ライス パワー アトピー。 第7話 素材の開発へ

アトピー肌荒れを治すのに使った薬用クリーム\子供の肌が変わった/

ライス パワー アトピー

ライスパワーno. 11って何? ライスパワーはお米のエキスを酵母や乳酸菌などと組み合わせ、90日間熟成発酵させたものです。 自然のお米が原料ですから安心ですね。 長期間熟成された後に、厳しい品質管理を通過し、やっとライスパワーエキスが完成します。 現在36種類のライスパワーが開発されており、お米と微生物の組み合わせ方によってその効果は違っていて、効果が確認されたものにはナンバーがつけられているんです。 ライスパワーno. 11は 「皮膚水分保持能の改善」を認可された成分です。 皮膚水分保持能が低下した肌は、細胞同士を隙間なくひっつけて外的刺激が入ってこないようしたり、うるおいを保つ 「セラミド」も減少してしまいます。 そのため、ハリや弾力が失われるだけでなく、バリア機能が低下してしまい、肌荒れしやすくなってしまうんですね。 ライスパワーNo. 11はセラミドを増やし、水分をキープする力を改善する「水分保持能の改善効果」が認められているので、表面的に潤いを与えるのとは違います。 内側から皮膚水分保持能を改善してくれるので、 バリア機能が低下し、何だか肌の調子が悪いなという方におすすめです。 ライスパワーno11をプチプラ・安い価格で買える? きっとライスパワーno11に興味がある人は知っていると思いますが、どのメーカーでも 大体4000円~と高級なんです。 使ってみなきゃ効果は分からないわけですが、高いお金出したのに肌に合わないということも十分考えられます。 そんなの勿体ないし、気分がめちゃくちゃ下がりますよね。 そこでおすすめなのは、 ライスパワーno11をプチプラで買えるお試しセット。 大体10日前後試せる内容になっているので、肌に合う・合わないとか、効果が実感できるのかを知ることができます。 累計販売数2,000万本突破!芸能人も愛用の「ライスフォース」 芸能人も数多く愛用している「ライスフォース」 累計販売数2,000万本突破ってすごい人気ですよね。 そんなライスフォースは初回限定の30日セット(定期便)から始めるのがおすすめです。 ライスフォース30日(3点)セット• 日焼け止め化粧下地• 美白美容液なんて5本もついてますけど、普通だったらミニ1本しか入ってないですよね~。 あとは お肌分析も無料でついてきます。 専門スタッフが自分だけの お肌分析をしてくれるので、 お肌の変化が分かります。 そのライスパワーno11の本家が販売してるのがライースリペアなので、雑誌で紹介されたりするほど、今注目されているんです。 ライスパワーの化粧水にはこんな役割があるそうなので、ちょっとというか、かなりびっくり。 ライスパワーNo. 11が、皮 膚水分保持能の改善効果で認められた医薬部外品だからこそですね。 ライースリペアは化粧水・美容液・クリームの3点セットで1,750円ですから、他のトライアルセットに比べると高め。 肌潤化粧水は「角質柔軟オイル」配合となっているので、肌をやわらかくほぐしてくれます。

次の

【ライスフォースの副作用】アトピーでも使える?30代主婦の徹底解説

ライス パワー アトピー

先日、ライスフォースを使用したアトピー肌の方(40代・女性)から 「使い心地は良かったけど、肌に付けた瞬間、ちょっとピリっとしてしまった」という感想を貰いました。 ライスフォースには肌に刺激を与えてしまう「鉱物油」などが入っていないのに、どうしてだろう…と調べてみました。 すると、ライスフォースというよりも ライスパワー化粧品全般とアトピー肌の相性について色々判明したので今回はそれについてをまとめさせて頂きました。 (ライスパワー化粧品には入っていません) また、鉱物油はクレンジングオイルを使わないと完全に落としきれません。 (落としきれないと肌の汚れが増してしまいます) だからといって、 強い成分のクレンジングオイルを使うと逆にアトピーを悪化させてしまうので、元から入ってないものが望ましいです。 香料 良い匂いのする商品には高確率で入っている成分です。 肌のかぶれに繋がり、アトピー悪化の原因になってしまうので匂いが良いから…で選ばないのが吉ですね。 実は、 ライスパワー化粧品の中で「肌極」には少量ですが香料が入っています。 肌に対して敏感な方は別のライスパワー化粧品を使う方が良いと思います。 人によっては気をつけるべき成分 エタノール 恐らく、ライスフォースを使って ピリっと来てしまう原因はエタノールかもしれません。 (アトピーが酷い方はアルコールフリーの化粧品を買っている方が多いそうなので) エタノールとは防腐の為に入れられている場合がありますが、人によっては肌のかぶれや水分が飛んでしまい、刺激を感じてしまうかも…という成分です。 防腐成分がないと化粧品は腐ってしまいますので、エタノールはライスパワー化粧品の中に入っていることがとても多いです。 大量に入っているわけではありませんが、 人によっては痛みが出るかもしれないので、パッチテストするのも辛い…的な敏感肌・アトピー肌持ちさんは、アルコールフリーの化粧品を選んだ方が良いかもしれません。 アトピー肌持ちはライスフォース以前に、ライスパワー化粧品を使えないのか? 化粧品というわけではありませんが、エタノールの入っていないライスパワー系商品として「 アトピスマイル」という商品があります。 アトピスマイルは名前の通り、アトピー肌の人を考慮して作られた商品です。 化粧水・美容液はありませんが、洗顔石鹸やボディクリーム等、日頃のケアにかかせない商品が複数出ております。 入浴剤もあるので、今まで入浴剤を使えなかった人には良いかもしれません。 元々ライスパワー商品は保湿力が売りなので アトピスマイルが合えば肌の痒みを和らげつつ肌ケアができるかも!? 肌が敏感だけどライスパワー商品を使ってみたい方に是非オススメしたい商品です。 アトピスマイルについての詳細は以下のページに掲載しています ライスパワー関係の商品を一気に見たい方はこちら.

次の

【ライスフォースの副作用】アトピーでも使える?30代主婦の徹底解説

ライス パワー アトピー

最初にできたライスパワーNo. 11配合の製品はアトピー肌用のスキンケアクリームだった ライースリペアの1番注目すべき成分「ライスパワーNo. 11」は、開発時の臨床実験でアトピー患者の約9割に、「かゆみや皮膚乾燥などの改善」がみられました。 その後、たびかさなる実験の結果から、皮膚のバリア機能 皮膚の水分保持能 を改善する効果が 「医薬部外品」として認められます。 そのため、ライースリペアを発売元・勇心酒造では、ライースリペアの発売前に「アトピスマイルクリーム」というライスパワーNo11を配合したスキンケアクリームが発売 2002年 され大ヒット商品となっています。 アレルギーの原因物質を体内に入れない• アトピー性皮膚炎によって低下した皮膚のバリア機能 セラミド を修復する アレルギーの原因物質を体内に入れない方法 この方法はたいへん困難を極めます。 人それぞれアレルギーの原因物質は違いますし、食事からだけではなく、肌からも体内に入ってきます。 アトピーの症状が出なくなるまで生活習慣をつきつめることは、不可能に近いです。 アトピー性皮膚炎によって低下した皮膚のバリア機能 セラミド を修復する方法 保湿成分を含む外用剤を使用すれば、一時的には皮膚のバリア機能が改善します。 しかし、 肌そのもののバリア機能は変わらないため体質改善がおこなわれアトピーが治るまで外用剤を塗り続けなくてはなりません。 ライスパワーNo. 11は肌のバリア機能を生み出す細胞じたいを健康にしてしまう 一般的な保湿材 スキンケアクリーム のみの塗布では肌の 水分保持能が時間の経過とともに減少しますが、 「ライスパワーNo. 11」を含む保湿材 スキンケアクリーム では、 60分後より120分後の方が肌の水分保持能が高くなっていたということが、徳島大学の荒瀬誠治教授による「ライスパワーNo. 11」の臨床実験段階でわかっていました。 この実験により、 「ライスパワーNo. 11」が一時的な肌のバリア保護ではなく、バリア機能を生み出す 細胞 水分保持能 じたいになんらかの効果があることがわかりました。 また、 アトピー患者の約9割には「かゆみや皮膚乾燥などの改善」も現れました。 逆にいうと「肌のバリア機能 水分保持能 」にまったく問題のない健康な若者の肌に塗っても、さほどの効果を得られないということになります。 なので、「ライースリペア」は「肌のバリア機能 水分保持能 」の衰えてくる30代、40代、50代向けの製品として販売されています。 最初にライスパワーNo. 11を配合した基礎化粧品は? 1番はじめにライスパワーNo. 11を配合した基礎化粧品を作ったのは、アイムの「ライスフォース」です。 せっかく「医薬部外品」として効果を承認されたのだから、開発した勇心酒造だけで独占販売すれば良いのでは?と思うところですよね。。 「ライスフォース」はライスパワーNo. 11のOEM契約 受託製造 勇心酒造は「ライスパワーNo. 11」の開発から「医薬部外品」としての承認を受けるまでには、約9年という歳月と莫大な費用をついやしていました。 アイム ライスフォースの発売元 の元・親会社シムリーから融資を受ける代わりに、勇心酒造はライスパワーエキスのOEM契約 受託製造 を約束します。 また、シムリーの顧客数は約210万人、勇心酒造は小さな酒蔵であり元々医薬品や化粧品といった製品の販売会社ではありませんでしたので、 勇心酒造にとっては経営拡大するために必要不可欠なOEM契約となったようです。 シムリーは「ライスパワーNo. 11」を使った化粧品開発を新規事業として立ち上げ、ゆくゆくはその事業部が株式会社アイムとして独立することになりました。

次の