棒グラフ と 折れ線 グラフ を 重ねる。 【エクセル2013】複合グラフ(棒グラフ・折れ線グラフ)の作り方

Excelで棒グラフと折れ線グラフを重ねた複合グラフの作り方

棒グラフ と 折れ線 グラフ を 重ねる

棒グラフ 棒グラフを使うとき 棒グラフを使うときは、 積み上げた実数値での比較を出したいときです。 積み上げた実数値とは、売上高のように0から数値が積み上がっていくイメージのものです。 また、 構成比の推移を可視化したいときも棒グラフが適しています。 棒グラフの例 ・市場規模推移のグラフ ・事業部別の売上高を比較するグラフ ・市場シェア推移のグラフ 棒グラフはいろんな用途で使うことができるので、 迷ったら棒グラフと覚えておくと良いと思います。 折れ線グラフ 折れ線グラフを使うとき 折れ線グラフを使うときは、 項目の推移を比較したいときです。 棒グラフと似ていますが、複数項目の推移を可視化したいとき、また、積み上げの概念がない数値の推移を可視化したいときには、折れ線グラフが適しています。 積み上げの概念がない数値とは、例えば利益率などの割合が該当します。 折れ線グラフの例 ・4社間の売上高推移を比較するグラフ ・営業利益率の推移グラフ 円グラフ 円グラフを使とき 円グラフを使うときは、 1つのデータに焦点を当てて、構成比を可視化したいときです。 構成比は棒グラフでも作ることができますが、焦点を当てるデータが決まっている場合、円グラフのほうがインパクトが強くなります。 円グラフの例 ・独占的な市場シェアに焦点を当てたい場合のグラフ ・アンケートの少数意見に焦点を当てたい場合のグラフ 円グラフは使用条件が限られているので、むやみに使わないことをオススメします。 グラフの使い分けまとめ 最後に棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフの使い分けまとめです。 あくまで目安なので、 違和感がなく、伝えたい目的に沿ったグラフを使うことが大事です。 以上、棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフの使い分け方についてでした。 今回のブログを参考に、グラフを見たり、作ったりしながら覚えてもらえれば幸いです。 もっと詳しくグラフの使い分けを知りたい方は、以下の本がオススメです!.

次の

Plotlyで折れ線グラフや複合グラフ

棒グラフ と 折れ線 グラフ を 重ねる

資料作成を行う際に、集合縦棒・積み上げ縦棒・折れ線グラフを組み合わせたグラフを作成しました。 その際の手順を記載していきます。 もしより簡単な記載方法等があれば教えていただけると嬉しいです。 使用したのはExcel2016です。 今回作るグラフ 今回は下記のようなグラフを作成していきます。 数値についてはかなり適当なので、あまり気にしないでください。 手順 ざっくり行ってしまえば3ステップ。 元データを作成する• グラフの挿入を行う• グラフの形を整える 元データさえ作れればほとんど完成したも同然。 詳細 1. 元データを作成する 下記のような形でデータを作成します。 区分を作成しているのは、うまく2列あることが読み込まれなかったためです。 列4がすべて記載されているのは間の数字を入れないと0として読み込まれるため、数値を入れています。 月の下にさらに1列追加しているのはグラフを見やすくするためです。 ここを開けなかった場合、棒グラフの太さ等を調整したときに横と隣接しすぎて見づらくなります。 グラフの挿入を行う 上記のデータを全選択(ヘッダーの部分も)した状態で、「積み上げ折れ線グラフ」で挿入を行います。 そうすると下記のようなグラフが作成されます。 グラフの形を整える ここまで来たらあとは形を整えていくだけです。 整えるのは3つ。 不要な項目の削除• 横軸の変更• グラフの変更 1と2は一気にやっていきます。 この時横軸ラベルを月にしたいので、編集から選択しておきます。 下記のようになればOKです。 これで不要な項目(「月」と「区分」)が消去され、横軸が月単位になります。 次に折れ線グラフを集合と積み上げの棒グラフにしていきます。 グラフの作成自体は完成。 おまけ 上のグラフでもまあいいんですが、もうちょっと整えたい。 あとはお好みですが、折れ線グラフを少し見やすくするために下記の設定もしています。 標準スタイルは外側のオフセット(下)です。 これをすることで少しだけ影がついて見やすくなります。 これで最初に示したグラフが完成です。

次の

Excel(エクセル)で棒グラフと折れ線グラフを表示する「複合グラフ」の作成方法

棒グラフ と 折れ線 グラフ を 重ねる

2 私が主催している文書化能力向上研修の受講者に、ある日、折れ線グラフ向きと棒グラフ向きの2種類のデータを渡しました。 そして「グラフにしてください」と指示したところ、折れ線グラフと棒グラフを使い分けた解答は非常に少なかったのです。 数回の機会があり合計100人ほどから解答を得ましたが、適切に使い分けていたのは10人に1人以下で、ほとんどの人は「2枚とも折れ線グラフ」または「2枚とも棒グラフ」で書いていたんですね。 これが意味するのは「折れ線グラフと棒グラフには向き不向きがあって、使い分けなければいけない」意識を持っている人自体が少ない、ということです。 そのため、たまたま1枚目に折れ線グラフを思い付いた人は2枚目もそのまま折れ線を使い、逆も同様。 それでそのような結果になったと思われます。 折れ線グラフと棒グラフは、複数の系列のデータを比較したグラフを作りたいときに特にその差が大きく出ます。 例えば、次の2つのグラフを見てください。 A社(青色)とB社(赤色)の2008〜2010年の売り上げ推移を、棒グラフと折れ線グラフの2種類で表したものです。 元のデータは同じものなのですが、棒グラフと折れ線グラフでは少々印象が違います。 どう違うかというと、• 2008〜2009年にかけて、B社の売り上げがA社に追い付きかけたが、• 2010年にはまた引き離された のような印象が強く出るのは折れ線グラフの方なんですね。 比較データは対象物の相互関係でグラフを使い分ける 折れ線グラフは、時系列のような「一連のシリーズで関連性のあるデータを表現する」のに向いています。 線がつながっているため、シリーズの中での変化に目が向きやすいわけです。 一方棒グラフは、測定点が独立していて相互に関連が薄いデータを表現することに向いています。 従って2008〜2010年の売り上げ推移のように、相互に関連が強いことが明らかなデータには棒グラフは向いていません。 これが例えば「宮城と長野と東京の3地域の売り上げ」であれば、逆にそれぞれ独立したデータですから、折れ線グラフではなく棒グラフを使う方が適切です。 というわけで繰り返しになりますが、 ・一連のシリーズで関連性のあるデータは折れ線グラフ ・複数の独立した測定点のデータなら棒グラフ これが折れ線グラフと棒グラフの使い分けの基本中の基本です。 もちろん、他にも円グラフ、面グラフなど多様なグラフ形式がありますが、最も使用頻度が高いのは棒と折れ線の2種類なので、まずはこれだけでも把握しておかれると良いでしょう。 何にしても大事なのは、グラフを作る時に「このデータに最もふさわしいグラフの形式は何か?」と、1分だけでも考えてみることです。 何も考えないとたまたま最初に思い付いたグラフを作ってしまいますが、1分だけでも考えるようにすれば、いずれは適切な選択ができるようになります。 何ごとも「これでいいのか?」とほんの少しでいいから自問するようにしたいものですね。 当連載では、「分かりにくい説明書を改善したい」相談を歓迎しております。 「改善案のヒントがほしい」例文があれば遠慮無く開米へお送りください(ask ideacraft. jp )。 今回のような連載での紹介は、許諾をいただいた場合のみ、必要に応じて内容を適宜編集したうえで行います。 当記事についてのご意見ご感想ご質問等は「」宛でも受け付けております。 中には記事では書ききれない情報もあります。 物足りなく思った時はぜひ「」宛に質問を飛ばしてみてください。 関連記事• 最近、主任研修や管理職層の研修などをやっていると特によく聞かれるのが「会社の方針がはっきりしない!」ということ。 しかし、この不況下で一寸先も分からないわけですから、明確な方針がないのも分かります。 とはいえ、そのぼんやりとした方針を伝える必要はあります。 どうやって伝えたらいいでしょうか。 ビジネスパーソンが会社以外に収入を許されているのは何だろうか? 株式を売買したり、ギャンブルに興ずることもあろうが、ちょっと気が引ける。 文章力を高めるのであれば公募にチャレンジしてみてはいかがだろうか。 ビジネスパーソンは、トーク力と文章力の有無で選択できる道の広さが大きく変わります。 前回はトーク力の改善法を説明しましたので、今回は単純にして破壊力抜群の写経訓練法の3つのポイントを紹介しましょう。 どうしたら文章が上手に書けるのでしょうか。 長い文章を書く方法と、短いリストをまとめる方法はよく似ているものです。 ここで挙げるリストを参考にしながらトライしてみましょう。 「転職したい」「独立したい」「離婚したい」など、目標は見えているのに行動に踏み出せないことはありませんか? あなたのセルフイメージや価値観などがブレーキになっているのかもしれません。 アクセルに変えるには?• 説明書と言っても、プレゼン用から教育用までさまざまあります。 誰向けの説明書かによって、分かりやすさを調整していかねばなりません。 なぜでしょうか? 例に沿ってその訳を解説します。 本連載では「説明書を書かなければいけないのにうまくいかない、誰か助けてくれえ!」と悩みを抱える方の相談に、文書化能力向上コンサルタントの開米がお答えします。 情報量が多い説明書などの文章を書く時、知っておくと役立つ問題解決法を5ステップで紹介します。 これを知っていればスラスラ文章が書けるかも?• 前回に続いて、誰かにちょっとした複雑なことを説明するための文書のうまい書き方を紹介。 今回は文章を幾つかの部品に分けて考えてみます。 専門的な内容が多く含まれる説明書などは、内容がある程度理解できなけれ改良するのもば難しいもの。 文章を構造としてとらえてうまく情報を整理することが大切です。

次の