障害 年金 更新 厳しい。 障害厚生年金の更新の時に、障害者雇用で働いていることはわかるのですか?

障害年金の主な審査項目と審査に通りやすくするための3つのポイント

障害 年金 更新 厳しい

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、障害状態確認届(診断書)の提出期限が1年間延長される予定となりました。 具体的には、令和2年2月末から令和3年2月末までに提出期限を迎える方について、提出期限がそれぞれ1年間延長されます。 これに伴い、令和2年2月から令和2年6月の間に提出期限を迎える方は、現時点で、診断書を作成・提出いただく必要はありません。 また、令和2年7月から令和3年2月までの間に提出期限を迎える方には、本年は日本年金機構から、障害状態確認届(診断書)が送付されません。 障害状態確認届(診断書)は、来年以降改めて送付されます。 なお、今回の提出期限の延長の対象となる方々には、おって個別にお知らせ文書が送付される予定です。 (日本年金機構HP) 障害年金は、原則として期限のある「有期年金」と「終身年金(永久認定)」があります。 次回診断書提出年月のおよそ1ヶ月前に 「障害状態確認届」(更新用の診断書)用紙が、日本年金機構より送られてきます。 H31年8月より更新月の3ヶ月ほど前に日本年金機構から、送付されてきます。 まだすべての方ではないですが、順次そのようになります。 大きく変わりましたね。 その際の更新の注意点、診断書のチェックが、非常に重要となります。 提出してからでは、あとの祭りです。 当事務所には、「 不支給になって駆け込んでいらっしゃる方」が非常に多いです。 どうにもならず歯がゆい思いを沢山して参りました。 診断書がすべてです。 このチェックがキーポイントになりますので、 前回請求した診断書の写しを必ず 取っておくことが必須です。 障害年金は、一度認定を受けると 「障害の程度が該当する限り」 継続して支給されます。 是非 提出する前に、ご一報いただきたいものです。 対策を練るため3か月前にはご連絡ください。 「障害年金受給中ですが、仕事したらもらえないのですか?」 当事務所にこのようなご相談をされる方が、多数いらっしゃいます。 障害年金は、働いていても 「障害の認定基準」を満たせば受給できます。 実際透析患者様で、障害年金を受給しながら働いている方が多くいらっしゃいます。 上記のご心配は、ほとんどが精神疾患の方々です。 精神の場合は、数値で障害状態を表すことができませんので、非常に厳しいです。 発達障害と 知的障害以外の精神疾患の方が、就労するとまず健常者並みとみなされてしまうことがあります。 いまやうつと仕事との関係は、社会問題ですが非常に厳しい対応は避けられません。 しかも障害年金の不正受給が、大きく問題化されています。 ご自分の日常生活の状態が、精神の認定基準にそっていれば医師とご相談ください。

次の

今、障害年金の審査って厳しいですか?主治医から2級を、たぶん大丈夫だ...

障害 年金 更新 厳しい

1 精神疾患は1年から3年、人工透析は2年から5年が多い。 障害年金は1年から5年の更新制が原則です。 障害年金が認定された場合に届く年金証書には、通常、次回の診断書提出月が記載されています。 その場合、次回の診断書提出月に年金を更新できるかどうかが審査されるのです。 更新の期間について、年金事務所から公式なルールとして公表されているものはありません。 申請の多い障害について、咲くやこの花法律事務所での実際の認定結果を集計すると、認定後の最初の更新期間については、おおむね以下の通りとなっています。 障害の種類 病名 認定後の最初の更新期間 精神の障害 うつ病、統合失調症、双極性障害 1年から 3年 発達障害 2年から 3年 知的障害 2年から 3年 身体の障害 脊髄損傷 3年程度 手足の離断(事故や先天性の疾患で手足がない場合) 永久認定が多い 関節リウマチ 1年から 2年 人工関節や人工骨頭の挿入 永久認定が多い がん 2年程度 直腸がんによる人工肛門装着 2年から 3年 眼の障害 網膜色素変性症 2年から 3年 心臓の障害 心臓疾患によるペースメーカー装着 1年から 2年 腎臓の障害 腎臓疾患による人工透析 2年から 5年 てんかん 2年程度 例えば精神疾患の場合でも、1年の場合から3年の場合まで幅がありますが、どのような基準で1年にするか3年にするかが決められているのかについては、公表されていません。 最初の更新期間は比較的短く設定されており、最初の更新で症状に変化がないことが確認された場合は、2回目以降は更新期間が比較的長く設定される傾向になっています。 2 更新のない人はわずか3パーセント程度! 事故や先天性の疾患で手足がない場合や、人工関節、人工骨頭などを入れている場合のように固定的な障害については、更新がありません。 このように更新がないケースを永久認定といいます。 永久認定は割合としてはごくわずかで、障害年金受給者全体の3%程度です。 人工肛門や脊髄損傷あるいはペースメーカー装着といった状況が変わりにくいと思われる障害についても更新期間が設定されることがほとんどになっています。 3 障害年金が更新制となっている理由 うつ病や統合失調症など、症状が変化する障害について更新制になっているのは、症状が変化している場合は年金機構が等級の変更を検討し、場合によっては支給を打ち切るためです。 では、脊髄損傷や人工肛門、ペースメーカー装着といった状況が変わりにくい障害についても更新期間が設定されているのはなぜでしょうか? これについても、はっきりしたことは公表されていませんが、以下のことが理由と考えられます。 理由1:脊髄損傷などの障害は、障害への慣れや、加齢などによって、日常生活への支障の程度が変化すること。 理由2:直腸がんによる人工肛門装着などの障害については、最初の認定後に障害の程度が重くなる場合があり、その場合等級の変更が必要なこと。 理由3:ペースメーカー装着などの障害については、認定基準により、1年から2年程度経過観察のうえ、等級を再認定することが定められていること このような理由から脊髄損傷や人工肛門、ペースメーカー装着といった状況が変わりにくい身体障害のケースでも、更新制となっていることがほとんどです。 4 あなたの障害年金の更新期間は年金証書で確認できる。 あなたの障害年金の更新期間は年金証書で確認することができます。 年金証書の右下の「障害基礎年金の障害状況」あるいは「障害基礎・障害厚生年金の障害状況」の欄に「次回診断書の提出年月日」として、次回の更新の時期が記載されています。 この欄に「**年**月」と記載されている人は、永久認定で、更新の必要がありません。 更新月は受給者の誕生日月に設定されています。 ただし、初診日が20歳より前の人については7月です。 診断書の提出期限の少し前に年金機構から診断書の用紙が郵送されてきますので、医師に診断書の作成を依頼しましょう。 5 2回目以降の更新期間は更新のときにはがきで通知される。 2回目以降の更新期間については、前回の更新の際に年金機構からはがきで通知されているはずです。 はがきをなくしてしまって、わからなくなった場合は、年金事務所に尋ねれば教えてくれます。 6 まとめ 今回は、障害年金の更新期間の決まり方についてご説明しました。 自身の更新期間を把握し、更新が近づいたら、余裕をもって準備していきましょう。 更新の手続きをしないと障害年金の支給が停止されますので注意してください。

次の

【障害年金等を受けている皆様へ】障害状態確認届(診断書)の提出期限の延長のお知らせ|日本年金機構

障害 年金 更新 厳しい

どんなニュース?もう少し詳しく! 受け取っている障害年金が2016年以降、急に止まってしまうかもしれない。 日本経済新聞で報道がされています。 遡ること1年前。 2015年の1月頃になります。 障害年金の審査基準が地域によって異なるとの報道がありました。 審査の結果、受け取り不可という人の割合が都道府県によって最大6倍の違いがあるとのこと。 具体的には以前にこんな記事をご紹介したことがありました。 参考 障害年金もらえるか?それは住んでる場所次第です 今回はこの報道に関連して障害年金の仕組みを解説します。 2種類ある障害年金 障害年金と一口に言っても2種類あります。 国民年金制度からの障害 基礎年金。 厚生年金制度からの障害 厚生年金。 障害を負ってしまったらどっちがもらえるのか。 片方だけの人もいますし、両方もらえる人もいます。 鍵を握るのは障害の原因となる症状で 初めて医者にかかった日にどの制度に入っていたか。 その日に自営業者だったら障害基礎年金の可能性あり。 なぜなら国民年金に入っているから。 その日にサラリーマンだったら障害基礎年金と障害厚生年金の両方可能性あり。 なぜなら厚生年金と国民年金の両方に入っているから。 このように同じ症状でも どの制度に入っていたかがもらえる年金の分かれ道となります。 障害基礎年金の審査に問題があった このバラつきが生じるという話は障害基礎年金だけの話。 なぜでしょう。 障害厚生年金は年金機構の本部でまとめて審査している。 逆に障害基礎年金は各都道府県で審査しているから。 しかも、統一された判断基準がなかったのでバラつきが生じたとのこと。 事態を重く見た厚生労働省が新しい指針を作ることになった。 こんないきさつがあったんです。 新しい指針とは? この指針は日常生活能力を数値化して、症状別の等級と対応表を目安としているのが特徴。 当の本人がその症状によってどの程度日常生活に制約を受けるかが問題となります。 その程度に応じて等級が決まっています。 障害基礎年金は1級と2級の場合に受け取れます。 障害厚生年金は3級の場合まで年金として受け取れます。 重い方から1級・2級・3級。 重いほど保障が厚くなります。 (下に続きます) 新しい審査指針では年金が止まるかも ここまできてようやく今回の記事の話。 この新しい指針で今、障害基礎年金を受け取っている人の症状を当てはめてみた。 精神・知的・発達障害者のうち「1割にあたる約7万9千人が支給停止や支給減額になる恐れがある」とのこと。 全国の精神科医でつくる団体が推計を発表しました。 年金が止まるとはつまり、1,2級状態でなくなってしまうということ。 年金が減るとはつまり、1級の人が2級と判断されること。 団体は「障害者は大きく動揺し、症状の悪化や意欲の低下につながる」と懸念。 厚労省に柔軟な対応を求めているとのことです。 難しい問題 厚労省の対応に注目 普通、年金制度を新しくする場合は既得権に配慮します。 既に前の仕組みで権利を得た人はそのままの形で受け取れる。 新しい仕組みにする場合は、周知の期間を十分にとってから、これから権利が生じる人を対象にします。 だから、 年金制度は一気に新しくすることができない。 既得権を無視できないからです。 今回の障害年金の新指針。 私はこれから受け取る人だけを対象にすればいいじゃないと思ったんですが・・・。 ことは単純ではありません。 障害年金には特殊な事情があります。 それは、一度権利が生じたあとにも数年に一度 更新のための審査があるからです。 1年、3年、5年と症状によりその時期は異なります。 中には受け取り中は更新審査がないという症状もあります。 が、精神障害となると症状が変化するわけですからそうもいきません。 今後の更新審査では新しい指針での審査にならざるを得ない。 難しい問題です。 厚労省がどう対応するか、注目です。 今回のニュースまとめ 今回はこんなニュース。 2種類の障害年金のうち障害基礎年金の審査に問題あり• 厚労省が新しい審査指針を予定している• 新指針によって今受け取っている障害年金が止まるかも 年金の仕組みを改めるっていうのは本当に大変。 改めて記事を執筆しながら思いました。 年金だけが頼りという障害をお持ちの方も多いはず。 ここで、 厚労省が新しい指針を出すに至った趣旨を考えてみる。 もともと公正な仕組みでなかったものを 公正な仕組みに改めるということ。 であれば、 新しい指針によって審査が公正になることを考えればやむを得ないのかもしれません。 指針の内容を見たところ、状態を数値に置き換えて平均値を出し、等級に当てはめるというのは客観的にわかりやすいと思いました。 悪いのは問題を放置してきた厚労省でしょう。 マスコミに指摘されるまでもなく、事態を把握していたはずなんですから。 厚労省の新しいガイドラインが確定したらまた皆さんに内容をご紹介いたします。 (確定したので記事を執筆しました。 それがこちらです) 出典・参考にした情報源 追記 2018年2月6日 新しいガイドラインの記事へのリンクを掲載しました.

次の