アルゲン テイム。 有能!アルゲンタビステイム【動画あり】

ARK Mobile:アルゲン捕獲だ

アルゲン テイム

アルゲンタヴィスをテイムしてみよう アルゲンタヴィスの生息地は、アイランドマップだと高い山付近によくいます。 ラグナロクでは、砂漠地帯を除いて大抵のところで見かけることができます。 テイムするには、麻酔矢で眠らせてキブルか肉を与えてテイムします。 キブルはステゴサウルスのキブルを使います。 やはり高レベルの個体をテイムできたほうが、後々の運用がより便利になります。 こんなに便利!アルゲンタヴィスの運用方法 移動式作業台 アルゲンタヴィスをテイムできたらサドルを装備します。 すると、アルゲンタヴィスのインベントリを開くと、 このようなメニューが現れます。 そうなんです! サドルを装備させると作業台と同じ機能が使えるようになるのです。 これだとイチイチ拠点に戻らなくても、装備の修理やアイテム作成もできてしまいます。 遠征に出かける時は便利ですね。 資源の運搬 アルゲンタヴィスに石や金属鉱石、黒曜石などを持たせた場合に重量を50%軽減してくれます。 例えば、サバイバーが金属鉱石100個持つと重量も100になりますが、アルゲンタヴィスに持たせると重量が半分の50になります。 ステータスを重量値に振っておけば、かなりの資源を持ち帰ることができます。 中盤以降は金属をよく使いますので、金属鉱石集めに大活躍です。 動物の運搬 以前から小~中型の恐竜を脚で掴んで運ぶことができましたが、アップデートにより更に口で咥えて運ぶこともできるようになりました。 咥えられるのは本当に小型のサイズだけですが、一度に2匹を運搬できるってすごいですね。 この運搬能力のおかげで、テイムしたい恐竜や動物をトラップまで運んで、安全にテイム作業をすることができます。 脚で掴むーーL2ボタン 口で咥えるーR3押し込み 戦闘能力 アルゲンタヴィスは狩りにも使えます。 レベルが高いカルノでも余裕で倒せちゃいます。 しかも、アップデート後は死体から肉を食べるとHPが回復するという効果も追加されました。 まとめ このように、アルゲンタヴィスはかなり優秀です。 もう少し移動速度が速ければという感じもありますが、それでもARKの世界では群を抜いて活躍してくれる一匹です。 序盤はなるべく早くアルゲンタヴィスをテイムできるように頑張りましょう。 一気に世界が変わりますよ!.

次の

【ARK】アルゲンタヴィスについて(PC版)

アルゲン テイム

アルゲンタヴィス アルゲンタヴィスですが、基本的にどのマップでも高山地帯や寒冷地に生息しています。 The islandでは、赤枠で囲んだ場所に生息しています。 Ragnarokではほとんどの場所に生息しています。 テイム テイムは通常通り気絶させて行います。 気絶値が高いので気絶させる際にある程度の 麻酔弾が必要ですが、高い気絶値のため 気絶後に放置できるのが特徴です。 ただ飛び道具に弱いため、かなりダメージが入ってしまうことに注意が必要です。 飛び道具系では、気絶値の上昇値もかなり高くなっています。 ラグナロクでは アルゲンタヴィスのレベルも上がり、戦うのが少し大変になります。 そのときは カルボネミス 亀 などのHPの高い生物を何匹かテイムして、HPに極振りします。 そしてスタンスを無抵抗にして盾をやってもらうと、殺されることなくテイムすることができると思います。 好物のキブルは ステゴサウルスのキブルです。 ステゴサウルスのキブルは次のように作ります。 ステゴサウルスの卵• 霜降り干し肉• レモン• メジョベリー2個• 繊維3個• 水 他にも 霜降り肉でもテイムしやすいです。 特に アルゲンタヴィスは群れでいることが多いので、一匹気絶させたら後は 霜降り用に倒しましょう。 以前の記事でも紹介しましたが、 ハゲワシは肉の腐るスピードが4倍遅くなるので、ハゲワシを連れて行くと楽です。 特に飛行ユニットの アルゲンタヴィスには圧倒的に強いのでオススメです。 スポンサードリンク アルゲンタヴィスの用途 移動用ユニット やはり飛行ユニットということで、移動用ユニットとして最適です。 重量値が高いので、飛行の際も荷物を降ろさずに飛行できるためとても便利です。 自分が死んだときように、一体はキャンプに置いておくと万が一のときに便利です。 戦闘用 攻撃力と体力が高いので戦闘用に使えます。 テイムもそれほど難しくないので、何体もテイムしておくと便利です。 飛行ユニットということで、地上の敵よりも戦いやすいです。 荷物運搬用 荷物を運搬するのにも役に立ちます。 特に拠点を組み立てるときなど、素材を預けることができます。 テイムのお供 やはり一番強い能力としては、 敵を掴むことができる能力です。 もちろん大型の生物は掴むことができませんが、アルゲンタヴィスよりも小さい生き物はほとんどつかめます。 PS4版では L2ボタンで掴むことができ、再度 L2ボタンを押すことで敵を降ろすことができます。

次の

【ARK: Survival Evolved】アルゲンタヴィス

アルゲン テイム

sponsored link アルゲンタヴィスの生息地は? 主に山間部、山の中腹辺りに多く生息しています。 アイランドでは、上の画像内の赤枠で囲った辺りに居ます。 他のマップでも、山近辺を中心に探せば見つかります。 大体が2~3体の群れになっていて、山間部は他の肉食恐竜も多く生息している危険地帯なので、注意が必要! 気温の変化も激しいからな。 テイム時のおすすめポイントは、マップ画像左側に少し飛び出ている半島付近。 ここなら比較的安全なところまで誘導して、その後テイム!なんて流れも可能です。 アルゲンタヴィスのテイム方法は? 低レベル(~20程度)であれば、直接麻酔矢を撃って、襲われながらでもそのまま撃ち続け、昏睡まで苦労せずに持っていけるはず。 敵の察知範囲はそんなに広くないので、焦らず1匹ずつでも誘導可能です。 もし2匹同時にこっちに来てしまった場合は、テイムしない方のアルゲンは始末しちゃいましょう。 体力はそんなに高くないし、飛び道具系は2倍ダメージになる仕様なので、普通の矢だけで十分対処出来ます。 ある程度のレベルをテイムする場合は、恐竜トラップが有効です。 プテラノドンで誘導するか、自分の身体を使ってそのまま誘導するか、そこら辺は好きなようにしてOK! ただし、アルゲンタヴィスのレベルが100を越えてくると、さすがに危険度も上がるので、そこまで来たらプテラノドン等の誘導に切り替えましょう。 誘導後は出れないように恐竜門を閉めて、攻撃タイム! ~100レベルまでであれば、クロスボウ+麻酔矢がオススメです。 それ以上、100~レベルであれば、ライフル+麻酔弾がオススメ。 なぜかっていうと、アルゲンタヴィスは体力がそこまで高くないから、高レベルなほど気絶値だけドンドン高くなっちゃうのよね。 そうすると、クロスボウ+麻酔矢の場合、個体によっては昏睡前に死んじゃうパターンが出てくるわけ。 なので、気絶値の上昇効率が高い、ライフル+麻酔弾を推すって事よ。 それなら死ぬことなく、昏睡まで持っていけるからさ。 昏睡までの使用武器 レベル1 レベル80 レベル150 クロスボウ+麻酔矢 3発 15発 死亡率2% 26発 死亡率3% ライフル+麻酔弾 2発 11発 18発 ライフル+電撃麻酔弾 1発 6発 9発 昏睡まで持っていったら、エサは「霜降り肉」「優キブル以上」辺りを準備したいところ。 生肉だと結構もったいないレベル。 飛行速度のみプテラノドンには負けるので、スピードが必要な場面では不向きな場合も有り。 小型 ~ 一部の中型まで掴めて、運搬に使えるし、攻撃時にも使える万能技。 集団で襲い掛かってくる恐竜なんかも、1匹ずつ掴んでから、空中で攻撃連発して成敗!…おらおら次はこいつか!なんて狩り方だって出来るようになるよ。 死肉を貪る飛行恐竜、それがアルゲンタヴィスの真の姿。 死体を攻撃すると、20秒間の体力回復バフが発生します。 これによって、乱戦時には物凄いタフさを発揮。 敵を倒しては回復して、次の敵でも回復して…。 まさに恐竜界の吸血鬼! 野生のアルゲンタヴィスも同様にバフが付くので、死体が近くにある時は注意。 敵対生物よりも、死体を優先して食いに行く行動を取ります。 右上に出る「白い十字マーク」が、体力回復バフの目印。 下の数字が、バフの残り時間を表しています。 あと6. 3秒ってとこだね。 0」ってなってるけど、アルゲンタヴィスのインベントリに移動すると…。 なんと重量は、半分の「200個で100. 0」になります。 50%カットです。 さすが山に住んでる恐竜、石系の運搬が大得意。 金属鉱石を掘りに行く時なんかは、ぜひとも連れて行きたくなる特徴の一つです。 もちろんレシピは、覚えてる物しか作れないけど…出先で必要な物を作るとき、便利なんだよね。 そういう時、普通の作業台だと「アイテム数75上限」の制限が邪魔して、思うようにアイテムを作れなかったりするんだけど。 アルゲンタヴィスのインベントリ内では、そんな上限は無いから、重量の許す限り持たせることが可能! なので、終盤はそういった使い方にも多用されます。 注意点としては勘違いされやすいんだけど、「修理」には使えないからね! あくまで「アイテム製作」用の作業台代わりですので、お間違いのないように。 アルゲンタヴィスのステ振りは? 普段乗り用として育てるなら、重量を500~800程度まで上げて、次に死なないように体力、スタミナ、攻撃力の順かなと思います。 体力はドンドン上げて、5000越えれば安心かな。 それと体力自然回復のバフが強力なんで、必要以上に上げる必要は無いかも。 スタミナは乗った時の快適度に直結するんで、なんかいまいち足りねぇな…って思ったら、少しずつ上げるのがベスト。 大体1000付近でも十分快適で、継続戦闘力を求めるなら、もう少し上げるってとこで。 最後の攻撃力は、とにかく高い方が良い。 レベル上げの終盤は、攻撃力のみに極振りになるはず。 上の画像だと攻撃力が1000%越えてるんだけど、このくらいになると、アルファティラノですら狩れる。 戦闘用アルゲンタヴィスの完成だ…! また、完全に運搬用に割り切って、金属鉱石掘りのお供に数匹連れ回すって場合は、重量のみ極振りで大丈夫です。 そもそもが強いんで、護衛としても十分機能するでしょう。 以上、アルゲンタヴィスの便利な特徴紹介でした! いや~…お気に入りの恐竜だから、一段と熱が入っちゃったかな? 画像ではキレイなイベントカラーのアルゲンちゃんだけど、探せばもっとバリエーション豊富に居るんで、気に入った色のアルゲンを見つけて、最高の相棒に育てあげてみて下さいね。

次の