ガレット ブルトンヌ と は。 業務スーパーのパレットブルトンヌはバター24.5%の罪深い味 濃い紅茶と食べるのがおすすめです

フランス郷土菓子ガレットブルトンヌのおいしさとその魅力

ガレット ブルトンヌ と は

ガレットブルトンヌとはフランス、ブルゴーニュ地方の代表的なお菓子のひとつです。 ブルゴーニュ地方は古くから酪農をするのに適した地域であり、新鮮なミルクやバターを簡単に手に入れることができました。 そのため、ミルクやバターの味を活かした、地方独特のお菓子が多いことで有名です。 あの有名なクレープやクイニーアマン、塩バターキャラメルなどもこのブルゴーニュ地方で生まれたものです。 さらに、ブルゴーニュ地方は塩づくりでも有名な場所であり、ゲランド塩と呼ばれる良質な塩が含まれた有塩バターを使うことにより、ガレットブルトンヌというお菓子が誕生しました。 味・焼き具合・表面の模様など、古くからフランスの菓子屋それぞれの、こだわりレシピがあり、長い時間をかけて作り上げられてきた伝統菓子です。 バターをボウルに入れ、泡立て器で軽く混ぜておく。 塩・バニラシュガー・粉砂糖を加え、さらに混ぜます。 卵黄30gを混ぜ、1に加え混ぜていきます。 ラム酒を入れ少し混ぜたところに、薄力粉・強力粉・アーモンドプードルをふるいにかけながらしっとりとするまで混ぜます。 2枚のラップで1を挟み、めん棒で生地が1cmの厚さになるまで伸ばし、冷蔵庫で冷やします。 Aを全て混ぜ合わせ、ドリュールを作ります。 冷えた生地を取り出し、5. 5cmの抜き方で抜きます。 余った生地はまとめて、再度伸ばし、抜きます。 オーブン板にペーパーを敷き、生地を並べ、ドリュールを2回塗ります。 フォークで線を引きます。 直径6cmのセルクルに油を塗り、生地に重ねていきます。 ガレットブルトンヌをプロ並みに仕上げるコツを、いくつか紹介していきます。 バターは混ぜやすい硬さにするため、あらかじめ冷蔵庫から早めに出しておくのがコツです。 また、 バターを多く使うお菓子であるため、質の良いバターを使うほど、味の良さが際立ちます。 有塩バターでなく、無塩バターにゲランドの塩を加えてみることをおすすめします。 ゲランドの塩はミネラルが豊富に含まれており、食材の旨味をより一層引き出してくれるためです。 今では通販でも簡単に手に入れることができますので、ぜひ一度試してみてください。 もちろん他の料理やお菓子にも使えます。 薄力粉・強力粉・アーモンドプードルを入れてボウルで混ぜ合わせる時に、粘り気が極力出ないように切るように混ぜることも大事です。 空気を含ませて混ぜてしまうと、生地がいびつに膨らむこともあり、注意が必要です。 ドリュールは2回しっかりと塗るようにしましょう。 焼き上がった時に、ガレットブルトンヌの表面の焼き目がしっかりとつくようにするためです。 【材料】• 無塩バター:90g• 粉糖:45g• 塩一つまみ• 卵黄:15g• A 薄力粉:75g• A ココアパウダー:18g• A ベーキングパウダー:4g• A アーモンドプードル:45g• ブラックチョコレート:適量• フリーズドライ マンゴーフレーク:適量• フリーズドライ フランボワーズ:適量• ピスタチオ:適量• 卵黄:1個分 【作り方】• 無塩バターをあらかじめ柔らかくし、粉糖と塩を混ぜます。 1に卵黄を混ぜます。 Aを合わせてふるいにかけ、1に混ぜ合わせます。 生地が丸くまとまってきたらラップをかけて、冷蔵庫で8時間以上冷やします。 1cmの厚さにのばし、生地を再度冷蔵庫で2時間程冷やし固めます。 60mmのセルクル型で生地を抜き、卵液を2回塗ります。 フォークで表面に跡をつけます。 冷やした後に、テンパリングしたチョコをつけます。 お好みでフリーズドライのフレークをつけ、表面のチョコが固まったら完成です。

次の

フランス郷土菓子ガレットブルトンヌのおいしさとその魅力

ガレット ブルトンヌ と は

なぜカップに入れたり、セルクルに入れて焼くか。 普通のサブレのレシピよりバターが多い為、 そのまま焼くと、焼き広がってしまい、薄いものになってしまいます。 その為、セルクルなどの 型で、広がらないようにします。 セルクルでなく、アルミカップを使用される方もいらっしゃいます。 サブレは焼いている間に、ある程度、油が外に出てしまいます。 ガレットブルトンヌは、普通よりバターが多い為、 より多くの油が出てきます。 その油も、すべて旨味と捉えて、アルミカップを使用されている方もいらっしゃいます。 しかし私は、 出てしまった油を再吸収させたくないので、 セルクルを使用し、 焼き上がり後、紙で油を吸い取っています。 手間はかかりますが、その方がサクサクして、美味しいと思います。 発酵バター それで、そのバターなのですが、 配合中の割合が大きいので、 使用するバターで、風味がまるっきり変わります。 私は現在、よつ葉の発酵バター:よつ葉の無発酵バター=2:3の割合で作っています。 スタッフと売れ行きの反応を見つつ、 発酵バターの割合を少しずつ増やしています。 発酵バターの風味は好きですが、 苦手な方も結構いらっしゃるので、慎重に増やしてきました。 使用する菓子を間違わなければ、コストに見合った味わいがあります。 つづく。

次の

フランス郷土菓子ガレットブルトンヌのおいしさとその魅力

ガレット ブルトンヌ と は

なぜカップに入れたり、セルクルに入れて焼くか。 普通のサブレのレシピよりバターが多い為、 そのまま焼くと、焼き広がってしまい、薄いものになってしまいます。 その為、セルクルなどの 型で、広がらないようにします。 セルクルでなく、アルミカップを使用される方もいらっしゃいます。 サブレは焼いている間に、ある程度、油が外に出てしまいます。 ガレットブルトンヌは、普通よりバターが多い為、 より多くの油が出てきます。 その油も、すべて旨味と捉えて、アルミカップを使用されている方もいらっしゃいます。 しかし私は、 出てしまった油を再吸収させたくないので、 セルクルを使用し、 焼き上がり後、紙で油を吸い取っています。 手間はかかりますが、その方がサクサクして、美味しいと思います。 発酵バター それで、そのバターなのですが、 配合中の割合が大きいので、 使用するバターで、風味がまるっきり変わります。 私は現在、よつ葉の発酵バター:よつ葉の無発酵バター=2:3の割合で作っています。 スタッフと売れ行きの反応を見つつ、 発酵バターの割合を少しずつ増やしています。 発酵バターの風味は好きですが、 苦手な方も結構いらっしゃるので、慎重に増やしてきました。 使用する菓子を間違わなければ、コストに見合った味わいがあります。 つづく。

次の