慢性 心不全 急性 増悪。 やっかいな慢性心不全ストレスなどで重症化の危険|医療ニュース トピックス|時事メディカル

慢性心不全とは?原因や症状に関する基本情報

慢性 心不全 急性 増悪

ご質問ありがとうございます。 私も高齢者施設で働いています。 高齢者の場合、自覚症状がない場合や症状をうまく表現できない場合もありますので、異常の早期発見はとても難しい問題ですね。 では、ご質問についてお答えしたいと思います。 心不全について 心不全とは、心臓のポンプ機能が低下し心臓の動きが低下して血液のうっ滞が起こっている状態です。 病名と言うよりは、心臓の機能が低下して起きている状態のことを言います。 急に心臓機能の低下を起こす「急性心不全」と徐々に低下が起こり慢性的になっている「慢性心不全」に分けられます。 「慢性心不全」は、様々なことがきっかけとなり急激に悪化することがあり、それを慢性心不全の急性憎悪と呼びます。 心不全の程度により自覚症状や他覚症状も様々で、心不全の状態は軽症のものから命にかかわるような重篤なものまであります。 心不全の症状は、右心不全の場合、主に下肢の浮腫があります。 夕方には靴がきつくなったり、浮腫によって体重が増加したりなどがあります。 また、左心不全の場合には、少しの労作で息が上がって苦しくなったり咳が出たり、動悸が起こったりします。 高齢者の場合は自覚症状があまりないことが多く、認知症などがあれば、自分の状態や苦しいといったことをうまく表現できないこともあります。 そうしたことから周囲から気づかれない場合や、軽いものでは自覚症状もなく他覚的にも目立った症状がないため、悪化するまでわからない場合もあります。 心不全の原因• 心筋の障害によるもの:心筋梗塞、心筋症、心筋炎など• 心臓への負荷によるもの:高血圧や心臓弁膜症、先天性心疾患など• 慢性的な低酸素状態によるもの:貧血や慢性肺疾患(COPDなど)など• 不整脈によるもの:洞機能不全、心房細動を含む頻拍性不整脈など• 代謝性のもの:甲状性機能亢進や甲状腺機能低下など 心不全の原因には、これまでお話した疾患が原因になる場合以外にも、過労や不眠状態、情動面や身体的なストレス、肺炎や感染症などがあります。 これらは慢性心不全の急性増悪の原因にもになり得るものです。 高齢者の場合も同様です。 高齢者の中には、足腰が弱ることを恐れ、自ら心臓に負担になるような運動を日課としている場合や、リハビリ担当者が本人の健康状態の変化について把握できないまま負荷になる程のリハビリを行ってしまう場合もありますので、理学療法士などとの連携も大切になります。 また、他にはジギタリス中毒など、薬剤が長期間に渡って投与されている場合に、副作用として心不全の原因になる場合もありますので、主治医や担当薬剤師と相談しながら定期的に内服薬の内容についてのチェックや、ジギタリス製剤を服用されている場合は、定期的に血中濃度を測定することも大切です。 おわりに.

次の

[7] 心不全

慢性 心不全 急性 増悪

「」という言葉から連想されるのは、心臓に関係した重い病気であり、命に関わるといったイメージではないでしょうか。 心不全とは具体的にはどんな状態のことをいうのでしょう。 鳥取大学医学部附属病院第一内科診療科群の主任診療科長である山本一博教授にお話をうかがいました。 心不全とは 心臓は全身に血液を送り出すポンプの働きをしています。 とは、心臓の働きが障害されて、身体全体に血液をうまく回すことができない状態をいいます。 そのことにより、息切れやむくみなどさまざまな症状を引き起こします。 (こうそく)やなど、さまざまな心臓の病気の結果として起こる状態を心不全と呼んでいるともいえます。 急性心不全と慢性心不全 にはとの2種類があります。 心臓を養っている血管が詰まって血液が流れなくなり、心臓の筋肉が死んでしまうや、突然発症したなどによって急激にポンプの働きが弱まり短期間に悪化する場合が急性心不全です。 一方、、やなどが原因で長年にわたって心不全症状がある場合を慢性心不全といいます。 慢性心不全はどんな人がなりやすいか は、(高コレステロール血症など)、 などのとの関連が強く、高齢になるほど発症する人が多くなります。 日本では高齢化が進んでいるため、これからますます慢性心不全の患者さんが増えると思われます。 心不全を見過ごさないために 前項で述べたように、は年齢とともに多くなり、特に60歳を超えると急激に発症する頻度が高くなります。 ちょうど体力が落ち始める年齢でもあるので、動いたときに息切れがするようになっても、本当は心不全なのに「歳のせい」だと考えてしまう場合が少なくありません。 加齢による体力の衰えと、心不全による症状の両方がありえますので、今まで何ともなかったことで息切れをするようになったなと思った時には、医療機関を受診して、本当に加齢によるものなのか、それとも何か心臓の病気が隠れているのかを調べてもらうことをおすすめします。 今まで普通にできていた動作で息切れがするというだけでは、一時的な疲労や体力の低下と区別がつきにくいかもしれません。 しかし、短期間のうちに悪くなっているとき、たとえば1週間前には3階まで階段を上ると息切れがしていたのが、今は2階に上がるだけでも息が切れるといった場合は、心不全の可能性があります。 少しでも気になることがあれば、「歳のせい」で片付けずに医療機関を受診するようにしてください。 その際は「いつから」「どんなふうに」と症状を説明できるよう、あらかじめ整理しておくとよいでしょう。 鳥取大学医学部附属病院• 内分泌・代謝内科 内科 薬物療法内科 血液内科 消化器内科 救急科 精神科 小児科 脳神経小児科 整形外科 リウマチ科 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 病理診断科 感染症内科 ペインクリニック外科 頭頸部外科 放射線科 放射線治療科 麻酔科 神経内科 呼吸器内科 アレルギー科 消化器内科 腎臓内科 循環器内科 形成外科 胸部外科 心臓血管外科 乳腺・内分泌外科 小児外科 歯科口腔外科 神経病理診断科 リハビリテーション科 腫瘍内科• 鳥取県米子市西町36-1• JR山陰本線 豊岡~米子 「米子駅」 米子市循環バスで8分 徒歩15分• 0859-33-1111.

次の

急性・慢性心不全診療ガイドライン・エッセンス

慢性 心不全 急性 増悪

慢性心不全の症状 慢性心不全の症状は右心房、左心房のどちらがうっ滞(血流などが停滞した状態)するかで変わってきます。 右心不全になると足が中心のむくみや体重の増加といった症状があらわれます。 むくみの症状は夕方から強くなっていき、履いている靴がきつく感じるようになります。 左心不全になると白っぽい泡のような痰や呼吸困難、咳といった症状が出てきます。 呼吸困難は坂道や階段などの些細な移動で起こるようになるでしょう。 それ以外にも夜の就寝中に呼吸困難が発生したり、夜に尿意を催す回数も増えてきます。 具体的には 高血圧・急性心筋梗塞・心臓弁膜症・拡張型心筋症などが原因です。 高齢者の場合は拡張型心筋症が原因となることもあります。 それ以外にも慢性心不全を引き起こす疾患には 糖尿病・慢性腎臓病などがあります。 心臓弁膜症は動脈硬化などが原因で起こりやすくなりますが、この動脈硬化は高血圧で起こりやすくなります。 つまり、糖尿病や高血圧などは生活習慣病であるため、 生活習慣には気を付ける必要があるということを意味しているのです。 治療方法について 慢性心不全の治療方法は、 心臓再同期法・薬物療法・生活習慣の指導が基本になるでしょう。 まず心臓再同期法とは難しく感じてしまいますが、簡単に言うと ペースメーカーを体内に植え込んで左右心室を収縮させるタイミングを整えて心拍出量を高めるのが目的です。 次に薬物療法ですが、 利尿薬や血管拡張薬、強心薬を用いての治療となるでしょう。 まず利尿薬は体内の水分量を減らしてうっ血が原因の呼吸困難や浮腫の症状を軽くしてくれます。 次に血管拡張薬は心臓への負担軽減のために血管が拡張して血圧が下がる効果があります。 最後に強心薬を用いると心臓の拍出量を高めることができるでしょう。 生活習慣の指導とは水分摂取制限や塩分摂取制限の指導が必ず行われます。 それ以外にも生活習慣病が原因であった場合はそちらの改善も取り組むことになります。 検査方法について 心不全を検査するためにはまず循環器内科や心臓血管内科などを受診するのが基本となります。 確認方法も 最初は聴診器を使って雑音がないか、肺に水が溜まっていないのかを確認するところから始まります。 他にはむくみも関わってきますので むくみがあるのかどうかを検査し、 動悸や息切れの症状が出ているのかも問診にて確認することになります。 そこで心臓の状態が怪しいと疑われた場合は、 レントゲンや採血、心電図などを用いた検査を実行することになります。 触診や問診の後はこの3つの検査となって、そこでさらに異常が確認された場合は精密検査が必要になってきますので、ホルター心電図や心エコー法などの方法を実行することになります。 慢性心不全の急性増悪とは? Sponsored Link まず 急性増悪とは急激に状態が悪化することを意味しています。 実は 慢性心不全の状態であったとしても急性増悪が発生して急性心不全になることがあります。 もともと心臓は負担がかかったとしても代償機転を働かせて心拍出量を保つことができるのですが、あまりにも負荷が大きいか負荷が長期にわたってかかり続けると代償機転がもたなくなり突如として症状が重くなってしまうことがあるようです。 つまり慢性心不全の状態で 急激に心臓への負担のかかる行為を行ったり、 慢性心不全の状態を長い期間維持し続けると急性に代わる時が来る可能性があるということです。 慢性心不全の食事や生活指導 先ほどの治療の項目でも説明しましたが、慢性心不全の治療には生活指導と食事内容の制限がかかります。 まず 食事内容は水分摂取制限や塩分摂取制限をされるようになるでしょう。 水分摂取制限は体内の水分量を減らしてうっ血に伴う呼吸困難や浮腫などの症状を軽くすることが目的です。 塩分摂取制限は血圧の上昇を抑えて心臓への負担が減らすことが目的となっています。 それ以外にも糖尿病や高血圧が慢性心不全の原因となっていることがあるため、 水分摂取制限や塩分摂取制限以外の食生活の改善や適度な運動を指摘されることもあるでしょう。 予後について 慢性心不全に限らず他の病気でも 症状が軽ければ軽いほど予後は非常に楽なものとなります。 しかし 症状が重い場合は予後もよいものにはならないでしょう。 また、心不全の重症度を表す分類としてNYHA心機能分類というものがあり、「1.心疾患はあるが身体活動に制限なし」「2.心疾患により軽度の身体活動の制限がある」「3.心疾患により高度な身体活動の制限がある」「4.心疾患のためいかなる身体活動も制限される」と4段階で分けられております。 ここの 1・2度は3・4より一般的には予後はよいと言われております。 慢性心不全により動悸・息切れがひどいと運動制限や活動制限をされてしまうことがあり、そこで安静にしてしまう期間が長いと体力や筋力が低下してしまいます。 もしここで治療期間が長くなってしまうと日常生活に戻るまでも時間がかかってしまうでしょう。 さらにお年寄りの場合は若い人たちより筋力の低下が早いため最悪寝たきりになってしまうこともあります。 リハビリの効果について 慢性心不全の予後を少しでも良いものとするために、心不全の治療プログラムにはリハビリが組み込まれていることが多くなっています。 この リハビリの狙いは心臓病の患者さんが体力や筋力の回復以外にも、再発防止やストレスの軽減も含まれており非常に重要なものとなっているのです。 実際に心不全の患者でリハビリをする組・しない組にわけて経過観察を行った結果、 リハビリを行ったほうが3か月後の生活の質も良く、重症心不全になる比率が低下して、再入院率する確率も低下していることが分かっております。 また、運動をして大丈夫かどうかが不安な虚弱な患者であっても安定した心不全の患者ならリハビリに参加して運動療法を行うことが推奨されているようです。 その他、心不全に関しましては次のページを参考にしてください。 慢性心不全につきましては、次のサイトも参考にしてみて下さい。 東北大学大学院循環器内科学 東北大学大学病院環器内科 最後に 以上、いかがだったでしょうか? 今回は慢性心不全の定義や治療法、リハビリや急性増悪についてお伝えしてまいりました。 たしかに急性に比べれば突発性は低いものであり、いくらか安心できる要素はあったかもしれませんが、急性増悪によって症状が突然悪化して急性心不全になってしまうこともあるため、早めの治療を必ず行う必要があることはわかりましたね。 そして原因が心臓に負担がかかる病気であることもわかりましたが、それは生活習慣病が原因となるパターンもあることがわかりました。 ですので、皆さんも自分は関係ないと思わないで、運動不足や食生活の乱れ、日常生活の乱れを感じているなら少しずつ改善していきましょう! カテゴリー•

次の