ロダス スコーン。 【画像付き】美味しいスコーン福袋食べ比べた感想

クロテッドクリームとは?使い方や代用品とスコーン以外の使い道

ロダス スコーン

イギリスの粉物代表といえばスコーンを想像される方が多いと思います。 優雅なアフタヌーンティーなどで供されるそれは、クロテッドクリームやジャムが添えられ、それはそれは美味しそうです。 しかし、私はどうも苦手です。。。 イギリスにいる頃も、残念ながら美味しいスコーンに巡り会うことができず、そのイメージをずっと引きずったまま今に至ります。 ただ一つ、例外は麻布十番にある『ポワンタージュ』というパン屋さんのスコーンです。 初めて食べた時、「こんな美味しいスコーンもあるのね!」と感動し、以来時折食べていますが、そのスコーンが好きというだけで、「スコーン」というお菓子(?)が好きになったわけではありません。 さて、相変わらず長い前置きですが、本題はスコーンではありません。 スコーンのお供「クロテッドクリーム」です! Rodda'sのクロテッドクリーム クロテッドクリームはイギリスで大昔からある伝統的なクリームで、スコーンには欠かせないもの。 ちょうどバターと生クリームの中間くらいの、濃厚でそれでいて柔らかさもあるクリームです。 そんなクロテッドクリームと言えば、なんといってもイギリスはRodda's社のものでしょう。 日本では「中澤」さんのものが多く、ロダスはあまりお見かけしませんが、さらっと調べてみたところ、今はネット通販などでは入手できるようです。 そんなロダス社のクロテッドクリームを少し前に訪れた 『Demerara Bakerry デメララベーカリー』さんで見つけました。 『デメララベーカリー』さんといえば、言わずと知れたスコーンの専門店です。 イギリスの天才生地職人と言われるライアン・スメドレー氏がプロデュースしたという店で、ライアン氏のレシピによる本場のスコーンが楽しめるお店です。 その1号店が新宿駅ナカの「Newman」にあります。 スコーンがメインのお店ですが、冒頭でも述べた通り、私はスコーンにはなかなか食指が動くことはありません。 Short bread ショートブレッド ショートブレッドとはスコットランドの伝統的なお菓子です。 ショートは「短い」のショートではなく、サクサクといった食感を形容した単語です。 その通り、普通のクッキーに比べるとサクサクとしています。 材料はクッキーと同じ小麦粉、バター、砂糖、塩。 それのみですが、作る工程が普通のクッキーとは違うため、食感も全く違います。 こちらがロダスのショートブレッド缶です。 ショートブレッドはかなり厚めのものが多いのですが、こちらはほどほどの厚み。 その分一枚がかなり大きいです。 たっぷりのバターとクロテッドクリームまで入っているのにこのサクサク感! もう材料だけで美味しいのは当たり前ですが、とにかく美味しくて家族であっという間に完食です。 私はクッキーよりもショートブレッドの方が好きなので、かつては自分でもよく作りましたが、最近は面倒で食べたくなると有名な『Walkers』のものを買ったりしていました。 それでも自分好みの味とはちょっと違っていて、やはりホームメイドが一番?と思っていましたが、このクロテッドクリーム入りのショートブレッドは好みで、新たなショートブレッドを開拓できてご機嫌です。 fudgeファッジ ファッジもまたイギリスの伝統的なお菓子です。 砂糖とバターと牛乳で作られた、見た目はキャラメルのようなお菓子ですが、食べてみれば食感は全く違います。 コンデンスミルクとバターの風味でお砂糖を固めたという感じをイメージして頂けばいいと思います。 口に入れるとサラサラとほどけ、溶けていきます。 ファッジもショートブレッドと同じデザインの缶に。 甘いです!けれどもものすごく美味しい! クリームのまろやかさとシロップのコクが際立っていて、お口に入れると、粉雪のようにサラサラと溶けていきます。 ショートブレッドが1,800円、ファッジが1,680円となかなかのお値段です。。。 ちょっと普段使いのお菓子にはそぐわないかなと感じましたが、その分手土産やプレゼントなどにしたら喜ばれると思いました。 しかし、とにかく美味しいのですよ。。。 プレゼントもいいけれど、自分でも食べたいわ。。。 これはどうにか自分で作れないものかしら?と思わず考えてしまいました(笑) 子供達が幼い頃はチョコレート入りのファッジなどをよく作っていたので、チョコレートをクロテッドクリームに変えればどうにかなる? 気が向いた時にでも挑戦してみようと思います(笑) 衝動買いしたバッグ たまたま店頭にあった小さなコットンバッグも思わず衝動買いしてしまいました。 日本人ですがユニオンジャックが好きで、若い頃は自室に大きなユニオンジャックの旗をはためかせ、「あなたは一体何人のつもり?イギリス人ではないでしょう!」と、両親に言われていたものです。 (日の丸を掲げている方が奇妙な子供だと思うのですがね。 笑 ) 裏はこんな感じです。 このバッグを見た時、ついつい反応してしまいました。 いつどこで使える?と考えると、特には思いつきませんが、可愛いからいいでしょう! 私もパンを焼いたりクッキーを作ったり、時にはケーキを焼いたりとよく小麦粉を使いますが、安定して満足なものを作るのは非常に難しいことです。 それがスコーンときたらなおさらです。 いまだかつてまともなスコーンが作れたことがない私なので。。。 しかし、この美味しいクロテッドクリームのお菓子を食べて、スコーンが食べたくなってきました。 またNewManを通りかかった際には、ショートブレッドとファッジはもちろん、今度こそスコーンとロダスのクロテッドクリームを買い込んでお試ししてみようと思ったのでした。。。

次の

銀座三越「ロダス(Rodda’s)」のクロテッドクリームとスコーンで本場気分のティータイム♡

ロダス スコーン

英国コンウォールで1890年に創業された老舗「ロダス社」は、地元の濃厚で新鮮な生乳のみを使用し、 伝統的な製法でクロテッドクリームを作り続けています。 濃厚な生乳から作られたクリームを低温のオーブンでじっくりと蒸し焼き、にすることで、クリームの表面に黄色い膜ができ、これが「クラスト」と呼ばれ、クリームの風味とシルキーな舌触りを保つ落とし蓋の役割をしてくれるのです。 濃厚なのに口の中ですーっと溶ける、他にはない味わい。 スコーンを美味しく食べるためになくてはならない、特別なクリームです。 また、ロダスの作るクロテッドクリームは、コーニッシュクロテッドクリームとして、シャンパンやパルメザンチーズのように原産地名称保護制度の承認を受けています。 【老舗のスコーン】 100年以上もの間、英国のアフタヌーンティー文化を見守り続けてきたロダス、その名に恥じない、スコーンレシピを創り上げました。 香り高いフランス産の小麦をベースに数種の小麦粉をブレンドし、バター、ヨーグルト、そしてクロテッドクリームを生地に練りこみ、手もみでしっかりと生地にコシをつけ、しっとりと焼き上げました。 プレーンスコーンは後味にほのかなレモンとバニラの香りがします。 ジャムとクロテッドクリームを乗せて、ミルクティーと一緒にお楽しみください。 ~お取り寄せグルメが便利です~ 新型コロナウイルス感染症対策として、安全安心のグルメのお取り寄せグルメが人気ですので、是非この機会に検索してはいかがでしょうか。

次の

銀座三越「ロダス(Rodda’s)」のクロテッドクリームとスコーンで本場気分のティータイム♡

ロダス スコーン

イギリスの粉物代表といえばスコーンを想像される方が多いと思います。 優雅なアフタヌーンティーなどで供されるそれは、クロテッドクリームやジャムが添えられ、それはそれは美味しそうです。 しかし、私はどうも苦手です。。。 イギリスにいる頃も、残念ながら美味しいスコーンに巡り会うことができず、そのイメージをずっと引きずったまま今に至ります。 ただ一つ、例外は麻布十番にある『ポワンタージュ』というパン屋さんのスコーンです。 初めて食べた時、「こんな美味しいスコーンもあるのね!」と感動し、以来時折食べていますが、そのスコーンが好きというだけで、「スコーン」というお菓子(?)が好きになったわけではありません。 さて、相変わらず長い前置きですが、本題はスコーンではありません。 スコーンのお供「クロテッドクリーム」です! Rodda'sのクロテッドクリーム クロテッドクリームはイギリスで大昔からある伝統的なクリームで、スコーンには欠かせないもの。 ちょうどバターと生クリームの中間くらいの、濃厚でそれでいて柔らかさもあるクリームです。 そんなクロテッドクリームと言えば、なんといってもイギリスはRodda's社のものでしょう。 日本では「中澤」さんのものが多く、ロダスはあまりお見かけしませんが、さらっと調べてみたところ、今はネット通販などでは入手できるようです。 そんなロダス社のクロテッドクリームを少し前に訪れた 『Demerara Bakerry デメララベーカリー』さんで見つけました。 『デメララベーカリー』さんといえば、言わずと知れたスコーンの専門店です。 イギリスの天才生地職人と言われるライアン・スメドレー氏がプロデュースしたという店で、ライアン氏のレシピによる本場のスコーンが楽しめるお店です。 その1号店が新宿駅ナカの「Newman」にあります。 スコーンがメインのお店ですが、冒頭でも述べた通り、私はスコーンにはなかなか食指が動くことはありません。 Short bread ショートブレッド ショートブレッドとはスコットランドの伝統的なお菓子です。 ショートは「短い」のショートではなく、サクサクといった食感を形容した単語です。 その通り、普通のクッキーに比べるとサクサクとしています。 材料はクッキーと同じ小麦粉、バター、砂糖、塩。 それのみですが、作る工程が普通のクッキーとは違うため、食感も全く違います。 こちらがロダスのショートブレッド缶です。 ショートブレッドはかなり厚めのものが多いのですが、こちらはほどほどの厚み。 その分一枚がかなり大きいです。 たっぷりのバターとクロテッドクリームまで入っているのにこのサクサク感! もう材料だけで美味しいのは当たり前ですが、とにかく美味しくて家族であっという間に完食です。 私はクッキーよりもショートブレッドの方が好きなので、かつては自分でもよく作りましたが、最近は面倒で食べたくなると有名な『Walkers』のものを買ったりしていました。 それでも自分好みの味とはちょっと違っていて、やはりホームメイドが一番?と思っていましたが、このクロテッドクリーム入りのショートブレッドは好みで、新たなショートブレッドを開拓できてご機嫌です。 fudgeファッジ ファッジもまたイギリスの伝統的なお菓子です。 砂糖とバターと牛乳で作られた、見た目はキャラメルのようなお菓子ですが、食べてみれば食感は全く違います。 コンデンスミルクとバターの風味でお砂糖を固めたという感じをイメージして頂けばいいと思います。 口に入れるとサラサラとほどけ、溶けていきます。 ファッジもショートブレッドと同じデザインの缶に。 甘いです!けれどもものすごく美味しい! クリームのまろやかさとシロップのコクが際立っていて、お口に入れると、粉雪のようにサラサラと溶けていきます。 ショートブレッドが1,800円、ファッジが1,680円となかなかのお値段です。。。 ちょっと普段使いのお菓子にはそぐわないかなと感じましたが、その分手土産やプレゼントなどにしたら喜ばれると思いました。 しかし、とにかく美味しいのですよ。。。 プレゼントもいいけれど、自分でも食べたいわ。。。 これはどうにか自分で作れないものかしら?と思わず考えてしまいました(笑) 子供達が幼い頃はチョコレート入りのファッジなどをよく作っていたので、チョコレートをクロテッドクリームに変えればどうにかなる? 気が向いた時にでも挑戦してみようと思います(笑) 衝動買いしたバッグ たまたま店頭にあった小さなコットンバッグも思わず衝動買いしてしまいました。 日本人ですがユニオンジャックが好きで、若い頃は自室に大きなユニオンジャックの旗をはためかせ、「あなたは一体何人のつもり?イギリス人ではないでしょう!」と、両親に言われていたものです。 (日の丸を掲げている方が奇妙な子供だと思うのですがね。 笑 ) 裏はこんな感じです。 このバッグを見た時、ついつい反応してしまいました。 いつどこで使える?と考えると、特には思いつきませんが、可愛いからいいでしょう! 私もパンを焼いたりクッキーを作ったり、時にはケーキを焼いたりとよく小麦粉を使いますが、安定して満足なものを作るのは非常に難しいことです。 それがスコーンときたらなおさらです。 いまだかつてまともなスコーンが作れたことがない私なので。。。 しかし、この美味しいクロテッドクリームのお菓子を食べて、スコーンが食べたくなってきました。 またNewManを通りかかった際には、ショートブレッドとファッジはもちろん、今度こそスコーンとロダスのクロテッドクリームを買い込んでお試ししてみようと思ったのでした。。。

次の