菅田 将 暉 さよなら エレジー。 菅田将暉 『さよならエレジー』

菅田将暉の「さよならエレジー」石崎ひゅーいの世界観が沁みる

菅田 将 暉 さよなら エレジー

先日行われた第41回日本アカデミー賞にて、最優秀主演男優賞を受賞した菅田将暉さん。 今、最も勢いのある若手俳優と言っても過言ではないでしょう。 そんな彼のマルチな才能は留まるところを知らず、2月21日にはシングル「さよならエレジー」も発表されました。 ドラマ「トドメの接吻(キス)」の主題歌でもありますから、耳にされた方も多いのではないでしょうか。 さて、この「さよならエレジー」が、斉藤和義さんの楽曲である「やさしくなりたい」にそっくりだと話題になっているようなんです! 一部では、「似ているどころかパクリでは?」との疑惑もささやかれているようなのですが、真相はどうなっているのでしょう。 それぞれの曲を聞き比べつつ、検証してみました。 2つの曲を聴き比べてみると… まずは、菅田将暉さんの 「さよならエレジー」をチェックしてみましょう。 へ~、菅田さんは歌もお上手だったんですね! 雰囲気もあってかっこいいです。 こちらの楽曲は菅田さんが抱いたイメージをもとに、以前から交友のあったアーティスト・石崎ひゅーいさんが作詞/作曲を担当したものだということでした。 次に、斉藤和義さんの 「やさしくなりたい」です。 さて、曲を聞いた感想ですが、確かに似ていますね~! 「サビの部分がそっくり」という声が多いようですが、その他の部分もよく似ていると思います。 ただ、「パクリ」とまではいかないかな、というのが私の感想です。 スポンサーリンク? 曲としてはアーティスト斉藤和義の方が上? リリースがかなり前(2011年)とはいえ、誰もが知っているであろう「やさしくなりたい」をパクるなんてリスクが高すぎますし、すでに抜群の知名度を誇る菅田さんサイドが、わざわざそんな危険を冒さないでしょう。 「似たような系統の曲」が出来上がったというレベルの話だと思います。 しかし、菅田さんも歌が「上手」だと思いますが、斉藤さんのパフォーマンスが醸し出す独特の雰囲気は、本当に素敵ですね^^ やはり、「音楽」を本職として勝負している人の威厳があるというか…。 2曲とも「せつないロック・ナンバー」という感じですが、やはりこういう楽曲は、20代の菅田さんより50代の斉藤さんが歌った方が渋みも増す気がします。

次の

音樂介紹》聽不膩的菅田将暉さよならエレジー(再見輓歌 中日歌詞)

菅田 将 暉 さよなら エレジー

MEMO こちらで紹介するランキングは「レコチョク」「JOY SOUND」「有線リクエスト回数」など、 2019年最新の情報を元に作成しています。 この曲は、フジテレビ系で現在放送中のドラマ「 パーフェクトワールド」の主題歌となっている曲で、あの米津玄師さんが作詞・作曲、プロデュースを手がけました。 この『まちがいさがし』を歌った菅田将暉さんは、「 自分は間違い探しの間違いの絵の方に生まれたのかも知れない、だからこそ今目の前の人との出会いがある」という米津玄師さんからの曲の意図を聞いたとコメントしています。 『さよならエレジー』は、「 主人公の孤独と過去の恋愛への後悔、そしてこれから恋をする時には同じ失敗をしないという決意」が歌われているように思えます。 『ロングホープフィリア』は、「 一生懸命に何かに挑戦しても挫折や敗北感を味わう、そんな時に支えてくれる大切な友が近くにいる」と歌った曲に感じました。 『見たこともない景色』は、「 どんなにみっともなくてもゴールが見えなくてもあきらめずに挑戦することで見えてくる世界がある」この歌詞はそういった解釈が出来るのではないでしょうか。 この曲は、「 無理して恋にがんじがらめになってきたけど、恋が終わって自由になれたことで、本当の愛の意味に気づけた」という意味の歌詞に思えます。 この曲の作詞をした菅田将暉さんは、「 自分が望んでやっている仕事でも、忙 せわ しない毎日に疲れていてイラつく、そんな自分が嫌になって、そんな2017年のフラストレーションを書いた」とのこと。 この曲は、「 青春時代に一緒に過ごした仲間たちとの絆や友情」を歌った曲になっています。 この曲を作詞・作曲した菅田将暉さんは、「 迷っている時間が好きなんですよ。 迷っている時間を大切にしたいという菅田将暉さんの感情が込められた歌詞になっています。 忙しい時にこそ、このゆったりした曲調の『ゆらゆら』を聴くと落ち着けるかも知れませんよ。 この曲は、「 好きな人のことばかりを考える自分の恥ずかしさや情けなさ」を歌った曲となっています。 この曲の作詞をした菅田将暉さんはこうコメント「 渋谷ですれ違った男の子がいて、その子のことを勝手に妄想して書いた詞」とのこと。 暑い夏の日常風景と菅田将暉さん自身がその男の子と重なって見えたことを歌詞にした曲に思えます。 軽快な曲調でノリのいい曲に仕上がっており、個人的には菅田将暉さんの曲の中でもかなり上位に入る好きな曲です。 「まちがいさがし」解禁という事で、非常にドキドキしています。 どうか、ドラマを筆頭に宜しくお願いします。 ありがとう。 — 菅田将暉 sudaofficial 今回は、菅田将暉さんの人気曲をランキング形式にして、1位~10位までご紹介しました。 菅田将暉さんが歌う曲は、聴く人の背中を押してくれるような曲が多いですし、菅田将暉さんの歌声も素晴らしいですよね! 最後にランキングの中から、個人的に聴いて欲しいオススメ曲を3曲ご紹介しようと思います!• 人気曲第1位の『 まちがいさがし』• 人気曲第4位の『 見たこともない景色』• 人気曲第7位の『 雨が上がる頃に』 上記の3曲は是非聴いて欲しいオススメの曲です! 7月には、2ndアルバム『LOVE』のリリースも決定している菅田将暉さん。 2019年のアーティストとしての活動からも目が離せませんね!.

次の

菅田将暉の「ゲイ」の噂検証

菅田 将 暉 さよなら エレジー

先日行われた第41回日本アカデミー賞にて、最優秀主演男優賞を受賞した菅田将暉さん。 今、最も勢いのある若手俳優と言っても過言ではないでしょう。 そんな彼のマルチな才能は留まるところを知らず、2月21日にはシングル「さよならエレジー」も発表されました。 ドラマ「トドメの接吻(キス)」の主題歌でもありますから、耳にされた方も多いのではないでしょうか。 さて、この「さよならエレジー」が、斉藤和義さんの楽曲である「やさしくなりたい」にそっくりだと話題になっているようなんです! 一部では、「似ているどころかパクリでは?」との疑惑もささやかれているようなのですが、真相はどうなっているのでしょう。 それぞれの曲を聞き比べつつ、検証してみました。 2つの曲を聴き比べてみると… まずは、菅田将暉さんの 「さよならエレジー」をチェックしてみましょう。 へ~、菅田さんは歌もお上手だったんですね! 雰囲気もあってかっこいいです。 こちらの楽曲は菅田さんが抱いたイメージをもとに、以前から交友のあったアーティスト・石崎ひゅーいさんが作詞/作曲を担当したものだということでした。 次に、斉藤和義さんの 「やさしくなりたい」です。 さて、曲を聞いた感想ですが、確かに似ていますね~! 「サビの部分がそっくり」という声が多いようですが、その他の部分もよく似ていると思います。 ただ、「パクリ」とまではいかないかな、というのが私の感想です。 スポンサーリンク? 曲としてはアーティスト斉藤和義の方が上? リリースがかなり前(2011年)とはいえ、誰もが知っているであろう「やさしくなりたい」をパクるなんてリスクが高すぎますし、すでに抜群の知名度を誇る菅田さんサイドが、わざわざそんな危険を冒さないでしょう。 「似たような系統の曲」が出来上がったというレベルの話だと思います。 しかし、菅田さんも歌が「上手」だと思いますが、斉藤さんのパフォーマンスが醸し出す独特の雰囲気は、本当に素敵ですね^^ やはり、「音楽」を本職として勝負している人の威厳があるというか…。 2曲とも「せつないロック・ナンバー」という感じですが、やはりこういう楽曲は、20代の菅田さんより50代の斉藤さんが歌った方が渋みも増す気がします。

次の