東京 梅雨明け。 関東の梅雨入りや梅雨明けはいつ?2020年はどうなる?予想します!

関東梅雨明け、昨年より30日遅く 岩手など猛暑日に :日本経済新聞

東京 梅雨明け

Contents• 今までの岩手県の梅雨明けまとめ 予想の前にまずは過去の梅雨明け日を振り返りたいと思います。 東北北部地方の梅雨明け日は以下となります。 岩手県の過去69年の梅雨明け日の推移 過去69年の移動平均の値は、7月26日ごろとなります。 さらに平年、昨年の時期をまとめると、以下となります。 岩手県の梅雨明け日 平年 昨年(2019年) 移動平均 時期 7月28日ごろ 7月31日ごろ 7月26日ごろ 【2020最新】岩手県の梅雨明け予想!令和2年の時期はいつ? 次に、仙台管区気象台より5月25日発表された東北地方の6~8月の天候の見通しを確認したいと思います。 気象庁の3カ月予報 予報のポイント 【予報のポイント】 1:向こう 3 か月の気温は、暖かい空気に覆われやすいことから、平年並か高い でしょう。 2:向こう3か月の降水量は、ほぼ平年並の見込みです。 月別の天候 【月別の天候】 6月: 期間の前半は、高気圧と低気圧が交互に通り、天気は数日の周期で変わるでしょう。 期間の後半は、前線や湿った空気の影響により平年と同様に曇りや雨の日が多い見込み です。 気温は平年並か高いでしょう。 降水量はほぼ平年並の見込みです。 7月: 前線や湿った空気の影響により、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。 気温は平年並か高い見込みです。 降水量はほぼ平年並でしょう。 8月:高気圧に覆われますが、南からの湿った空気の影響を受ける時期もあるでしょう。 東北日本海側では、平年と同様に晴れの日が多い見込みです。 東北太平洋側では、天気は数日の周期で変わるでしょう。 気温は平年並か高い見込みです。 降水量はほぼ平年並でしょう。 データ参照元: 梅雨明けしやすい時期の7月の解説を確認すると、 平年同様の天気が多く見込まれているようです。 よって、梅雨明け日も同様に、 平年と同様、過去の傾向と同じような時期になる可能性が高いと解釈いたします。 よって、過去の定量的データ、最新の気象庁の情報を踏まえて、 岩手県の2020年の梅雨明け時期の予想としましては、 平年の梅雨明け日である7月28日前後となりそうです。 岩手県の梅雨明け予想!【2020最新】まとめ 今回は2020年の岩手県の梅雨明けがいつごろになりそうなのかを、 過去のデータと、最新の気象庁発表の3カ月予報を確認しながら予想してみました。 平年同様の傾向が強いということを頭に入れつつ、 最新の情報は適宜気象庁など専門機関発表の情報を取得するようにしてください。

次の

気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

東京 梅雨明け

各地域の梅雨入りと梅雨明け予想 梅雨入り予想と平年時期 東北北部地方• 2020年予想:6月中旬• 平年:6月14日頃 東北南部地方• 2020年予想:6月中旬• 平年:6月12日頃 北陸地方• 2020年予想:6月中旬• 平年:6月12日頃 関東甲信地方• 2020年予想:6月中旬• 平年:6月8日頃 東海地方• 2020年予想:6月中旬• 平年:6月8日頃 近畿地方• 2020年予想:6月中旬• 平年:6月7日頃 中国地方• 2020年予想:6月中旬• 平年:6月7日頃 四国地方• 2020年予想:6月中旬• 平年:6月5日頃 九州北部地方• 2020年予想:6月中旬• 平年:6月5日頃 九州南部地方• 2020年予想:6月中旬• 平年:5月31日頃 奄美地方• 2020年予想:5月10日頃• 平年:5月11日頃 沖縄地方• 2020年予想:5月11日頃• 平年:5月9日頃 梅雨明け予想と平年時期 東北北部地方• 2020年予想:7月下旬• 平年:7月28日頃 東北南部地方• 2020年予想:7月下旬• 平年:7月25日頃 北陸地方• 2020年予想:7月下旬• 平年:7月24日頃 関東甲信地方• 2020年予想:7月中旬• 平年:7月21日頃 東海地方• 2020年予想:7月中旬• 平年:7月21日頃 近畿地方• 2020年予想:7月中旬• 平年:7月21日頃 中国地方• 2020年予想:7月中旬• 平年:7月21日頃 四国地方• 2020年予想:7月中旬• 平年:7月18日頃 九州北部地方• 2020年予想:7月中旬• 平年:7月19日頃 九州南部地方• 2020年予想:7月中旬• 平年:7月14日頃 奄美地方• 2020年予想:6月下旬• 平年:6月29日頃 沖縄地方• 2020年予想:6月下旬• 平年:6月23日頃 梅雨入りが発表されている沖縄や奄美地方以外の本州にあたる九州から東北にかけて今年は遅い梅雨入りと言われています。 梅雨明けは例年並みとのことで全国的に梅雨の時期が短いと予想されていますよ。

次の

気象庁

東京 梅雨明け

令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値) 梅雨期は大雨による災害の発生しやすい時期です。 また、梅雨明け後の盛夏期に必要な農業用の水等を蓄える重要な時期でもあります。 一方、梅雨期は曇りや雨の日が多くなって、日々の生活等にも様々な影響を与えることから、社会的にも関心の高い事柄であり、気象庁では、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに、梅雨の入り明けの速報を「梅雨の時期に関する気象情報」として発表しています。 (発表後3日程度の間、に各地方別の情報として掲載しています。 地方に含まれる都府県は、をご覧ください。 ) このページは梅雨入りと梅雨明けの情報を発表したときに更新しています。 ただし、情報発表が休日の場合は休日明けの平日に更新となる場合があります。 後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、この情報で発表した期日が変更となる場合があります。 ここに掲載した期日は移り変わりの期間の概ね中日を示しています。 ・「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です。

次の