用 具体的に「ぷららV6エクスプレス OCNバーチャルコネクト 」を利用するための手順や必要なものについて説明していきます。 「ぷららV6エクスプレス OCNバーチャルコネクト 」対応状況を確認しよう まず、プロバイダーが「IPv6ハイブリッド・サービス」に対応しているかどうか、そしてそのサービスが「v6プラス」なのか「Transix」なのかを確認しましょう。 ぷららでは「Transix方式」のIPv6ハイブリッド・サービスを「ぷららV6エクスプレス」というオプション名称で提供しています。 ぷららで「IPv4ハイブリッド・サービス」による高速通信を行うためには、この「ぷららV6エクスプレス」というオプションが必要ですが、 無料オプションです。 新しくぷららへ申し込む場合は「申し込み不要・無料 つまり標準サービス」」ですが、サービス提供前からご利用の方は別途申込が必要です 無料。 IPv6ハイブリッド・サービスを提供している?• 標準サービス?オプションサービス?• 有料?無料? サービスの利用申請は必要? IPv6ハイブリッドサービスの利用に必要な手続き IPv6ハイブリッドサービスを利用するために必要な手続きは以下の2点です。 NTT東西が提供する「フレッツ光V6オプション」の利用申請• プロバイダーが提供する「IPv6ハイブリッドサービス」の利用申請 NTTフレッツ光V6オプション利用申請 「ぷららV6エクスプレス OCNバーチャルコネクト 」を利用するためにまず必要なものが「フレッツ光V6オプション」です。 これはフレッツ光でIPv6通信を利用するために必要なNTT東西フレッツ光の無料オプションです。 無料ですが、別途申込が必要です。 ぷららでは、ぷららへ申込時に「NTTへのオプション申請をぷららが代行する」というチェックがあり、チェックすることで NTT東西への申請はぷららがやってくれます。 ぷららに限らず、多くのプロバイダーではプロバイダーがNTT東西へ申請代行してくれます。 IPv6ハイブリッドサービス利用申請 プロバイダー各社が「IPv6ハイブリッドサービス」に対応していても、それが「標準サービス・オプションサービス」や「無料・有料」などの違いがあります。 ぷららでの「IPv6ハイブリッド・サービス Transix 」は「V6エクスプレス」というオプション名称ですが、「標準サービス・無料サービス」です。 普通に申し込むと、「IPv6ハイブリッド・サービス Transix 」が利用できる環境になります もちろん、利用しなくても良いです。 NTTへの申請は代行してやってくれる?• IPv6オプションは標準?別途申込必要? IPv6ハイブリッド対応ルーターの準備 IPv6ハイブリッド対応ルーターとは 「IPv6ハイブリッドサービス」は混雑しているIPv4通信のPPPoE認証ではなく、混雑の少ない高速なIPv6通信のIPoE認証でインターネットへ接続します。 つまり、自宅からネット接続するためにはこの「iPV6 IPoE 」対応ルーターが必要となります。 「ぷららV6エクスプレス OCNバーチャルコネクト 」対応ルーターはどうやって準備する? IPv6ハイブリッドサービスの中で「v6プラス」と「Transix」は通信規格が完全に公開されており、国内通信機器メーカーから市販品が発売されています。 また、2019年6月開始の「OCNバーチャルコネクト」も、急速に対応ルーターが発売されており、「v6プラス」「Transix」などの対応ルーターでも利用可能になってきています。 Amazonなどでも簡単に5,000円程度で購入できます。 光電話をご利用の場合 フレッツ光と一緒に光電話をご利用の場合には「光電話接続機器 光電話ルーター 」がレンタルされます。 この「光電話接続機器 光電話ルーター 」は「IPv6 IPoE 」対応機能を持っているため、光電話をご利用であればこの「光電話接続機器 光電話ルーター 」を使ってIPv6ハイブリッド・サービスを利用することができます。 ぷららでも光電話を申し込むと「光電話ルーター」が提供されます。 光電話をご利用にならない場合 光電話をご利用にならない場合には、「OCNバーチャルコネクト」対応ルーターを自分で準備 購入 する必要があります。 ぷららでは自社の「ぷららV6エクスプレス」で動作確認を行っているルーターを無料でレンタルしてくれます。 ぷららからレンタルされるルーターは市販品と同じもので「I-O DATA WN-AX1167GR2」という機器になります。 IPv6対応ルーターはレンタルしてくれる?• レンタル料は有料?無料? 「ぷららV6エクスプレス OCNバーチャルコネクト 」の接続設定は簡単 NTT東西への「フレッツ光V6オプション」を申請し ぷららが代行 、「ぷららV6エクスプレス OCNバーチャルコネクト 」の申込が完了 ぷららでは標準サービス すると、プロバイダー側の環境は整いました。 自宅でもIPv6 IPoE 対応ルーターを準備すると ぷららではレンタル可能 、いよいよ「ぷららV6エクスプレス OCNバーチャルコネクト 」で接続できる環境になります。 では、実際の接続設定はどうするの?というお話しです。 「ぷららV6エクスプレス OCNバーチャルコネクト 」の接続設定は通常の「IPv4」による接続設定よりも簡単です。 プロバイダー側の環境がすでにIPv6環境になっているため、ルーターが自動認識してくれるからです。 これも新技術「IPv6通信」のメリットです。 ぷららでレンタルしてくれる「I-O DATA WN-AX1167GR2」でも、プロバイダー側がIPv6環境になっていると自動認識してくれます。 「IPv6ハイブリッド・サービス」の接続設定はとても簡単です。 料金は?最初だけ安くない?• おトクな特典は何がある? ドコモ光 for plala ドコモのスマホが安くなる光回線がドコモ光です。 ぷららでも「ドコモ光 for plala」として、ドコモ光契約ができます。 しかもドコモ光の 最安料金タイプ「タイプA」対応であり、かつ 「OCNバーチャルコネクト方式」のIPv6ハイブリッド・サービスにも対応しています。 さらに、 「オプション不要で15,000円きゃしゅバック」という特典の条件は、ドコモ光のキャンペーンの中でもっとも条件が良いと言えます。 最安のドコモ光「タイプA」対応• OCNバーチャルコネクト対応の高速ドコモ光• IPv6 IPoE 対応ルーターがずっと無料レンタル• 今なら新規工事費が無料• dポイント最大10,000ptプレゼント• オプション不要で15,000円キャッシュバック• セキュリティソフト「マカフィー」が2年間無料 オプション不要で15,000円キャッシュバック 今ならIPv6対応ルーターも無料レンタル! ぷらら光 フレッツ光コラボ ぷららがフレッツ光を使って提供しているフレッツ光コラボが「ぷらら光」です。 最初だけ安く見せる料金プランが多い中で、ぷららはずっと変わらない月額料金というシンプルかつ低価格が魅力のプロバイダーです。 また「2年契約」「3年契約」などの縛りが多くなってきた中で、ぷらら光は「契約期間の定めなし」つまりいつ解約しても違約金等は発生しません。 もちろん、「IPv6ハイブリッド・サービスTransix」に無料で対応した高速プロバイダーです。 ずっと「戸建て4,800円、マンション3,600円」の低価格シンプル料金• 最大55,000円キャッシュバック• OCNバーチャルコネクト対応の高速フレッツ光回線• IPv6 IPoE 対応ルーターがずっと無料レンタル• 契約期間の縛りがない 高速通信「OCNバーチャルコネクト」標準サービス 今ならIPv6対応ルーターも無料レンタル! ドコモ光の「IPv6ハイブリッド・サービス」 「IPv6ハイブリッド・サービス」のすべてが揃うドコモ光 いままでのチェックポイントを含めて、ドコモのスマホが安くなる「ドコモ光」の中で手軽にそしておトクに「IPv6ハイブリッド・サービス」を利用できるプロバイダーをまとめてみました。 料金プランがドコモ光最安「タイプA」である• 高速通信「IPv6ハイブリッド・サービス」対応• 手続きが簡単・代行してくれる• 対応ルーターをおトクにレンタルしてくれる 以上のチェックポイントに合った「ドコモ光」をご紹介します。 さらにNTTドコモ公式キャンペーン 上記のプロバイダーキャンペーンとは別に、現在NTTドコモ公式キャンペーンとして以下の特典が貰えます。 新規工事費無料!• 新規で10,000pt、転用で5,000ptのdポイントプレゼント この「NTTドコモ公式キャンペーン」の特典はどのプロバイダーから申し込みをしても適用される特典です。 NTTドコモ公式キャンペーンの内容は定期的に変更されますが、現在のキャンペーンは「新規工事費無料」の特典が適用されることから非常にお得にドコモ光を始められる特典となっています。 フレッツ光コラボのおすすめハイブリッドプロバイダー フレッツ光コラボではさまざまなプロバイダーがv6プラスやTransixのハイブリッド・サービスを提供しています。 それぞれ独自のサービスを付加していますが、お使いのスマホとのセット割引サービスの利用を目安として選ぶと良いでしょう。 So-net光プラス v6プラス対応 So-net光プラスの特徴 So-net光プラスの特徴は高速化技術「v6プラス」に対応しながら、auスマホの割引サービス「auスマートバリュー」の適用を受けられる点になります。 そして、「auスマートバリュー」対応の回線サービスの中では群を抜いて安い、という点。 3年間ずっと「戸建て向け月額3,980円」「集合住宅向け月額2,980円」という安さにです。 ドコモ・au・ソフトバンクのスマホをご利用の方が自宅ネット回線とのセット割引を受ける場合、自宅ネット回線の毎月の料金は以下のようになります。 割引サービス ネット回線 月額料金 契約形態 戸建て向け 集合住宅向け auスマートバリュー So-net光プラス 3,980円 2,980円 3年契約自動更新 auひかり 5,600円 - 3年契約自動更新 ドコモ光セット割 ドコモ光 5,200円 4,000円 2年契約自動更新 おうち割光セット ソフトバンク光 5,200円 4,000円 2年契約自動更新 このように、So-net光プラスはスマホとのセット割引が受けられる回線サービスの中でも、最安級の価格となっています。 So-net光プラスのv6プラス対応状況 So-net光プラスはv6プラスに標準対応で、v6プラス利用のための料金等は無料です。 NTTなどへの手続きもSo-netが代行してやってくれます。 さらに、v6プラスを利用するために必要な「v6プラス対応ルーター」も12か月間無料でレンタルしてくれます 13か月目以降は月額400円。 これらの点から、「auスマホをお使いの方」「まずはv6プラスを使ってみたい方」にとっては、お得度が高くまた利用しやすい回線サービスと言えます。 BIGLOBE光 v6プラス対応 BIGLOBE光の特徴 BIGLOBE光では「V6オプション」を提供しています。 独自の特徴としては、BIGLOBEの格安SIMサービス「BIGLOBEモバイル」やポケットWi-Fi「BIGLOBE WiMAX」との同時利用で、毎月200円の割引を受けることができます。 また、au KDDI が提供しているauスマホとのセット割サービス「auスマートバリュー」や「auセット割」の適用ができる点も大きな特徴です。 BIGLOBEのv6プラス対応状況 BIGLOBE光では「V6オプション」を提供しています。 正確に言えば「v6プラス完全互換のIPv6オプション」という独自サービスになりますが、対応ルーターなどは「v6プラス」対応のものがそのまま利用できます。 BIGLOBE光では、 「v6プラス対応ルーター」を月額500円でレンタル提供しており、設定に自信のない方はレンタルを利用することで設定サポートを受けることができます。 nifty光 v6プラス対応 niftyの特徴 niftyの光回線サービスは「v6プラス」サービスをオプション 無料 で提供しています。 nifty光は niftyの格安SIMサービス「NifMo」やポケットWi-Fi「 nifty WiMAX」のサービスと同時利用することで、月額250円の割引を受けられます。 また、au KDDI が提供しているauスマホとのセット割サービス「auスマートバリュー」の適用ができる点も特徴です。 niftyのv6プラス対応状況 niftyでは「v6プラス」をオプション 無料 で提供しています。 niftyでは、v6プラス対応ルーターの提供は行っておらず、ご自身で対応ルーターを用意する必要があります。 Transix対応:INTERLINK ZOOTNATIVE INTERLINKの特徴 INTERLINKは古くからインターネット回線を提供している老舗プロバイダーです。 そして近年ではIPv6による高速化技術にも力を入れており、「ZOOTNATIVE ずーっとネイティブ 」というプロバイダー単独サービスを提供しています。 このサービスの特徴は、まず「プロバイダー単独サービス」であることです。 別途NTTフレッツ光回線が必要となってきますが、現在フレッツ光回線またはフレッツ光コラボレーションをご利用の場合には、追加プロバイダーとして契約することで、手軽に「Transix」を試してみることができます。 そして、最大の特徴は「2ヶ月間無料」「契約期間の定めなし」という2点です。 利用開始の月およびその翌月の「最大2ヶ月間が無料」となるうえ、契約期間の定めがないのでいつ解約しても違約金等が発生しません。 INTERLINK ZOOTNATIVEのTransix対応状況 ZOOTNATIVEで「Transix」の利用申請を行うと、NTTへの「IPv6利用申請」も代行してやってくれます。 一方、Transix対応ルーターの提供は行っておらず、ご自身で対応ルーターを用意する必要があります。 また、ZOOTNATIVEのサービスはプロバイダー単独サービスですが、自宅で「光電話」をご利用の場合には光電話対応機器がTransix対応機器となるので別途ルーターを用意する必要はありません。 ソフトバンクスマホをご利用の方は、自宅回線をSoftbank光にすることで、最大2,000円の割引を毎月受けることができます。 Softbankへサービス利用を申請すると、NTTへの「IPv6オプション利用申請」も代行してやってくれます。 この「光BBユニット」は別途レンタル提供のほか、光電話をご利用の場合には必須の機器となります。 そのため、「IPv6ハイブリッド・サービス Transix 」を利用するためには、「IPv6 IPoE 対応ルーター」が必要です。 この対応ルーターはどうやって準備すれば良いでしょうか? 光電話をご利用の場合 フレッツ光回線で光電話をご利用になる場合は「光電話接続機器 光電話ルーター 」がレンタルされます。 ぷららで光電話をご利用になる場合にも「光電話ルーター」という光電話接続機器がレンタルされます。 料金は光電話の基本料金に含まれます。 この「光電話接続機器 光電話ルーター 」は「IPv6 IPoE 対応」の機能をもっているので、この「光電話接続機器」がレンタルされていれば別途「IPv6 IPoE 対応ルーター」は必要ありません。 IPv6ハイブリッド・サービス対応ルーター 光電話をご利用にならない場合には、別途「IPv6ハイブリッド・サービス」対応ルーターが必要です。 ご自分で購入することになりますが、プロバイダーからレンタル提供される場合もあります。 ぷららでは対応ルーターをレンタル提供してくれます。 提供されるレンタルルーターは以下の市販品「I-O DATA WN-AX1167GR2」になります。 対応ルーターはレンタルしてくれる?• 無料レンタル?有料レンタル?いつまで無料? 対応ルーターの手配 「v6プラス」や「Transix」を利用するためには、「対応ルーター」が必要です。 光電話をご利用の場合 フレッツ光には「光電話」というオプションがあります。 「光電話」をご利用の場合には、別途「光電話接続機器」というルーターが提供されます。 これは「光電話」を利用する場合に必ず必要となる機器です。 この場合でも、プロバイダーによっては動作確認済のルーターをレンタルで提供しているプロバイダーもあります。 つまり、「光電話」をご利用にならない場合には、対応ルーターをレンタルるすか購入するか、となります。 また、ソフトバンク系列の「Softbank光」や「Yahoo! ただし、この場合においてもSoftbank光やYahoo! BBで「光電話」を利用する場合には、この「光BBユニット」は必須の機器として提供されます。 おすすめは比較的高性能・高機能で安価な、以下の機器となります。 I-O DATA WN-AX1167GR2 現在市販されている「v6プラス」「Transix」対応ルーターはあまり豊富ではありませんが、以下のルーターが対応機器になります。

次の